2022年07月21日

現代社会における、たぶん「恋愛幻想」の終焉

そんな深刻な話ではなくて、
「恋愛リアリティーショー」やら「恋愛バラエティ」だの、数々知られる「あーいう設定のRPGがネタとして終わってる」って話です(過去記事的に「誰でもOKを前提とするゲーム性」みたいなので書いたアレ《なのでお断りする時の台詞が「ゴメンなさい」》)。
 ↑
ま、出来レースだよね
「性的欲求盛んな若者を”適応者”に育てて、バスケットに放り込むと自然現象でそうなる」
やっつけ仕事みたいな設定がネタバレした。

●まずもってゆとり教育以来の”個性化”の模索ってのは、
『共同幻想』”適応者”に育てることが教育的に間違っているという方針転換であり、
もうこの段階で「誰でもOKを前提とするゲーム性は壊れる」

交際を前提することにも違和感アリアリだし(どこぞの合同結婚式と変わらんっての)
個性化=仮にそういうことがあるのだとするなら「誰でもOKでは無く、(自分がこのように個性化しているのだから)誰でなければならない」という物語に時代は変化した。
●昭和の『共同幻想』のように「盛んな若い人を一箇所に集めれば、勝手に恋愛ゲームが始まる」みたいな話は(混ぜるな危険じゃあるまいし)、見ようによっては人権侵害だ。

『晩婚・非婚』(実は婚活も)って話は、昭和の「恋愛幻想」に対するアンチテーゼとして進行しており(何故なら20代ごときに自分の個性が確立したと思う奴は滅多にいないからだ《30代にして迷わずとか言ってたが、現代の中堅は40代50代だろ》)、
同時並行で、個性化による「人類ヒト科固有の過剰性欲におけるサブカル・オルタナ広義展開」は、「狭義の性欲を相対的に低下したように見える」こととなる(異性との交際という文言だけで異様に『興奮』した昭和世代みたいな奴は現代の若者の世界にはもういないワケです《地方の”崩れ”DQN適応を例外に》)。

→続きを読む

posted by kagewari at 22:19 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0