2022年05月15日

リクエスト関連(いじめられっこさん「日本語を読もうよ」)

いじめられっこさん(口汚く罵るのもアリだと言ってるだろうが《批判なら》)
>何故いじめた相手を悪く言っちゃいけないんですか。甘えになるんですか。論旨のない被害を盛ってるなどと言うんですか。いじめた相手を許せということですか。できるわけないじゃないですか。それにリソース食われてるからミスや物忘れが激しくなったり、脳が萎縮してるなら理不尽すぎます。いじめた方はストレスないですよ。何も症状もなく、好きな仕事で成功して優しい旦那さんに囲まれて過ごしてますよ。私だけ悪くいわれて不愉快です。

■文字に書いていることをそのまま読んでください(脚色せずに)
予告したとおりに誤読しているようですが(それが予見されるから指摘してるんですってば)

1)「かかってここいこら、死ねクソ野郎」←これはナンボ言ってもいいの《批判が前提だから》
2)「なんとかさんは悪いことをしている許せない」←これは悪口なので【相手が聴けば褒め言葉になるから】やめておけと言ってんのさ(そんなに相手を賞賛したいんですか?)
(※そもそも相手を道徳的に悪いと指摘するのは、甘えの構造で《関係の継続を前提にしており→裏返せば関係の改善による良好な関係の期待の裏返しであり》”批判では無い”)

考え方が違うのだから、攻守に分かれて関係している時
悪口は自動的に→相手にとって誉め言葉になります

●たとえばな、プロ野球の試合中だとしましょうか
1)「インコースいくぞこら、病院送りするぞクソ古田!」(よく聞く日常風景です)
2)「あんなところでズルいリードで見逃し三振とか奪って、いいと思っているんですか!宇野選手には小さい子供もいるんだぞ!許せない」
 ↑
2)は褒めてるだろ?(名選手だと言ってるようなものだ)

立場が違うんだから、イジメの被害者と加害者が関係している時
1)「最低だオマエラ、二度と顔を見ること無いから、死に腐れ人間のクズ」←これはナンボ言ってもいいの《批判が前提だから》
2)「なんの落ち度もない人をイジメるとか悪いと思います。絶対許しません」←これは誉め言葉なんだってばよ、、

何度も説明しているけど、「イジメに理由はありません」
(場合によっては、当該『共同幻想』社会の社会不安を発端する場合もあります)
そして、一度発動されれば(イジメはそもそも『共同幻想』の基本性能ですから《車で言えばターボチャージャーみたいなもの》、三度の飯より大好きなイベントの一種)、敵対関係は確定的であり、
イジメる側は、イジメられる側の「道徳観や倫理観も否定してますので(間違えていると)」、
イジメられる側の「道徳的悪感情の表現は」=【相手にとって自動的に褒め言葉になります】
 ↓
これを→『共同幻想』専門用語で言うと→「効いてる、効いてる」と言います。
(※で、悪口の類似例に恨みも含まれると)

■何度も言いますけど
「てめーらぶっ殺すぞ」はOKなの←これはナンボ言ってもいいの《批判が前提だから》
「あなた達は悪いと思います」←これは効果が無いどころか”逆効果だと説明してるのさ”
 ↑
非常に高度な皮肉を効かせるならば、
満面の笑顔で「流石イジメる側だけあって目の付け所が違いますね、へ〜そういうことするんだ、それはある意味たいしたものんだよ、怖れいりました流石DQNだ」と、吹き出しながら言えば(これは褒め殺しの一種)、ま〜イジメは発狂レベルに激化しますが、【相手に与えるダメージはデカイ】

<<<そういうことを説明してんだけどさ?意味わからないのかな、、>>>

→続きを読む

posted by kagewari at 02:58 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月14日

リクエスト関連(いじめられっこさん「そこに論理矛盾があるんです」強迫の証明)

いじめられっこさん(そもそも『自意識』「抑圧」状態で自分の本音は認識できません)
>正確には「いじめや虐待後も悲しみ、怒りなどが継続している場合」ですね。失礼しました。相手への復讐心や天罰を願ったり、悲しみを感じると脳が萎縮し続けるようです。その上いじめられた側はさらに人から攻撃されやすくもなるようです。実際に短期記憶などが悪化したり物忘れが激しくなってます。でもいじめられた側にとっては相手への怒りや悲しみは消えません。。理不尽すぎます。いじめた側は幸せに暮らしてます。何故私が人と関わるな、好きな仕事を辞めないといけないんですか。

