2022年06月22日

ある意味音楽が人類ヒト科の過剰性をいい感じに償却している

シンプルなパターンだと、
王侯貴族などエディプスがバリバリの中世欧州などにおいて、壮大なクラシックが役割を果たすじゃん。作曲家のスポンサーしかりね、
(実際に壮大なことを成し遂げなくても、壮大な音楽はやった感だけをシミュレーションみたいに体験できる。脳を騙すほどではないだろうけれど、脳は快感物質をゲットできればいいのであり、それが現実だろうとエンタメだろうと”どっちだっていんだから”。)
なんつーか現実世界を”ほどほど”に収めるにも役に立つってことで(勿論カタルシス効果で)
【カタルシスの語源からしても古代の演劇などからでしょ、】←そのまんまだよ

逆に言えば、音楽の存在が「カオス化しているリビドーの流れが、人類ヒト科に共通して存在している証明」でもあるんだけどさ(BGM流れている映像などがリアリズムを担保しちゃうんだから、脳内で現実認知がどれほど”現実離れしているのか”がわかる)。
そのまた逆で言えば、これを活用することで「行動療法的な効果が期待できる」ことになるんだが。
(※男子にはあまり無い習慣だが、音楽かけてダンス踊るとかが「行動療法」的に高い効果をもっているだろうことは明らかだ《オーディオマニア的には”いい音源と忠実再生”でやれば更に効果は高まると思うんだけどね》)
 ↓
【ハイ、ここで一つ問題があるんです】
典型例が「モダンJAZZを理解できる人とできない人」
(JAZZの部分を”ピカソ”に置き換えてもいい)

普遍的に質のいい芸術なんて概念は”存在しない”けどさ、
なんてかな、償却量のデカイ芸術が存在するのは確かだろう。
(見る人が見れば卒倒するほどの”代謝量”を保有するなど)
 ↑
もっとわかりやすく言えば、
同じファッションでも「凄くいい気分になる人と、何とも思わない人がいるでしょ」
流石に多言語を理解するほどのハードルがあるとも思えない。
●説明するまでも無く、その多くは『共同幻想』認知リミッターが原因なんだが、
(アダルト向けに言えば”不感症とは何か”みたいなテーマ設定だよ)
食事でもそうで、
ケインズ経済学における限界効用にも関わる話だと思う

→続きを読む

posted by kagewari at 21:30 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月20日

オリバーストーンの映画が現在の「ウクライナ紛争」をほぼ完全に予言してる

大変貴重で重要な動画なので”拡散希望”として、
『心理学ブログ、住まいの心理学』双方に同一内容記事をアップします
政治経済に興味ある方は必見、
(up主がどんな人物なのか不明ですが、こういう人物が登場するのが現代社会です)
NHK特集などの100倍貴重なドキュメンタリー
末尾のトータル4時間「オリバーストーンのプーチンインタビュー」も必見、
政治家離れした”自分の言葉で語る人物”であることがよくわかります。

導入として「紛争勃発後のオリバーストーンのコメント動画から」
Oliver Stone・オリバーストーン氏 【インタビュー】”2022年3月”
https://youtu.be/FN30Qoqt9Tc


Revealing Ukraine ウクライナの実像A【インタビュー】”オリバー・ストーン氏”
https://youtu.be/quTdX7oLmr0


ちなみにロシアゲートは裁判で完全なでっち上げであったことが確定しており(そもそもがFBIに嘘をついてインチキ文書を渡した罪で裁判行われてますから)、現在はヒラリーを起訴できるのかってレベルの話になっている(その影響か少なくともヒラリーは次期大統領選に立候補しないことを表明している)。下院でペロシが大騒ぎしている1.6デモ調査委員会にも世論は関心が無く、中間選挙で圧勝が予想されている米『共和党』は、「この調査委員会自体が違憲である」と勝利した後に米『民主党』に対する調査委員会を立ち上げる話がまことしやかに語られている。

