2022年08月11日

「少子化で人類が滅亡するんじゃないか」の心配は無いだろうって話

<8/13にいつもの誤変換修正と一部追記>

基本原則は
「高寿命化に歯止めが効かないので、子孫を希求する現実は見えない」
そもそも自分が死ぬことを予見できない時代に突入しています。
(毎年寿命統計が伸びて、自分の年齢が追い付けない《仮想不老不死状況》)
自分が消滅するイメージが無いのですから保守的見解における後継者のリアリティーは大幅に後退しています(政治家などの場合80代でもバリバリに突入)。
 ↓
逆に言えば「20代で結婚だって?オイオイ大丈夫か」のリアリティーです。
(プロ野球選手で言えば、駆け出しでまだまだ前も後ろもわからない世代)
近代『共同幻想』社会には、夫婦の権限は限られており(姑の存在だけでなく)中間管理職の色彩も強かったので、まあ大丈夫となっていましたが(FC店的な)、
現代の結婚は「完全なベンチャーの起業と同じ」ですから、新入社員ですかって年代での結婚にリアリティーが無くなるのは自然現象です(晩婚化)。

さて、「恋愛幻想」崩壊も含め、ここのとこ説明してきた社会の変遷を考えると、
「高寿命社会と言っても、人が本当に不老不死になったのではないから、確実に人口減が始まるだろう」という論議には、シングルマザーの時代がくるだろうと答えてきたのですが(社会福祉もそちらに傾斜して再編成されるだろう)、
 ↑
■ここには心理学的に「まったく考えられてこなかった変遷の可能性」があります。
意外と思われるかもしれませんが、
「サブカル・オルタナ広義展開」による帰結です。
はて、何のことでしょうか(笑


<<<以降は心理学的にも完全な試論なので業界でも学説でも論議されてませんから、エビデンスの無い話であることを前提に読んでください(アバウトな話っちゅうことです)>>>

■フロイトがリビドーと呼んだ、人類ヒト科謎の進化により異様に肥大化した性的欲求は(繁殖期に制約されず365日24時間性交可能に進化したのは地球上でほぼ人類だけ)、実は性欲が目的では無く、考え・社会を構成し・言語を使い・経済を認識し・生産性の向上や発明、、、意図のわからないモチベーションの発現原資となるものです。
(※繁殖期に見事にアートな巣を作りアピールする魚がいますが《鳥の中には繁殖期に芸術的なダンスをする種もありますね》、人類の文明とはそういう繁殖期の性的欲求の援用そのものです。)
ある意味、性欲の広義展開は【もともとがそういう狙い】であって、
人類ヒト科が、エロ狂いのサルって話ではありません(笑
そもモチベーションを文化や文明に展開させるのが(進化にも定義された)自然な使い道だってことです。

→続きを読む

posted by kagewari at 03:35 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0