2022年04月24日

自民党が連合(労働組合)との関係を強化へ(国民民主党与党入りも秒読みか)

各所で語られてきたことなんですよね。
安倍政権時代から経団連への賃上げ闘争は官邸と連合二人三脚だったのであり、
この点では、革新政権顔負けったのね。
昔は、野党の一派が『維新』にくっついては消滅しなんてのを繰り返してきたので、
当初国民民主も『維新』と連携かと目されてました(『維新』の足立議員などは数年前からその方向で動いていた)。

しかし、そんな国民民主党は微妙な動きを見せ(選挙協力の相手を『維新』では無く「東京ファースト」を選んだ《ここには小池知事復党の噂も尽きない》)、
その背景には様々な思惑が見え隠れする。
1)安倍・菅体制の時には(菅さんが支持組織の関係で『維新』に近く橋下擁立も彼とも言われ)、憲法改正論議含めて『維新』との関係が軸であった
 ↓
2)これに対して(菅さんは本来経世会なんだけど梶山擁立で派閥を抜けた後で古賀さんあたりに世話になって宏池会に所属していたことがある)宏池会の内部事情もあって菅氏と関係がよくない岸田氏が『維新』を頼りにすることは難しい(菅氏も頼めば協力はしてくれると思うが)
 ↓
3)親族が全員東大財務省とも言われる岸田首相としては、財務省出身の玉木党首を要する国民民主と連携できれば願ったりな関係となる。
『維新』は維新で野党第一党となる思惑と矛盾せず(連合が立憲民主を支持しなくなるため)、双方の利益も矛盾しない。

●思えば連合の芳野友子会長が盛んに「野党連合で共産党と協力することはあり得ない」を連発していた背景は、国民民主へのメッセージだったのだろうし、自民党との協力も視野に入れた発言だったのだろう(菅氏が官邸から距離が離れたことは連合にとってチャンであった)。
最近の報道によると、大宏池会構想の麻生氏が「連合は自民と協力すべきなんだと何度もお誘いしている」と発言してる背景には、ハト派の宏池会なんだから労働組合と協力することはどこもおかしくないって話なんでしょう。
(自民党宏池会と言えば?→米『民主党』とのパイプでしょ、で米『民主党』は米国の労働組合が有力な支持団体だし。)

で、安倍ちゃんは個人的には菅さんより麻生さんに近く(盟友関係だし、岸田氏は同期の桜で《政治信条は全く違うが》友人関係)、憲法改正が前に進むのであれば大歓迎となる。
(※現在安倍ちゃんは《これまた政治信条は違う》菅氏に「二階派と解体と菅派の結成」を薦めており、各人立ち位置に違いはあれど、安倍氏を中心におけば力を合わせることもできる。)

→続きを読む

posted by kagewari at 15:34 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月23日

第4ラウンド(M A Great Again)「マス・メディアはそもそも嘘しか報道できない」

<「記者個人のレポートは別よ」を末尾に追記、4/24そして末尾編集>

【マス・メディア→大衆やら公衆に向けての媒体】
この段階で、わかりやすい内容に要約された(難しいこと言わない)広報機関でしょ。
 ↑
この複雑怪奇な背景事情を抱え、陰謀渦巻く現代に
そんな調子じゃ「何を報道しても嘘でしかないじゃん」《終わり》
※昭和の流行歌や、事務所ゴリ押しの(誰も知らないのに)「いきなり今大人気の」と紹介される芸能人みたいなもので、インチキ臭いTVショッピングの方がまだ誠実に思える。

●反対に近代前後の人が生きるか死ぬかでギリギリだった時代には、報道みたいなものを知る必要性とか受け手の容量も「(どうせ俺には無関係だろ)デマでもいいから最近の風評を3行でまとめてくれ(そんな感じのことがあったのか程度いでわかれば十分)」という需要に答える存在だったのだろうと思うのね(そう求められて、それで十分だった)。

■個人心理における集合化の時代から→個性化分岐時代の流れと同じで
(『共同幻想』崩壊>『単独者』化)
現代社会はインディ系の(それぞれの専門分野に応じた)マスの反対:個別な「報道では無くて情報取得」によるナントカカントカって話になっており、
マス・メディアってのは存在そのものが、どうしても構造的に(『共同幻想』の御用達の)プロパガンダ機関のようなものになっちゃう。


