2022年05月09日

ほぼ不老不死に足半分突っ込んでるという話

科学物理系youtuberの「イチゼロシステム」ネタなんだけどね。
どこからかの引用なんだと思うけど、面白いこと言っててさ
たとえば今82歳だとする
〇「今年の平均寿命の発表です、85歳」
「あー後3年でお迎えだ」
そして3年後
〇「今年の平均寿命の発表です、87歳」
「あれ?したら後2年か
2年後
〇「今年の平均寿命の発表です、92歳」
「オイオイ、どうしたらいいの」

 ↑
<<<<わかります?>>>>

■何年経っても自分の年齢が平均寿命を追い越せない循環に入った時、
事実上「人類はほぼ不老不死に足半分突っ込んでる」って話
(自分の寿命を想定不能になる)

実はこれデカイ話で、
(ガンの余命宣告から20年経っちゃったみたいなもので)
終活的に死を想定するどころか
「ちょっと待て、今82歳だが、下手すると30年以上あるかもしれない」となった時、
「これから何しよ」のプランが全く違ってくる、
それだけでなく、
「100歳なったころアンチエイジングのシンギュラリティ起きて20年ぐらい若返るとかなったらどうしよ?」
 ↑
●この悩みは既に不老不死に関わるネタに非常に近似してます

事実、俺は(30代勢いある時には冗談半分で300歳ぐらい生きるつもりでしたが)
自分世代の平均寿命が「ひょっとすると120歳突破しているかもしれない」ことを想定しなければならず(且つ活動的な100歳越え時代が到来)、いつになったら「人生半分超えたな」言っていいのかワカランのです。
※当然経済学的にもベーシックインカム循環型AI自動生産経済にテイクオフしなければ潰れます

もうそんな時代になってますよって話です、


posted by kagewari at 03:03 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月08日

「人を悪く言うな」って『共同幻想』用語(強迫思考抑制のアイデアがあったのだろう)
批判と悪口の違い(褒めてどうするって話)

『共同幻想』的には”いい悪い論”からめてこれを拡散していたのは事実だろうけど、
言い出しっぺの思い付きはそこではなかっただろう
(だいたい『共同幻想』道徳論の始まりはどこぞの宗教だったりするからね《日本であれば仏教とか→ちなみに神道にはほぼほぼ教義が無いので道徳論とか出てこない》)

「口汚く罵る」←これはアリアリ(批判でもそういうのあるからね《EX:国会論議》)
「口汚く罵る」のは結構だが、その中身が「批判なのか、単なる悪口か」という話。
●論旨のしっかりある批判であれば、それはブーメランにならない
●論旨も曖昧で、盛られた悪口は→結果的に相手を凄い人物と《凄く悪い》と、立場変えれば褒めていることになるので、自分にブーメランで戻ってくる
 ↑
言わんとしていることは、
「単なる悪口は程度の低い論議になるので(ガキじゃないんだから)やめとけ」ってことです

<<こんな話を説明必要かと思うけど、ままよで考えてみましょうか>>

■批判ってのは論理矛盾などを指摘するもので、
ざっくり言えば「おかしーだろ!!」って論議、
その論議の中で、「頭おかしーんじゃネーのか」など口汚く罵ることもある、
 ↑
つまりね、何か激しい言葉を投げかけるなどの行為において、
批判的視点で困ることなど何も無い筈なんですよ〜

これに対して?

■悪口ってのは、道徳的な悪性論など”情緒的いい悪い論”を根拠とします
ざっくり言えば「そんなことして悪いに決まってるだろ!!」って論議、
その論議の中で、「こんな悪い奴は許せない(容姿をあげつらうなどの悪口を連ねる)」など口汚く罵ることもある、
 ↑
つまりね、何か激しい言葉を投げかけるなどの行為において、
何も得るものが無いんだわ、
答えは簡単で、相手が「悪いと思ってるワケ無いだろ、おまえこそ悪い」と返されると、
口喧嘩が永劫回帰するだけでさ(おいおい何がしたいのって話になる)
 ↑
そらそうです、どうしてガキがこの悪口を得意としているのかって、
それで親などを釣って「口喧嘩などを繰り返す濃密な関係性を継続したいから」です。
(口唇期や肛門期などの小児性サディズムの延長)
昭和の某心理学者のベストセラーで言えば「甘えの延長」である。

