2022年05月15日

個性化と『賢者モード』の拡張(=サブカル・オルタナ展開)

今回も成人向けな内容になると思うので(現代だとR18か)
青少年は退席してください、意図的に行間空けます







■『共同幻想』と適応の仕組みは
言うなら「欲求不満に追い込んでからの→”狭義の性欲インセンティブ”で釣る」
こういう仕組みになってます。
なので昭和の保守派はエロ本狩りやエロ暴力ゲーム狩りや、エロ暴力漫画狩りや、ポルノ映画の表現規制(ぼかし)やら、学校における不純異性交遊禁止や青少年健全なんとか条例などなど、
個人が自由選択で”快感代謝”ができないよう躍起になります。
(キリスト教など強度の保守派では避妊する性行為も自慰行為も禁止です。別に厳しいとこで無くても米国保守派州では親の許可無く異性交遊禁止です《車が無いとどこへもいけない田舎において父親から車の鍵を借りてデートに行く文化があるのはこのため》)
(※反対に左翼リベラルがLGBTや性教育含め、その正反対を行くのもわかりますねw)
 ↑
で、追い込んでからの
「言う通りに”適応”すれば、縁談から何から(そもそも性行為の許認可を結婚の儀式で祝ったり)めんどうみるからね」という構図になってます。

※間接的に(男性の場合社会的地位が嫁を獲得できる条件《や権利》みたいな強迫かかるパターン多いので)
権威(日本の近代なら年功序列)に従えば悪いようにしない(無条件に年功序列エスカレーターで昇進)、逆らえば一生最低ランクだからな(前述の枠組みと合わせると「生涯性交できないようにしてやる」を暗韻として含んでいる)的な脅しも有効となる。


●時に、「強迫心理」下にある自我が「友人関係ガー」とか見当違いなことになる理由は、
前述までの流れを追うと理解できると思います。
思春期『反抗期』の発現により(初潮や精通で”隠された事実を知る”)
「すわなんてことだ、これが快楽か」って時に、
この人達の言う事きいて”適応”しないと【一生欲求不満に追い込まれるのか】
(これね、フロイト心理学イロハの”エディプス・コンプレックス”に被ってんの”去勢恐怖”)
 ↑
やおら、対人関係ガーとか、友人関係ガーってことになったのさ。
(近代の『共同幻想』の脅しが利き過ぎて)

しかしだ、
本来”非適応個性派”が社会にちらほら登場した理由は、
文明化のリベラリズムの成果であってだな、
(近現代の革命家なりが命がけで勝ち取ってきた、人種差別撤廃やら、女性差別撤廃から、ピル解禁やら、米国におけるポルノ解禁、、、、現在振れ過ぎて《反動形成》児童へのハードな性教育とLGBTって最初の意味はどこへやらになっちゃったんだけどさ、、)
 ↑↑
答えが『共同幻想』様ーーじゃオカシイだろ、、、

→続きを読む

posted by kagewari at 03:15 | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(いじめられっこさん「日本語を読もうよ」)

いじめられっこさん(口汚く罵るのもアリだと言ってるだろうが《批判なら》)
>何故いじめた相手を悪く言っちゃいけないんですか。甘えになるんですか。論旨のない被害を盛ってるなどと言うんですか。いじめた相手を許せということですか。できるわけないじゃないですか。それにリソース食われてるからミスや物忘れが激しくなったり、脳が萎縮してるなら理不尽すぎます。いじめた方はストレスないですよ。何も症状もなく、好きな仕事で成功して優しい旦那さんに囲まれて過ごしてますよ。私だけ悪くいわれて不愉快です。

■文字に書いていることをそのまま読んでください(脚色せずに)
予告したとおりに誤読しているようですが(それが予見されるから指摘してるんですってば)

1)「かかってここいこら、死ねクソ野郎」←これはナンボ言ってもいいの《批判が前提だから》
2)「なんとかさんは悪いことをしている許せない」←これは悪口なので【相手が聴けば褒め言葉になるから】やめておけと言ってんのさ(そんなに相手を賞賛したいんですか?)
(※そもそも相手を道徳的に悪いと指摘するのは、甘えの構造で《関係の継続を前提にしており→裏返せば関係の改善による良好な関係の期待の裏返しであり》”批判では無い”)

考え方が違うのだから、攻守に分かれて関係している時
悪口は自動的に→相手にとって誉め言葉になります

●たとえばな、プロ野球の試合中だとしましょうか
1)「インコースいくぞこら、病院送りするぞクソ古田!」(よく聞く日常風景です)
2)「あんなところでズルいリードで見逃し三振とか奪って、いいと思っているんですか!宇野選手には小さい子供もいるんだぞ!許せない」
 ↑
2)は褒めてるだろ?(名選手だと言ってるようなものだ)

立場が違うんだから、イジメの被害者と加害者が関係している時
1)「最低だオマエラ、二度と顔を見ること無いから、死に腐れ人間のクズ」←これはナンボ言ってもいいの《批判が前提だから》
2)「なんの落ち度もない人をイジメるとか悪いと思います。絶対許しません」←これは誉め言葉なんだってばよ、、

何度も説明しているけど、「イジメに理由はありません」
(場合によっては、当該『共同幻想』社会の社会不安を発端する場合もあります)
そして、一度発動されれば(イジメはそもそも『共同幻想』の基本性能ですから《車で言えばターボチャージャーみたいなもの》、三度の飯より大好きなイベントの一種)、敵対関係は確定的であり、
イジメる側は、イジメられる側の「道徳観や倫理観も否定してますので(間違えていると)」、
イジメられる側の「道徳的悪感情の表現は」=【相手にとって自動的に褒め言葉になります】
 ↓
これを→『共同幻想』専門用語で言うと→「効いてる、効いてる」と言います。
(※で、悪口の類似例に恨みも含まれると)

■何度も言いますけど
「てめーらぶっ殺すぞ」はOKなの←これはナンボ言ってもいいの《批判が前提だから》
「あなた達は悪いと思います」←これは効果が無いどころか”逆効果だと説明してるのさ”
 ↑
非常に高度な皮肉を効かせるならば、
満面の笑顔で「流石イジメる側だけあって目の付け所が違いますね、へ〜そういうことするんだ、それはある意味たいしたものんだよ、怖れいりました流石DQNだ」と、吹き出しながら言えば(これは褒め殺しの一種)、ま〜イジメは発狂レベルに激化しますが、【相手に与えるダメージはデカイ】

<<<そういうことを説明してんだけどさ?意味わからないのかな、、>>>

→続きを読む

posted by kagewari at 02:58 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0