2023年02月16日

面白い着想なので、「不動産で見る『共同幻想』の崩壊」(3)

【いつものことですが、過激な表見極端な暴言など(或いは副業の行く末が怪しくなる表現まで)話をわかりやすくするため意図的に使用されておりますが”ブラックジョーク”の範囲とご理解ください】
 ↑
※といってもこの話(後にも先にもこの1回だけと思われる「不動産ブログ業界関係で新宿近郊某区の商工会か何かの集まり」で講演やったことがある)大人数の前で《内容の半分ぐらいかな》話したことありますが《商工会なので参加者は主として中小企業や自営業者さんだったと思いますが》、「会場大ウケだった」ということも付記しておきます。

■『共同幻想』崩壊、これをただ放置すれば(=”家幻想”の崩壊ですから)一族の歴史というものも断絶します。先代から店舗営業権を相続してきた自営業者などには(引き継いできた農地がグズグズに不動産開発転用からの売却などモザイク状に消失していく様などを重ね)後継者問題含めて忸怩たる思いと言うか洒落では済まされないものもあったのでは無いでしょうか。これが『単独者』社会の到来とともに”再選択者”という確信犯的理解者を獲得する事になるので(”幻想では無く”文化伝統とは何かを考える主体的後継選択者)どこかのターンで有意なものほど残り続けることになりますが、『単独者』社会の到来は「明日はどっちだ」並みにまだいつの話しなのかわからんのです。

※しかもその総体である”郷土”を守るため、欧米列強帝国主義時代に先祖たちが命を賭して守ろうとしたものが戦後この有様であると(演出は米軍GHQ)。「”恋愛幻想”で恋人ガー」←これが『共同幻想』本来の趣旨であったと言えますか?前回書きましたが近代においては多数の人権侵害や女性差別史観をやってでも継承しようとした”何か”だったものがガタガタと崩れた。←文明化と世俗化は世界の普遍的法則ですけどね。→で、ぐるっと回って崩壊後に”再選択者”が(歴史家のように)これをサルベージして有意なものは復興されていくんだけど(勿論名の通りの『単独者』達は自由に《伝統継承では無く》独自に個性化していく)。


<話は戻って>
事はそれだけに終わりません「現代の離婚率概算40%」が待ってます
 ↑
●その前に、女性差別史観批判、60年代女性解放運動からのキャリアウーマン時代に遡りましょうか。(勿論この時代も過渡期の現象です)
この話になる前に、もう一段昭和の愛人時代に遡ることになります。
「パパさんなる人物が、愛人のホステスにマンションを買ってあげた」←これが結婚は無理だがそれに準する関係の証明みたいな事になってましたね。
(このストーリーの暗示は、離婚時などに「《協議離婚なので慰謝料とかそういう話は無いが》マンションの権利は君がもっていきなさい《ご苦労様という感謝の印だ》」などの想定逆読みです)
 ↓
この事から、何故か(現代では考えられないことですがキャリアウーマン創成期は、結婚を諦めて社会的地位をってイメージでした《育児休暇など即解雇の時代》)結婚を諦めたキャリアウーマンが1LDKマンションを購入すると「結婚した友人とタイマンだ」ということになりまして(ちょっと意味わからない人いるかもですがそういうイメージだったんですよ)、
 ↓
●だってそもそも『共同幻想』事の始まりは一族の資産を相続する長男の結婚だけが正規の結婚であり、次男以降や女児は長男の奴隷から縁談の商品やら場合によれば女衒に売られたりやで丁稚奉公など、婚姻しても一族と関係の無い非正規なって言ったら失礼ですが(長男夫婦に子供が生まれない時には子供まで取られちゃったり)、『一族資産の相続人となることが正規の結婚』だったのですから、→「結婚と言えば資産」→「結婚したら夫は5千万のローンを組んで分譲マンションを購入しなければならない《それが適応者オンザレールだ》」みたいな幻想に派生しちゃいます。

あれれ、おかしいですよね
バブルが発生する宮沢政権前は「サラリーマン男の夢、一国一城の主」として戸建てマイホームを購入することだった筈なのに(だものだから当時は凄く遠方に家を建てる結果長時間通勤苦が話題になっていた)、俺の夢どころか夫家の義務みたいな話に(しかも区分所有の分譲がいんですって)。
しかも将来の大規模修繕時の工事をどういう方式にしたらいいのか、そのコストもまだ誰にもわかっていないアホみたいなタワーマンションのがいんですって、、
(土地の持ち分《=資産における不動産率》は切手一枚とかなのに)
●何かしら誰かのビジネスモデルにそのまま乗っかってませんか?

→続きを読む

posted by kagewari at 19:02 | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド