2022年08月30日

官僚機構が真っ先にAI化するかもしれません(合理性が高い)

すわ銀行が、弁護士がとも言われているAI化ですが、
存外に最初は官僚機構かもしれません。
私が再三経済政策でベーシックインカムを推奨しているのは、
行政コストが省けるからです(一律支給するだけでよい)

みなさんも時々耳にする「地域振興策の商品券」、
これ予算配分で行政コストが2割とも言われています。
(妙な基準を設けなければ2割増額できるんです)
●つまりこのまま社会福祉予算が拡大していくと、その行政コストも比例倍することになり、
社会福祉を運営するための行政コストで社会福祉がパンクするかもしれないのです。
(素朴に、「バカみたいでしょ」)
ベーシックインカムの目的は、監督官庁を全て一斉に廃止できるところにあります。

無駄が多いといかそういう話では無くて、
「そういうもの」なんです。
財務省が、「病院が寝たきり老人を作って介護施設化するのはまかりならんと入院期間に制限を設けた理由」も似たところあります(参考になるかわかりませんが、WHOの勧告などから廃止の方向にある精神病院の入院患者は「ベッド一床あたり年間500万の利益になる」とも言われており)、
構造的に、付随する側が無限に肥大化していくのは非効率以前に本末転倒だろうと。

■時代の変遷で、今や東大卒の新人が霞が関を志望一位から外す方向になってます、
(東大エリートが人材的に最強ってことでも無いんですけどねww、昔から役所の人事部ではキャリアの25%は全く使えないので、最初から左遷先を用意しておかないといけないなんて話もある。)
東大生も関心を失いつつあるなら尚更、
真っ先に官僚機構をAI化すれば、合理的なことこの上ないって話。

AIには天下りの心配もありませんからね(笑
(※天下りを誤解している人もいるようですが、キャリア官僚には妙な習慣がありまして、最後にトップに上り詰める次官の同期は全員仕を辞めているんです。つまり昇進ポストの数だけしか残っていない《その都度それ以外の同期は辞める》仕組みなので、辞める官僚のためのポストとして天下りが必要になるって話《同期も辞職しないで残ればいいのにって論議もある》。)



posted by kagewari at 17:43 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月29日

リクエスト関連(生活受給の発達障害者さん「原発稼働で解決します」)

<後から、末尾に江戸の習俗追記>

生活受給の発達障害者さん
(深夜電力が昔安かったのは、原発を稼働していたからです《動かし始めると昼夜変わらず発電するため:原発は動かし始めると器用に上げたり下げたりできんのです》)
>前にも相談した者です。原発が再稼働する話も出てますが、そうなれば深夜電力の方も下がってくれるのでしょうか?上がり方が半端じゃないです。また低所得者との均等を取る名目でまた生活保護が下げられるようですが、何故低所得者の所得を上げずに生活保護ばかり下げるのか?(物価スライド式ならむしろ物価上がってる今なら上げるべきでしょう)。もう一つ、江戸時代は離婚率が今より高かったとのことですが、都市部の方での恋愛事情はどうだったのでしょう?レジャー施設がない当時でも別の方法で友人と遊び回ったてたのでしょうか?

●冒頭書いたように「そもそも深夜電力割引があったのは原発で発電していたからです」
原発は発電量を自由に上げたり下げたりできませんから、
夜間に無駄な発電が大量に発生するため(一部は無駄に捨てるのももったいないので日中向け揚水発電に利用するほど)、夜間電力を安売りしたのです。