悪口ってのはさ、その裏返しの行為が”いいことだ”と期待しているのであり、
言ってる本人が、「自分には本来”いいことが”ある筈だ」の主張でもあるんだよね。

→続きを読む

タグ:強迫心理
posted by kagewari at 01:59 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月07日

リクエスト関連(キキさんへ、念のため『共同幻想』論)

本来この辺はサイドバーの専門用語解説読んで欲しいんだけど
(『共同幻想』適応人格を哲学で言えばハイデガーが言った”世人”で、この辺近代思想では”誰もが同じことに気が付いて同じ状況を指摘している”ワケさ。御存知のとおり日本では現代思想家吉本隆明が『共同幻想』論を提唱し、世界的なテーマにもなった概念《『共同幻想』の典型的なものとは、国家、通貨、言語、慣習》)

基本的に哺乳類が群れを形成する目的は安全保障です
(野性の環境では”農耕”や”決まった縄張りの収穫”が認識されて以降、豊かな土地を巡る争いが始まる。)
人類ヒト科の特徴には、無力な赤ん坊(一種の障害や奇形とも呼ばれる著しく未熟児で出産し成長が遅れる固有の進化)体験を普遍的に持っており、根源的不安と救世主(サルとしてあり得ない、歩けない見えない未熟児である赤ん坊《絶望状態》の時世話してくれた救い主《親等のイメージ》)の記憶がある。

で、既に初期的に本能が使い物にならず(原始歩行も原始遊泳も出番無し)
後天的にコミュニケーションの中で教育として行動規範を入れ込み、自ら動機形成することで実行します(だから通常のサルにはできない武器の製造や農耕など可能となる)。
※この辺は生物学的に「ニワトリか卵か」の話になってんの
未熟児出産は産道の狭隘化であり、その理由は二足歩行
(会話ができるのも、二足歩行による姿勢により声帯が変化したため)
二足歩行があるから、脳を大きくできた。
本能壊れるほどの未熟児出産と、脳の肥大化はワンセットで進化しており、
「それはあたかも本能を捨て、教育により高度な知性を駆使する生存競争を始めなさい」って設定があるかのような話なワケ。
<この辺の判断は宗教家に任せるとして>

■ゴリラやチンパンジー、ボノボ他霊長類には何らかの集落というか群れ・族(バンド)による社会性があるが、高度にピラミッド型のヒエラルキー階級社会みたいなんを形成できるのは人類だけであり、
「サルの安全保障の群れ」→「神や権威や王権なる(言えばデッチ上げだろ?)概念を基軸にピラミッド型の高度な社会を形成した」←ハイその核となる”権威”は幻想じゃん。
これを『共同幻想』と言うのさ。
(紙幣で言えば、ただの紙じゃんよ。これを千円の価値があるという”幻想”を全員で共有すると、”通貨”になるのさ《金融世界における信用創造もこの一種》。)
 ↑
適応するってのは、”幻想”物語を信じる・真に受けることを指す。
※なので近代キリスト教社会は、全員カルトみたいなものなわけ
※同時に印刷が発明されるまで、聖書を読めるのは偉いさんだけ→下々の者は「言われたとおりに従う」”適応”することしかできなかった。
 ↑↑↑↑
わかる?”社会適応”というのは、極端に言えば「奴隷根性」のこと
【凄く極端な反語を言えば→個人の考えで社会を変革する《革命》】


■日本の民主主義も元をただせば、フランス革命でしょ?
で、革命のそもそも論と言えばルターの宗教改革になる(現在米ルテール教会だわさ)。
『聖書』を印刷したテロリストってのが、ルターなわけ。
その意味のデカさってのは、
無知蒙昧で「言われたとおりに従う」”適応”から→下々の者も『聖書』を読んだ上で喧々囂々解釈めぐって論議が起きることになる(当然その前提は、印刷技術だけでは無く識字率《教育》が鍵)
 ↑
これは文明の進歩により避けられない社会的変革として起きた

