2023年01月22日

流石に日本でも有意なインフレを観測するようになってきた(4.0%《インタゲは2%》)

有意といっても実質(インタゲ規定との差は)2%である、
しかしインパクト的には消費増税の時に近く、
(欧米のような生活が立ち行かないなどの10%に及ぶようなものでは無いが、電気料金などに突出した値上げが《これ円安時代のタイムラグなんだが》景気減速に繋がる影響を与えかねない)
政府は支出も増やす方向で、経団連に賃上げ圧力もかけている(現在経済界には「賃上げできない会社は経営者失格」の風説が拡大している)。
 ↓
公的年金3年ぶり増額 23年度、68歳以上で1.9%増
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA1973Y0Z10C23A1000000/
<一部抜粋>
厚生労働省は20日、2023年度の公的年金の支給額を22年度に比べて引き上げると発表した。3年ぶりの引き上げで、23年度中に68歳以上になるケースで1.9%増、67歳以下は2.2%増。22年の物価高を反映したが、年金額の伸びを抑える「マクロ経済スライド」を3年ぶりに発動するため増加率は0.6%だけ目減りした。

言えば、記事中の「マクロ経済スライド」は余計だったな(3%ほどの上げが好ましかった)

生活保護、6%減は見送り 増額は最大11%、来年改定(2022/12/26(月) 16:43配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/863d8fa3956dcca7b832cc07546da982495cb8cf

■いつものように「やるべきことはわかっているが、ちょっと足りない」
(遅々として抜本的な政策が進まないのはお国柄だから)
岸田君のことだから、昨年度にあったような現金支給を別途行うかもしれない。
(何故って選挙があるかもしれないからさ《そこが「民主主義」のいいところ》)

保守系論客の三浦瑠璃氏の夫の会社に東京地検のガサ入れが入った(詐欺容疑)
こちらもまた、再生エネルギーソーラー利権がらみだ(てことは中国利権)。
(俺はソーラー全否定では無いが、ベース電源論には反対だ)
阿吽の呼吸で、原発再稼働の外堀は埋まってるメッセージでもあるかなと思われで、
党の政調でどうなっているのかわからないが、
次の選挙公約に原発再稼働と電気料金値下げを目玉にする可能性をなんとなく示唆しているかもしれない(そこに踏み込めば低い支持率でも選挙には負けないだろう)。



posted by kagewari at 12:57 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(好きな人にはいつも振られるさん「補足が行き違いになったかもですね」)

<末尾に要約追記>

好きな人にはいつも振られるさん
まず2本補足記事書いてますから、必ず以下を閲覧してください
https://kagewari.seesaa.net/article/497215043.html
https://kagewari.seesaa.net/article/497228251.html

>歩留まりが大半なら何故コミュ症除いた大半の人に恋人がいるのか?30前後で大半の人が結婚してるのか?35で独身の人は(離婚歴ある人を除いて)僅かでその人達は性格に難ありかヤバい人認定されます。そして他の人が私やコミュ障を差別するんです。その人達は問題視しないのに何故私だけレイシスト扱いなんですか。歩留まり層が多いなら恋愛や結婚相手、友達の対象として何故コミュ障を避けるのか?たとえ偽装だとしてもコミュ障が嫌だから関わりを避けてるのでは?歩留まり層はお互いに偽装してると辛いね的に気が合うんでしょうけど

■数字が見えないんですか?「何回言えばいいの」
<20・30代未婚者の意識・実態>
20代男性                        20代女性
2016、22.3% 2013、33.3% 恋人がいる  2013、42.6% 2016、33.7%
2016、11.3% 2013、17.8% 恋愛に積極的 2013、22.1% 2016、16.0%
30代男性                        30代女性
2016、18.0% 2013、17.1% 恋人がいる  2013、36.8% 2016、26.7%
2016、 8.3% 2013、10.0% 恋愛に積極的 2013、12.9% 2016、13.7%


現代のマトモな独身男女の20代女性の6割以上、30代女性の8割以上、20代男性の約8割、30代男性の8割以上に交際相手はおらず、8割〜9割が「そもそも恋愛に消極的」なんです。
【事実にないことを前提にしないでくださいと、何回言えばわかるんですか】

●仮にあなたの知人がこの統計と違う場合、
「田舎のDQN体質村の対人関係になっている」ということです(この階層は「恋愛幻想」も現役《恋愛ドキュメンタリーショーなどの主たる視聴者層》)

■他過去記事から
20代独身男性の約4割「デート経験なし」、約7割「配偶者・恋人いない」 内閣府の調査が衝撃与える
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2206/14/news155.html
<一部引用、抜粋>
調査は内閣府が6月14日に公表した「男女共同参画白書 令和4年版」の「特集編 人生100年時代における結婚と家族〜家族の姿の変化と課題にどう向き合うか〜」に掲載されているものです。
20代女性の約2割、20代男性の約4割「デート経験なし」
これまでのデートした人数を「0人」と回答した未婚者は、20代は女性の約2割〜約3割、男性の約4割です。30代でも女性の約2割、男性の約3割がデート経験なし。

