2022年05月17日

特集:『共同幻想』社会適応者を「紅白歌合戦で説明する」

<<意欲作の特集となりますので、かなりの長文となってること最初にお断りしておきます>>


■「皆で一緒に(共同・共通)マスプロダクトされた(大量生産)エンタメが(インセンティブ)、娯楽として成立し(”快感代謝”)、これに興じる様」
 ↑
これが『共同幻想』社会適応者の典型であり、
「全国民の過半数が年末に紅白歌合戦を楽しんだ時代」そのものです
(いっしょに見る人がいない個人は疎外感や孤独感不安を感じるとこまでがお約束)

そして、この話のネタ元はこれ
■詩人ユウェナリス(西暦60年 - 130年)が古代ローマ社会を批判して詩篇で使った以下の表現
「政治的関心を失った民衆には、パンとサーカスを与えておけばよい」
※サーカスってのは厳密には”見世物”のことらしい(ま、エンタメのことだよね)

■古代から近代までの奴隷階級や庶民は文字さえ読めず、政治への関心どころではありません。
(江戸時代から異様に識字率の戦った日本が普通じゃないの)
しかも教会権力など特権階級だけが知を独占し《羊飼いを自称》、下層のものを「迷える子羊」とか言って「言われたとおりにしなさい《神罰があたりますよ》」とやったのが『共同幻想』社会であり、
ルターも大概だって話は横に置いておいてww
俺達も文字が読める、聖書を印刷して自分の頭で考えるってのが現代の民主化に連なる。
(うんでそれは、教育や印刷技術など、文明の進歩に応じて拡大してきたワケだ)
 ↑
【文明の進歩に応じ『共同幻想』は崩壊する】←これは定説ね


<<<さて、「紅白歌合戦時代」に話を戻そう>>>

近代にはせいぜいあったとしてもメディアと言えば?「新聞とラジオ」
世界のエンタメは操作し放題であり、且つ貧しい一般庶民は楽器すら触ったことがありません。
子度時代に聞いた歌と言えば、洒落た長唄やら、農村の民謡やら、国のプロパガンダの国民唱歌やら(現代の某北ナントカじゃないけど)、ヤクザが運営する芸能事務所の歌謡界(元はあれでしょうか芸者さんじゃないけども芸事の元締め的なかしら)、
 ↑
庶民の音楽知識は上記を超えません
(文字が読めず、『聖書』の印刷されていない時代の教会権力ヨーロッパと同じ)

権力側はやりたい放題ですよね(笑
「ハイどうぞ、子羊達よろこべ〜紅白歌合戦だよ」
●この様子は、現代においても大企業が設計したレジャー施設やらをGWなどお定まりのスケジュールで、奴隷階級「社畜」共が大いににぎわう様と全く同じであり(ゴメンネ、ブラックジョークだから許してね)、「パンとサーカス」に他ならない。

更に紅白歌合戦をめぐる深いところに及べばさ、
1)涙ぐんでる演歌歌手から、懐メロ歌謡から、派手な衣装で何歌ってるのかわからない(サビが何故か英語)アイドルや、キモチノワルイ(これより先は言わんときます)、、、まで、
全員の視聴を”耐えられる”んです、
ゴスイ適応者になると、”全員楽しめてしまう”
 ↑
ここに何が暗示されているかわかります?
”恋愛幻想”における
「フォークダンスコンビのジレンマ突破の”仲間なら誰でもOK”《異端はイジメで追放》」
(※”フォークダンスコンビのジレンマ”とは数学的に相思相愛のコンビが同世代で過半数を超えるなどのトンデモは数学的確率として絶対に不可能であることを指す→ところが「昭和」では多数が婚姻しており=背理に”その組み合わせは同じ仲間であればほぼ誰でもOK”の暗韻が『共同幻想』に織り込まれていたことを結果的に証明していた→なので権威側は「相手を斡旋することも可能となる」その権限を持つことで”適応者達”をそのインセンティブでグリップできた。)
 ↑
まさかと思う人いるかもだけど、以降進めばわかってただけると思います

→続きを読む

posted by kagewari at 08:21 | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0