2023年03月11日

『共同幻想』適応社会への潜入と浸透(”偽装適応”とは何か「どうして最初に目立つ恥をかくのがベターなのか」)ちょっとした思考実験だから(ネタとして読んでくれ)

「掴みはOK」←コロナ禍やCP表現規制の中命を絶った『ダチョウ倶楽部』故上島竜兵氏のよく言ったフレーズですね。
(ある意味このお笑い界の表現規制と『共同幻想』崩壊も関連事項であり、そもそものその素性に残酷な世界を持つ『共同幻想』を相手に”お笑い”なるものを表現する場合、イジメとも受け取れるような進行が風刺として避けられず《風刺になっていない場合は単なる不快でしかありませんが》、その道を絶たれることは「この世界で表現できる俺の台詞を全て失った」に近い絶望もあったのだと思います。)
あれ、なんだか湿っぽくなってきましたね(笑
<いやいやそういうことじゃなくて>

この前さ、記事リクの返信で書いたここ(『共同幻想』社会に侵入する時のやり方)
・”適応者”になりたいのであれば、「俺をたけし軍団に弟子入りさせてください(土下座)」級の情熱的低姿勢による求愛表現がベター(輝く笑顔でかばん持ちする喜びも全身で表現しましょう)
 ↑
何を極端にって人いると思うんだが、
意図があるのさ。
仲間になる手早い方法は「秘密の共有だ(ちょっと、ちょっと、こっち、こっち、実はねって奴)」、『共同幻想』社会内部でゴシップや噂話がやたら流通する理由でもあり、イジメなんかの時にはこの機能が大活躍する(翌日にはイジメのターゲットが全員に共有されるなど)。
異性関係で性行為をきっかけに親密度の水準が変わるのもそれで、
昭和の社員旅行で「裸の付き合い」なんてのが重視されたのも同じ、

上記の話ってのは同じく記事リクに書いたここに被るのね
 ↓
旧学名ピグミーチンパンジー(ボノボ)にしても、人間とDNAが99%同じチンパンジーにしても、新参者が群れに入る時の挨拶は「群れ全員との疑似性交です」(また群れに完全に入るのであれば最下層カーストになります《これは避けられない掟》)。
絶対服従恭順の姿勢か、はっきり明解なインパクトのある「自己紹介」いずれかが必要だということです。

大恥かいたとこ全員に見せつけると、一発で歓迎される
(だからサークルの新人歓迎式などでは「一発芸やって〜」とかになる。『共同幻想』適応社会がやたらとカラオケ好きなのも同じ理由だ)

→続きを読む

posted by kagewari at 23:38 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(どこ行ってもなじめないオタクさんへ補足)

<3/12 全体的に誤変換や語尾など校正>

とにかく無駄に反論が続くのは、
第一次『反抗期』(これを第二次という場合もあるが)児童の反抗期のことです。
ここに退行してる。

例えばの話(大人であれば)
「営業職は何が大事でしょう、経験が無いのでわかりません」と質問して
「かくかくしかじかですよ」の答えに
「違うんです、全て私の言った前提で答えてください」←なんて人物は皆無なの
(だって意味が無いから)

そもそも答えに同意していないのであれば(聞く相手間違えたかなと)、
「なるほどそういう考えもあるんですね」と、フェードアウトすればよいのだし
答えのピントが外れているなと思うなら(聞く相手を間違えましたと)、
「参考になりましたありがとうございます」と、とっとの別の相談先を探すなり、
自分の考えとは違うが、それは考えた事なかったということなら
「理解が十分ではないかもしれませんが、自分なりに考える刺激になりました」とか言うのが
”質問者あなたの利益になります”
人にもの尋ねて失礼に受け取られることをしても、あなたは何も得しないからです。
(どこぞで誰かがそれを知っていて、新たな相談先で「あー噂は聞いてます」となったら最悪だからです。)
 ↑
これを大人の無難な対応といいます。

●「違うんです、全て私の言った前提で答えてください」←なんて人物は皆無なの
 ↑
こういうこと言うのは(その期間は様々な論議ありますが)
幼児〜小学3年生年次あたりまでの、児童の反抗期の典型で、
(特に親などに対して)「こうなの!こうにきまってるのにどうしてわかってくれないの!」←みたいになる奴のこと(交渉や論議の余地の無い《実は相談ですならない》)。←これは親に対する”同調圧力”の恫喝であり(同意してくれなかったら「お母さん嫌い!」みたいになる奴)、
場合によると成長によって拡張する(新たな)主体的行為選択について回る「不安」の裏返しとして”親の絶対的保護を試すように”繰り返されます(一種の反動化)。
(本当はたいして欲しくも無いゲーム機をめぐり激しい言い争になるなど)
 ↑
この心理状態が大人の年次で起きるってのは、
そこに大人の性欲が乗っかりますから(反抗のモチベーションが大人倍になるとか考えておけば”当面の理解としては”十分)、尋常では無い激しさになります。
●それが(大人ですから)社会全般や関係者に対して発現する
(無性に腹が立つなど)

■どういう構造かって言えば、青年期の第二次『反抗期』が(なんらかの事情で一次欲求の断念や失敗などを契機に)『退行化』し、欲求条件などの背景は思春期のまま、使い古しの幼児の『反抗期』でこれが実行される。←おおよそこういう仕組みです。
※その証拠に、思春期の『反抗期』であればもっぱら話題は異性関係のフラグのあるものに傾斜しますが(化粧やファッションなどの言い争い)、児童の『反抗期』なので「恋人ガー」だけでなく「友人ガー」も含まれてくるんです(素朴に言っていい歳こいた大人に「友人ガー」などいう動機ありませんから)。
※異性に言い寄られることの不快原因も(相手どうこう以前に)”性の嫌悪”です(思春期から『退行』する時の典型的な心理)
 ↑
「強迫心理」とは(それが全てではありませんが)一面において、『反抗期』の怒りを演出するシナリオ上の設定のことでもあります(自分を怒らせ奮起させる「これがこうでこうなんだから!」って設定のこと)。

これは社会や個人を相手に「どうしてなんとかなの!」の怒りや『興奮』を繰り返す行為そのものに意味があり(質問ネタもネタに過ぎないのです)。
ましてや、あなたの本音や本当の関心事項ですらありません。
(習慣化の弊害で、脳がドーパミンを欲して「都度怒りの設定で煽ってるだけ」《必要の無い子供のゲーム機をめぐる言い争いの延長》)

→続きを読む

posted by kagewari at 10:49 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド