2022年03月12日

リクエスト関連 (非リア喪女さん「これは新規として受けるよ」)

<速攻補足書いてるから”次の記事”>
https://kagewari.seesaa.net/article/485982377.html

非リア喪女さん(即日レスは規約違反だが《看板読めよ、、》”だが”「これは新規として受けるぜ」)
>私の記事リクは始めてです。誰かと同一人物じゃありません。私も営業、事務、病院関連、福祉職、様々な職種を経験し、色んな人と出会ってきました。取り巻き論なども拝読しましたが沢山のkagewariさんが統計で仰るような人達は殆ど見かけませんでした。恋人いる人や友達と遊んでる人多いので疑問が残ってました。荒らすつもりはなかったのですが結局は皆様にご迷惑かけて申し訳ありませんでした。

■まず考え方(ここは絶対の原理原則だ)
「統計で仰るような人達は殆ど見かけませんでした」
 ↑
あなたの主観が統計学上の根拠を満たしている広域調査のDATAと乖離ている場合、
●これ一部な安田生命結婚調査_2016_01
https://www.myri.co.jp/research/report/pdf/myilw_report_2016_01.pdf
(PDFダウンロードして閲覧したまへ)
もういっこはこの辺か、
■なぜ「一生独身の男性」が30年前から急増しているのか
https://president.jp/articles/-/32990?page=2
4人に1人の男性が50歳で婚歴なし
交際相手がいない34歳までの男性は7割

<話は戻って>
「統計で仰るような人達は殆ど見かけませんでした」
 ↑
あなたの主観が統計学上の根拠を満たしている広域調査のDATAと乖離ている場合、
【間違えているのは100%あなたの認識】です
(この時どう考えればいいのか?)
個性化論議の説明における「NYのビレッジバンガードでライブ演奏したら」を参考にしてみ?
 ↓
「営業、事務、病院関連、福祉職、様々な職種を経験し」
上記の中でも特に『病院関連、福祉職、』と言えば、『共同幻想』適応系人格の巣窟じゃん
(極端に言えば連日新興宗教団体に出入りしているようなものだ)
「だよね、そうだよね系自称適応者」が群れを成して入る職場の代表格、
(何も不思議な事は無い、一部労働者階級の職場なり地方の工〇高校などに進学することは、DQNや不良相手の対人関係を覚悟するのが【常識】だろ?)
 ↑
●このブログでも再三説明しているように、
病院関係者や福祉関係者は、心理学の理解という点で極度に不適格者が多く、
彼らが主催するような所謂サポートナントカって手法は”その大半”が心理系・メンタル系の症状を悪化させる。
これは、間接的にだがWHOも勧告しており(閉鎖病棟の廃止と開放治療の義務付け←簡単に言えばひとりぐらしを支援し、自由にさせるのが原則だというもの)、
まあ心理学的に解説すれば、メンタル関係の悩みにおいて『共同幻想』社会との関係は100害あって一利無しだ。
(「強迫心理」からの離脱を考える場合、大きな方向性は”個性化”だからです)

つまり”あなたの強迫的行為選択が”
特定タイプの人格が多く集まる社会や職場を無意識に選択しており、
出会う知人も「強迫的に」スカウティングしていることになる。
行く先行く先には、「取り巻き」タイプの人格しかいないので(あなたの「強迫心理」の設定をそうだよねと追随するタイプ)、
あなたの認識は【現実から乖離し】実際の統計DATAからフェーラウェイになっているワケ
(あかたもフェイクニュースやマスコミの偏向報道さながらに)


→続きを読む

posted by kagewari at 23:52 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いやいや実際プーチンどこまでやれんのかって

背景はざっくり『住まいの心理学』に書きました
興味ある方は
https://kagewari-retour.seesaa.net/article/485969076.html

今さ、プーチンは現状からして「半分エレン・イエーガー状態」じゃん、
(ロシア人男性の寿命短い中で「俺の代でなんとか」なんだし)
欧米メディアはそこわかってるのかな。
いきなり先制攻撃はしないと思うけどさ、核兵器の脅しに関しては「北朝鮮みたいな冗談で言ってないぞ」って意味だし(現在でも非難轟轟なんだしさ、核攻撃してもその非難轟轟は変わらんだろ)、

