2022年08月04日

リクエスト関連(人生真っ暗女さん「記事リクでは無くテーマ限定のが得かもです」)

人生真っ暗女さん(3本続けてまいります)
>他のスタッフは入居者様から慕われてるのに私だけ嫌われる。実務から外されて入居者様とは全く接触のない雑用係にさせられる。他のスタッフは仕事にやりがいを感じて楽しんでる。私と同世代のスタッフ同士男女混合で遊んで仲良くしてる中で、私だけその中から外される。同僚からの私だけお菓子外しなども普通。他のスタッフは可愛いと男性からちやほやされて彼氏もいるのに私は同僚男性からはブスだとバイ菌扱い。

他の人はレイプされてない。今も大好きな介護職を続け、同僚に恵まれ、友達と遊んでるし、恋人や家族にも恵まれてる。何でこんなに不公平なんだろう。他の記事リクの人が感謝を持って接すれば人に恵まれると言ってたけど私も常に感謝の気持ちは持ってた。なのに何でいじめられたり、嫌われたり、レイプされなきゃならないの?適当なことばかり言わないで!努力だけではどうにもならないこともあるし、努力しても無理な人もいる事を恵まれた生活をしてきた人にはわからないんだろうな

それでも福祉の仕事や入居者様への思いがあったから介護の勉強や入居者様とのコミニケーションも模索して、仕事もできるように頑張ってた矢先、私より20歳も年上のキモい同僚男に拒否してもしつこくつきまとわれ、上司に相談しても相手にしてもらえず、証拠を撮って労基局に相談しようと思った矢先にレイプされた。そいつのせいでPTSDになって続けたかった仕事も辞めざるを得なくなった。その後遺症で苦しんでる私に実親は何で仕事を辞めたんだと罵る。精神科通いで惨めな生活。


※依頼文字数的に、「テーマ限定相談《1000円の奴》」のが(額的には記事リクうまく使えば少し得ですが)返信内容の表現規制を受けない分、得かも知れないのでいちおう推薦しておきますね。
社会的には同じ悩みある人に向けても、記事リクのが有意義ですからどちらを選ぶかは人生真っ暗女さんにお任せします。→というかブログの形式上返信も一度では十分に書けない部分もあります。
■【重要なことですが】
記事リクは運用規約上(記事リク専用ブログではありませんから)、
「必ず返信することを確約しておらず」(ブログ記事投稿のスキマでの運用が前提)内容として返信記事の対象とならない場合もあります
(今後は連投による長文が規制される可能性もあります《記事リクは超長文返信を予定していませんのでご注意ください》)

【記事を読む方へ、人生真っ暗女さんの言うレイプとは(依頼文記載にあるように)、この返信記事内で”セクハラPTSD的事案”と理解した上で記事を書いています】

<<ということで以下より本文>>

■あなたの人生は真っ暗になっておりません(そういう設定になっているだけです)
各所に論議は矛盾しており、そこを整理するとことから始めますが、

→続きを読む

posted by kagewari at 05:27 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「友人論で誤解しているケースがあるようなので」補足

■「人に合わせる」=自分の個性化を失う(他人に同一化させる)
 ↑
基本こういうこと言ってるだけだから

社会やコミュニティー重視となれば(全体主義)
個性重視となれば(個人主義、『民主主義』)
 ↑
難しいことは何もないよね

●保守派の勘違いは『単独者』だらけになれば社会性が崩壊するとかなんとかだけど
”愛国心”や”災害”などに関係するマターでは、
「近代の集落としての生存圏に関わる」必然性が概念では無く事実として突きつけられるので、自動的に組織的安全保障が”個人的にも重要事項となる”
なので、ある意味『単独者』ほど献身的にチームプレーもこなすワケで(『単独者』編成による典型事例がプロスポーツにおけるナショナルチームやオールスター、軍隊なら「特殊部隊」)、仮にそういう事情もわからないバカがいれば別かもしれないが、論理的に『単独者』は認知にリミッターが無いのでそういう理解は『共同幻想』適応者より深い。
 ↓
これが政治参加における政策などへの強い関心になるのであって、
『民主主義』社会は、本来『単独者』有権者によって正常機動すると考えることもできる。

事実、人に合わせる延長で(それを縁として)友人になる場合、
それは”近しい人の関係を大事にする”って『共同幻想』慣習として知られているもので、
代表例は「近所付き合い」です。
●実際近代に近いほど大事でしたね。
現代でも地方農村部になれば慣習も残っているでしょう(近代までは近所と協力することで農業が営まれていた)。
しかし、現代の都心部で近所付き合いは昭和前期の頃のように盛んですか?
「ほぼ無いですね」→しかし、だからといって東京や大阪の治安がトンデモになってますか?
「なってませんね」(反社が仕切る地域とかはそりゃ例外ですが)

近所付き合いの濃淡と、所謂近しい人とは親しくしましょうの延長で友人になるってのは
同じ概念であり、
現代社会では、『共同幻想』系の友人(付き合いの延長上の関係)はなくてもいいと若い人に認識されていることは、「都会における近所付き合いの濃淡」と意図は同じです(東京では町内会費と言う言葉が聞こえなくなってから久しい)。

→続きを読む

posted by kagewari at 03:16 | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0