→続きを読む

posted by kagewari at 18:12 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月06日

リクエスト関連(キキさんへ、基本原則的なこと解説しておこうか)

ロシアのウクライナ戦争見てもらえばわかるけども、
人類ヒト科言うても”動物やからね”
「殺るか殺られるか」の生存競争を我々は生きてるの(古代から近現代まで戦争でそれだけ殺したと思ってるのさ)。
現存する集落や地域や国家を束ねてきた『共同幻想』ってのは、
「生き残るため(そのためには対立する組織や社会と紛争になっても)」←この原則で織りなされてきた(現在日本人って人は誰もが戦国時代を生き抜いた末裔であり)、なんていうのかなこれも極論だが「現代に生存してる人類に手の汚れてない人などいない」ワケ。
WW2においても帝国軍は国民挙げて戦ってきたし、戦後も東南アジアなどに残りボランティアとして旧軍人達が途上国独立戦争を助けてもきた。

欧州においては、異端審問とやらで(所謂魔女狩り)残虐行為が日常茶飯事で、
後のユダヤ人大虐殺は(メディアのプロパガンダで)ナチスドイツだけがやったと思っているかもしれないけど、フランスなどでも協力者は多かったし、東欧においては(ポグロム)ナチス以上の大虐殺を”市民総出の手弁当で”積極的にやってきたの(その末裔がウクライナ人)。
カソリックとプロテスタントも最悪の関係で殺し合っていた(ユグノー戦争)
そこから逃げてきたのが「WASPであり、アメリカの誕生」ですよ、


日本の農村が”村社会”の中残酷な社会運営してきたのも事実だし、
戦中の軍国主義下において、日本は都市部でも「隣組」と称する”村社会”による組織化と締め付けを行ってきたのは事実。
戦後の民主主義も、絵を描いたのはGHQ内部の左翼活動家達であり(日本の社会主義化:ある意味現代グローバリズムのはしり)、安保闘争のどさくさで共産革命起きてもおかしくなかった。
※ウクライナのマイダン革命思い出していただきたい

■さてそんな中で、社会学の権威であるテンニースは、
社会進化論として
「ゲマインシャフト(地縁血縁社会)」から「ゲゼルシャフト(利益関係・契約社会)」へのシフトが進行していることを説いた。
これは『共同幻想』の崩壊と(社会適応時代の終焉)、
高度に個性化した個人と「法による支配」社会への変遷を意味します。
【事実そうなっている】
 ↑
この辺も少し補足すると、
英国における王権支配から、マグナカルタを経て(コモンロー:慣習法)、
米国における訴訟社会的な流れからの→「慣習法から名文法」という流れにあり、
 ↑↓
ここで起きたのが「ハラスメント法」です、
日本でも昭和なら『共同幻想』社会で許されていた男女関係慣習の多くが「セクハラ」とされ、
日本でも昭和なら『共同幻想』社会で許されていた上下関係慣習の多くが「パワハラ」とされ、
(多分親子関係における進路の強要も「パワハラ」)
日本でも昭和なら『共同幻想』社会で許されていた”飲み会の慣習”が「アルハラ」とされ、
日本でも昭和なら『共同幻想』社会で許されていた”家庭内道徳的強要”が「モラハラ」とされ、
夫婦間の性行為にも望まない行為の強要は「強姦」が適応されることになり、
 ↑
「コンプライアンスを守ってね」=”そういう慣習は法的にももうグレーだからやめて”の意

安倍政権が進めた「働きかた改革」もその線上にあり、
(地方にそういう慣習が残っていれば、厳密に言えば違法な存在なワケ:DQN、ヤンキー《成人式で大暴れ》)

→続きを読む

posted by kagewari at 22:34 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(キキさん「ですから重ねて規約違反ですってば」)

キキさん(2重に違反してるでしょ、、)
>規約違反と言われましても…。実際に周囲の若い子は皆夜遅くまで遊び回ってたし、家にいる子なんていません。※子供置いて友人と遊んでる人は少数だし、子供放置して遊んだり、子供より男優先のシンママが問題なのは言うまでもないです。
>オマエラな友人のために命張れ!!人間はひとりでは生きていけないぞ!親孝行を忘れるな、空気の読めない奴(異教徒)発見したら躊躇なく排除しろ
親孝行や友人大事にするのはともかく、変わり者をいじめることを勧めてるんですか?