いえいえ(調べるのは得意なんで)
まずね、おっしゃってることは「強迫心理」まんまですよね
(ブログ看板に書いてある「無駄ないい悪い論」そのまんま)
「人を悪く言うな」って『共同幻想』用語(強迫思考抑制のアイデアがあったのだろう)
批判と悪口の違い(褒めてどうするって話)
https://kagewari.seesaa.net/article/487807347.html
 ↑
●この現象は、相手がどうこう無関係です(悪質性にも関係ありません【どれほど口汚い批判でもOKなのですから】)、道徳的に悪く言うってのは=甘え(依存のこと)ですから
うんで、前述引用記事同様に「悪口は悪化した炎上状態の不快『興奮』を継続したい行為」になりますので(相手を”盛り上げてる”)、言えば「不快『興奮』で快感代謝したい脳の要求は満額達成されている」ことなります(言い換えるなら”狙って不快をゲットした”)。
 ↑
こういうトンデモ悪循環を「強迫心理」と呼びます、
(『自意識』の利害に矛盾する、無意識的”設定”みたいなんがハマってるってことです)


■そんで、「記憶が消えません」ってのは「エピソード記憶」の事になりますが、
これね、よく言えばトラウマ論なんですが、
悪く言えば「大事な”おもひで”」になってるってことなんです(「the ノスタルジー」カード)
デスクトップのお気に入りに入ってるから、何度も自動再生されている。
逆に言えば、体験が”ネタバレ”されていない(真相の理解に及んでおらず、”曖昧な部分が想像で補われている”《ここは当時の『興奮』で現実から乖離》)、
 「どうしてこうなったのか」←合理的な結論を得て無いんです
※事実、あなたは「物忘れ云々」じゃないですが、あかたも自分にイジメられる理由があったかのように錯覚しており(これ最初ら現実認知を間違えていることになります)→現実認知の理解がダメダメなのは確定事項です

<<心理学的な「イジメ論」はサイドバーのコンテンツ読んでおいてください>>

で、ここから真骨頂です、
現在記事リクに連発して注意事項にまでなった話もチラリご覧になったと思います。
注意事項はこちら
https://kagewari.seesaa.net/article/486298537.html
とにかく、
彼らは「外の世界では多数の若者たちがつるんで(徒党を組んで)遊びまわっている」←この現実世界には存在しない(存在しますが少数派の主として地方のDQNのことです)設定を、
どれだけ統計で事実と違うからと説明しても撤回しないのですよ。
■意味わかります?→「強迫心理」だからですよ(本音じゃないんです)
うんで、そのやりとり見てもらえばわかりますが、
「頭がどうかしてんじゃないかじゃあるまいし《ここはブラックジョークです》」
当事者そんなこと→「判断できない筈が無い」んです(幼稚園児じゃないんだから)
 ↓
どうやったら、「脳の判断能力が小学生以下になるのか?」←ここが鍵です
=「強迫心理」ですよ(成立年次が幼年期だから)
で「強迫心理」の機能とは?→『自意識』(本人の知的領域本丸)を「抑圧」してしまうからです
(マルチコアのCPUが半分以上ダウンしてるワケ)
 ↑
意味わかりませんか?
「強迫心理」の典型は、『共同幻想』適応人格になりますが、
その手法は「お前の個人的意見どうでもいいから、社会の常識に従え(適応しろ)」でしょ、
個人の知性を弾圧・抑圧して、『共同幻想』と交換するんです
→ハイ”自称健常者”の大量生産開始

→続きを読む

posted by kagewari at 18:19 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あまり書いてこなかったので「”再選択者”だとか”確信犯的保守選択者”」論