Ukuraine on Fire ウクライナの実像@【インタビュー】”オリバー・ストーン氏”
https://youtu.be/E4p-_RznJLc?t=34


上記二本のドキュメンタリー映画に登場するバリバリ当事者のバイデンが現大統領であり、
当時国務次官補ウクライナ担当だったヌーランドは、現役国務次官です。
ジョージア(グルジア)のインチキ革命で大統領だったサーカシビリがちゃっかりオデッサの知事になっていたのが笑える(後にポロシェンコと対立し国籍剥奪、指名手配されていたグルジアに帰国したところを逮捕された)。

→続きを読む

posted by kagewari at 20:35 | TrackBack(0) | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月19日

ウクライナの背景がよくわかる動画(スイスの元インテリジェンス機関諜報員のインタビュー)

このインタビューは台湾系の保守派張陽氏が過去に紹介していたものです
ありがたい翻訳有志が字幕を付けてくれました

ウクライナ紛争 〜 ウラジーミル・プーチンはゲームの達人なのか? 〜 Jacques Baud - Interview (日本語字幕)
https://youtu.be/MMiCR0tbMiU


米国に追随する欧州に「何故なんだ」って話ですが、
主要メディアが左翼系であるのは、コロナやトランプ報道がどうだったのか考えれば誰でもわかることで、このメディアの左傾化は(これがウクライナ極右民族主義者を持ち上げてるとこが鍵であり)「世界のリスク」なんですよ、ここの危機感が所謂識者達に十分にわかっていない。
(本来コロナの時に、「あートランプ報道もそうだったのか」と掘り下げるぐらいであるべきだった)

動画中でジャック・ボー(Jacques Baud)氏も「哀れなのは噛ませ犬やらされているウクライナ国民だ」と証言してますが、これは皮肉にもロシアが指摘していることですが「建前『民主主義』国家が、腐敗の横行含めて主権を行使できないような体たらくだとこうなってしまう」典型であり、
それを含めて民度ということで言えば、
日本のように自国防衛の主権を持っているのか怪しい国は、周辺国を巻き込む安全保障上のリスクになるのであって(ある意味日本に憲法9条があるから中国が台湾への軍事侵攻オプションを諦めないのです)、「独立国家ならその条件をクリアする責任がある」んですよ。
(日本の場合、国防主権をごまかしてる結果、有権者は安全保障の知見も必要なければ、真剣に考える必要が無いという無責任状態にある。)

■彼の分析を要約すると「米国の狙いはロシアに対する大規模な経済制裁を行うことが目的であり《体制変換を目論む点から中国や北朝鮮やイランに対して行ったものと趣旨は同じ》、ウクライナはその手段でしかない」ってことでしょう。
更にこの経済制裁が米国の思惑どおりの効果を上げたのかのかと言えばNOであり、
「だとするなら、この泥仕合を政治的解決に持ち込むことも可能な筈だ」って見解だと思う。

→続きを読む

posted by kagewari at 05:02 | TrackBack(0) | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月18日

リクエスト関連(大学生さん「〇00円出して心理学に聞くことではないべ」)

大学生さん
>大学に入ってから毎日友達と遊んだり、パーティーしたりして楽しく過ごしてました。そうしたら親が大学を辞めさせると行ってきました。大学にはきちんと行って実習も頑張ってます。どうしたら良いでしょうか?

 「ちょっと、おまえさん、、何が言いたいのかよくわからないのだが」

そもそも親が辞めさせる動機がどこも書いて無い
(あなたの文章だと「楽しく遊んでいるとそんな話が親からおもむろに」と言う風に読める)
失礼なことを聞くようだけど、君さ、本当に大学生?
そういうことは学生課で相談したまえよ(奨学金とか案内してくれるから)

