2022年07月05日

『共同幻想』崩壊に応じた保守政治の変遷(もはや文字通りの意味では無い)

文字通りの「保守(何も変えない、徹底現状維持)」
この本質的意味は
近代『共同幻想』の権威を保守しようみたいな意味もあったのでしょう。
勿論現代社会でそんなこと言い出したら迷信論者並みのナンセンスとなっており、
(なんせ近代は自然科学も現代とは大違いなワケだから)
 ↑
歴史的にこの「近代保守」を一発で崩壊させたのは”核兵器”だと思う。
核兵器の登場以前と以降で「何も変えないで近代主義を継続」なんてこと言ってたら耄碌老人扱いされるだけですから。
仕方が無いので「核兵器を権威の頂点とする東西冷戦」という(西側なら)反共保守思想に切り替わった。
 ↓
ベルリンの壁崩壊、東西冷戦の終焉は保守政治の危機にもなり(勝利が危機ってのも皮肉だが)、事実上「保守的『共同幻想』適応による統治」という政治は終焉したと考えるべきです。
俄然「リベラルの時代」ってことになり、その権威は「グローバリズム全体主義」。
【あれ?おかしいぞ、ソ連の崩壊は共産主義の終わりじゃないの?】
よくよく考えて欲しいんだけど、
ソ連の共産主義にも派閥があって、追放されたトロツキーってのは世界革命論者でえーと「グローバリズム全体主義」なのね。だから、現代陰謀論的には米『民主党』のバックはトロツキストって話になっている(レーガンなどを使ってスターリン的ソ連を崩壊させ狙った通りにってな陰謀論)。
 ↑
<<<まあ、細かいことは政治学者に任せるとして>>>

冷戦保守派の崩壊により台頭したのは、
■「左翼リベラル・グローバリスト全体主義」はガチの左翼『共同幻想』適応者であり(信者に近い)、彼らは中国などにもいい感じになってくれと夢見てたんだろうねと(日本のそっち系の政治家が押しなべて親中なのはそのため)。
 ↑
しかし、「左翼リベラル・グローバリスト全体主義」は経済学的に「ちょっとあり得ないぐらいバカみたいな政策で(選択と集中)」、国内経済がガタガタになるんですよ。
急成長する第三世界の方も所詮焼き畑なので、人件費などが高騰すれば投資先は移動してしまい、しっかりした国内経済を保持できないだけでなく、民度的に民主政治を定着させるほどの中間層も形成できない。

簡単に言えば「大混乱するだけ」
そこで(何を思ったのか)新しい世界宗教『環境政策』なるもので、世界統一政府みたいな(EUなり国連なりがこれを主導)夢を目論んだんだけど、「そんなもん経済政策ですら無い」ワケで、
人を騙すのいいけど、筋が悪すぎるというか、、、グレタ女史をジャンヌダルクみたいな、、無理でしょ、、いくらなんでも、ちょっとイカレタ左翼の人しかついてこない。

→続きを読む

posted by kagewari at 23:36 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(名前はまだないさん「は?ここは心理学のサイトですよ」)

名前はまだないさん
(なんで俺に経済政策に答えないといけない義務があるんだね?《答えるけどさw》)
>ナンチャラ障〇や左〇思想でも売国奴でもないのに勝手に決めつけないで下さい。間接的受益者とか失業だけは免れて恩恵受けてる?自分も周囲も給料も上がってないままで大変なのに。それは問題ではないとかむしろアベノミクスに感謝しろとかそれで自分に恩恵がないと不満垂らすのは愛国者じゃないとか、私利私欲ばかりとか滅茶苦茶な言いようですね。他の人の生活水準が良くなるのは喜ばしいことですが、同時に(私達批判をなさるのではなく)私達の生活が良くなるようにする政策になるためにはどうしたら良いのかを言ってください。

【は?意味が分からないんだけど、ここさ心理学のサイトですよ?】
(だから心理学的にあなたのリクエストは”デマ”を前提にした鬱ネタであり、あなたのために《それは左翼のフェイクニュースですから》メディアのデマを鵜呑みにしなさんなと答えているんだが。)
加えて、心理学専門サイトに記事のリクエストするってのは、メンタルに問題意識なりがあるんでしょ。関係者か当時者か研究者以外に、心理学専門サイトに心理学的見解求めないだろうさ(そして公開はしませんが誤送信されたNHだよ)、

■まあ四流大学ですが、経済学部経済学科出身なので答えますけど、
(ケインス経済学の生みの親はフロイト心理学ですし)

何度も言いますがね、
1)アベノミクスが無ければ(年々失業者は増えていたので)あなたが失業している可能性高いワケ(文字が読めますか?)、あなたの証言によるとあなたは失業していないのだから、それは安倍首相のおかげです。

2)デフレ経済というのは(物価が下落するので《インフレの反対》)毎年物価が下がるワケ。
あなたの給料が15万としましょうか、
デフレというのは、「来年の15万は実質15.1万円の購買力だ」という経済状況なの。
(これは私の周囲もクソも関係が無い)
なので給与があがっていなくても、所得は増額してるんだっての。
算数もわからないのでしょうか?