「取り巻き」論(サイドバーコンテンツにあるから読んで)、
【知人の話はNG】←ここにも被ってる
てか、どうして「こんな田舎は嫌だと若い人が都会に行くのさ、、、」
「アタシの田舎はこうだから」←なんのエビデンスにもならないから。
あなたがそういう(統計からハズれた)特殊な田舎に好き好んで継続的に住んでるだけで、
その状況がどうして「現在の日本の一般的知見として」という統計DATAを覆すのさ、、
(仮にキキさんが東京在住であれば「足〇区の方ですか?」って話になるが、、)
 ↓
要約して言えばどうなる?
●「残念ながら私の暮らす環境は、ド田舎でDQNやソフトヤンキーやら統計DATAとかけ離れた(若い人が近代のような”性的インセンティブ”で遊びまわるなど、恥ずかしい成人式の奇行状態が繰り返されいる)環境です。どうしたらいいでしょうか?」←こうなるの、
すると?
「心理学的に推奨してる、都会の独り暮らしです」←イチイチ答えるまでも無い基本的な話で《終わり》です(都会は世俗化しており、”非適応個性派”には楽な社会環境になりますから)


加えて言えばさ(あなたの周囲がそうであるなら余計に)
統計上の偏差で言えば、都会ではより顕著になるので(若い人で交際相手がいたり休日に遊ぶなどがあなたの証言のように田舎に集中しているならば)、
都会では(高学歴も増える:現代の知見を反映しやすい)7割超える若い人が交際相手がおらず、休日は自宅にいてその9割以上が恋愛に消極的ってことになるんだってば(組み合わせると「都会の若い人は交際相手がいないことを特別なんとも思っておらず、自分の時間優先で恋愛などの”性的インセンティブへのレスポンスも弱い《性的『興奮』に過剰に釣られない》”」)。


■それから『共同幻想』社会のわかりやすい極端な典型は「暴力団や暴走族です」(個人より当該社会・組織の論理を優先する”同調圧力”社会)
(本来の原型は軍隊なんですけどね:そもそも古代から近代の集落で軍隊を組織できるアイデアを思い付いた社会が覇権を握り発展していった。中国では農村同士がついこないだ《90年代》まで定期的に武装して闘争繰り返してました。)
暴力団から組織引き締めのアドバイス求められたあなたどう答えます?
対立している組織に通じているものがいれば、幹部クラスでも躊躇なく追放乃至警告の意味で殺害するでしょ?
※もっと極端に言えば、イスラム原理主義ISISや、カルト『新興宗教』組織から組織引き締めの助言を求められた場合を考えるとよい。

所謂一般社会における”社会適応”を何だと思ってるんですか?
敵対する組織や国の住民は殺害してもよい(勲章ものだ)という野生の生存競争バリバリの社会ですよ(日本の農村も近代以前は”村八分”という社会的リンチ殺人が横行してました:それが文化伝統だったのです)。
●現代はこの”社会適応”システムを総じて「ブラック企業」と呼んでるの
(「働き方改革」的視点で言うところの”コンプライアンス上は違法”)
 ↑
ですからね、
そういう(厳密に言えば既に現代では違法)組織から”戦う集団”として強化する助言を求められば、
(それこそ今は笑い話ですが、島〇監督在任時の明〇大学野球部なども”そのまんま”の組織です)
あなたの答えも同じになる筈です。

→続きを読む

posted by kagewari at 19:08 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月04日