20代女性の約5割、20代男性の約7割「配偶者・恋人いない」
「配偶者・恋人はいない(未婚)」との回答は、男女とも全世代で2割以上です。特に20代は女性の約5割、男性の約7割が該当します。SNS上では20代男性のデータが話題になっている印象ですが、20代女性も半数は配偶者や恋人がいないようです。
結婚願望ない理由、男女とも「自由でいたい」「好きな人いない」が多い
積極的に結婚したいと思わない理由について、独身の男女で比較すると、女性で5割前後となっている項目は「結婚に縛られたくない・自由でいたいから」「結婚するほど好きな人に巡り合っていないから」など。男性は「結婚に縛られたくない・自由でいたいから」「結婚するほど好きな人に巡り合っていないから」「結婚生活を送る経済力がない・仕事が不安定だから」が4割前後でした。

■婚姻率関係
生涯未婚の男性、2割を突破…30年で8倍
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20120501-OYT8T00128.htm
 50歳時点で一度も結婚したことがない人の割合である生涯未婚率(2010年時点)は、男性20・1%、女性10・6%と、初めて男性が2割台、女性が1割台に達したことが30日、わかった。
 政府が6月初めに閣議決定する2012年版「子ども・子育て白書」に盛り込まれる。
 1980年時の生涯未婚率は、男性2・6%、女性4・5%で、今回は30年前より男性が約8倍、女性が2倍以上に増えた計算。男女共に90年頃から生涯未婚率が急上昇している
 年代別の未婚率を見ると、25〜29歳では、男性71・8%、女性60・3%だった。30〜34歳は男性47・3%、女性34・5%。35〜39歳は男性35・6%、女性23・1%。
(2012年5月1日 読売新聞)


●そして離婚率が約40%なので、
6割〜7割の婚姻者(計算上その半数は「偽装適応」)のうち、4割は離婚することになります。
(後に再婚のケースがあるにしてもそれは行為として『晩婚』と同じ《且つ離婚後の独身状態は冒頭の独身男女の動向と同じ母数に戻ることなになる》)
2割から3割の非婚率と合計すると、非婚と離婚で6割を超え多数派となることがわかる。

→続きを読む

posted by kagewari at 12:37 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好きな人にはいつも振られるさんへもう一本補足「もっとも単純な話(個性化と好感)」

<こちらも末尾に補足追記>

■これは小学生低学年でもわかる簡単な話なので必ず読んでください
わかりやすい典型例をいくつか出します

●元朝日〇聞記者で、極左の環境保護活動家と知られるアフロヘア―の某女性評論家
背景事情を知ってる保守派にとっては身の毛もよだつほど気持ち悪く、嫌悪感というより体調悪くなるんですよ。
しかし、当然”意識高い系左翼”などは「あーこの人知ってる知ってる、野菜干す人、面白いよね〜」とかなります。全く事情を知らない情報弱者系やDQNの場合「面白い芸人かなにか」と思って、特別好感も嫌悪感もありません。

●地方の成人式で暴れるDQN
見たまま圧倒的多数の(社会人経験ある大人なら)有権者が「心底バカじゃね」と思います。
しかし同世代同地域の不良社会では「ナントカ先輩面白い」とか「ナントカ先輩カッコいい」なんてことになってしまいます。
※類似例が、韓流・Kポップ・吉本芸人・AKB(古くはジャニーズ)などなどありますね


■その対象が普遍的にいい人悪い人や(『偏差値』ですか?どれぐらいのランクだの)評価が固定することは【あり得ません】
それを見てる側の個々人がどういう個性化人格を獲得したのかで、その評価は「天地が真っ逆さま」に変わります。
大学時代は無知で左翼系だった人物など、歴史的背景などを勉強して後に保守に転向すると、対象者の好悪がガラガラポンで全員逆転するワケです。

で、現在個性化しておらず(個性化していれば知人と自分は価値観が違うのだから、知人の話は何らの参考にもならない=知人の話を引用した時点で「あなたは個性化していない」《また『偏差値』認知で男性をランク分けしている時点でも個性派ではありません》)、
知人とネタを共有できるのだとしたら、
「事情をよく知らない情報弱者系やDQNの価値観ってことになりますが」←何度も説明しているように、文化人類学的にも社会学的にも統計的にも【現代の日本では(ド田舎を例外に)極少数派です】
 ↑
この論議や質問に対し個人心理学の立場で言えば(類型人格も”そういう個人の人格”であると分析することになる)、少なくともその価値意識のネタ元である『共同幻想』適応論との整合性が取れているかから確認することになりますが、
あなたの話は『共同幻想』論的にもオカシイですし、知人の人権侵害や差別的視点を”私の考えでは無い”と否定するなど将来の個性化を標ぼうしているのであれば、それ以前の現在の対人評価(好悪)はまったく使いものにならないことになります(どんな個性化に至るかわからないからです)。
現在の評価は「あくまで中間報告、暫定的なもの」になりますね?
(それをあたかも普遍的に論議していたら、個性化標ぼうしてるなら矛盾します)
 ↓
■だから現代の若者は『非婚・晩婚』になるんです、
投票動向から多くが「最低でも歩留まり以上」の潜在的な個性派人格ですから、
20代の自分の対人評価が、30代には”個性化の結果必ず変化することを知ってる”のですから、
20代の恋愛幻想で仮に結婚したら”確実に30代に離婚希望者になります”
(10年後対人評価が変わってるのは確実だからです:ここはどんな学歴の方にもわかりますよね?)

