2022年04月05日

リクエスト関連(天使なんていらないさん「人の話は聞きたまえ」)

天使なんていらないさん
【それから規約読めますか?「知人の話はNG(エビデンスとならない:「取り巻き論」)」だから】
>障害児を育ててる親御さんの殆どは健常児も育てたいって思うのは自然です。その希望が悪いとは思いません。健常児しかいない人にはわからないんです。毎日毎日障害児を育てて本当に疲弊します。説教やきれいごとはいらない。欲しいのは問題児をずっと預かってくれて親を開放させてくれる所。自治体によってもサービスは異なり、うちの近くは全て定員オーバーでキャンセル待ちです。下の子の為にも穏やかでいたいのに障害児がそれを妨害して気持ちがついていきません。あの障害児だけ事故で遭っていなくなってくれないかと本気で思います。

だからさ、「悪いようにはしないから人の話は聞きたまえって」
(且つ、ゆっくり読めと一行目に書いてあるんだぜ。コミュニケーション障害ですか?)
●何ら私の説明は矛盾してないの、
今回のあなたのリクエストがその証拠(段階追って説明するから冷静に読むように)

1)嘱託殺人含む、介護ストレスから「老人が殺害される例は多いのに」
 障害を理由にした幼児殺害事件を目にすることは”ほぼ無い”
 (半面目立つのは?幼児虐待、〜の殺人は男絡みが多いので別の論議になる)

2)上記1)で介護殺人に至ってしまう背景は?
 少子高齢化は(特に高寿命化が)急速に進んだため”世代記憶的蓄積も無く”、何の準備も無く当時者が放り出される形になるため。
これに対し、障害児を殺害に至らず相対虐待事例が目立つ(強い社会の関心をひくの意)のは、何故だろうか?
(正式な統計持ってませんが《というか分類が難しい》相対としては減ってると思います《昭和には虐待にカウントされない体罰も横行していたため》)
 ↑
私が前記事で説明したように、現代社会は(疾病に対する社会的民度の向上と、福祉環境の整備もあり《これその子供当事者のことな》)「優生保護法や、ナチスの優生学のような発想は違法であると《民主主義に担保された》国民の合意」があるの。
 ↑
■わかる?「あなたの知人やら想像上の知人の話とか聞いてないから」
(規約でNG:裁判における”その証言には証拠能力が無く不採用”ってこと《優生保護法あった時代の話じゃネーから》)
現代社会でー
結婚してー
子供を産む選択をするってことは、
一義的に「私はどんな子供でも育てる権利を希望します」と宣誓したことになるのさ(印鑑までついただろ?忘れたとは言わせんぞ→はたまた無知で知りませんでしたってのならあなたが不勉強だったってことだろ)
 ↑
だからそれができないのだとしたら(契約に違反したはあなただから)
”手続き踏んでから”、できない時の救済策を探れと言ってんの(できないことは罪では無い《優生保護法廃止に伴う社会的認識は「できない場合福祉救済を制度化するを暗示」している》)
【しかし認識に錯覚含まれていると手続き踏んだことにならない《別の影響に及ぶことがある》】←ここは心理学的注意事項


■それなりに自分の責任(”悪いとかの意味じゃないからな”)責任者の”責任”、管理者権限の行使を明確にした上で、事情を認識しないと、
【錯覚からあなたの神経症も悪化するし、上の子の不安も増大する】んだってば。
何故って、筋の通らない話には説得力(映画表現ならリアリズムでもいいけど)を欠くため、「ただの主観的な感想をダラダラ述べただけ」となり、(事象を煽ることはできても)発言の意味すらなくなるからだ(ぼやけた認識を収束させる力が無い)。