”再選択者”というのは、厳密に言えば『単独者』であり、
極端に言うと「外国人の殊更親日家がサムライに憧れて来日帰化し普通の日本人以上に伝統的日本人であり、異常に歴史に詳しい」←このパターンです
枠組みとして『共同幻想』再選択と言う場合もありますが、
幻想ではありません(権威性の核となる伝統や思想を伝聞や適応では無く知識として十分に知っていることが前提であり)”確信犯的保守選択者”となります。
故に右翼でもありません(民族主義のようなアバウトな枠組みでは無く、コアの保守伝統思想を哲学的に理解し支持しているワケで)、当人は明確に「ナントカ主義者」と具体的に語れることが前提です。

でー、その潮流は文化伝統の中にありますから、
日本で言えば、靖国にも行くし、和服を着てみたり、日本刀所有していたり一件右翼風にも見えつつ、「どうしてこのような文化を選択するのか」について、現代哲学相手に論争可能なレベルで理論武装もしている人達になります。
(なので、有無を言わさず「貴様そででも日本人か!」みたいな暴言は言わないし、それを選択しない通常の日本人を相手に非国民とかも言いません。他の選択も尊重する人ですから。)

■トランプのMAGA政策やアベノミクスが「むしろリベラル政策」であったり、
安倍ちゃんが世帯としてDINKSだったり(女性参画社会に一番熱心だったのが安倍政権)、
高市早苗氏が元大型バイクのライダーで、聖飢魔Uファンのドラマーだったり、
まったく右翼と違うのは、彼らが”再選択者系”に属するからです。
(当然そこにも歩留り感ありますから、個人差があること踏まえつつ)

古くは、歌舞伎や茶道他伝統文化担い手の”家元”などにおける継承がそうであったと、
これ後継者が適応者レベルでは没落してしまうワケで、
後継者は”確信犯的再選択者”として、引き継ぐ文化の神髄を理解していることが条件になります。→故に(本質を極めるためなら)改革もアリだってとこが特徴。
※原理主義があり得ないとは言いませんが(現実世界の時代が変遷しているのは事実であり)、基本的に原理主義とは”幻想であるが故に”適応するしか知恵が無いため→思いつくのが(理解の怪しい)原理主義となるって図式です。
つまり、100%ではありませんが、本物の”確信犯的再選択者”であればこそ改革路線もOKとなる

→続きを読む

posted by kagewari at 04:56 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月13日

リクエスト関連(感覚過敏でマスクがつけられないさん「理屈の通じる相手ではありません」)

感覚過敏でマスクがつけられないさん
>名前の通りです。マスクの素材なども工夫したけどだめでした。見知らぬ人から冷たい視線はもちろん、「つけられないなら外を出るな!」と怒鳴られることもあります。感覚過敏の説明をしてもだめです。私も持病での通院や買物で外に出る必要があります。外出は最小限に、人の少ない時間帯や道も選ぶようにしてるけど限界があります。どうしたら良いですか?でもマスクしてない人を叩く人の中には酒の席でマスク外して酒を飲んで大声で騒いだり、カラオケもして感染リスク上げてる。マスクできない人だけを責めるのは勝手ではないですか。

■まずこれ、最初からの話ですが
「感染者では無い者がマスクをするこれという意味は”全くありません”《特別効果が無いの意》」
(今回のコロナで無症状感染事例があったため《感染の自覚が無いケースがある》、ワカラナイなら全員マスク着用になったんです:この辺の実際のところは周知されていません)
※また、現在東京ではどうでしょう、、半数近くの人が「既に終わった」とコロナ感染症そのものに特別関心持ってません

でね、

●日本はまだいい方で、これウォール街のグローバリスト・ソロ〇の影響下にあるような政治家(仏マクロン、カナダ・トルドー)になると、コロナのロックダウンを全体主義浸透のためにワザとやっていて(共産化)、トルドーに至ってはワクチン強制反対のデモ隊に軍の特殊部隊差し向けたり、”戒厳令宣告したんですぜ”マジな話(普通の平和的なトラック運ちゃんのデモ隊リーダーを逮捕拘禁:しかもこの人普段トルドーが左翼のきれいごとで賞賛していたネイティブアメリカン系の人ときた《トンデモ二枚舌も露見》)、
マクロンもブースター打たない奴は全員解雇でいいとかで騒ぎになり、
先日の大統領選で負けかけてました。

日本の場合も主としてこのネタ(同調圧力で組織的『興奮』を期待できる煽りネタ)
主としてレスポンスしているのは全体主義者になりますので(権威に従う自称”適応者”)
 ↑
うーんとこの人達に何言っても無駄だから
(理屈で動いてませんから、極端に言えば「とち狂ったカルト宗教信者だと思ってください」)
コロナ感染症とか【全く関係無いから】
彼らは同調圧力で組織的『興奮』する状況に”ノリノリ”なだけです
(「マスクしろっ!」←すげーカッコいい決め台詞手に入れちゃったぜって話《その本質的意味などどーーだっていんです》)

→続きを読む

posted by kagewari at 16:03 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(いじめられっこさん「まずTwitterはエビデンスにならないからソース出そうね」)

<書き忘れた、末尾にちょこっと追記>

いじめられっこさん(分割を一本で)
>https://twitter.com/hxkOvJbby42DSQh/status/1514151858104725506
いじめた側はいじめられた側より成人後のCRP(炎症・老化を測る数値)が低い傾向にあるそうです(いじめ加害者の方が老化・炎症が少ない)。それに比べていじめられ続けた人や虐待されてきた人は脳の萎縮も酷いようです。https://gentosha-go.com/articles/-/25219

私ももともと短期記憶やミスが多い方でしたが、虐待やいじめが続く中でそれが年々さらに酷くなって生活でも困ることが多いです。でもいじめた側は何事もなく幸せにくらしてます。恨みなんて簡単に消えるはずがない。相手の不幸を願う程にいじめられた側だけがさらに嫌われたり、体を蝕む原因にもなる(病気にもなりました)。虐待されたりいじめられた人だけ後遺症が残るなんて不公平過ぎます。


Twitter主の引用もとはこれだと思うよ
いじめっ子の方が成人後に健康的な体をしていることが研究で明らかに
https://gigazine.net/news/20140515-being-bully-is-good-for-health/
(その記事中に紹介されているけど)そのまた引用元がこちら
Childhood bullying involvement predicts low-grade systemic inflammation into adulthood
http://www.pnas.org/content/early/2014/05/09/1323641111
で、記事中参照となっているCRPのwikiが以下で
C反応性蛋白
http://ja.wikipedia.org/wiki/C%E5%8F%8D%E5%BF%9C%E6%80%A7%E8%9B%8B%E7%99%BD
(ざっくり言えば、C反応性蛋白とは大きな炎症があったことの証明である)

まず記事中でも「どうしてCRPが前後するのかよくわかっていない」であるとか、他の医師からの反論なども併記されているように(この反論根拠は欧米における”いじめっ子”の典型的定義は運動部などのスポーツエリートのことで《筋肉バカで性格悪いってのが欧米の決まったイメージ》、その尺度から言えばイジメる側が最初から健康体としのパフォーマンスが高いことにならないか?って知見も含まれていると思います)、これは論文として発表されてはいるが、学説でも無いし有力なエビデンスとは言えない、何故なら、あなたが下段で引用されている小児科医の研究がその証明になるんです。
 ↓(こっちの方ね)
https://gentosha-go.com/articles/-/25219

■どういうことなのかまとめて論じるとね

炎症が起きるってことは『興奮』レベルの体験であることを意味します(どってことなければ外傷も起きないだろ?)、そしてそれが仮に成人後も計測できるなんざ話になれば「どんだけ?」ってことになりますよね。
 ↑
多分、意味わからないと思うので補足するけど、上記で何を言っているのかというと、
外傷性あるような不快現象あれば、普通対処しますよね?
(回避行動や反撃)
つまり、これは現象として「回避行動を取れない状態の論議なの」
(多分研究者はここ無意識に織り込んでる:イジメ問題が個人の問題では無く「社会問題」である件→これを構造化固定化させるには「イジメが社会現象として継続しなければならないからだ」)

 ↑
はい、ここでもう一点疑問がでます
イジメる側が社会現象なのはわかるとしても(それを抑止する機能が無い:私は個人的にそれをほう助する機能がありイジメは『共同幻想』社会の基本性能だと論じてます)
イジメられる側が何故固定化するのでしょう?
ここで話は一巡します

■これは現象として「回避行動を取れない状態の論議なの」=「強迫心理」

→続きを読む

posted by kagewari at 13:37 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月12日

