2022年05月24日

経済が豊かになると「どうして必ず少子化になるのか」

一義的にはだね(生物学的に)
医療の発達などで「寿命が延びるから」(自分が死ぬ気がしないのだから子孫もクソも無い)
そして
社会的にはだね「近代はサラリーマン社会じゃなかったから」だよ。
 ↑
今回はこの辺を補足してみよう、
近代の経済は(フロイト系のケインズ以前だから)「親方と弟子の手工業や、屋号のある店を経営する商店主や、自らの土地資産で作物を作る農家」などで形成される。
これらの”食い扶持”は(シノギとも呼ぶ)→全て既得権であり”相続されるもの”なのね。
既に当事者は「何代目からの継承者」であり(創業ってのは一代だけだからw、ほとんどが継承者だ)、貰ったものでさ、先祖も子孫に継承しろよって遺言になってる。
そら子孫がいるべーな
※且つ近代は結婚制度の法制化もアバウトで(本来宗教法の下にある宗教儀式だから)
後継者マストで、妾の子供も予備としてアリアリだった(新生児の死亡例が多かったからね)
 ↑
なんかいろんな意味で、特に男性権威社会が「俄然やる気になるゲーム性とエンタメがあった」
それに釣られて「多子化した」と、
●勿論それは主として「嫡男本家の話」であり(次男以降は知った事では無い的世界)

事実、医療が発達していないこともあるが、
近代における世界の人口は現在と比べて【遥かに少なく】
 ↑
な?そういう意味で現代社会を「少子高齢化で絶滅する」とか言ってる話のピントが外れてるのさ。
(世界の人口は増え過ぎるぐらい増えているんだぜ?)
 ↓
なんかそんな話をすると「移民派か」って言われそうだけど、
俺はゴリゴリのナショナリズムで移民を全て否定するのには賛同できないが(親日サブカルで歴史や文化に知見のある外国人はウエルカムだと思っている)、奴隷労働階級的に第三世界の移民を受け入れるのは反対している(だいたい人権問題だろ《彼らの国の経済を豊かにしろよ》)。

■グローバリズムを肯定するワケでは無いが、
仮に日本が積極的に支援して経済発展した国は「なにがしかその文化が日本化する」
(日本の和洋折衷、アメリカンナイズは典型じゃん《昔は若い人全員ジーンズだったぜ》、今でも「意識高い系はスタバで」なんて言うじゃんよ《アメリカ人気取りで》)
経済学だったか、社会学だったか忘れたけど、
「その外周へ拡大する」だったかな?
この時、日本経済圏ってのは拡大し域内人口は相当なことになっている筈だ。
(人口問題はそういう方向で考えないとさ)

→続きを読む

posted by kagewari at 17:54 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0