2022年08月09日

近代の『共同幻想』社会が人権侵害級なのは”これ当たり前”で必然だった

集落が生きるか死ぬかってことに対峙するために構成されたのが『共同幻想』です。
個々人の人権無視してでも共同体の存亡を重視するために設計されており、
(なので経済的に豊かになり先進国となって以降は必要が無くなるんですが)
「いかに全体が生き残るか」その一点に集中しているのが『共同幻想』で、
それだけではありません。
封建社会から近代までは”戦乱の時代”であり、
中途半端な『共同幻想』社会は滅ぼされるため、バトルプルーフされた強度の高い『共同幻想』社会のみが生き残り、たとえるなら軍国主義的なことが正義であった。

50年代の米国の繁栄がアンチテーゼのようなとこありますが、
これは地政学的に「安全なとこにいたから」であり、
且つ、英国独立・フランス・スペイン・代理戦争のメキシコ・南北戦争内戦と、そこに至る以前は戦争に明け暮れていたのであり(江戸300年の前に戦国時代がったようなものです)、
『共同幻想』社会とは生存のため戦う集団であると表現しても間違いではありません。

経済学的には至極簡単な話で、
限られた繁栄を奪いあう過当競争から、先進国に至るほどの高度成長を経た状況はファンダメンタルの比較にもならない話で、「土地を奪い合うのではなくて、生産そのものを捨てるほど成長させればいんじゃない?」って転換です。
●「平和と経済成長は等価である」(経済成長の無い平和など無い)
→「経済的破綻を目論むものは戦争(や全体主義の復活)を期待している」

ですから現代の若者達が、
現代社会にも残存する『共同幻想』系慣習を「ブラック」と位置付けるのも当たり前で、
欧州キ印のフェミにスト過激派が「男性は死ね」とかやってますがw
発端となる着想は理解できます。
行き過ぎた論議のひとつに、大女優カトリーヌ・ドヌーブさん炎上騒ぎがありますが、
(男性が女性を食事に誘う行為はそれだけでセクハラであると論じるフェミに「それかどうか」と発言したカトリーヌさんのSNSが大炎上し謝罪に追い込まれた事件)
ファミニスト大激怒心理の背景には事情があるんです(彼らはそこ自分で説明できないから、、)
 ↑
奴ら(過激欧州フェミ)が何にカチンときたのかと言えば、
■『共同幻想』社会における暗黙のゲームの論理「仲間同士は全員OKルール」(告白された側が断る時に「ゴメンナサイ」と謝罪しないといけない《キモチワルイ恋愛リアリティーショー》=基本ルールは《同じ社会の仲間の告白は》OKの筈が前提となっている)、ここを勝手な思い込みで(『共同幻想』崩壊後も同ルールがバリバリ有効とノリノリで)「今日食事にどう?(僕と性交オッケーイ?:断る場合君が謝罪するんだぜ)」と声をかける行為は、「そういうルールとか現代にはもうネーから主義者」にとってはガチのセクハラとなるためです。
※しかもそこに”同調圧力”かかっているという、、
※奴らが感じ取ってる不快はこの社会の論理のギャップというか、現代と『共同幻想』残滓(ブラック社会)との関係性の論議で、個別に「食事の話では無い」んですわ。

→続きを読む

posted by kagewari at 13:42 | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(あかりんさん「今度は何の話でしょうか」)

あかりんさん(二本まとめて)
>私の悪口を言う人がいたので。同調圧力の側面があるけど社会そのものが悪いわけじゃない。恋愛や結婚も辛い側面もあるけど良い面も沢山ある。特に日本ってどんな人種やLTBQの人達にも寛容な人が多いです。コミュ障でも助けてくれる恋人や友達がいる人もいますよね。本人達で努力して変わったから。変わろうと努力もしないのに恋人や友達ができないのは当然です。仕事できない人がいじめを受けるのも当然です。職場カサンドラで辞める人もいるくらい、フォローさせられる側は疲弊します。家族もです。

