2023年05月10日

リクエスト関連(生活保護の発達障害さん「キャッチーだと思うの意」)

生活保護の発達障害さん(《調べればデマだとわかる》そんな心配なことがあるんだと思ってしまうとこに”悲観のフラグ”が事前にあんのですよ《これを間接的・潜在的期待と考えるワケ→無意識に悲観ネタを待っている”鬱フラグ”》←鬱ってのには”無意識の不快感代謝の利得がある”ことを忘れずに《欲求不満が鬱ネタの話題をあれこれすることで消化されている→「あーどうしよ」の”あー”のとこで欲求が燃焼してるんです》←典型的な無意識に悪循環が進行するパターン《脳はそれを覚えているので類似ネタ見つける度に反復しようとするんです》:「ホラー映画を毎週楽しみにする心理」と類似:一般社会で高い視聴率を稼ぐニュース番組《これもエンタメの一種》のトップ事案が常に不幸な事件である件も同じです)

>値上がりが続いて不安でしたが、悲観的な話を好んでませんよ(笑)しばらく動向を見守ることにします。源氏物語は単独者なんですか?光源氏が義母を投影したり、他の人物が好きになった女性を強引に口説いたり(レイプ)、恋敵への呪いや嫉妬など好きな相手の気持ちを尊重せず、自分中心な思いを相手に押し付けてるだけの話に感じましたが。自分の子孫を残したい話も女性にもあるけど相手はどうするんですか?健全な人は夫や恋人でもない人と関係を持つ事はあり得ないし、かと言って好きな人と結ばれる確率も考えれば妊娠も困難では?

(源氏物語の内容はまあどうでもいいのですw)
世界最古の長編小説「源氏物語」を書いた女流小説家紫式部が『単独者』じゃない筈があり得ないという意味です(これナザレのイエス級だと思います)。
そもそもこの当時欧米では女性は《クイーンを例外に貴族でも》被差別階級だったワケで(文盲に置かれたとまで言わないが)、
この封建時代に自由奔放な性遍歴を描くことそれ即ち「当時なら相対性理論を思いつくほどレアな創造力だった」。←いかにサブカル大国という日本と言えども(神話にモチーフはあったと思いますが)封建時代において天地逆さまになるほど驚天動地の異端作だったでしょう(農耕一般庶民の知るところでは無かったと思いますが)。

■それから”健全な人”などいませんよ?
(人類ヒト科には《神でもないのに》健全な人などの概念を定義する権限が無い《あるがままにそう在るだけです:まあまあいい感じに生きていればあなたは健康である》)
また、何度も説明してますが(これは皮肉では無く学術的に本気で言ってます)、
社会適応者とは「かなり重度の病気:適応症」です(中世から近代の哲学者は真剣にその病理性から将来を憂いていた)。『共同幻想』が共有モデルとして定義する人格に適応することを”健全だとかマトモだとか思ってしまう”(実際は限りなく洗脳)妄想症の一種であるというのが、岸田心理学の『唯幻論』です(フロイト左派に対する回答《批判》)。

※”適応者”には構造的に恋愛が不可能なので(自分の意見を持つことは禁忌で”合わせること”に適応している人格です)「夫や恋人ですよ」の予定調和や同調圧力に”そうだよね”と言っているだけです(無意識下に沈む『自意識』にはこれを積極的に疑問に思えない人格構造があるだけ)。だから40%が離婚するんです(歩留り偽装適応者の大半が欺瞞に我慢ができなくなる:歩留まりの半数以上は『非婚・晩婚』)。

この場合「社会が狂っている」のですから、そこに適応できないことが病気である筈無く、
かといって幅を利かせる適応者と、営利目的でこれに打算で偽装適応する歩留りにより(ゲゼルシャフト)、歪な社会体制が確立してしまうため”政治的改革”などが延々に叫ばれる状態が慢性化しており(各種ハラスメントの周知などなんとか逐次対応を続けている)、
近代以降の従前の社会がマトモであれば、政治的社会改革など何ら必要が無い筈です。
(大問題を抱えたまま進行してきているのであり《だから適応者の世界ではナンパやレイプを合姦とする適応が横行してきた》←これを告発したのがセクハラ革命です)
相対論で見ればバカでもわかることですが、「発達障害」などの病気は存在しないのです。
(狂った社会にスムーズに適応したらヤバイだろ《統一教会2世の悩みで考えれば似たようなものです》)

→続きを読む

posted by kagewari at 22:21 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

想像だけでは飛躍的論理を構成するのはちょっと無理(”嘘では”だとか、”思い込みでは”も同じ)

<想像と、創造の違いって事になるのかな、、>

何故って「嘘や想像では現実と辻褄があわないから」です
(論理の飛躍は自慢するところじゃないだろww)

優れた創作は事実を超えるなんて話あったかもしれませんが、そもそも小説や映画のシナリオでフィクションなのに説得力があるのは「リアリズムが担保されているから」ですよね?
しかしですよ、
この場合の従前の知識の範囲内でリアリズムを担保するって何ですか?「ありそうなことの範囲内」になってしまいます。
「事実は小説より奇なり」ってどういうことかって、それが事実であれば相当リアリズム逸脱する内容でも論理を構成できちゃうってことです(或いはエビデンスがあるやらガッチリした論理があるとか《同じフィクションでもSFがそうだよね》)→「いやいや実はこれ本当にあったことなんだってば(論理がある=二重スリット実験でも証明された話だからとか)」←説得力としてこれは強い《裁判で言えば動かぬ証拠があるって話》、これを使った奇想天外な展開もあり得る。

■「そら話が(想像や極論嘘で)矛盾していたら、その場面だけゴリ押ししたとしても他に融通が利かない」でしょ(展開しようがない《それを展開したら冗談みたいな話になっちまう》)。
どういうことかって、なんとか強弁してひとつだけ根拠の無い話を押し込めたとしても、「そこだけの話」に限定されてしまい、結局他で自分が言ってることと矛盾してしまうため(何の成果にもならないってのはアレかもしれないが)”その場限りの使い捨ての結果”に終わるってことです(同時に自我ロジックを構成する論理記憶にもならない《言ってる本人からして忘れちゃったりねww》)。
 ↓
●反対に論理をしっかり構成した(エビデンスがあるとか嘘ではない実体験だとか)「いやいや実はこれ本当にあったことなんだってば(実験されたや学術的理論であるとか統計DATAがあるなども同じ)」ってな話は、その人の人物像などを語る部分にまで波及します(自我ロジックの一部を構成する論理記憶だから《自我の一部なのだから忘れようがない》)。
「そういえばこういうこと言う人だったね」だとか「こんな体験があるんだってさ」など(話がそれだけに終わらず波及する《つまりその事象の影響力が大きい》)、←実存主義で考えるともっとわかりやすいよね(それは実存してるんだわって)
 ↓
”筋の通った人”←そういうことですよ、


→続きを読む

posted by kagewari at 12:08 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド