2022年06月05日

ケインズ経済学と心理学の話を少し

<6/6中段一部追記編集>

なんだったかな、
「労働は貯蓄できない、(投資や消費に使われない)単なる金だけ溜めるのは経済にとって死の衝動(デストルドー)も同じだ《デフレ》」
 ↑
この辺の発想をフロイト心理学から得てケインズはあの経済学に至るんだが、
(構造的に発生する経済の停滞を公共投資などの公的投資・消費によって回復させる)

「人の欲求(リビドー)は幾分か溜められるww」→【欲求不満】という形でだが、
しかしこれには限界があり、限界を超えると人類ヒト科は発狂します(快・不快原則)。
なんとかしなければなりません。
 ↓
「何をどう考えて、何をどうしようとするのか」【これが「動機形成」ですね】
否が応でもこの切り替えにはロジックが必要です
(プログラムソフトの分岐点<if>みたいなもん)
合理的に選択すればそれは(不条理であっても)”快”
論理矛盾ある選択をすれば(それが条理的でも)”不快”
 ↑
脳は発狂する前に、とっととどちらかにリビドーを流してしまいたい。
(禅寺の坊さんみたいに欲求下がる質素な食事で総量を下げてしまおうって、行動療法の亜流みたいな方法も否定はせんけど、、、《効果があるのか疑問であるww》)

■さて、投資には乗数効果がありますが(波及効果で投資金額以上にGDPが増加)、
■欲求不満からの反動化(快回路から不快回路への逆流並みの転換)にも「反動係数」という倍増効果があります(冷蔵庫にあった私のプリンを食べられた恨みは”倍返し”)、
 ↑
坊さんなんか管理しやすいようにって、生活習慣や食事で総量へらしてしまおうってズルまで考えているのに、処理に困ってすらいる”欲求(リビドー)総量”を倍増させてどうするって話、、、
「小麦1万トンの恨みは米粉100万トン!」←こういうこと
(或いは「気持ちい時の酒量と、やけ酒の酒量」で考えてくれ)

だから、鬱症状でもいいけどさ、
「そんな激しく落ち込んでいるのだから、よっぽどのことがないと嬉しくならないだろう」←とか思っちゃうよね。だけど、【違うんです】
(逆方向だから、すっごい『興奮』量になってんの《不快が》:【困るのは”それを脳は既得権化してしまう”こと】→場合によるとそれに依存しアルコール中毒に類似した状態になる)
<<<否が応でもこの切り替えもロジックだから>>>
 「ダメじゃん(バカか俺)」って、バチンと鉄道切り替えポイントみたいなの操作すると、
  ↓
   →一次欲求方向(快)の『興奮』値ってのは、案外素朴でコンパクトなものなんだわ。
   (一次が何らかの事情で断念されているので、オルタナ選択になるけど)
だから、行動療法で42.195キロも走らなくていんだよ

→続きを読む

posted by kagewari at 21:31 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0