ジャーナリズムってのも、
【ジャーナル→日記や日誌→転じてジャーナリズム「定期慣行事実日記→新聞」】
そら当事者の能力によっては(そいつにとっての事実によっては)トンデモにもなる。

マス・メディアの報道というものは
最初から「事実を含んでいるかもしれないガセネタのお題」と受けて、

(CMと同じ、)
いやいや待てよ、これはどういうことなのかと考えるものなんだと思う。
(報道は報道で、情報では無いってことでさ)


<末尾追記へ>
→続きを読む

posted by kagewari at 19:21 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシアの言い分に言及すると速攻で特捜部に逮捕されるかもしれない件(笑

まあムネオ氏は確信犯なとこあるので(日露友好が国益になると考えている)
彼の認識が中立的だとは言いませんが(国会で対立する者同士が論議すればいいのであって)、そういうスタンス見せるだけで逮捕されかける「日本の習慣」にも困ったものです。
篠原常一郎氏の動画から”そこ”紹介しましょう。

【4月23日土曜朝9時】マリウポイ陥落、経済対策防衛費、皇室利用で汚された立皇嗣伊勢参拝【NEWS常一郎】
https://youtu.be/9g0UwIrzxDQ?t=3643


田中角栄ロッキード事件から小沢陸山会やらライブドア事件まで、
日本の地検特捜部が何をやってんのか関心ある人はだいたいご存じですが、
そもそも特捜部は戦後GHQの手先として財閥解体に協力することを条件に存続を許された機関で、法務検察の出世コースに何故か「米国大使館一等書記官だったかな」やることになってんですよ。
事実上、米ネオコン系官僚組織の一部を構成する機関であり(普段はそら関係無いと思いますが、米国その筋から指令があった政治家は逮捕しちゃうぞと)、
※記事リクだったかで書きましたが、米国ではCIAとFBIが反トランプで冤罪仕掛けてトランプ陣営捜査しまくるとかやらかし、嘘がバレて現在炎上中(つまり同じ手法です)

「あ〜、またか」と

(そら岸田首相も表向きは「全力でウクライナ応援します」のポーズ取りますよww)
そして、鈴木宗男氏のクソ度胸も凄いものだなと、
(多分「逮捕できるものならやってみろゴラ!」な勢いなんでしょうな)

→続きを読む

posted by kagewari at 12:27 | TrackBack(0) | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月22日

貧困の減少により(他人同士の事件が減り)殺人事件の6割が親族近親者間となった時代

それはある意味世の中が豊かになった証明であり、
同時に”家幻想”の限界も表している。
所詮『共同幻想』であり、自由意志や自己責任を担保した『自意識』の再選択でも無い、
よく言えばホームドラマ劇団の契約であり、悪くいえば”烏合の衆”に過ぎない。

忘れがちなのは”家幻想”とは赤の他人同士の夫婦であることだ。
近代までは表向きながら仲を取り持つ仲人役などの中立お目付け役を置いて(はたまた女性差別史観を利用して姑が権力の頂点に立つなど)三位一体の『枷』をハメたが、
(かといって当時から親族近親者の争いが無かったのでも無く:勿論相続争い他)
これが戦後の(GHQもキリスト教の枷がはまった前提だったろうに)「自由恋愛」による結婚となって以降グダグダに”崩れ”てしまった。
●そらそうなんです→『自意識』を「抑圧」し、(普通の人という)共有・共通人格に置き換えた適応者境は、自己責任を担保していないので(ある意味どこにも責任者がいない)民主主義やら契約社会もクソも機能せんのです。→「なんか昔の結婚制度をノスタルジックになぞってみたよ」ぐらいのものなんですよ。
 ↑
だから、現代「最低でも歩留まり」階層は「これは何かヤバい」と、
「少し考えさせてください」となった《非婚・晩婚化》


この辺の『共同幻想』崩壊が、何の説明も無く(てか”適応者”には構造的にそれを説明できる人がおらず)なかば無秩序に放置されたものだから、
うっかり考えもなくそのまま結婚制度のレールに乗っただけの家族では大騒ぎが始まる。
(受験戦争時代→家庭内暴力時代→引きこもり時代→ニートやら育児ノイローゼ時代→幼児虐待時代、、、、各方面枝分かれしつつグダグダに崩壊の度合いを広げていく)
ついに「やれ婚活だ、出会いはアプリだと(オマ、だったらGHQ以前の近代見合い縁談社会のがベターじゃん)」、自由恋愛のお題目すら捨てるに至る。

■それは”家幻想”内部の人間関係も複雑化し、
各所に「強迫心理」の種がばらまかれている状況なので、何かの拍子に誰かが地雷を踏めば刃傷沙汰にもなろうというもので、
社会進化説みたいに、文明化する中で「家幻想内部の犯罪も激減←なんてことは起きなかった」ということです(近代と比べれば親の体罰の暴力が消えたぐらいのもので)。
社会進化がもうさ、「地縁血縁社会→利益関係契約社会」にシフトしちゃってんものさ、
そのままなら”家幻想”はその存在そのものが近現代の終わった概念ということになってしまいます。

→続きを読む

posted by kagewari at 17:43 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月21日

IT時代のフリーエコノミーの実像と無料であることの意味

ことごとくとは言わないけれど、
webベースの課金ビジネスモデルjは失敗する、
(成功したという話もどうなんかなだったり、詐欺だろだったりする)
この意味だけども、そう難しい話だとは思っていない。

音楽で言えばさ、既にSpotifyやyoutubeで新曲は無料で聞ける構図になってる、
有料サービスもあるが、事実上サーバの運営費に消えるじゃないかってレベル。
どこかの音楽業界の人が言ってたと思うけど「サブスクで利益なんかない」、
各バンドはしのぎとしてライブ活動を中軸に置くようになり、、
 ↑
この状況を整理するとさ、
社会的利益としても「できのいい曲ほど沢山の人に聴いてほしいだろ?」
(実はファンの心理もそうなんだよね)
昔のラジオや地上波音楽番組でって話じゃ無い(昔なぞはAメロだけで終わってしまうとか何がしたいのかすらよくわからない有様で)、ガッツリフルコーラスで届けたいからこその無料でさ、
この時、仮に全てが有料課金でとなった場合、
(ゲームなどの課金じゃ無いけども)何か詐欺的に金を集めたいのかって趣になるんだよ、
表現はあれだけど、作品に自信が無いから金を払わないと聴けないハメ手取るのかって。
●そんなことして作家さんが食えないでしょってご意見あると思うんだが
そこで前項のライブ重視ってスタンスがある。
 ↓
その構図ってさ、「政治家の(勿論無料の)街頭演説と、政治活動のための政治資金パーティーのそれそのまんま」なんだわ(フリーエコノミー)。
民主主義だとか、表現の自由とか根幹に関わることじゃん。

■事実最近のライブってのは、活動資金集めパーティー的というのかな、
活動を応援する場面は別に設けられているってのかな、
普段の楽曲演奏は無料でしょって(そこは沢山の人に聴いてもらいたいでしょ:ファンも沢山の人に聴いてもらって凄いでしょと自慢したい部分もある→そういうところからリアクション動画なんて文化も個別にうまれたのであり)、

→続きを読む

posted by kagewari at 11:58 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月19日

事実”認識”を修正すると、事実”認定”まで変えられたと思ってしまう錯覚

私はよく海外のリアクション動画を観ますが
(『進撃』の奴とかね)
視聴と言う形で「共通する疑似体験する結果に対する、認識はま〜バラバラ」です。
そら読書もそうでしょう、解釈は人それぞれで同じじゃない。

体験となる事実は全く同じでもね。
そら好きにどんな解釈してもいいですよ、
作者もこれといって定まったテーマを設定していない場合もあります。
(『進撃』の諌山氏はそう断言してますしね)

