2022年03月07日

「メディアの横並びナントカ」臨床系が心理学を構造的に理解できない件を交えて

大手メディアの中に左翼活動家工作員みたいな人が入り込んでるのは事実だと思いますが、
決して多数派ではないでしょう(東〇新聞ですら)、
なのにそっちに引っ張られる背景は「歩留り」『共同幻想』社会適応者が(悪く言えば)イジメ事案の傍観者達であるからです(一義的に偽装適応することを優先させていますから、そこに悪意は無いんですが《本音を意識的に「抑圧」することで”そうですねって合わせてるのであり”》)。

■この現象は地方ローカル『共同幻想』が”一部崩れによりリードされてしまう”現象と同じです。
にも関わらず、選挙制度上(一票の格差)都会の有権者より大きな権利を持つ地方有権者が存在する状態が恒常的になっているにも関わらず、政権選択や結果として政府の政策が「歩留り」を意識した中道路線なのは、そんな「歩留り」階層が現在の多数派であることは機知の事実であり、
更に細かいこと言うと、
地域の首長選や地方議会では利権的な崩れ系候補が強いにも関わらず、政権交代は起きない現象をよく表してもいると思います(国政選挙では本気出す)。

同じマスメディアでも『住まいの心理学』ブログに貼ったようなテレビ東京webの豊島記者のレポート動画のように事実上”組織では無く記者個人に任せられているようなコンテンツ”だと(彼らも突然本気出しますから)、驚くほど報道価値が高くなる。


■つまり大手メディアほど主体的意見(言えばジャーナリスト各人の本音)を持っておらず、
心理学的にこれを説明すると、『自意識』(本音)を「抑圧」するタイプの人が多く勤務していることを指し、当然背景に高学歴志向と大人しく受験勉強なんてする人格ですから(同調圧力に弱い)、あえて自分の意見を異論として発言する人格が多いとは言えない背景もある。
※これ公務員の福祉関係職員の傾向だとか、大人しく医学部からの精神科や臨床系に進む人格タイプの傾向にも言えることで(そもそも高い学費ってのが”誰か個人か政策支援”を前提にするでしょ)→『単独者』(異論も構わず自分の意見派)が市井の平均値より低いんです。
 ↑
フロイト心理学ってのは、上記のような分析ができちゃうことになりますので、「そこネタバレするとヤバい当事者には理解できないことになってます」(脳のリミッターが拒絶するみたいに:「あーあー聞こえない聞こえない」状態)

前段説明のとおりで、
現代社会は「歩留り」階層社会であり(正体は『共同幻想』”非適応・個性派”《本音は適応拒否という見方もできるかな》)、=『共同幻想』社会適応人格崩壊時代、
更に言えば→「潜在的に『単独者』の激増も推定される時代」です。
(僕はこの若い『単独者』達の存在が”ゆとり世代”の枠組みの中に多数存在している気がします)
 ↓
裏からの内部告発的に(表向きは適応偽装で大人しくしているため)
「ブラック企業、パワハラ、セクハラ、モラハラ、アルハラ、、、、」様々な形で『共同幻想』社会適応系の常識は”次々に違法”と認定され、
ガバナンスであり、コンプライアンスという形で大企業にはその徹底(『共同幻想』の論理を違法認定すること)が求められている。

●その社会的転機は「プライバシー保護法」の施行です
(ようやく組織では無く憲法にも記載されている”個人としての権利”が守られる時代に文明が辿り着いた)

→続きを読む

posted by kagewari at 18:29 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(女性は愛する人の子供だから育てられる?「設定に無い話されても、、」)

女性は愛する人の子供だから育てられる?さん
>>今回の設定に登場するような夫婦は「ロクな親にならないでしょう」強姦犯を施設に預けた夫婦のことですか?
俺も強姦犯の子供を中絶するなら仕方ないと思います。ただ旦那の子供かもしれないと産んどいて強姦犯の子供だから育てられないと棄てるのが無責任だなと(その可能性も考えて中絶の選択をしないのか)。現在は男性の給料だけでは厳しいから共働きの女性も多いですよ。仕事したい男性は妻に任せきりにできるけど、仕事したい女性だけが出産で辞める状況も不公平ですよね。は子供は女性だけが育てるとの風潮をなくした方が良いかと


まず補足原稿二本あげてますが、お読みになりました?
https://kagewari.seesaa.net/article/485879749.html
https://kagewari.seesaa.net/article/485882363.html

(参考になるかはわからないけどさ)

ということで本文ですが、
■いやいや(どうやったらそう読めるのかな)
愛する彼氏がーとか、なんかよかったとか言ってる女の話です
(ロクな親にはならんとかって話は)