3)アベノミクスでマクロ経済は大きく成長しましたから(税収も大幅に増えた)、あなたはその恩恵を得ています(デフレで縮小し続けると《あなたの証言によるとベースアップを得られる上場企業などにお勤めではなかったことになるので》、真っ先に中小零細や雇用のバッファとなっている非正規から解雇される)。
 ↓
4)マクロ経済指標で給与が上昇している(中堅大手サラリーマンの春闘では2%前後のベースアップがあった)、最低賃金も上昇した=何がおきますか?「人件費コストが上昇しますね」→何もしなければ確実にそれは物価上昇に反映します。
※それでいんです、拡大路線ですから
(本筋は経済拡大と低金利により設備投資上昇と生産性向上が発生して人件費コストも吸収した上で企業業績が上がるのがベター《インフレは所得増による消費増で自然発生するのが理想》)
 ↑
しかし、横並び体質のある日本の企業は(あなたの周辺を例外に)賃金ベースアップにより拡大している所得に応じた値上げを行わず、設備投資も思ったように伸びませんでした(売り上げは伸びていたので企業の内部留保は更に拡大)。
5)言わずもがなですが、アベノミクス三本の矢とも言われていた大規模財政出動や、消費増税の阻止に成功していればよかったのですが、なんせ財務省が政治を支配する国ですから、安倍首相をもってしても限界があった。

6)<例外事項ですが>アベノミクス継承を前提とした菅政権は(菅氏は元経世会でありリベラル派なので根本的には安倍氏と政策方針は同じでは無い)、世帯の可処分所得増を目論み総務大臣時代に睨みの聞いている携帯事業者に値下げを要求します。
通信費の多い人で1万円以上、少ない人でも数千円は安くなりました。
(そっちへ乗り換えてなければ恩恵は限られますが)
ココだけでも光熱費増分の金額はほぼ吸収してます

7)<話は戻って>総裁選候補で河野太郎氏有力ということもあったため(ハト派グローバリストなとこあるので米『民主党』に近い《悪い政治家だとは思いませんけどね:最低保証年金やベーシックインカム論者でもある》)、彼に首相は任せられないとのことで、安倍首相は高市早苗氏を支持する形で、遠回りに友人でもある岸田首相を間接支持し、現在岸田首相です。
彼は財務省一族の出身であり、宏池会会長ですから、
それは財務省主導ではありますが、持ち前の優柔不断イメージを使い(保守派の高市政調会長なども利用し)ギリ財務省とのバランスを取ってるステルス首相です(大きな成果もあげないが、財務省に大きなこともやらせないのが職務)。

8)欧米で、ロックダウンやり過ぎて(ワクチン打たないと解雇なども乱発)
主として流通コスト増によるインフレが発生します(給付金デカすぎたいう話も)
英国では(ワクチン強制などで)トラックドライバーがいなくなり軍がタンクローリー運行させたなんて話も。ご存じのとおりカナダではトラックドライバーのワクチン強制に反対するフリーダムコンボイも発生、
米『民主党』バイデン政権が、トランプ政権政策を次々転換した結果(環境基準爆上げで原油輸出国から輸入国に転落、カナダとのパイプラインも閉鎖)原油価格が高騰します。
 ↓
海外のインフレ要因の影響をうけて→輸入原価上昇によるインフレが日本に起きます。
(メディアがインフレインフレ煽ってくれたので、横並びでこれにメーカーも便乗、アベノミクス時代から値上げしたかった商品を次々値上げ→なので”消費者物価指数CPI”は2〜3%しか上昇していない。《バイデン政権が批判逃れで「インフレはロシアのせい」とかデマ吹いてくれたので余計にメディアはそれに乗ります:同じ一味ですから》)
 ↑
9)それがわかっているので、黒田日銀総裁は「この水準のインフレ率は許容範囲」と発言
(この発言趣旨は、輸入原料価格上昇には円安も一因なので《原因は米FRB愚策の利上げ》、日本も為替政策として金利を上げる必要は無いの意味
 ↑
メディアは意味不明に叩いてますが(おかげで岸田政権の支持率低下)
黒田総裁の発言にはなんらおかしな部分はありません。
【どういう意味かって、所謂ハイパーインフレになるような通貨”円”の信用不安は起きていないということです《黒田氏は利上げの必要は無いと言いたかったワケ》】
現在の日本はアベノミクスの継続がまだ必要な状況なので
(企業が設備投資用の内部留保資金を投資に振り向けていない)
低金利政策(=預貯金価値を引き下げ《利子が安いため》投資を誘引する)の継続が必要だからです。

→続きを読む

posted by kagewari at 03:32 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0