ですから、夜間電力割引ってのは「原発ありき」の割引であり、
原発無しに夜間電力割引はある意味不可能なのです。


下記の左翼のプロパガンダとも被りますが、
はい、原発再稼働に顔真っ赤にして反対しているのは誰?「左翼です」
(夜間電力割引を撤廃させるために、必死になって再稼働反対しているのは左翼なんです《多分狙ってやってます》→そしてまんまと電力引き上げに成功し→政府が悪い!って騒ぎのネタにしている《生活保護費下がったネタもそうですが》)
※この関係で同じ左翼なのに「電気労連VS共産党」の構図がある
 ↓
■また、言うほど生活保護は下がっていません(そもそも下げても財源になるほどの金額が無い《悪く言えばケチな金額しか出ない》)、財務省が問題視しているのは「(生活保護関係無しに)膨大に膨れ上がる医療費予算」であり、その中で手を付けやすいところとして生活保護の医療費免除などが論議になっているのであり、「下がった下がった騒いでいるのは左翼のプロパガンダです」。
※デフレ時代に(円の価値が上昇するため)保護費が自然増していた件は過去ログにあるとおりで、それは明快な事実です(当時複利計算で1割を超える増額があったのと同じ)

左翼の狙いは経済を破綻させるなど「大混乱を引き起こし全体主義革命を起こす」ことです。
欧米の状況は大変なことなってます。
イーロン・マスク氏「各国は原子力発電を増やすべき!国家安全保障の観点から非常識、停止させることは環境にも悪い」/ロシアの影響でエネルギー価格高騰の中、発言は賛辞
http://totalnewsjp.com/2022/08/29/musk-92/
(この辺の混乱の背後で状況を仕掛けているのは、グローバリストです《そもそもコロナ騒ぎやウクライナ紛争仕掛けたのもその人達ですから》:欧州の反原発はエネルギー危機を引き起こすための仕込みだったんです)

※ちなみに私は武田教授などの原発稼働反対論を支持しており、
”再稼働には賛成ですが”ベース電源として過剰な評価はどうかと思ってます。
(核融合なり《現在は小型核発電モジュールが注目されてます》安全な核技術開発できるまでの”繋ぎ”で考えるべき)
ただし、ジャーナリストの篠原氏じゃありませんが、停止中でも原発の事故リスクは変わらず存在しておりますので、安全性を担保する上でも「将来の廃炉のためにも今稼働させる方がまだ安全」な側面があり、「原発ガー」で大反対するのもアレですが、
「原発オー!」って何でも再稼働すれば解決って保守系論議にも無理があると思っており、
<ここは冷静に論議するべきでしょう>

→続きを読む

posted by kagewari at 18:19 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月28日

絵に描いたような「幸福モデル」を持っているなら「それが本音である筈が無い」

これ『共同幻想』モデル全否定では【無い】からね
(再選択すると本音に裏返るから)
●わかりやすくする意味で『単独者』論から言えば
「自分にとって何が幸せなのかなんてやってみなければわからない」のだから、
それが予めわかっていたら変なのであり(笑
「それは型にハマれ(適応しろし)って意味だろ」となる。←わかりやすい正論、

かといってだね、『単独者』論で説明しているように(人類ヒト科の限界)、
はたまたここんとこ連載した『行動療法』によって”基礎代謝”稼ぐと賢者モードになる件、
 ↑
保守派の意見のように、文化伝統ってのは人類ヒト科のパレート最適な英知のひとつだから、『行動療法』だと思って、そこはひとつ自らの行動様式に課してもいいだろう(歩留りだよね)、
「所詮誰しも人類ヒト科じゃないか、個性化言っても大概なものだ」
 ↑
再選択してますね、
その再選択とは
●「それは(自分で思いついてないから)偽物の幸福モデルに過ぎないかもしれないが、それで俺は十分(イナーフ)だよ」←「それが本音である筈が無い」と知る事で、裏返しの本音になるんです。


■これに対して(そのまんまですが)
絵に描いたような「幸福モデル」を自分の本音といいうか絶対の渇望のように取り違えると(取り違えるというか”錯誤行為”に近い《自分の本音が予め決まっているとか、タイムマシンでも無けりゃわかりっこないからね》)、えらい方向に話がよれていきます。
「でなければダメなんだ」調に転じてしまいますから、
前述の現代的”再選択”の場合なら、「本音じゃないことわかっているので、少々グダグダでも形になってりゃ文句無いんです(そもそも多くを求めてないし”たいしたものとも思って無い”のですから)」
 ↑
しかしですよ(小学生でもわかることだと思いますが)
絵に描いたような「幸福モデル」が必ず実現できるのかって、【その段階でもう先に結論ありきのお仕着せ】ですから(思い込んでいるだけで本音ですらない)成功確率も高くない。
(※なので斡旋や分配権を有する権力構造との関係がよりクローズアップされる)
 ↓
意味わからないかな?
野球部で言えば、
●”再選択者”ってのは(それが本音じゃないこと自覚しているんで)
「それなりに頑張ってみたけど、レギュラーはおろかベンチ入りも無理だね。でもまあいいじゃないか、ユニフォームなんか着ちゃってさ、応援席で声出すよ”レギュラーは俺達の分も頑張れよ”」
●絵に描いたを本音と取り違えると
「試合に出られないなら終わりだ、」「どうして俺はレギュラーになれないんだ!!!」
(おおよそ絵に描いたような「幸福モデル」を予定することでロクなことがありません)
※勿論、レギュラーになる人は実際存在しますから、なれればそれに越したことは無いかもしれない(この場合『昇華』ってパターンになる)、しかし100人からいる部員で9人ですよ?
DH制なら10人だから、まあ10パーとしましょうか。
「幸福確率10パー、不幸のズンドコ鬱状態90パー」って設定、好き好んでチャレンジする人いますかね?
 ↓
しかも、実際のレギュラーのうち(偶然運動神経抜群など)「歩留り再選択からのレギュラーも多くいる筈で(母数的に過半数超える)」、本音を取り違えてる人の席は1〜2です。
※ちなみに主力は『単独者』系になります(本音で野球大好き人間)

→続きを読む

posted by kagewari at 23:44 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月27日

「結婚制度」の崩壊度合い(てか実像)を確認してみよう

非婚・晩婚はかなり早期から始まっていたので、
現在進行形で目立って観測できるのは何かと言えば「よくわからない」のですが、
(看板注意事項記事にあるように「恋愛幻想」崩壊が若い世代ほど進行しているのは事実)
既に一定水準まで到達しているのかもしれないことが統計から推論できます。

これまた離婚率というのがどう計算するのか定まっておらず
「人口千人あたりの離婚件数値」だったり
(なんせ「いつ結婚した人の離婚なのか」って統計上の問題もあり、年度単位で推移を観測して意味あるかって話にも及び)
一部の分析では、初婚カップルの離婚率は低下しているという分析もあります。
(かといって、それは非婚・晩婚世代のことなので、既に「結婚制度」崩壊を織り込み済みの”再選択的新婚者”となりますから、そら現代新婚となる世帯の離婚率が下がるのもわかります。)
 ↑
ぶっちゃけどの指標を見れば動態がわかるってものが無いんですよ。

10年単位で、総離婚数÷総婚姻数なら一定程度の動向になるかなと思い、
厚生省のDATAかな、基礎的統計があったので引っ張ってきたんですが。
公益財団法人「生命保険文化センター」がまとめた図表を引用してます
https://www.jili.or.jp/lifeplan/lifeevent/807.html
ソースは「厚生労働省「人口動態統計(確定数)の概況」/2020年」

図表に各年度の単純比率を(離婚数÷婚姻数)書き込んでみたのが下図です
 ↓
生命保険文化センター.jpg

やはり、ここ10年でほぼほぼ変動は無く(合計して再集計する必要性も無しと)
【だいたい離婚率は35%前後だな】と、
※離婚者の年代が極端に古いのだとしてもですよ、前述のとおり現代新婚者は既に「非婚・晩婚」を折りこんでおり、そこに古い世代が離婚しているのだとすれば彼らが「非婚・晩婚」的な懐疑的認識に追いつていることになります(そこに限定したら4割超えるって話になってしまいますし)。

※ちなみにですがこの「単純比率計算の離婚率」が、以前(昭和後期)都道府県別で北海道が連続トップランナーだった時には50%超えていたと思う(現在の都道府県別ランキングは変動したようだけど)←ここには地域性って”歴史的に伝統的権威が薄い道民特有の著しい淡白さ”(身内で離婚話があっても目の色変えて反対するような者がほとんどおらず)「仕方ないべさ」圧倒的多数みたいなwとこが関係していると思われる。

<話は戻って>
冒頭の新婚者の離婚数は増えて無い分析者の意見もおさえつつ、
かといって「3組に1組は離婚するのは極端だ」と反論できるレベルにあるとは思えず、
素朴に数字のまんま「3組に1組は離婚するぐらいの感覚でしょう」。
加えて、各国別とか見ると、米国やロシアは日本の倍とかになってまして(千人当たりの件数分析DATAの方ですが)【ベンチャー企業の成功率か】みたいなものです。

■逆説的に言えばですよ?
「晩婚傾向のなか、男女関係が10年超えてる場合(婚姻関係でもSEXレスが増加してますから=友人関係でも)、一度結婚したも同然なキャリアである」
「結婚制度を利用した、婚姻関係も6割程度の保証性に留まる」
 ↑
あくまで個人的意見ですが(てかフランスの実例を参考にしているのだが)
素朴に考えても
→「将来的に結婚制度の主力は”事実婚”で運営した方が自然というか”楽でしょ”」
(少なくとも”事実婚”であれば訴訟絡みで紛争になることは軽減できる《=ハードルが下がる》)

→続きを読む

posted by kagewari at 17:44 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月26日

どつもこいつもグダグダで(統一教会関連)

<後から米政権に関する追記アリ>

ちなみに動画主のささやんは元NTTのマーケティング関係の仕事されていた方で、
統計分析が専門(中立的報道解説で信頼性高い人物です)

【マスコミに宣戦布告】統一教会が暴露ネタ準備【選挙ギャルズ】正体は共産党の熟女でした
https://youtu.be/Bf4MqcTktCM


旧統一教会:日テレに大ブーメラン炸裂「24時間テレビで女性信徒が7年間中心的な立場で活躍」が発覚/ネット「ミヤネ屋出番だぞ!」「へー日テレ、ズブズブだったんだ」
http://totalnewsjp.com/2022/08/26/toitsukyokai-5/
<一部引用>
8月21日に当法人より【異常な過熱報道に対する注意喚起】と題したリリースを配信したばかりでしたが、ついに当法人信徒(20代後半・女性)による自殺未遂事件が起こってしまいました。
(中略)
現在、民放の雄と言われる日本テレビが、同社ネットワークの総力を挙げて毎年取り組んでいる「24時間テレビ」ですが、当法人の女性信徒がボランティアスタッフとして7年間にもわたって関わり、番組ボランティアをまとめる中心的な立場で活躍していたことが分かりました。

■韓国の反日自称キリスト教系シャーマニズム宗教である統一教会を俺が支持する筈も無く、
トンデモ新興宗教だと思っていますが(批判されるのは当たり前)、
地上波メディアが保守系政治家叩きの道具として嬉々としてバッシングしているのには閉口します。
(批判するにしても”そこじゃネーだろ”的に)

ちなみに統一教会の過去など壺だ過剰な寄付金だのを殊更に取り上げる例もありますが、
この辺の教義はそのまんま伝統宗教キリスト教の教義を援用したもので、
(”そこじゃネーだろ”なんですよ)
どういうことかって、伝統宗教キリスト教では発足当時に(レーニンにパクられら「働かざる者」のローマ時代のユダ〇人徴税官批判にあるように)貯蓄するような金持ち全否定だったんです。
最期の審判と天国化地獄かってあの世の設定を持っているキリスト教は、基本的に現世利益(金持ちになって現世で豊かな暮らしをすること)を否定的なのね、

