2022年07月11日

憲法改正は前に進むだろう


NHKがまた意図的な偏向報道してました、
今回の選挙における関心事項のアンケートだったかしら、
速報動画でちらっと見た程度ですが、
「1位経済45%、2位社会福祉14%、3位外交安全保障12%、コロナか何かで、最後のあたりに憲法改正5%」
 ↑
いやいや、、<2位外交安全保障と憲法改正17%>だろ、、、、
憲法改正の是非は(反対を大きく引き離し)「1位やるべし45%」


これは、議員達にとって「外交安全保障憲法改正は票にならない」という基準を大きく覆すものであり、国会での論議を経て憲法改正国民投票となれば、ほぼ改正世論が過半数超えることを意味します(どちらともいえない30%のうち半数は賛成が見込めるからです)。

会見で涙を見せた岸田首相は「憲法改正の十字架を背負った」
彼がどう受け止めるのかわからないけれど、
日本の歴史の中で、
憲法改正が大きく前に進んだことは間違いありません




posted by kagewari at 14:58 | TrackBack(0) | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0