関連するリクエストが続いたので「現代家族の肖像」でも書きますか

子供が可愛いと感じる基本原則は
本能に「小さい、丸いもの」を認知すると快感物質が出るためです。
(オキシトシンだったかな、、、)
それから、犬や猫の可愛さが特別評価されるのは、「人間の子供より小さく丸いのに、(普通の哺乳類ですから人間の子供のような異常に自立性を欠く障害級の未熟児として生まれてこないので)最初から三歳児を相手にする程度の楽さがあるため」です。

そういう意味では、(数多くのペット文化も普及している今)人間の子供を可愛いと感じることは(当事者の驚きの点から)大幅に減衰しており、現代は近現代のように「でかした跡継ぎ誕生」のような”大成果感”も減衰しておりますから、なかなかそのエピソードを”盛り難い”でしょう。
●しかし、人間の赤ん坊にも大きな強みがあります
犬や猫の場合、飼い主が手練れの”ネコ飼い”や”イヌ飼い”であれば、スムーズに関係構築できますが(所謂馴れる、なつく)、知見の無い飼い主相手の場合犬や猫達も相当無理して合わせてくることになるので、犬や猫側に余裕が無いと関係悪化する局面も出てきます。
 ↓
ところが人間の赤ん坊の場合、(それこそエディプス・コンプレックスの始まりです)
原始歩行のように、脳や本能の発達は他のサル同様という説もあり、
言えば「歩けるはずだ、泳げるはずだの体で活動しようとして”アレっ”てなるんです」

(これは赤ん坊にとって相当のショックであり:トラウマになるほど自我は発達していない)
まあパニックになりますね(本来のサルなら余裕で自力歩行し母サルにつかまることができる筈なのに)、→事実上、海に投げだれて溺れてパニックになる状況と同じです
 ↑
そこにサルの本能で定義されてる行動を超える介護をしてくる”救う神”が登場
【親です】

(その行動は異常に発達した性欲を広義展開することで、通常のサルの親には考えられない献身な介護をしてくれます)←歩行することもできない障害者として生まれたサルの子は(赤ん坊)「本当に神に出会った」と思います(この点は犬や猫が”人に飼われて感動するのと同じ”)。
 ↑
犬や猫と違い、高度な脳を持つ赤ん坊は猛烈にこの状況を脳内回路に展開します
そしてこの「救う神(親)との関係が生命線である」ことを知る。
(下手したら歩けもしない罰ゲーム状態で生まれたこのサルにとって”快感代謝の全て”でもある)
■「馴れるなつく」を超えて「救う神(親)」との関係に必死になります
(フロイトに出てくる、口唇期・肛門期などの”小児性サディズム”はこの辺の話《典型例は夜泣きなど》)
しかも言葉も話せませんから、この救う神《親》との関係を(サルのレベルを数段超えて)どうやって構築するのか(騒いで拘束してみたり、嫌がらせして関心をひいたり《姿見なくなった瞬間に放置殺害される不安出ますから》、無駄にトイレの回数を増やして手数をかけさせたり、、、)、この小ザルはやれることをかたっぱしから試す他ありません。

※加えて(本来なら子ザルとして駆けっこしたり、歳の近いサルと取っ組み合いしたりするモチベーションがあるワケで)どうやって(歩けもしない罰ゲーム状態で)「その快感代謝ノルマを達成するのか」も大きな課題です。


注:極論だが、人類ヒト科は「その快感代謝ノルマを達成できない場合」不安感から発狂する可能性がある(犬の散歩におかる活動量とメンタルの関係で考えてくれ《ベタなとこで言えば練習してないと不安になるアスリート》)
これが心理学における『快・不快原則』←脳はこれを『興奮』獲得値で確認しており、その『興奮』は”快でも不快でもよい”
(哺乳類として異常・過剰とも言えるモチベーションを活用して生存競争に生き残った種である)

→続きを読む

posted by kagewari at 21:18 | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月03日

「結婚制度」と”恋愛幻想”→ほぼほぼ『晩婚化』が正解である件(2)

全回のココから続き
■何にも増してヤバいのは、近代『共同幻想』時代の”恋愛幻想”を放置したままだってことよ

(今回もR18指定となっておりますよい子は退場してください:行間空けます)