てかさ、このネタを心理学に聞く意味がわからないんだが。

てか、文脈からすると、
「楽しく過ごしてました」が”大学生だったからできた”←みたいに読めるけど、
大学は(パーティー会場じゃなくて)勉強しにいくとこだからさ(大学生じゃなくてもパーティーには参加できる《サークルのクローズドなものだとしても中退OB資格は残るでしょ》)、
「今辞めると大事な研究が」とかじゃないのであれば(君の失いたくない関心事項は”パーティーに参加する事”なのだから)、別に辞めてもいんじゃないかと思うぞ、
●たとえばフリーターの方がむしろパーティー活動に専念できるのではないかね?
大学生でもバイトはするワケで、言うほど生活環境は変わらんと思うが。

<就職も文系からの事務職狙いみたいなものなら、ナントカ大中退でもそこそこ書類選考上のキャリアになる《だいたい就職後に単位不足で卒業しないまま就職ってパターンもあるんだし》>

交友関係と大学生の身分は別にリンクしてるワケでもないのだから。
(大学生の身分と関連するのは勉強や研究《医大生などダイレクトに就職に直結するなら”資格を得るため”とかもあると思うが→パーティーは身分に関係ネーだろww》)
 ↓
ぶっちゃけ勉強や研究も、ゼミの教授がよっぽどのその道の権威でなければ、
たいがい関連する論文はネット環境で見つけられたりするし、
どうしてもってことなら学友君にノート写させてもらえばいいワケで、
つまり(この線で考えても)必要なコネクションってのかな、それは既に獲得済みであり、
中退したからって失うものでもなかろうて、



posted by kagewari at 05:27 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月17日

防衛装備庁のプロモーション動画がちょっと笑える(30FFM)


ONMITSU – Samurai’s Stealth - ; Integrated Mast UNICORN on 30FFM
https://youtu.be/-VbbrmAKZnA


30FFM(もがみ型ステルス・フリゲート艦なんだが)
輸出も見据えてのプロモーション動画なんだが、
映画研究会が作った、ハリウッド映画のパロディみたいなこの出来栄え
絵作りだけは無駄にカッコいいな(笑

なんかね、日本の兵器は売れないんだよね
(それでいんじゃないかと思うけど)



posted by kagewari at 17:52 | TrackBack(0) | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月16日

あまり大きな声では言いたか無いが、ヘタレ保守の幻想

何度か書いてる話の延長だけど、
●某保守系論壇の一部が現在酷い体たらくに信用落としている
(とにかく「保守論壇は食えないということ」、シノギのためにヘンテコ団体の講演を喜んで受けちゃったり、実は投資関係のビジネスをやっておりどっちが本業だがわからない人も多いなど《どうしても国際金融資本のスポークスマンになってしまう》)
 ↑
つまりこれこそ「歩留りの憂鬱」って奴です、
やり過ぎると”リアリズムの意味を履き違えてしまう”
(欺瞞を続ける合理性こそリアリズムだと思ってしまうのかしら《それは言い訳じゃ、、》)
メディアを批判する保守系論壇だった筈のものがさ、
その発言内容が、アクセスだけ狙った(嘘でもなんでもいいやの)”ゆっくり動画”と同じになってちゃって、流石にそれでいいのかと


気が付けば元に戻れなくなってしまい、
ネタバレ続けるマジな保守系ジャーナリストなどから逃げ回る格好、
マスメディア批判どころか、自分も同じ手口を使ってしまい(情報弱者頼みのシノギ)、
1年2年はそれでいけんのかもしれないけどさ、、
●そもそも現代社会では、急速にマスメディアのフェイクが通じなくなっており
転換点を超えた感もある今(youtubeの翻訳動画状況など見れば、google翻訳などの力も借りつつだと思うけど、外国語を直接理解できる国民が凄く増えているんだわ)、
どんどんネタが割れる期間が短くなっている。

何がしたいのか知らないけど(投資顧問で食っていくならそれ一本でいけば?)
ミニマルに考えれば、絵に描いたような成功とか言うほど必要の無いものだぜ?
恥をしのんでフェイクニュースで大はしゃぎする醜態見せることのがよっぽど自分の尊厳を貶めることになると思うんだが(だから結論は「バカか俺」に気が付けよなんだけどさ)、