単純にアホみたいに核攻撃してもロシアも危ないからやらないだけで、
(だから第三次みたいなリアルな戦争は起きない「一方的に勝利できないからだ」)
『進撃の巨人』じゃないが、これ圧倒できるなら彼は躊躇しないと思うぞ、
(そんぐらい腹立ってる)
てか躊躇する理由が無いでしょ、
現在のプーチンの判断だと(その心理は)、
NATOやEUが圧力かけてくることはロシアの死なんだから、
生存競争しかけてきてるなら、オマエラ皆殺しにしようかって。
(ロシアを守りながらそれを実行できる術がないだけでさ、できるならやってたかもしれない)


●我が方としては
「いやいやプーチン閣下西側がこんなめんどくさいことなったのはコミンテルンが原因だろうが」言いたいとこなんだけどさ、
(ま〜半分現在のロシアの立場はブーメランなんだから→「プーチン曰く俺らが最大の欧州《ユダ〇人による》共産主義工作の被害者だろ《ブーメランはそっちだ》」ってことなんだけどね、、)


しかしなんかよくわからないんだが、
TVやネットでロシアの悪口言うとナントカポイントでもゲットできるのかしら?
(相手はキムジョウンン君じゃないんだよ、)
対露安全保障論議は重要だけど、対抗策が悪口ってお前、、、政府の遺憾砲とどう違うんだ、、
プーチンの動機形成をどう読むかって話だろ(仮に宣戦布告するってのなら尚更)、
ロシアに宣戦布告する度胸が無いならウクライナをどう収めるかって話になる。
煽ってどうすんのさ、、(被害が拡大するのはウクライナだぜ?EUもNATOも知らんぷりしてるのに)
本気でウクライナ支援するなら、「どうしてドイツは軍を出さないんだ」って話にならないと嘘だが、ロシアガー陣営ではだーれもそういう話はしない。
プーチンとロシアに対するネガキャンのダシにしてるだけじゃんよ←無責任の極みだな、
(まさかウクライナが勝つとか寝ぼけた願望で話してないよな?)
 ↑
ロシア軍もさアフガンの経験もあるから、無駄に市街戦突入せず、
どっから見てもキエフは包囲して兵糧攻めでしょこれ(援軍はこないこと見切られてるから「事前にシュルツやマクロンとの会談でその密約はできてる」)、
東部の国家親衛隊は包囲殲滅の腹だと思うけど。←これ待ちか?
※ゼレンスキーも逃げないのではなくて「逃げられない」のだと思う

→続きを読む

posted by kagewari at 22:28 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連 (非リア喪女さん「150円は規定違反だから」)

非リア喪女さん(それからあなたの話は「強迫心理」な)
>少なくてごめんなさい。強制的な結婚でも我が子は可愛いという人もいますが、そんな男と結婚したくなかった、その子供は可愛くなかったと恨み言う人も沢山聞かされてました。それが問題だから個人意思での自由恋愛になったのでしょう。私は若い子が住むアパートにいくつか住んてきましたが、大半の人は毎日のように楽しく遊び回ってる人が今も大半ですよ。苦楽を共にして助け合ってきた親友はいます。記事リクで言ってる人達は間違ってない。友達欲しくてもできない非リア層がさらに惨めになるだけで。
 ↑
規定違反【知人の話はNGです】(エビデンスとならない)
また、サイドバーコンテンツから『取り巻き論』を閲覧しなさい。
(端的に言えば、あなたが強迫心理と符合・関連する対人関係なり社会にフラフラ引き寄せられているだけであり、)
 ↓
『単独者』系ある私の周囲にも、副業の取引相手にもそういう(DQNめいた)人物は全くおらず《少なくとも副業は継続12年超え接客件数千件超えるボリュームであり》:統計DATAを無視し、概念や論理的根拠でも無く、”具体例を反論の根拠”とするのであれば、あなたはその論拠として私より知見が多いことを具体的に証明する義務がある。
且つ私の経歴《フリーターバイト長17年・副業不動産営業(副社長格)12年以上(他ヤバい仕事も少々)・臨床系メンタルNGO元相談役・心理学サイト運営20年超えたかな?(実相談件数多数)・ブログ運営者としてIT系雑誌からの取材掲載経験あり・ライター単独として雑誌掲載経験あり・ブログライターとしては元リクルートと契約経験あり・で、年齢57歳になるんだけっか?》←それよりキャリアが上なんだろうな?
 ↑
答えてみろよ、話はそれからだ


