2022年09月28日

ドラッグと多幸感のリスク(典型はビギナーズラック)、そして鬱

この話をすると、不謹慎だとか非難もあるかなとか思いますが、
心理学のサイトですからね「んなことで制限かけてたら意味が無い」

「ギャンブルにおけるビギナーズラックと、PTSDトラウマ論には類似性がある」
心理学の原則:「快・不快原則」を思い出していただきたい、
「脳は、快感の記憶と不快感の記憶を区別できない、そこにあるのは『興奮』脳内物質の分泌があった事案か否かだけである」
(ジェットコースターやホラー映画のエンタメ論、はたまた性倒錯の判別不能な快感論)

デカイ快感体験と、トラウマ級の不快感体験は「その後に類似した傾向を持ちます」
・無意識に繰り返されるフラッシュバック
・快感期待値の増大(基礎量がかさ上げされる的な)
・脳が再現性を目論む(そのストレスを感じる)

●シンプルな例で言えば
貧しい暮らしに慣れていた後、
高カロリーで異常に多糖の炭酸飲料や酒類が飲み放題になったとする
(そのカロリーは確実に人類ヒト科の基礎接種量をはるかに超えている)
考えるまでもなくどうなるかわかりますね?
その機能性が何故あるのかって、自然(ワイルド)な環境において生物は基本飢えておりますから(いつ食料が確保できるかもわからない)最大効率で食える時に食っておくべきだからです(余剰分は脂肪として《冷蔵庫無しでも》貯蔵可能)。

ひとりぐらしのアパートで、あの恐怖の害虫が登場したとする、
あまりの恐怖に殺到しそうになりながらも「な、なんとか解決」
(この時のアドレナリンやらドーパミンは普段体験していないもの《胃酸も大変なことに》)
考えるまでもなくどうなるかわかりますね?
「連日、また出るかもしれない」と”緊張状態”が継続する
その機能が何故あるのかって、(高カロリー遭遇と同様に)危機管理上「重大なエピソード記憶事案である」からです。

※不快体験にはもうひとつ推論があります、
「その不安感を払拭可能なエネルギー総量は、普段的だったり日常的レベルでは全く不足しており、”この対策で完全勝利”に近い(こうなったら密閉性の高いオートロック住居のシンク下などを特殊なシーリングで、、、)などの総量でなければ解決しないことです」
 ↑
はい、普段の状態(日常性の中)で解消する条件は?
「エピソード記憶解除により、”一般記憶同様”に時間が解決してくれた場合」ですね?
(簡単に言えば、《ネタバレにより”だいじょぶだろ”と》「忘れるサイクルに入った」《もう十分だよ「イナーフ、イナーフ」》)


→続きを読む

posted by kagewari at 02:49 | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0