(『共同幻想』崩壊論は、テンニースの社会進化論のパクリだが、)
『共同幻想』社会の崩壊により、”その過渡期に”多くの「歩留まり」階層が台頭するけど、
あくまでもそれは”過渡期の存在”だからね。
いつまでも続くものでは無いし、
現代でも多数派を形成しているけど、それは「引っ張れば結論を老後まで先送りできるから」であって、「歩留り」のままではいられないことに違いは無い。
(※最後にボケ逃げする手も無いとは言わないが、、それが逃げおおせたと言えるんだろうか)

老婆心ながら言わせてもらうけど、
「悪い事言わないから、バカなことはおよしなさい《現実を見ろよ》」
(それこそ晩節汚すぞ、、)


posted by kagewari at 22:41 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月15日

最新の若い人、交際や結婚観統計「2022年版男女共同参画白書」

今回は国の統計ですから、
看板の注意事項統計DATA記事を更に裏付けるものであり、同記事にも追記しておきます。
https://kagewari.seesaa.net/article/486298537.html

政府の「2022年版男女共同参画白書」から、最初の二本は共同通信から各社配信報道
最期のは更に詳しいweb記事になります。
webの報道は今後リンク切れの可能性もあるので、一部引用しておきます。
タイトル並べると以下
●30代男女4人に1人が「結婚願望なし」
●30代4人に1人が結婚願望なし 婚姻は戦後最少、
●20代独身男性の約4割「デート経験なし」、約7割「配偶者・恋人いない」 内閣府の調査が衝撃与える


30代男女4人に1人が「結婚願望なし」 2022年版男女共同参画白書
https://www.tv-tokyo.co.jp/mv/hiru/news/post_253401/
<一部引用>
白書によりますと婚姻歴のない30代の独身者は男女とも4人に1人が「結婚願望なし」と回答しています。 2022年版の白書によりますと、婚姻経験のない独身者に結婚の意思を尋ねると、30代は男性26.5%、女性25.4%が「意思なし」と回答しました。また、30歳時点の未婚割合を1980年と2020年で比較したところ、男性は31%から50%に女性は11%から40%に増加しています。

30代4人に1人が結婚願望なし 婚姻は戦後最少、共同参画白書
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/693111
<一部引用>
内閣府が実施した結婚や収入に関する調査で、婚姻歴のない30代の独身者は男女とも4人に1人が結婚願望なしと回答。理由として「自由でいたい」などのほか、家事育児の負担や経済的な不安が挙がった。21年の婚姻数(速報値)は約51万4千組と戦後最少。
白書は、未婚や事実婚、離婚など人生や家族の姿は多様化したと指摘。配偶者控除の見直しなどを念頭に、世帯ではなく個人を単位とする制度設計を検討すべきだとした。

20代独身男性の約4割「デート経験なし」、約7割「配偶者・恋人いない」 内閣府の調査が衝撃与える
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2206/14/news155.html
<一部引用、抜粋>
調査は内閣府が6月14日に公表した「男女共同参画白書 令和4年版」の「特集編 人生100年時代における結婚と家族〜家族の姿の変化と課題にどう向き合うか〜」に掲載されているものです。

20代女性の約2割、20代男性の約4割「デート経験なし」
これまでのデートした人数を「0人」と回答した未婚者は、20代は女性の約2割〜約3割、男性の約4割です。30代でも女性の約2割、男性の約3割がデート経験なし。

20代女性の約5割、20代男性の約7割「配偶者・恋人いない」
「配偶者・恋人はいない(未婚)」との回答は、男女とも全世代で2割以上です。特に20代は女性の約5割、男性の約7割が該当します。SNS上では20代男性のデータが話題になっている印象ですが、20代女性も半数は配偶者や恋人がいないようです。

