2022年07月03日

『単独者』の雑感「オルタナ・サブカル展開”長岡鉄”」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


うーん、前回の続き(面白くなってきたので)
彼の着想というかオーディオ界は彼の存在により何十年も前から「CP(コストパフォーマンス)」なる言葉をやたら使っておりまして(一般に使用されるずっと前から)、
「ハイCPと言えば長岡鉄」ってぐらいのものでした。
これは、野村監督の弱者の兵法にも通じるもので、
 ↓
言えば「ブルジョア趣味のハイファイオーディオをハイCPな戦略で超える」←これに徹する人でした
流石に伝説のローディーのパワーアンプは目にすることありませんでしたが、
重量級プリメインとしてNECの名器A10の存在を広めたのも彼で、
能率100dbを超えるスピーカーユニットを使用した自作SPを使うことで(能率が高い=パワーアンプの性能が倍以上になる)この戦術をほぼほぼ完成させた偉人です。
 ↑
アイデアの始まりは、球アンプ使用時代のSPの能率が(真空管はローパワーなので)おしなべて100dbを超えており(100db超えるってイメージ付かない人はヘッドフォンの能率で想定いただきたい)、それを現代の廉価なプリメインアンプで再生すれば、眼の玉飛び出る高価な海外のハイパワーアンプによる再生を超えるのではないかというアイデアです。

●しかし球アンプの時代はソースの再生バンドも狭く、特に低域再生を諦めていた時代
高能率SPは(ヘッドフォンのように空振りせずに視聴するなら低域再生できるが)低域がスカスカで現代のソースで再生すると、トンデモハイ上がりになってしまいます。
※半面、現代ワイドレンジに合わせてワイドレンジ化された手能率SPってのは、振動板を重くして高域を落とすことで低域とバランス取ってるので、高性能パワーアンプを使用しないと高域がモッサリしてしまうんです(てか微細高域はレスポンス悪すぎて再生すらされない)。
 ↓
「だったらどうする」と彼は考えた
そこで目を付けたのが”バックロードホーン”
(※SP設計のサイトでありませんので、”バックロードホーン”の説明は省きます)

これつまりね、
「ハンディキャップとも思えるところに良さがある」←それは大事な個性である
バランスを欠くところは何かオルタナティブなアイデアで打開を図る
(ハンディキャップそのものを解決するのでは無いとこがポイント)
つー話だったと思うのね、
長岡鉄とは「現代サブカル・オルタナ広義展開の草分けだった」と思うよ。

→続きを読む

posted by kagewari at 22:09 | TrackBack(0) | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0