■このエロドラマならぬ、、メロドラマ文化をそのまま放置した上で、
子供に性行為推奨してロマンスルートを広報したらどうなる?
「オマ、学園生活が酒池肉林の、、、」(潜伏期とはいえ:勉強どころではありませんw)
(潜伏期でも、脳は”快感獲得”再現性の高いものを優先することに注目《不完全な性行為だとしても脳がフラグを立てるだけの『興奮』値は容易にゲット可能だ》)
だからさ、左翼の「子供にもハードな性教育で性行為を推奨すべき」ってアレさ、
左翼が多いエロ教師がさ(左翼と言えば?その代名詞はセクハラ)
自分がロリ相手に好き放題したいからなんじゃねーかと思うこともある。

※だから俺は子供に対する性教育は(ガンの告知じゃないけど)その時の社会状況や教育水準他法制度含めて慎重にやるべきことだと思ってます(晩婚化に照らせば早めることに意味があるとも思えん)。

■勿論長期的には「子供の大人化」が進行しており(だから世界的に成人年齢が下がってる)
小学生には昭和の中学生並みのパフォーマンスが可能だと思っているし、
高校生には昭和の大学生並みのパフォーマンスが可能だろう(それ以上期待できるかも)
近未来の20代後半は余裕で係長クラスの自立性を持ち「一家言もの申せる」ってのが常識化すると思うんだわ
【それほどまでに昭和『共同幻想』が期待した”子供らしさ”や”若者らしさ”ってのは少々えげつないというかあざとい”子役やカマトトアイドルな乗り”《完全な演技》だった】
結果として「20代後半には人格形成完了し、そこから50代後半まで”ほぼほぼ同一人物”」に至るならば、『晩婚化』も終わり、20代結婚でも十分当人もベテランクラスのパフォーマンスに疑いを持たない時代が到来するかもしれない←推定だけどね(若い人だってわかってる人はそらわかってるものさ)、
 ↑
ちょいと補足すると、昭和の『共同幻想』にどうしてあんなわざとらしいほどの子供らしさが求められたのかって(俺がガキ嫌いになった理由です)、親世代が頼りなかったからだよ。
そんな親権のネタバレが子供世代に暴かれたら社会が壊れてしまうじゃん。
(ある意味昭和の、家庭内暴力など学級崩壊含む動きはそれを予兆していたのね。←だから引きこもりやニート含むだけど、彼らが”非適応”だったことを責める方がオカシイのさ。誰もがトンチキな”いい子役”みたいな演技をできるワケじゃないから《かといって「堂々大人化してしまえばいいのさ」って『自意識』解放のルートも開けていなかった「成人年齢は20歳で選挙権も無いときてるし」》)

<そういう見方するなら、『晩婚化』も過渡期だからって捉え方も可能だろう>


話は戻って、
●だからここは前回記事冒頭の『晩婚化』の合理性と符合するのさ、
子供の性教育の例で言えば
成人年齢が引き下げられてるでしょ(教育水準の向上:大人人格登場の低年齢化)
ベーシックインカム施行されれば、子供も個人独自の所得を得ることになる、
ある程度、「性欲のサブカル・オルタナ広義展開が保証されるバックグラウンドを担保して」初めて性教育となるだろうし、
とっとと、近代”恋愛幻想”モデルのクッソ・コンテンツ(実はエロ目的のメロドラマ)がエンタメ含めて社会から消え失せてからの話になる。
(日米で自殺事件が頻発した「恋愛リアリティー」?《目にするのもキモチワルイ奴》←こんなんが堂々と放送さえているような社会では《大人がこの体たらくじゃ》、子供の性教育ガーとか絶対無理)
 ↑
※ちょっと意味わからない人にイメージだけお伝えすれば
『進撃の巨人』は恋愛漫画だって説もあるのさ(ニュアンス伝わらないかもしれないが)、
それに対し、「”恋愛《暗韻は性交》だけ”がエンタメ主題のメロドラマは」歪(いびつ)なの。
 『進撃の巨人』は壮大なオルタナ・サブカル広義展開する人類の存亡をかけた戦いの中に、限られた割分として”狭義の性欲”が(それこそ物語のモチーフに登場する花のように)語られ、最後には大きな哲学的主題となっていくけれど、
 これに対して、 「エロドラマならぬメロドラマ」っつーのは全てのモチベーションが「恋愛に全部賭け」になっちまうので(広義展開無し)、そういう人生選択する大人もいるけどさww、潜伏期の子供にそれをハードな性教育とともに推奨すればえらいことになる。
 ↑
■俺は勘違いした保守派のように表現の規制をするべきとか言って無いからね。
子供に(事実を隠すのも間接的虐待だから)堂々とハードな性教育が行われる文明社会では、民度という点で、その社会ではメロドラマや「恋愛リアリティー」なるものが完全オワコンで消滅している筈だと言ってんの(『共同幻想』崩れ社会もほぼ消え失せて)。
「時間をかけて考えることでしょ」と(保守リベラル的意味で”まずそこは社会的環境が追いつくまで時間をかけろ”と→この時代には成人年齢が16歳になってるかもしれないぜ《、、ちょっとそれは無理かな》)、