だから儲かった金を持っていると穢れるので「教会に寄付してロンダリングしましょうね」って図式があるの。これを覆したのは宗教改革の中登場する(自由の国)オランダのカルヴァン派の登場を待たねばならず、原罪としての労役で富を得ることはその試練を乗り越えたということなのだから祝福があるって話に転じ、これが→アメリカンドリームの基本原則になったんです。
※それでも尚、節税対策だけに限らず米国の資産家が「必ず慈善活動するのは蓄財と穢れの関係や批判から逃れるため」であり、
「資産は寄付しましょう」って教義を否定できんワケなんです。
(新興宗教はそこを巧みにアレしていてだね、、、)

■この辺わからずに、面白いからとか保守派政治家を叩けるからって、
ワイドショーでバッシングすることが軽率なことだってのは、言うまでもありません。
(問題の深刻性を考えるなら”そこじゃネーだろ”なんです→過去ログ原稿にある「新興宗教に共通する依存性の助長」ってとこなんだわ《伝統宗教が禁忌としているサービスを行っていること》→依存性を助長し《教義の意味もわからん信者に》不安を煽って集金してたら問題だと、)

→続きを読む

posted by kagewari at 16:06 | TrackBack(0) | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(人生真っ暗女さん「そして逆切れかよ」)

人生真っ暗女(返信はもう結構です) さん(結構とか決める権利はあなたには無いの)
>周囲への妬みがないとは言わないけどいじめられた恨みはないですよ。でもガチでのレ○プは他の職員は受けてません。そんなのを受け入れる人もいません!実家不仲の人でも被害に遭ってないのは何故なのか、同じ目に遭わない為にも私もどうしたら被害に遭わずに済むのか、どうしたら信頼関係を築けるのか訊いても全く答えないですね!

別にその設定でいくなら、その設定でも余裕で答えられるんだけど。
(しかし自分の発言にどこまで責任の無い人なのかと思うが、今はこう思っているのは本当なので過去の発言のことは知りませんってか?あのねこっちは国語の読解顔パスで5評価だった人間なの。そうとも読めるので意図は違いますとか通用しないから。)

■その設定で答えるのも簡単です

セクハラ事件に関して、上司は隠ぺいで他職員も「傍観者」となり、労働争議のような騒ぎは起きておりません。他職員は消極的に(当該事件においてイジメ傍観的に)受け入れていたってことです。
(※イジメ傍観と同じ、消極的共犯です)
これはたとえばその事実を知らなくても、加害者同一人物が職員として働いていたワケで(その人格傾向は隠しようが無く)知らなければ仲間として受け入れてもしたかが無いって話じゃありません。
彼らの交友関係に参加すると、同様の頻度でそういう人物がオマケで含まれてくるって事ですから。
 ↓
うんで、あなたは、彼ら(セクハラを消極的に受け入れる《傍観》、何故か自分が悪いと設定変えたイジメ加害者でもある彼らの適応社会)を恨んでおらず、この世にはレイプを受け入れる人などどこにもいないなど(私の説明しているナンパの実情や不倫統計などの現実を華麗に無視して)勝手な解釈をするなかで「彼らと楽しい友人や仲間になる方法はありませんか?」と必死になって設定を守ろうとしている(『共同幻想』社会に対するコンプレックス)ワケだが、


■現代社会がどれだけセクハラ・パワハラ・モラハラ含めて「ブラック企業」追放に努力してきたと思ってんですか?
電通における過労死責任追及含め「働き方改革の法律改変」にまで至ってんですよ。
 ↑↓
で、あなたの解釈だと
「ブラック企業にも楽しく関係性をエンジョイししている社員もいるんです!(家庭環境は関係ありません!)答えてください、ブラックなのは悪くない!私もそこで楽しく友人関係を、、、」

何が答えてくださいだよ、、(ここ笑うところですか?)
【無茶苦茶だろ】なぜブラック社会側を擁護するのに必死なのかね?
(しかもバリバリ自分に対するイジメ加害者達だと言及しているのに《今の心境は時分が悪かったそうだが》←自分が悪いとか知りませんが、彼らがイジメ体質のブラックDQN共であることは変えようがありません。)


