2022年05月04日

関連するリクエストが続いたので「現代家族の肖像」でも書きますか

子供が可愛いと感じる基本原則は
本能に「小さい、丸いもの」を認知すると快感物質が出るためです。
(オキシトシンだったかな、、、)
それから、犬や猫の可愛さが特別評価されるのは、「人間の子供より小さく丸いのに、(普通の哺乳類ですから人間の子供のような異常に自立性を欠く障害級の未熟児として生まれてこないので)最初から三歳児を相手にする程度の楽さがあるため」です。

そういう意味では、(数多くのペット文化も普及している今)人間の子供を可愛いと感じることは(当事者の驚きの点から)大幅に減衰しており、現代は近現代のように「でかした跡継ぎ誕生」のような”大成果感”も減衰しておりますから、なかなかそのエピソードを”盛り難い”でしょう。
●しかし、人間の赤ん坊にも大きな強みがあります
犬や猫の場合、飼い主が手練れの”ネコ飼い”や”イヌ飼い”であれば、スムーズに関係構築できますが(所謂馴れる、なつく)、知見の無い飼い主相手の場合犬や猫達も相当無理して合わせてくることになるので、犬や猫側に余裕が無いと関係悪化する局面も出てきます。
 ↓
ところが人間の赤ん坊の場合、(それこそエディプス・コンプレックスの始まりです)
原始歩行のように、脳や本能の発達は他のサル同様という説もあり、
言えば「歩けるはずだ、泳げるはずだの体で活動しようとして”アレっ”てなるんです」

(これは赤ん坊にとって相当のショックであり:トラウマになるほど自我は発達していない)
まあパニックになりますね(本来のサルなら余裕で自力歩行し母サルにつかまることができる筈なのに)、→事実上、海に投げだれて溺れてパニックになる状況と同じです
 ↑
そこにサルの本能で定義されてる行動を超える介護をしてくる”救う神”が登場
【親です】

(その行動は異常に発達した性欲を広義展開することで、通常のサルの親には考えられない献身な介護をしてくれます)←歩行することもできない障害者として生まれたサルの子は(赤ん坊)「本当に神に出会った」と思います(この点は犬や猫が”人に飼われて感動するのと同じ”)。
 ↑
犬や猫と違い、高度な脳を持つ赤ん坊は猛烈にこの状況を脳内回路に展開します
そしてこの「救う神(親)との関係が生命線である」ことを知る。
(下手したら歩けもしない罰ゲーム状態で生まれたこのサルにとって”快感代謝の全て”でもある)
■「馴れるなつく」を超えて「救う神(親)」との関係に必死になります
(フロイトに出てくる、口唇期・肛門期などの”小児性サディズム”はこの辺の話《典型例は夜泣きなど》)
しかも言葉も話せませんから、この救う神《親》との関係を(サルのレベルを数段超えて)どうやって構築するのか(騒いで拘束してみたり、嫌がらせして関心をひいたり《姿見なくなった瞬間に放置殺害される不安出ますから》、無駄にトイレの回数を増やして手数をかけさせたり、、、)、この小ザルはやれることをかたっぱしから試す他ありません。

※加えて(本来なら子ザルとして駆けっこしたり、歳の近いサルと取っ組み合いしたりするモチベーションがあるワケで)どうやって(歩けもしない罰ゲーム状態で)「その快感代謝ノルマを達成するのか」も大きな課題です。


注:極論だが、人類ヒト科は「その快感代謝ノルマを達成できない場合」不安感から発狂する可能性がある(犬の散歩におかる活動量とメンタルの関係で考えてくれ《ベタなとこで言えば練習してないと不安になるアスリート》)
これが心理学における『快・不快原則』←脳はこれを『興奮』獲得値で確認しており、その『興奮』は”快でも不快でもよい”
(哺乳類として異常・過剰とも言えるモチベーションを活用して生存競争に生き残った種である)

→続きを読む

posted by kagewari at 21:18 | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0