2023年02月14日

面白い着想なので、「不動産で見る『共同幻想』の崩壊」(1)

【いつものことですが、過激な表見極端な暴言など(或いは副業の行く末が怪しくなる表現まで)話をわかりやすくするため意図的に使用されておりますが”ブラックジョーク”の範囲とご理解ください】

「ナントカはなんとかの写し鏡」なんて言葉ありますね、
言い出しっぺが心理学なのか臨床系なのかわかりませんが、無意識の分析法に『箱庭療法』なんてのもあります。社会における不動産の動向がその時の『共同幻想』社会の在り方や、『単独者』化動向を表すなんてことは自然現象なんであります(このブログでも経済関係でミニマリストの台頭や、フリーエコノミーに言及していたりしますが、同じです)。

つまり社会の動向は経済に現れ(雇用形態などもそうです)目に見えて観測しやすいものに不動産もあるよと、何かの偶然なのか私の副業は不動産なのでそちらには専門的知見がありますので、ちょっとやってみようかしらと、そういう話です。

■そもそもが近代の『共同幻想』は、封建領主による政治体制で始まっていますから(封建制度=不動産のことですから)当時の『共同幻想』は不動産関連法の動きで崩壊度を確認できます。
最たる例は「相続関連の民法改正」です。
事実戦後GHQは、日本の帝国主義の背景でもあった「財閥の解体」を目論んでいましので(これ封建領主の解体と徳川による全国平定みたいな進め方と同じ《参勤交代で蓄財を疲弊させようとか》)、「嫡男(長男)総取りとかNGだから」→ハイこの段階で(GHQは農地法などで豪農解体も進めましたが同時に小作の農地も解体→近代労働者へシフトさせたかったのか知りませんが)、一子相伝方式とも言える長男総取りを前提とする、家督の権威は崩壊します(確実に子供の数だけ分割民営化されるような話ですから)。
 ↑
■本来伝統保守的”家幻想”はもうこの時に終わったんです、
近代までの「大家族主義」は、相続される不動産が分割されることなく”一族の権威を裏付けるもの”として受け継がれるから可能だったのであり、子供の数だけ分割される→100パー「核家族」になります。
 ↑
夫婦別姓やらで「家族崩壊ガー」とか騒いでいる自称保守派のみなさんは(いやいや私も夫婦別姓など参政していないけどw)、この相続法に反対しているのでしょうか(長男総取りに戻せーとか運動している人を見たことが無い)?
 ↓
●いえいえちょっと待ってください、自称保守派の皆さんが守りたい「封建領主による統治時代」その時には一般庶民のみなさんには”参政権がありません”。偉そうに庶民が保守政治を語れているのも「民主主義」の到来があったからですよね?で、民主主義って誰のおかげ?「プロテストしたリベラル《左翼と言う意味では無い自由主義》じゃん」(それとも何ですが偉そうに保守派を自称する方は《その場合僕は貴族やサムライの筈だからって事?それもまた随分都合のいい妄想ですねww》)

※俺は保守派のみなさんも文明化という時代の流れに逆らうつもりでは無いと思うのね(明治維新を否定する骨太の保守派は更に限られているし)、ですから現代「民主主義」を前提に保守を語ってる人は「基本そのスタンスは保守リベラル」でなければ論旨が矛盾すると考えてます。

でね、農地解体小作農とかもGHQ政策にあって、小作を守るため(相続権は分割しても)農地法って言って、事実上農地の売買をできなくしました(後の大規模化に苦労することになる原因です)地上げなどに騙されて小作農が農地を奪われないようにです。
しかしそこにはうっかり抜け道があったんです(一種のザル法)
「所有者による転用は自由である」←何のことって、一度アパートやマンションに変えてしまえば農地から外れるですよ(用途転用で)。
●都心近郊の農地の多かった地域が一大再開発地区となりバッツンバッツン共同住宅が建って、何かお約束のように一部農地が残っている(緑地化なんとやらとか)あの図柄になったのはこれが原因。

→続きを読む

posted by kagewari at 17:17 | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド