2022年03月08日

リクエスト関連(女性は愛する人の子供だから育てられる?さん「二編連続で」)

女性は愛する人の子供だから育てられる?さん(鬱だったんですか「では説明をすこし拡大した方がいいですね」《それから記事リクは営利目的では無いので(ドトールの件は別としてw)金額の件はまったく気にしなくていいですから》)
>何度も説明すみませんでした。ありがとうございます(一つだけ俺も強姦による中絶は仕方ないと思ってます)。恋愛や結婚に幻想が含まれてるのもよく考えれば分かる気もします。それでも恋愛や可愛い女の子と遊ぶのは楽しかった。俺達アラフォーの若い頃が一番服装乱れてたけど好きな格好したり、友達と毎日遊んで楽しかった。ちびまる子見て子供時代を思い出して懐かしくなる。90年代半ば〜後半は一番ギラギラしてて恋愛や刺激、何でも欲しい物が手に入った。それが幻想でも快感は忘れられず、この世代の人は理想が強いかもしれません。

(しかも元嫁登場とか、ここも踏まえた解説必要ですね)
>アラフォー、アラサーくらい(子育て世代)の子供〜青春時代は一番刺激が強くてギラギラしてた中で育ったから自分ファンタジーでも(女も働いて自己実現しながらも、愛する人の子供や家庭もほしい)強くなるんだと思う、の意味です。元嫁もそれが強かったですね(元嫁は虐待してませんが)。(現在鬱で療養中のため少ない金額ですみません)。


■まず、一篇目の「あの頃は楽しかった」フレーズ出てきますが、
これを俺は「the ノスタルジーカード」と呼んでます(カードゲームのパロディな「時よ戻れ!」:構造はホームシックと同じ)

自立ってのは時間からの自立ってのもあるんです、
過去に呼び止められると、人はリアルタイムの現実を生きることができません。
(過去の亡霊に取り囲まれた住人になってしまう)

 ↑
こうなんてか、攻撃的に先へ先へという巡航速度で「ノスタルジーカード」は出てこないでしょ?
アレにも似ていると思いませんか?
「アレ?ガスの元栓閉めったけ」と一度”引き返す”(時空の発想で言えば過去に戻る)
これも退屈であったり、漠然と不安と言うか気乗りのしない状況で発生します(ホームシックほど極端では無いけど)
 ↑
この現象は何か?
そら過去のエピソード記憶に”盛られて美化されたりしているファンタジー(幻想)があって”これと今現在を比較するとどうなりますか?(この段階で片方ファンタジーだものさ現実が勝てるワケ無い)
 ↑
これを構造的に時空の流れがシュリンクしていると心理学は考えてます《特に俺は》
(デフレ経済でGDPが昨年度同月同比どころか一昨年度の水準になる様子で想像してくれるかな?→「鬱経済も似た構造だから」ちょっと趣旨剃れるけどゴルフのイップスも同じだ)


●つまり「あの頃は楽しかった」「あの時代はよかった」なんてフレーズは、
まず、フェイクユースやプロパガンダじゃないかと疑う方がいい。
(その当時もそれほどありがたがってたのかと、インセンティブに釣られて『興奮』《快感代謝》獲得していただけじゃないのか?←この事象に情緒的な”幸福”などの概念をくっつけると別の意味になってくるんだわ《間違っている今に比較して”正しかった世界”のような意図的錯誤》)
 ↑
そ れ は 理 想 じゃ な い か ら な 【レトリックに騙されるな】
(昭和後期から平成のインセンティブは、自由を拘束されている渇望と手綱握る権威側の匙加減で演出されたもので、悪く言えば「踊らされていた」ワケ)

まだ近代の『共同幻想』(明治からの戦前戦中)の方が、禁欲的抑圧的規律も”国が生き残るためのいちおうの合理性があった”合理的理由のある引きで力を溜めて、これを(弓矢のように)”そこだ!”の合図で一気に放つような構造にあったワケ。
戦後の『共同幻想』崩壊ってのは、勿論GHQの占領政策なワケだけど(読売のナベツネからがCIA説あったぐらいじゃんよ《勿論巨人軍や力道山他、、、個人的に俺はジャニーズも六本木の米軍関係のアレだと見てます》)、彼らは戦前の『共同幻想』を作為的に(米国の文明と引き換えに)崩壊させることを考えました(アメリカンナイズドで壊れる伝統←標語にするとこんな感じ)
 ↓
戦後の「自由恋愛幻想」ってのは、まあ欧米以上にチープなパチモンで、、、
■(重要事項ですが)御存知ですか?
「ちびまる子ちゃん」原作者のさくらももこさんの実家は家庭崩壊に近い荒れた家で、祖父友三のモデルとなった人物も暴力的な男じゃなかったかな、
「ちびまる子ちゃん」とは、そんなさくらももこ氏が子供時代だかに想像した”理想の家族幻想”をモデルにした作品です。


つまり、あなたが今感じている喪失感とは、
(ホールから羽モノや権利モノ無くなって失望したパチンカーじゃなくてww)
実はその当時も「そこまで思っていなかった、今現在を堕とすがための、the ノスタルジーカードであり、現実ではありません」→【その落ち込みはフェイクだ、その猿芝居に騙されるな】

→続きを読む

posted by kagewari at 02:04 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0