第4ラウンド(M A Great Again)「陰謀論の現代社会に”血縁ガー”が登場する理由」

説明するまでもないと思うけど(この件ちょっと前に触れていてその続きです)、
政治家やエスタブリッシュメントになろうなんて動機に強迫性が無いワケなくて、
(素朴にいって誇大妄想入ってる)
臨床系ですら、「支配階層や政治家はサイコパスかも、、」とか言ってる背景は、
ある意味政治家とはフロイトで言う『昇華』のことで(プロ野球選手と同じ)
子供の強迫的着想(子供時代の夢でもいいけど)、これが偶然や蓋然でそれが叶ってしまう環境にある時、ネタバレ崩壊など必要無く全力で行ける状況にハマる場合がある。
当然そのモチベーションは強迫的に係数倍されているので、トンデモなパフォーマンスも発現する。
 ↑
勿論一概にいいこととも言えないのだが(そら当時者は”過剰代謝”の日常で大変だから←これがプロ野球選手などのアスリートに対するリスペクト《この点政治家も同じであるべきなんだけどね》)
心理学の原則として「本人に問題意識無いならOKでしょ」って枠組みになる


■さて、その「子供の強迫的着想(子供時代の夢でもいいけど)」は、子供の着想だものさ、、確実に”家幻想”を引きづるワケ(ベタで言えばエディプス・コンプレックスこそが出世欲の源泉だから)、
これが転換したのが、ITベンチャー時代ね、
孫正義は旧世代(本人が政商ロスチャイルドみたいになりたいとか言ってるから)
たぶんビル・ゲイツも旧世代(アップルのジョブズは中間の「歩留り」だろうか)
ホリエモンやウィキリークスのジュリアン・アサンジやテスラの《何考えているのかわからない》イーロン・マスクは新世代かな(彼等から権威主義や”家幻想”の話出てこないだろ?)

陰謀論に登場する人達は”旧世代”ってことになる、
やおら「ロスチャイルド家」だとか、「クリントン家」やら「ブッシュ家」だとか、出てくるやん、
その延長に「ナントカ一族」があり、「人種・民族・結社などのコミュニティー」にまで及ぶ(ユ〇ヤ金融資本やら中国華僑やら、近代なら軍所属の特務機関だとか)
トランプも「歩留り」中間世代水準なので、補佐官として新世代の安倍首相が必要なんだけどね(安倍ちゃん家は望んでではないと思うけどDINKSだからね)

→続きを読む

タグ:強迫心理
posted by kagewari at 13:38 | TrackBack(0) | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(キキさん「高須氏もそういう意図では言って無いと思うぞ」)

キキさん
>高須幹弥先生も言ってました。職場や学校色んなとこでいじめられる人の大半は中身に問題があると。いじめて良いわけじゃないけど中身に問題が出ないように常に自分を振り返る必要があるんですね。私も色んな人と仕事、プライベートなどで関わってましたが、多様性でお一人様も増えてるけど遊んでる人の方が圧倒的に多いです。京都や大阪、名古屋などの都会はGWは人で一杯でした。遊ぶのが少数派であればガラガラになるはずです。

■そもそも高須幹弥氏のyoutubeチャンネル紹介したの俺だからね
当時はかなりの数観たと思うけど、彼そんな事言うタイプじゃないぜ?
(メンタル関係の整形依存を問題視するなかで、カウンセリングみたいなこともやってるという話他)
てか、彼はフロイト心理学の知見は無いから、メンタル関係の話は専門外だぞ

サイドバーにさ「イジメの法則」のコンテンツあるんだけどさ、、読んでます?
いつも荒れるイジメ論の関連記事
http://kagewari.seesaa.net/article/464416220.html
イジメ問題の補足「相対強度論」
http://kagewari.seesaa.net/article/471158501.html
 ↑
■個人的なことから言えば(転校組なので)
学級委員長指定席から(学芸会は主役)、神童扱いで加点されちゃったりから、謎の美術系転校生時代やら、出戻りしてみたらイジメやからかわれる役にもなり、左翼の日教組教師とガチで対立してみたり《普通高行けない内申書書かれる始末》、様々な遍歴ある私ですが、【同一人物なんだけど】
普通に、現象として(その時関わる『共同幻想』の様相で)カーストのトップから、下層市民でイジメられる側になることもあんの【同一人物でだ】
(※保育園・幼稚園行かず、小学校三校、中学二高、高校は都会の私立ミッション系から4流大学へ上京、副業の不動産営業に関して言えば接客数数百《職業柄審査があるのでプライバシーに及ぶ話になる》、問い合わせだけなら千単位になる筈。)