<補足追記>
念のためもう一度補足します
「現代サッカーやJリーグの知識が無いのに、今一番仕事のできるボランチは誰」答えられるんですか?
また、よく知らない知人が「やっぱ青君だよね」と言った場合、詳しければ「遠藤だろとか、セルティックの旗手だろ」など個性化ならではの論議にもなるでしょうが(専門性)、よく知らず知人の話に右往左往するだけなら「青君って人が仕事できるカッコいい人なんだね」だけで(同意適応)だけで終わることになる。←この状況をボランチの仕事ぶりを評価できる人物とは言わないでしょ。


※勿論近代までの『共同幻想』人格の場合(現代少数派)「同一人物のモデル人格を導入(適応)」することになるので、10年後も変化しないのです(個人の意見を「抑圧」する人格モデルですから)→ですからこの昭和世代は子供時代に聞いた歌謡曲が高齢になっても懐メロとして楽しめる。多数で紅白を楽しめるように知人との意見も共通です(同一人物人格想定だからです)←現代このタイプは「ブラック:その同調圧力がもうハラスメント」と認識され、「時代遅れの”崩れ”適応人格だとか、田舎のDQN・ママ友人格」などと分類されたりしてるんです。

【勿論、今回も話をわかりやすくするため、ブラックジョークを含む表現となっております】
※『紅白』と社会学的人格の変遷についてはサイドバーに別途コンテンツがあります



posted by kagewari at 12:08 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好きな人にはいつも振られるさんへ補足「無意識に大きな勘違いをしてますよ」

本来の意味が誤って引用されているネタに
「高望みはしないで自分にあった相手を選びなさい」などの昭和の『共同幻想』ベースの忠告が登場しなすが、これ言ってる人からして意味を取り違えており、
上記の本来の意味は以下であり、
「男性から見た時のトロフィーワイフみたいなことはせず(トロフィーワイフについての説明はサイドバーにあります)、村の仲間は誰でもOKのルールを思い出しなさい(同じ村民=自分にあった相手)」
低スペックだかなんだかしりませんが、そういうふざけた差別的な意味ではありません。

また酷い男性差別で、あたかも(何を意図しているのか知りませんが)競争力に劣る男にはブスに集まってくる習性があるみたいな話に及んでますが、
風俗の話だけでなく、性動向調査を行ってる機関のDATA的に相当数の多くの男性は(7割近く)自慰行為を行っているだけでなく、男性の性行為の目的はまた7割近くが性的快楽のためと回答しており、「付き合う女性が存在する社会的タイトルのため」なんて動機はむしろ例外的です。
(余計な誤解も承知で言えば、「交際できるならブスでもいい」みたいな発想は男性では異例なほど少数であることになりま《崩れ適応のDQN階層など》。)

さて、この場合あなたが言う「低スペックがお似合いの《あなたに言い寄る》キモイ男性」の正体が何かと言えば(知人のDQN女のアドバイスも符合する)多分彼らはDQN社会では”誰でもOKの仲間達”であり、女性との交際に承認欲求的フラグがあるのは、彼らが現在では少数派の守旧派に属するためです(時代遅れで「恋愛幻想」が壊れていない)。
●(その自覚があるのか知りませんが)知人女性の発言意図を(彼女の心象はともあれ)『共同幻想』論に置き換えれば
「同じ村の男性でしょ(同じ仲間でしょ)何が気にいらないの?(私の目にはあなたがセレブだかアタシ達を見下せるような男じゃないと《俗にあなたが言う”好きな人”のこと》絶対嫌とか言ってるように聞こえる)あなたがそんな御身分のお嬢さんには見えないんだけど(てかそういう態度はアタシの事もバカにしてることにお前気が付いてないだろ)」←てな感じで切れる寸前、という理解になります(お前の自己愛もたいがいだな的に)。
※個性化していないあなたの目に仕事ができるや頭がいいと認識可能なのは、表向き立派なタイトルを持ってるなど(そんなあなたにもわかる)『偏差値』的に上位であるなど(個性化とは相反関係)、いかにも『共同幻想』的上位者になります

→続きを読む

posted by kagewari at 03:26 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド