2022年03月15日

「健常者という病」(過去リクエストも参考に考えてみる)

言い方変えれば”社会適応者?”
この件に関しては是非以下を読んでいただきたい
素朴なアレだけど「社会適応」論を勘違いしていませんか?
https://kagewari.seesaa.net/article/485620970.html
(そこでだいたい書いちゃってるけどさ)
現代社会でド・適応していたら病気だからね。

そもそも”社会適応者”って概念としては「宗教信者」と同じだから
しかも当事者が何の宗教なのか自覚無かったら病気でしょ。
古代宗教は「ウチは何々教ので神の教えが」って少なくともそんな建前はあったけど、
産業革命後の近現代は(コモンセンスの見方もあるけど)権威の正統性はおろか具体的な権威性を定義できていない。→その不安感が謎の”健常者”なる概念に繋がってる気もするんだよね。
ドイツにおける「俺達アーリア人ごっこ」みたいなさ(そんな人種はネーからなw)。

(※勘違いしないで欲しいんだが、宗教を馬鹿にしているのでは【無い】からね。宗教ってのはまだ人類が自然科学だのを使いこなす以前の最高の英知だったワケで《当時学問だけ続ける階級を設定する方法はそこしか無かった》、「宗教信者の構造」っては学問を誰か代表選手にまかせて、それ以外の庶民は偉い坊さんの説教を聞くことで「結果だけ、そうだよね」と受け取ることで最大公約数の知恵を社会で共有するシステムだ。←イスラム教は割と最近の宗教なので、この辺宗教改革的なとこも取り込んでるけど《いきなり信者全員がコーランを読めることや、偶像集配の禁止や宗教権威者を置くことを禁止したのは「ルターの宗教改革を先取りしていた」とも言える》←実際その後現代のイスラム教がムハンマドの思惑どおりになったのかと聞かれると違う気がするけどね。<さらにちなみに>→カソリック保守派にとって現代でもルターはテロリストみたいなものだからなww)

■困ったことに臨床系は「健常者」なる”なんだか意味不明の概念”を説明しておらんのね。
だから心理学的には「”あ”に言ってんだかさっぱりわからない」んだけどさ、
(「アーリア人みたいな意味?」とか思っちゃうのさ)
想像するに、権威性認知における偏差値50みたいなイメージなのかなと思うけど、
いやいや偏差値50って中間点だろ?そこがボリュームゾーンだと言いたいのかもしれないが、上にも下にもいるんだから、自分が標準的存在且つそういう人が圧倒的多数みたいな話にはなじまない。
何をもって自分のことを健常とか言って威張ってるのか知らないけれど、
あれだよ?『単独者』なんて変人呼ばれて初めて一人前なんだぜ?
(なので『単独者』にとって変人は誉め言葉で、「普通ですよ」なんて言われると激怒します)
 ↓
音楽活動などしてる人も良く言うじゃん「尖った個性がある(=普通じゃない)」←誉め言葉でしょ
「なんか普通の音楽だね」←けなしてることになるだろ?ww


●自分は”凡人であると威張る”ってのも言語が倒錯してるしさ、
「ちょっと何言ってるのかわからない」よね。

→続きを読む

posted by kagewari at 12:33 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0