それからさ、浅薄な知識で適当なことを言わないでいただきたい、
■私は過去ログ各所で「強迫心理」に論評しており、
「親の問題行動の大小にそれは比例しない」とガッツリ書いてます。
(それはわかり難さからくる、幼児の不安心理に起因するもので《関係性の不安》、親の暴力の度合いなどに比例するのでは無い。)
体罰上等の野球部スパルタ監督のチームにいたからといって、「強迫心理」が構成されるのではありません(監督キチガイスパルタだからなぁと、周囲含めて誰の目にもわかりやすい場合不安になる要素が無いためです《殴られることが当たり前なので未知数な不安定確率が無い》)、

「え?今のどういう意味?」←こういう分岐ルートから、関連する不快事項がエピソード記憶化した時に、「こういうことかもしれない」と(社会経験も不足し知見も足りない子供が想定する事実から微妙に乖離した設定)思ってしまった設定が「強迫心理」であり、
●今回の私の説明も、親子関係などへの関係性の問題など(セクハラ辞職からのやりとりでも明白)端緒となるものがあったのだろうという推論しか述べておらず、親子関係が悪化すると自動的に「強迫心理」が形成されるなど、どこにも書いておりません。
(てかそんな心理学的原則ありませんから、そういう間違いを説明する能力がありません。)

■たとえば親子関係が事実関係としてガチ悪化していて、事実として仲が悪く、
「なんかこう昨日も、大喧嘩になって壁紙なんかもボロボロでさぁ」
(堂々と語ると、これは自慢話になり周囲にケツ持ち誇示になるって意味わかりませんか?)
何かあれば、その大暴れする奴が「ウチの身内に何をしてくれとんじゃワレェ」怒鳴り込んでくるって意味です。
関係悪化と、「強迫心理」の形成には直接の関連性は【ありません】
(親子関係のトラブルなど”お題の提供”を元にしてそこに反動形成含む、《エディプスコンプレックスによる》係数倍化された「きっとこういうことに違いない」などの《幼児の想像》設定が構成されて初めて「強迫心理」になります。)

単純に(安倍政権が政権をあげて取り組んだように)
「他職員含めて、酷い職場でした」となるべきところを、
 ↓
いえいえい自分が悪いんです、彼らとDQN友達になりたい!
どうしたらなれますか?
はっ?、、、、それは「適応強迫」ですねと、明快に答えてるんです。

→続きを読む

posted by kagewari at 13:13 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分で組み立ててる話が無意識によれる(考えが散漫になる時は上位概念ガー)

こんなこと書くとヤクルト梅野投手に怒られそうですが、
8月25日の広島戦で、彼は延長負け投手になります。
この時、ほとんど私は展開が予想できました。
梅野投手は時々ニヤケ顔になるので誤解も多いと思うんですが、一生懸命投げていないのではありませんよ。しかし軽率としか思えない投球も多い選手でもあります(特にカウント取る時)、

少しこの時の配給を説明すると、
(いつもの結果オーライの併殺打の後、ツーダウンから)
打率の低い広島下位打線に対して
初球のチェンジアップが内角に外れてボール
【中村捕手の思惑は簡単です、直球待ちの多い選手なのでタイミングを外して楽に初球ストライクを取りたかった】→ところがなんとはなしにボールを投げ、
(私はこの瞬間、あーヒット打たれると思いました《この日の直球は”いつものように”高めに浮いていたからです》)
カウント取りに行った直球(甘め真ん中付近)でヒット
【中村捕手的には、まったく意味がわかりませんよねww】
そして代打の切り札、ベテラン松山選手へ力勝負の直球がまた高めに浮いて2ベースで1点
(これで負けました)
動画を観ていないので(一球速報で観ていた)、中村捕手の構えがどこだったかわからないのですが、ストライクである必要の無い1球目であったのかなと思います。
 ↑
どうしてこういうことになってしまうのか、
(梅野選手ゴメンなさいね)「だってバカみたいでしょ」

●高い集中力で、2ダウン後の初球チェンジアップで確実にカウント稼いでいれば、この回得点を取られることもなかったでしょう。←注意するとするならココだけです。
(或いはボールとなっても、意識付けとして次の直球で安易にストライクを取りにいかない筈です。)