だから言ってんのさ「イジメは『共同幻想』社会《所謂”自称健常者”なる特異な人達の形成する俗に言う一般社会》の伝統芸なんだってば」さ。
 ↑
あ の さ 世界に アダムひとりだとするよ、
どうやったらイジメができるのかね?
「イジメをやるには、絶対複数人で形成する社会が必要だろーーーが!!」
だったら、それは社会性の中で論議されるべきことで、
どーーーして個人の話になんだよ、

●それからあなたの言ってるのは
>中身に問題が出ないように常に自分を振り返る必要があるんですね。
「歩留り」階層の、”適応偽装”のことで、
彼らは表向き(所得面など考え打算と欺瞞で)『共同幻想』に合わせますから(勿論嘘ついて)、彼らは”イジメの傍観者(多数派)”となることでターゲットになること避けますが。
(※だから話を合わせる意味で、実は興味も無いドラマやバラエティなどもチェックしていたりする)
 ↑
これは「歩留り」選択者の日常で、
解決したってレベルの話じゃありません(嘘ついてるだけだから)
やろうと思えば、それも可能だってだけの話です。
(※少なくとも、そこには打算的なインセンティブへの感度が動機形成上の条件となる)

→続きを読む

posted by kagewari at 00:22 | TrackBack(0) | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月10日

「ニュース報道にBGM付いていたらもうフェイクでしょ」

こんなバレバレな印象操作していたら、潰れるよそら、
(現在一番ヤバいと言われているのはフジTVですが←これはさ、関連会社なんだから、、自称保守系のサンケイ新聞もきちっと批判しないからこういうことになるんだと思うんだけど、内部的にはどうなってるのかしらね)

事実報道にBGMがある筈無いじゃん
(ドキュメンタリー映画監督も躊躇するバカ演出)
いわんや解説だかコメントだか知りませんが、誰なんかが知らない自称芸能人の人とか出てくる日にはあーた、「お安いでしょう」のTVショッピングの方がマトモに見える。
時にワザとやってんのかなと思う事ありますが、、、
■正直なところ、メディア関係には本物のバカが存在するのだと思ってます
(iyi:Intellectual yet idiot「高学歴バカ」)


一時話題になった、
「ロシアの残虐行為ガー」って話も、以下のようになっておりまして
松田政策研究所でも”総括”っぽい論議ですね「ウクライナ紛争」
https://kagewari-retour.seesaa.net/article/487759344.html
(記事中段に「虐殺行為と言われた死者が《ロシアでは無く》ウクライナ軍の砲弾によるものである」って話の引用書きました。同件は英国のガーディアン紙などにも取りあげられているようです。)

思うんですけど、
ウクライナに頭のいい愛国者がいれば、(米当局と話した録音も多数ある筈なので)米国の謀略にハメられたと「全部バイデンのせいにして」米国から(もう武器はいないからその金額を民生用支援で出せと)賠償金を取る事考えると思うんですよ。
ドンバス地方独立を容認すれば、ロシアも全力で応援するでしょう。
(更にロシアは「そういうことなら」とオデッサ侵攻も諦めるかもしれない。)
実は米国左派メディアでも「全部バイデンのせいにして」トンズラしようかって動きも若干ありまして、
(ヒラリーが仕掛けたトランプ”ロシア疑惑のデッチアゲ”で逮捕された弁護士の裁判が始まるわ、バイデン息子のハンターの起訴も間違い無いと言われている。)
米国がネオナチ部隊を支援していた証拠突きつければガチでしょ、

●そこでゼレンスキーのプロパガンダ垂れ流したメディアも同罪だって話になればどうするんだろ、
(オマエラのせいでどれほどのウクライナ人が死ぬことになったのかと。言っておくけどドンバス地方の親ロシア語話者住民もウクライナ人だからね。)

→続きを読む

posted by kagewari at 02:03 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0