●それとさ、いったい誰の紹介で通常の読者外のリクエストが続いているのかわからないけど
そもそもこのブログの購読者で、私の心理学的スタンスを知った上で「記事を書いて欲しい」とリクエストする行為で(最低でも『共同幻想』論ぐらいわかっていなければ、何を意図して私の記事をリクエストしているのかってことになるだろ?)、
所謂横から「こうじゃないですか」言う場合は(最初のリクエスト投稿は『共同幻想』論など踏まえて、フロイト系『唯幻論』としての見解を求めてリスクエストしてるワケじゃんよ)、
【あのさ、最初のリクエスト投稿者に対する迷惑行為にならないよう(唯幻論としての見解を求めてるいるんだから)】→最低でも反論の根拠となる心理学的見解を述べなさいってば、


■このコンテンツは”私に対する”記事執筆のリスクエストでなんとか相談掲示板じゃネーぞ?
(日本語読めないとかじゃないよな)
「私はこう思います」とか誰も関心無いし(あなたは何が専門なの?)、
発端となる投稿者が求めたフロイト系『唯幻論』的見解を(それこそ「強迫心理」系でそれはダメだろって横からナントカで)当初の依頼主の状況を悪化させてどうすんのさ?責任取れるのか?
(は〜、自分のこと以外には関心無しですか、、)


■【個別にお題の提示するならまだわかるが】
あんたのリクエストで無関係な投稿者の状態なりが悪化する可能性があんだぜ?
【だから言ってんの、そこにフロイト系・岸田教授系と違う着想なり根拠があるなら(その場合はこういう認識で鬱的状況を覆せるなどの論拠があるのだろうから)まだわかるが】

150円で中学生の感想文みたいなの送ってきて、、、
(末尾参照:メールでは無く課金してまで記事リクに拘るその自己顕示性の意図は何かね?)
自分が何をやらかしてるのかってことに自覚は無いのかね
(しかもその投稿で最初の依頼主の心理状況悪化させる可能性もあるんだぜ?)
 ↑
※返信無視で放置すればいいだろって意見もあるかもだけどさ、
こちとら20年からサイト運営してるブログの信用問題になるからさ、
よっぽどのことでなければ、スルーとかしませんよ(別の意味で何言われるかわからんだろ)。
(つまり少額依頼は記事リク最大の弱点なワケ→俺をいつでも時給150円に追い込みめる)
ですからここで改めて言明しますドトールコーヒーのメニューに無い金額はお断りします
【以下閲覧マスト】

https://www.doutor.co.jp/dcs/menu/list/hotdrink.html

→続きを読む

posted by kagewari at 21:24 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「強迫心理」の研究じゃないけれどあれこれ考えてみる(1)

<下書きは3篇ぐらい書いてるんだが、最後まで読むと「最近の子供は強迫心理に囚われる確率が下がっているかもしれない」って着想に、、、いきつけるのかな?、ままよで進める《いずれにしても時代は変遷しているので心理学のテーマも変わるだろう》>
●言うまでもなく俺は児童心理関係は専門外なので「推論としての話」であることをお断わりしておく

■オカルト論から入るのが案外面白いのじゃないかと思う。
みなさんも小説から映画やドラマ、漫画やアニメでもよくご存じの設定
 ↓
「子供だけに見えるナントカ」だとか
「子供時代にだけ、発揮できる能力」などなど
 ↑
ま〜その正体は、「この世にサンタクロースが本当にいると信じてしまうほどのトンデモだから」なんですけどねw、あれですよみなさん差別史観で子供をなめてませんか?
子供にトンデモがあり得るってことが、どうして大人にはそんなことが起きないのを証明できるんです?
「子供だから?」←【これじゃ理由にならんだろうよ(それこそふざけてんのかね)】

●本当に「大人にはそんなことが起きない」なのだとしたら、
どうしてなのかを証明しなければなりません。
少なくとも、「どこの局面で何があって、こうだから子供の認識と大人の認識が’違う」ことを説明できないといけない。
 ↑
これさ案外考えたこと無い人が多数だと思うのね
(実際今の今まで俺もそうだったからww)

■心理学が着目したのは「反抗期」ってのが大規模アップデートなんでないかい?って発想です
故に「反抗期のプロセスを知ることが、子供の認識が大人化することを理解できるのではないか?」という事ね(目に見えて様子が変わる局面でもあるから有力ちゃ〜有力かと思う)。
流石に自我や『自意識』の萌芽については、なんせその前の幼児期がワイルドな動物状態なので(それを言語的に理解したり記憶したり説明する能力が無い)想像すらできないんだが”反抗期に似たプロセスが走っているのだと思う”(フロイト的には第一次反抗期を幼児期としてるからね)。

→続きを読む

タグ:強迫心理
posted by kagewari at 00:36 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0