2022年05月03日

「結婚制度」と”恋愛幻想”→ほぼほぼ『晩婚化』が正解である件(2)

全回のココから続き
■何にも増してヤバいのは、近代『共同幻想』時代の”恋愛幻想”を放置したままだってことよ

(今回もR18指定となっておりますよい子は退場してください:行間空けます)





■このエロドラマならぬ、、メロドラマ文化をそのまま放置した上で、
子供に性行為推奨してロマンスルートを広報したらどうなる?
「オマ、学園生活が酒池肉林の、、、」(潜伏期とはいえ:勉強どころではありませんw)
(潜伏期でも、脳は”快感獲得”再現性の高いものを優先することに注目《不完全な性行為だとしても脳がフラグを立てるだけの『興奮』値は容易にゲット可能だ》)
だからさ、左翼の「子供にもハードな性教育で性行為を推奨すべき」ってアレさ、
左翼が多いエロ教師がさ(左翼と言えば?その代名詞はセクハラ)
自分がロリ相手に好き放題したいからなんじゃねーかと思うこともある。

※だから俺は子供に対する性教育は(ガンの告知じゃないけど)その時の社会状況や教育水準他法制度含めて慎重にやるべきことだと思ってます(晩婚化に照らせば早めることに意味があるとも思えん)。

■勿論長期的には「子供の大人化」が進行しており(だから世界的に成人年齢が下がってる)
小学生には昭和の中学生並みのパフォーマンスが可能だと思っているし、
高校生には昭和の大学生並みのパフォーマンスが可能だろう(それ以上期待できるかも)
近未来の20代後半は余裕で係長クラスの自立性を持ち「一家言もの申せる」ってのが常識化すると思うんだわ
【それほどまでに昭和『共同幻想』が期待した”子供らしさ”や”若者らしさ”ってのは少々えげつないというかあざとい”子役やカマトトアイドルな乗り”《完全な演技》だった】
結果として「20代後半には人格形成完了し、そこから50代後半まで”ほぼほぼ同一人物”」に至るならば、『晩婚化』も終わり、20代結婚でも十分当人もベテランクラスのパフォーマンスに疑いを持たない時代が到来するかもしれない←推定だけどね(若い人だってわかってる人はそらわかってるものさ)、
 ↑
ちょいと補足すると、昭和の『共同幻想』にどうしてあんなわざとらしいほどの子供らしさが求められたのかって(俺がガキ嫌いになった理由です)、親世代が頼りなかったからだよ。
そんな親権のネタバレが子供世代に暴かれたら社会が壊れてしまうじゃん。
(ある意味昭和の、家庭内暴力など学級崩壊含む動きはそれを予兆していたのね。←だから引きこもりやニート含むだけど、彼らが”非適応”だったことを責める方がオカシイのさ。誰もがトンチキな”いい子役”みたいな演技をできるワケじゃないから《かといって「堂々大人化してしまえばいいのさ」って『自意識』解放のルートも開けていなかった「成人年齢は20歳で選挙権も無いときてるし」》)

<そういう見方するなら、『晩婚化』も過渡期だからって捉え方も可能だろう>


話は戻って、
●だからここは前回記事冒頭の『晩婚化』の合理性と符合するのさ、
子供の性教育の例で言えば
成人年齢が引き下げられてるでしょ(教育水準の向上:大人人格登場の低年齢化)
ベーシックインカム施行されれば、子供も個人独自の所得を得ることになる、
ある程度、「性欲のサブカル・オルタナ広義展開が保証されるバックグラウンドを担保して」初めて性教育となるだろうし、
とっとと、近代”恋愛幻想”モデルのクッソ・コンテンツ(実はエロ目的のメロドラマ)がエンタメ含めて社会から消え失せてからの話になる。
(日米で自殺事件が頻発した「恋愛リアリティー」?《目にするのもキモチワルイ奴》←こんなんが堂々と放送さえているような社会では《大人がこの体たらくじゃ》、子供の性教育ガーとか絶対無理)
 ↑
※ちょっと意味わからない人にイメージだけお伝えすれば
『進撃の巨人』は恋愛漫画だって説もあるのさ(ニュアンス伝わらないかもしれないが)、
それに対し、「”恋愛《暗韻は性交》だけ”がエンタメ主題のメロドラマは」歪(いびつ)なの。
 『進撃の巨人』は壮大なオルタナ・サブカル広義展開する人類の存亡をかけた戦いの中に、限られた割分として”狭義の性欲”が(それこそ物語のモチーフに登場する花のように)語られ、最後には大きな哲学的主題となっていくけれど、
 これに対して、 「エロドラマならぬメロドラマ」っつーのは全てのモチベーションが「恋愛に全部賭け」になっちまうので(広義展開無し)、そういう人生選択する大人もいるけどさww、潜伏期の子供にそれをハードな性教育とともに推奨すればえらいことになる。
 ↑
■俺は勘違いした保守派のように表現の規制をするべきとか言って無いからね。
子供に(事実を隠すのも間接的虐待だから)堂々とハードな性教育が行われる文明社会では、民度という点で、その社会ではメロドラマや「恋愛リアリティー」なるものが完全オワコンで消滅している筈だと言ってんの(『共同幻想』崩れ社会もほぼ消え失せて)。
「時間をかけて考えることでしょ」と(保守リベラル的意味で”まずそこは社会的環境が追いつくまで時間をかけろ”と→この時代には成人年齢が16歳になってるかもしれないぜ《、、ちょっとそれは無理かな》)、

→続きを読む

posted by kagewari at 01:28 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0