ここで考えるべきテーマがあるとするなら、
物語の筋立てまで完全に取り違えてしまう事実認識の誤りです。
●時にあるリアクターがこうなった
 ↓
エレンはこれから地ならしで大虐殺をするワケだが、
その前に哀れな避難民に(彼らも殺害する)宴会に誘われ、そこで故郷パラディ島の仲間達と最後のお別れをするシーン。
 ↑
これを見て(リアクターは何を拘り始めたのか大虐殺は正しいエレンは悪くないという認識《言うまでも無くネタバレしない前提で言えばエレンもそんなこと思っていない:だから泣いてるシーンを強調して見せてるワケで》)→「別の人種ともわかりあえるってシーンをオイラに見せようってか」とかね、
※もうこれじゃあ、後ろの話についていけなくなって置いてかれるばかりじゃんよ。
 【これが現実との乖離ね】


→続きを読む

タグ:強迫心理
posted by kagewari at 10:48 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月18日

再び経済学の話「デフレ時代の日本は”需要不足”であった件(=潜在過剰生産力)」

企業の内部留保が増えた原因のひとつです
生産能力もあるし、設備投資用の資金もある。
しかし、期待する需要増が見込めない(不足する消費者の所得が充当されて需要増が期待できるなら内部留保の資金をいよいよ設備投資に投入できる)。
この状況は上記括弧にあるように、なかなか国民所得の所謂直接のバラマキに乗数効果が無いように感じられますが、実は企業の内部留保が設備投資されますから乗数効果もあるんです。

■それほど需要不足(所得分配の失敗)のツケは大きく、
小泉不良債権処理から民主党政権に至る政策ミスから「株価下落したまま低金利政策」という若干ワケのわからない状態になり(国債大量発行で円安にでももっていけば輸出系企業株が引っ張る形で株価も上がっただろうに)、資産家の支出も減ってしまいました(貨幣の価値がデフレで上昇しますから貯金するだけで資産が増えることになる)。←うーん単純にバカみたいなことになった。
ついでに優良企業が驚きの低株価でしたから、海外のファンドにとってはハゲタカでなくても一枚噛むことができた(一部上場株主にやたらと外資が参入)。

以来、なんとか安倍政権で所得分解を進めましたが(日銀のオペレーションによるマネーサプライの増加と株価上昇政策)、企業の設備投資と中間所得層への所得分配は進まず、
進まないどころか、民主党政権時代の財務省の罠で(消費税増税を法制化されてしまい)渋々消費税をあげざるを得なかったので、分配どころか徴収してしまったんです。
(この三党合意を主導した当時の民主党野田政権は、、、あんまり言うとアレなんだけど割と貧乏で知られた《自衛隊の子息である》首相の野田氏がその後政治献金額を大幅に伸ばしたことから、財務省の指導でwwまあそうだったんだろうなと、あくまで類推ですけどね。)

→続きを読む

posted by kagewari at 21:47 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山口敬之氏の「ウクライナ紛争」レポート”続き”がアップされてます

非常に現状把握に欠かせない詳細な解説part5
【山口敬之のわかる!ウクライナD】アメリカが深く関与したコソボ紛争を検証すると、ウクライナ戦争がはっきりと見えてくる。
https://youtu.be/2V_PwKiU2dg


■アメリカのネオコン『民主党』政権の”やり方”がよーくわかる渾身のレポートです
(まったく不勉強でした。当時僕はユーゴ紛争でセルビア人が一方的に悪いという話を真に受けていたんです。)

米国に正面から敵対することになると、あらゆる手段で(なんちゃら犯罪人として・何の権限のどこの執行機関がやるやら)ぶち込まれるということです。
そもそも法治とは主権国家における国内法による統治のことであり、
国際間においては(ジュネーブ協定で知られるグロチウスの国際法は「戦争のルール」であり、強国の思惑で自由自在で他国に内政干渉できる権利ではありません)、そもそも法治などありません。
国家の上に権威など存在しないからです(安全保障理事国は”神”なんですか?)。

■民主主義の概念と全く同じで
(俺は各所で、武装する市民による『民主主義』について書いてきました。)
主権国家は正規軍を持ち武装することで国際関係における自由意志を表明できるんです。
憲法9条などという無責任な妄想を信じている間は、国際政治における発言権すら【無い】のです。


posted by kagewari at 21:44 | TrackBack(0) | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0