思うに梅野投手は「初球チェンジアップ外れたので、二球目も変化球かもしれないと思って見逃すかもしれない」ぐらいの感覚だったのでは無いでしょうか。
【それはあり得ないのです】
(絶対ではありませんが、球界には緩い変化球を続けるなのセオリーがある)
むしろ広島の選手は「カウント取りたかったチェンジアップがボールになったのだから、次はストライク欲しさに直球が甘めにくる」と、普通に考えていただけです。
 ↑
どうでしょう、この時グランドにいた選手全員がそう思っていたかもしれません。
(梅野投手以外は)

■非常に伸びのいいストレートを持っていて、先発でも期待もある梅野投手が、
どうして伸び悩んでいるのかって、
「ほぼほぼ考え方」だと思います。
この時、梅野投手が何故トンチンカンな都合のいい発想に至ったのかと言えば、
「ちゃっちゃと、早くこの回を終わらせたかったから」に他なりません。
投球テンポの話しでは無くて、
初球チェンジアップがボールになった瞬間、(そのミスの意味は)次の直球でファールを取れなかった場合、2ボールになることを覚悟せにゃいかんのです。
※力的には、全力で対処すれば梅野投手はこのバッターに打たれることはありません
 ↑
つまり、2ボールからの組み立て考えるのが嫌だったんですよ、
(てかそうなるといつもの梅野投手は四球を出してしまうことが多く)
凄くめんどくさいことに思えたのでしょう。
結果が「二球目も変化球かもしれないと思って見逃すかもしれない」←と【思うことにした】のだと思います。

→続きを読む

posted by kagewari at 02:35 | TrackBack(0) | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月25日

個性化って具体的に何とか、”交差”ってどういう意味とか、

最近の原稿で、「個性化」頻繁に出てきますが、
同時に『単独者』ってのは言うほど特別なことはしないって話もしてます。
●「どういうことよ」ってご意見もあろうかと思いますで少し補完してみましょう

たとえば24色のクレヨンでも分岐は24通りでしょ?
「ナントカの色はなんですか」と言うときに、ユニークな色を選んだとする。
ま、それだけでも「偶然同じ色選んだ奴」に何か感じすよね
(それは個別の・固有のシンパシーになります)
 ↑
やってることはたかが色の選択です、
あーたそれに、「カレーに何をちょい足しするのか」に命題を変えればもう分岐は無限大です。
経済学のゲームの理論やパレート最適なんて話になると、
合理性に収れんするみたいなことにもなると思うんすが
それは利害が明快な場合ですよね(営利企業の運営など)
カレーのちょい足しにそんな法則ネーからww
(だから余計に個性の分岐はどうでもいいことで別れるんですわ)

■そして個性化だからさ
「そこは同じかもだが、他は真逆だ」という形の関係性が増えることになります。
”だから交差”なんです。
「そこだけとはいえ(たかがなんとかされどなんとかだ)、そこが交差してるのはちょっと気になるな」つー感じ、しょうもない違いが無限に分岐している状態を指します。
「洗濯する時の洗剤調合は?」←これもめっちゃ多数に分岐ありそうです、
(※普通に市販の洗剤使えばいいって《思考停止の》鵜呑み《適応》が解除されていればね)

その端緒なになっているのか自信は無いのですが、
ネット時代特有の「料理のレシピサイト」ってありますでしょ。
近代前後の嫁入り修行なんてケースの料理の知見は「ある程度定まっていた」と言えるでしょう。
これに対して(ボーカロイドの自主音源フリー音楽じゃないですが)”クックナントカ”のレシピ総数はどんだけありますか?(無限大ですよね)

「あれをさ何々すると旨いんだよ」(にわかに思いつかない調理法だとする)
「えーーー私もそれやるんですよ、どこで知りました?」
これも”交差”です。
で、現代社会ではこの分岐が無限大なので”交差する蓋然性の価値も高い”

→続きを読む

posted by kagewari at 17:43 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0