結婚願望ない理由、男女とも「自由でいたい」「好きな人いない」が多い
積極的に結婚したいと思わない理由について、独身の男女で比較すると、女性で5割前後となっている項目は「結婚に縛られたくない・自由でいたいから」「結婚するほど好きな人に巡り合っていないから」など。男性は「結婚に縛られたくない・自由でいたいから」「結婚するほど好きな人に巡り合っていないから」「結婚生活を送る経済力がない・仕事が不安定だから」が4割前後でした。

<<<<上記DATAから読み取れること>>>>>

→続きを読む

posted by kagewari at 07:58 | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月14日

「ウクライナ報道減ってきてるでしょ」

なんかロシア優勢みたいなことなってきて(ウクライナもインチキプロパガンダやり過ぎて報道官クビになったんだったかな)「連日、勝ちます勝ちます」言っていたら流石にキチ〇イだと思われそうだと腰が引けたのか、、まあいつものご都合主義ですよ(都合悪くなると知らんぷりする)。

今回ケツ持ちのひとりであるポーランドだって民主政治ですからね、
北欧含めて「ロシアガー」言えばたいがいついてくる国民性ですが、
ウクライナ難民への支援打ち切りはポーランド世論の限界を汲んだものでしょう。
(なんでもかんでも米大使の命令とか言われだしたら政権がもちません)

なにか勘違いした識者が(この点”もぎせか”も勘違いしていると思う)
北欧諸国がNATO加盟申請したので、プーチンの思惑が外れたとか言ってる人いますが、
プーチンは(政治的発言ですが)「スウェーデンとかフィンランドのNATO加盟は脅威では無い」と言ってるワケで(理由は簡単です、スゥエーデンやフィンランドにはロシアを先制攻撃する動機が無いからです《ネオナチ政権でもありませんし》)、「お好きにどうぞと言えば、お好きにどうぞ」なワケで、
流石のポーランドにしても、ベラルーシと国境紛争ぐらいやる腹はあるかもしれませんが、流石にロシアに先制攻撃しようなんて思ってる国民はいないでしょう。

※ちなみにですが、ポーランドとベラルーシ国境はもめてるんだわ
ついこないだの話ですが、
ポーランドはEU側じゃないですか(難民を断れない)
だからベラルーシは嫌がらせで(ロシア通してアサドと渡りつけてるんだと思いますが《トルコ、エルドアンの差し金かもしれないけど》)「シリアで難民をめっちゃ沢山スカウトして、航空機で自国へ運んでからポーランド国境で”さあみなさんEUへお行きなさい”あっちですよ〜」とかやってたんですよ。
うんで、誰が殺害したのか難民の遺体を見つけては、
「EU人権派とか抜かしてる、ポーランド国境警備隊の残虐行為です!!」とかやってたの。


<そんなことはともかく>

■今回のロシアの戦術は明らかで
「包囲殲滅戦」からの→(一般市民から被害は出したくないので)「兵糧攻め」です
先日のマウロポリでも、投降した兵士を尋問しており(”ネオナチ幹部は誰だ”)、
「”ネオナチ”は許さんから」という姿勢です(裁判にかける腹でしょう)
アゾフもそうですが、ウクライナのネオナチはかなりの部分が外国人であり(世界のネオナチが集まったものでロシア人右翼も含まれてます)、これ発表してもウクライナ西側国民もなんとも思わないでしょう(キエフのプロパガンダで”ネオナチなどいない”と信じてる情弱も多い《なので外国人ネオナチに対する裁判始まっても余計なんとも思わないでしょう》)。
 ↑
徐々にゼレンスキーの支持母体がぐらつくことになりますから(現在野党勢力を違法認定して絶賛弾圧中ですが)、次の選挙がいつか知りませんが、再選できるか怪しいでしょう。
同じ西側派の前大統領のチョコレート王ポロシェンコが先頭切って批判してくると思いますが(実はこの人もゼレンスキーに国家反逆罪で逮捕されかけてた)、スパイ容疑でぶち込まれるとまずいので様子みてるとこだと思います。

もうグダグダですよ、、
(米国は「そろそろ停戦したらどうかね」だってさ)

→続きを読む

posted by kagewari at 14:33 | TrackBack(0) | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0