2022年10月01日

第4ラウンド(M A Great Again)本来は楽観というか”希望が見えた”的なことは言っていい

同カテゴリ(戦争と平和)直前原稿に被るけど、
表向きだろうと、建前だろうと、ロシアや(それは冗談ですかって)中国まで「民主主義がありまーす」言わないと国際会議にも出られないって状況にある。
(※現在それはどうかってのは、中東の王国とかイスラム全体主義系とか北の将軍様ぐらいです)
(※日本共産党の”民主集中制”なる謎ワードは例外としておきましょうか)
 ↑
少なくとも現状人類は「民主主義」以外のこれといった統治法を発見しておらず、
それが普遍的とは言えないでしょうが「向こう100年ぐらいはこんな感じでしょ」
【そこは悪い話では無い】

・トランプも本当は勝っていただろうし
(仮に不正があってもメディアの偏向報道が無ければ圧勝だったでしょう)
・安倍政権はそんな日本でも連戦連勝でした
・左翼系政党の支持率は下げ止まらずだし
・イタリアにも保守系政権が樹立(EU帝国もダメになるかもしれない)
・地上波や大新聞には本当に倒産するかもって噂も絶えず
・保守系youtubeチャンネルがどれだけ増えたことか(2chだけで論議していた時代には到底考えられないことです)

 ↑
これらは全て「草の根民主主義の勝利」であって(高学歴の自称知的エリートが牽引するのでは無く)高学歴化が進んだ市井の選択です。
米国のリバタリアン思想は(超自由主義)『単独者』の解釈間違えてるとこありますが、重箱の隅つつくような話をしても仕方がない。「それっぽい論議が昔からある」ってのは強みです。

■つまり「変な邪魔が入らずに、ちゃんと民主主義やってくれれば丸く収まることも多い」状況に(民意の側が)達しており、経済政策などの出方はともかく(ここも将来AIが関与してくる気がします)、選択間違えてないじゃん。
若い人は御存知ないかもですが、昭和の日本は「マジですか」って芸能人が知事に当選したり「間違っても日本で首相公選制などできない」と嘆かれたものです。←今ならできるとまで言いませんが、

最近の民意は(偏向報道含めて変な邪魔さえ入らなければ)「そこそこ間違わない」
実は、ここ凄いことだと思っていて、
社会の高学歴化には(四流だろうと三流だろうと)成果があったのだと、しみじみ思います。
youtubeなどでも、非常に高度な内容だったり専門性高いコンテンツも割と人気で、
音楽の世界で言えば、若いバンドのミュージシャンとしてのスキルが爆上がりしてます。
それらは全て同一線上で起きていることだと思います、

→続きを読む

posted by kagewari at 22:55 | TrackBack(0) | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0