仕事できない人って何故か小さい時から育てにくかった人や問題行動、人格に問題がある人とかが多いですね。親からの虐待されたり、愛されずに育ってる人も多いのも分かる気がします。親御さんも育てにくい子供にずっと苦労させられてきたのでしょうね。しかも子供が成人しても引きこもりの世話と扶養するはめになったら罵りたくもなるでしょう。育てにくいながらも棄てずに育ててくれた親御さんへの感謝もなく、恨みつらみばかり。それでは家族も周囲から理解されずに嫌われるのは当然です。


■なんの話かわからないのですが(自称ナントカ障害の人に悪口を言われたってお話ですか?)
あなたを含む『共同幻想』適応系人格は「言うほど仕事はできません」(言われたとおりやるのは得意ですが)、
うーん庵野監督ゴジラの演出で察しがつくと思いますが、
他ドラマなどでも特殊部隊や、特殊に選抜された組織(プロ野球オ―ㇽスターやサッカー
JAPANもそうです)”はみ出し者とも言われる個性派集団”になります。
本気で仕事に集中する場合、同調圧力社会適応の相手してる暇がないからです。
※逆に言えば、同調圧力に適応する人は仕事よりそちらが優先されますから、仕事は二の次になります(実際の仕事ってのも”ひも付き補助金がらみの”八百長的なものが多数で、、、劇団員に近い部分があったりしますから)。

■また繰り返し述べてますが、
私は心理学的見解として各所で「ナントカ障害認定のある個人は無理して働くべきではない」と説明しており(あれはド左翼の両親が身体障碍者を無理に普通クラスに入れようとする”虐待”と同じで)、政府含めて(身体障碍者雇用支援には別の意味もありますが)ナントカ障害のある個人が、社会復帰?だかなんだか知りませんが(会社に勤務することは社会復帰と何の関係もありませんから)、雇用の継続をするのが喜ばしいみたいなメッセージを出すのが間違いです。
(労働経済学的にも労災認定などをして、働かなくてもいいように対処すべきです)
”不快『興奮』煽り”のフェイクニュースと同じ効果にしかなりません。

<<つまりあかりんさんが何の話をしているのか知りませんが>>
(誰の話をしているのかわからないのですが《2通目》、心理学的知見やエビデンスの提示なく適当なことは書かないでください。《素人がやると単なる感想の域を出ません》)

やれ「適応者が素晴らしいだとか友人や恋人にめぐまれてー」みたいな話をうかつにしないことです(事実《全国世論調査統計》と異なりますので)。そもそもそれを公の場で(記事リク投稿でもそういう意味になります)政治家のように街角で演台に立って大演説したことになるんですが(米保守系福音派の牧師も家族の大切さなどはもっと厳粛に語るものでしょ)、
自慢げに語ることは=依存ですから(もの凄い恩恵を受けてマースって言ってるワケで)
(※この薬は凄いんでーすってTV通販のセールスと類似)
これは、後段の記事リク(人生真っ暗さんでしたか)速攻で引用されてます。

●つまり煽りネタのフェイクニュースとして効果まんてんだったということです
=これ心理学的には(無意識にだけども)「他者への不快『興奮』を煽った」ことになってしまうので、
なんというか「凄く筋の悪い話」になっているんです。

別に幸福を謳歌しているのは個人の自由で結構なことでなによりですが、
よくわからないのですが、自称ナントカ障害な閲覧者が少なくない心理学のブログにおいて(言うならばナントカ障害心理学セミナーみたいな場所にワザワザ来て、質疑応答で「ハイハイハイハーイ」手を上げて)→今回のケースだと「自称ナントカ障害とかクズだなお前ら」とか言いに来たワケでしょ(笑
 ↑
うーん、素朴に何が面白いのかわからないんですが、
あなたの発言意図は(自覚無いのでしょうけど)
本来、職場に来なくてもいい自称ナントカ障害な方に「オマエラも適応して働いてみたらどうだ」と煽っているのと同じで(うんで、自分の職場であーだこーだ文句言われてますが)、
煽ってまでしてウエルカムしているんだからさ(どれだけ素晴らしいか見たかオマエラ「残念でしたーっ」とか)、

これは笑えないジョークですよ(笑っちゃいけないけど)
※ナントカ障害な方は実は大好きだってことなのかしら、、、




posted by kagewari at 06:14 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0