もう一度話を整理するけどさ、
■DINKSという選択を捨てて、子供を産む前提の結婚を選択するとは、
「何々家という家族法人を創業する」ことを意味します
(主業は「ホームドラマを得意とするドサ周りの家族劇団」:子供とは=子役キャスト)
「子役がこんなだと何もできません」←これさ、会社の係長で言えば「困った部下に堪えられない」と休職する話とよく似ているでしょ?
(労災認定は難しいかもだが、そういう話は実社会にもあり得るよね?)
しかしだ、この背景を考える場合、
一義的に「自分がプロの管理職として契約していること」を含んで考えないと間違うやん、
この係長がさ、発達障害の部下に殺意を抱くか?
(合意的にそういう動機を説明できないし、部下との関係に悩んで辞職や休職する事例はあっても「殺人事件」を耳にする事は無いだろ?《職場のアルアル殺人事件は部下が(エディプス拗らせての)逆ぎれ上司の殺人です。》)

 あのさ、俺は親子愛だかなんだか知らないが、そういクソ薄っぺらい話だとか、
 餓鬼を好きか嫌いかなどの些末な話をしてネーから(勘違いするな)
 【事実関係が歪んでるからヤバいだろと言ってんのさ】


→続きを読む

posted by kagewari at 21:10 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前時代的な『共同幻想』を無理に残そうとすると”マフィア”になる

たとえば、現代陰謀論は上級国民気取りのエスタブリッシュメント階層で、いまだに”家幻想”だ”権威性認知”だ”桁数がどうかしている億万長者インセンティブだ”ってのが横行しているワケだが(トロフィーワイフのインセンティブももれなくついてくる)、勿論強迫心理設定として「言う通りにしなければお前の人生は終わりだ」と枷がハマっている(下手に不正しているのでチクられれば一発で逮捕されてしまう)。
 ↑
こんな感じで「中世ヨーロッパですか?」なる時代錯誤の社会が”崩れ”ながら(桁違いの”億万長者”インセンティブなどで)残存しているんだけど、
■これそのまんま”マフィア社会の論理”そのものです

●そもそものマフィア社会というものは、移民や少数民族などが(自立的にサブカルオルタナ展開できない無知蒙昧に置かれれているなどの環境から)「適応する社会を求めて」古式ゆかしき故郷の”村社会”を異国や他民族多数派の自国に結成するもので、
「人造(社会学)ゲマインシャフト(地縁血縁社会)」のようなもので、
心理学的に言えば”意識的取り巻きだらけの社会”とでも言えばいいのやら。
【DQNや暴走族、ソフトヤンキー、古くは極道任侠社会、現代暴力団も同じだし、”崩れ”っぷりが著しいイジメ殺人などの起きる社会も同じ《もちの論でISISなどのテロリスト社会もね》】


しかし、ある意味そこに『共同幻想』の論理が凝縮されている
”凝縮”って表現はどうかと思うけど、建前の権威(中世なら教会権力など)が失われた中でやっつけで権威性社会の論理だけでっち上げたようなものなので、
「その強迫性だけがクローズアップするようによく見える」ってことかしら。
単純に言えば「(不正の指示でも)言う事きかないと(適応しないと)殺すぞ」
建前の権威が無い分、「道徳性も組織の論理(マフィアの掟)に従うだけ」という理不尽さが凝縮されたものになるって話。
 ↑
最近のブログ記事で現代陰謀論もいい加減に崩壊し、
その端緒は「内部告発だろう」と書いてきたのもさ、
いやいや【無理筋過ぎ】ってか、ほぼほぼ組織犯罪集団じゃん。

■素朴に思ってる人いると思うんだよね
「どうしてそんな悪い事できるんだろう」
(どうしてって”やらされてるんだわ”→そして各人『自意識』「抑圧」してるから、麻痺するってのかしらね、適応性高い人から先にサクサク指示通りに動いてしまう。)
だからこそ、本人気が付けば「いやいやこれは無いってか犯罪だ」と(裏切るどころかマトモな神経ならそう思う)内部告発に至る。
 ↑
てことは、崩壊を促進させることってのは「バカみたいじゃん」ってネタバレ認知が広まることで、
2chが気が付いた暴走族の蔑称「珍走団」とかの着想はあってるんだよね。
成人式の暴走族バカ騒ぎも、(彼らがレスポンスする)地上波などで積極的にとりあげてスタジオ一同爆笑して「バカみたい」とか笑い者にすると”止まる”のだよ。


posted by kagewari at 12:52 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0