→続きを読む

posted by kagewari at 01:28 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月02日

「結婚制度」と”恋愛幻想”→ほぼほぼ『晩婚化』が正解である件(1)

「結婚制度」の根本は近代の宗教系『共同幻想』なのは明らかで
(だから欧米では”教会”で宗教儀式としてやる”ワケ”だ)
=何々信徒として”家幻想”を保守しますも誓う

■そこにはやむにやまれぬ時代的背景もあった
(ここから成人指定だからR-18 、よい子は退場してください:行間空けます)




下手したら寿命が40代だった古代から近代において、
哺乳類が繁殖して子孫を残すには、生物学的な成人(生殖能力の獲得)速攻ことに及ばなければならない(自分の子供が成人するまで自分が生きている保証がないからだ)。
元服が日本や中東で15歳前後だったり(精通)、中東諸国の女子の結婚可能が12歳(初潮)だったりした背景は「そういうこと」。
●勿論社会的にはまだ子供であり(当時はマジ子供同士の結婚とかあったからね)、この婚姻を親とは言えまだ子供の自由にしていい筈が無い
だから、近代の結婚とは「両親や仲人立ち合いの元の縁談」であり、自由恋愛などを前提にすることは構造的にも論理的に不可能だった。
大家族主義を保持し、夫婦の親等もその世帯の管理職として機能することも求められる。
言うなら当時の夫婦は『共同幻想』とその下部組織”家幻想”ヒエラルキーの中で最下層の組織であり、「性交というトンデモができるんだから相手は任せてもらえるわね」って世界なのさ。
同時に、「異教徒は殺せ」のハードな同調性があるので、親なり縁談持ってくる筋の紹介=誰でもOKの図となる(仲間は”全員が”共通の共同人格モデルをインストールしている金太郎飴みたいな人物なんだから)←繰り返すけど、当時の結婚とは「性行為の許可をインセンティブに大『共同幻想』社会いの下部組織に認められることを意味していた」。

※これに対して近代にテイクオフできない(原始時代ままの)古代の生活をそのまま営むアマゾン奥地の未開民族なんかだと、”家幻想”も無く(これを原始共産制とか言うけど)子供は集落の子供みたいな大民族主義みたいなことにもなる(そもそもプライバシーを確保できるような文明すらない)。


■この図式からさ、
最近のとち狂った左翼が「子供にも性教育で性行為を推奨するべきだ」みたいなイカレっぷりしている理由がわかる筈だ。
下部組織に組み入れるなど「人権ナントカだ」と左翼には見えるんだわ。
”恋愛幻想”の自由恋愛を法律に書くのであれば、その権利は子供にもあるって考え方。
 ↑
そら、保守派は猛反発するんだけど(これまた伝統的家族主義を壊すものだとか、歩留まりには通じない特殊言語使うからすれ違いまくる)、
保守派の反発も根拠不十分になる(そもそも保守系は『共同幻想』ネタバレできない人なので、自分んのとこの論理を説明できない《聖域:タブー:禁忌》)。

→続きを読む

posted by kagewari at 17:46 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0