2022年09月03日

リクエスト関連(生活保護の発達障害者さんへ「補足2」)

<書いたそばから更に追記、中段末尾、からの更に中段末尾追記、そこへ更に追記>

■思うに以下の説明の【導入過程】を理解できていないと思うので
少し補足します
 ↓
■彼らがよく使う表現の「空気を読む」とはシナリオ上の台本のことで、
彼らの会話は”予定調和”で予め決まっているんです(彼らは本音で会話しません)
「職場における気さくな同僚との会話」←こういうお題で予め台本があるの、
(で、彼らはその台本を経験の中から阿吽の呼吸で読めるようになっている)

 ↑
この「会話ソフト」を彼らがどうやって導入していくのか、
●単純なモデルで説明します
小さな子供を連れた母親がいるとします、
子供が誰か他所の大人にバスで席を譲られました、
子供の初期感情は(大人で言えば本音)
>「知らないおじさん怖い、席に座りたくない」(母親の背後に隠れようとする)
「(どうもすいませんねぇ)ホラ、座りなさい!」
ごそごそ座ると
「ありがとうは?ありがとうございますでしょ!!」
「オ、、アリガトウござます」

子供連れの夫婦が公園で、
顔見知りの夫婦が子供を連れてきました。
「○○ちゃん、〇子ちゃんと遊んできなさい」
子供の初期感情は(大人で言えば本音)
>「誰だこのクソガキ、(貧乏くさいジャージ姿を見て)なんか汚ったネー奴だな」
「ほうら、砂場で遊んでみたらどうかな」
子供らがすごすご砂場へ
(15分後)
「そろそろ帰るわよ」(子供たちがさえない顔でゾロゾロ戻ってくる)
父「【【【【楽しかったね!】】】!!」
笑顔で(嘘)「ヴぅん!!」

●権威上位者による”予定調和”の”同調圧力話法”
これが習慣化し
(※大事なことですが、たとえば欧米の場合父親は食事の際に”お祈り”の儀式を取り仕切る担当であり=教会牧師《神の代理》の代理《その代理中間管理職》を意味します。つまり彼の語る”同調圧力話法”とは宗教道徳的に神の意思であり、強要される”予定調和”は神の意思を意味します。)
 ↓
数年もして、子供が賢しく(さかしく)育つと、
何の指示命令も無しに”秒で”「打てば響く」リズムで、
 ↓
元気に「おじさんアリガトウ!!」
笑顔で「〇〇ちゃん滑り台いこうよっ!」→「楽しかったねっ!」
 ↑
上記のような”立派な子役に育ちます”(これを彼らは”社会適応”と呼びます)
<追記>”立派な子役”の俗称は「よい子」
※心理学的には”限りなく洗脳”(マインドコントロールとかに類似するもの)
<追記>生物学的には「刷り込み」って奴です
<追記>そもそもさ誰に言語を教わるの?あのさ知らない言葉の感情は想像すらできないんだぜ?「言ってもいい言葉だけしか教わらない場合、自我の論理構造はどうなる?」→自我ってものが言葉によるロジカルな構成物であるなら、自分の意識の由来はどこにある?

→続きを読む

posted by kagewari at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(生活保護の発達障害者さんへ「補足」)

<書いたそばから末尾に追記>

■思うに以下の説明を理解できていないと思うので
少し補足します
 ↓(まとめると前回原稿のここね)
崩れってのは『共同幻想』崩れのことです(権威性の裏付けを失った『共同幻想』のこと)
『共同幻想』のルールでは「仲間同士は基本誰でも交際OK」となっており、
誰と誰が交際する云々はある意味八百長芝居の範囲であり(だから告白された時に断る台詞が「ゴメンナサイ」で謝罪になっている《裏:本来はあなたでもいんだけど》)
なんというか、『単独者』から見れば「どうでもいいじゃネーか」って世界です。

ま〜話は戻りますが、たぶんあなたが言わんとしていることは、
『共同幻想』社会内部で「モテる人」のことを言いたいのだろうと思います。
「モテる人ですか?」→『共同幻想』用語になりますが→「性格のいい人」一択です。
(彼らの社会でアンケート取ればほぼ鉄板の一位が「性格のいい人」、次が所得や学歴や社会的地位などなど)

●『共同幻想』論的に言えば、
仮にあなたが、モテないと嘆いているのだとした場合
彼らの言葉を借りれば「性格の問題じゃない?」ってことになるってことです。
注)性格って言葉は心理学には存在しないので、『共同幻想』用語と説明しているんですが、
『共同幻想』社会の定義している「性格いい人」ってのは実にアバウトなもので、
「素直で(人のいうことをよく聞いて)、気さくで(気取ったところが無く)、笑顔の明るい人(悲観的なことを言わない人)」←ザックリ言えばそんな”感じ”の人物像でしょう。
※ちなみに『共同幻想』論で補足すると、前述の振る舞い(素直で気さくで笑顔)これは”本音ではない方が評価が高い”です、【嘘でも周囲を気遣いそういう人物像を演じられる人物】が評価されているんです。
 ↑
また、繰り返しになりますが現代『共同幻想』適応系は”少数派であり”
(既に「ちょっと異質な田舎の変わった人達」という意味になってます)
そんな論理に合わなければいけない事情はどこにもありません。

■繰り返しになるけど、ここで説明しているのは近代から主として昭和中期までの『共同幻想』論であり、現存するのは(若い人から「ブラック社会」と呼ばれる)”『共同幻想』崩れ”社会であり、既に「ちょっと異質な田舎の変わった人達の社会」という意味になります。

<その前提でだが>

■彼らがよく使う表現の「空気を読む」とはシナリオ上の台本のことで、
彼らの会話は”予定調和”で予め決まっているんです(彼らは本音で会話しません)
「職場における気さくな同僚との会話」←こういうお題で予め台本があるの、
(で、彼らはその台本を経験の中から阿吽の呼吸で読めるようになっている)
話の分からない人の比喩に「あーいえばこう言う」ってあるでしょ?←これの反対語わかりますか?「打てば響く」です。
●「打てば響く」の意図は、「予定されている答えの台詞を、和歌の連歌の法則のように読み切って(自分の気持ちでは”無く”)その答えの台詞を言い当てて間髪入れずに”これですね”って答えることなの」←当然、その場の”予定調和”には(動かしてる『共同幻想』には本来宗教道徳の上位概念があるから)守るべき共同体などの論理を実現しましたねって意味がある(個人的意見ではなくそれを上回る共同体の公的道徳を知ってますの意)。

当然実際の生活が苦しく辛いものでも、
たとえばそれがその地域なりの『共同幻想』の論理に従ったものであった場合、
【嘘でも幸福な台本で演技しないといけないの】→「打てば響く名調子で」
何故か?
仮に現実が苦しく辛いものでも、それを口にしたら共同体の上位権威を批判していることになるからさ(近代なら宗教道徳)、共同体の権威性を守るためには「あなたは幸福を口にしなければならない」のです。
 ↑
彼らはこの論理で動いており、”予定調和”を”同調圧力話法”で求め、
それに名調子で呼応してんの(これを「社会適応」と呼びます)。

→続きを読む

posted by kagewari at 06:53 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0