なので強姦がどうとかどうでもいいから
(そもそもこの話は、愛する人のいるキャリアウーマンでも産む産まないは女性の選択で、子種が誰とか関係無いことが論証されてるから《強姦話をこの命題にもってくる意味は無い》)
それから、(それとは関係無く)子供を施設に預けるのは言うほど問題では無いと思うぞ(児相の施設が群れでの管理をやらかしてるのは【別問題】)、
原則「親は無くても子は育つ」から、
●もう一点補足すると、稀にいる『単独者』系の子供が(親の人格はさておき)年少児から個人VS個人の関係を構築するので(大人同士の関係と同じ)、戸籍上の親であることは認識するが、いかにも”家幻想”におけるキャストとしての親とは思わないから(そういう役名であることを理解してる)。←逆説的に言えば、自立の早い子は親と同居していても(1人の個人として認めてるから)”いかにもな親ガー”とか思わない(つまり親と同居していても「親はなくても子は育つ」が成立する)。
 ↓
<WW2後ロシア兵に強姦されまくったドイツ人女性の話をしたように、産みたくないなら堕胎しても何ら問題無いと思うけど《そういう事情があるんだから》←俺は米国のキリスト教保守派ではないからね>

それから何を言いたいのかよくわからないんだけど、
私の(現行政府内でも論議されている)シングルマザー論は、子供手当だけの所得で働かなくても十分な所得を支給すべきだという(ベーシックインカムに似た)将来行われるであろう政策を前提にしており(フランスなどが既にそうで少子化を解決した国として政府内部でも参考にしている筈だから)、
「所得がどうどか関係が無いから」
※そういう意味で私は「プロのシングルマザー専業主婦」の台頭も予測している
 ↓
また、現代ミニマリストの台頭含め「あえてド・貧乏選択、使える福祉政策知見のプロ」みたいな生き様があっても全然OKだと思ってます(youtubeだけでなく学術論文まで無料で閲覧できる時代にド貧乏で何か困るの?)。生活保護をゲットできれば最強かもだが、
まあいずれにしても子供に金がかかるとか、今時「高学歴志向でもあるまいし」(少子化でどこの大学もAO入試で総四流化するなかで)そんなん半分親の見栄だろ?
ガキにとって「進撃が好きか、鬼滅が好きか」みたいな重大論議に関係無いだろ。

■「金が欲しい奴(現代でも所得インセンティブの効果が及んじゃってる個人)は働けばいい」
それだけの話です。
(近代のような貧困が飢え死にに直結しちゃう時代じゃないから、貧乏の概念そのものが違う)

→続きを読む

posted by kagewari at 16:37 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ウクライナ情勢」いよいよ大詰めのようです(ロシアほぼほぼ勝利宣言)

ゼレンスキー自らSNSでNATOがロシアの空軍止めてくれないと詰みだと発信
その数時間前にロシア当局者ウクライナ軍75%壊滅、主要な軍事説の非武装化完了の発表
(篠原情報によると、現在ロシア政府専用機が米国向かっているとのこと)
こちらも篠原情報のロシア軍系シンクタンクのリーク情報「作戦期間は2週間」おおよそピッタリでしたね(まだ終わって無いけど)。


それから昨日上げた動画紹介記事のここ↓
(”もぎせか”解説動画3きましたよ(実にわかりやすい)
>ゼレンスキーが「話と違う」と理解してくれれば、初めての彼の独断で停戦となるかもしれません(しかしそんなことを俄かに発言すれば身内に撃たれてしまうんじゃないかな、、)。

一部あたってたようですね、
最初のロシアとの停戦交渉担当者が帰国後射殺されていたんですと、
(さしずめ会議で早期停戦講和を訴えて、切れた国家親衛隊のネオナチ幹部にその場で射殺されたんでしょう)
JUST IN:ウクライナの和平交渉担当者が、ロシアのスパイだったとの理由で射殺される(dailymail)
http://totalnewsjp.com/2022/03/06/russia-57/

そら目の前でインテリジェンス関係の人物射殺されるんじゃ、
ゼレンスキーも怖くて言われるがままだわな、、、。



posted by kagewari at 04:00 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(女性は愛する人の子供だから育てられる?さんへもう一点補足)

『共同幻想』論のオマケ
本文で少し書いたかなと思いますが、
だから保守派(所謂「結婚制度」などの伝統を紡いできた階層)は「不純異性交遊」だけでなく、「暴力性のあるゲームがー」だとか「俗悪番組がー」とか「不適切エロ漫画がー」とか、そもそも法律でR12、R15、R18、R20、酒たばこ(これ全て快感原則に関係する品々)禁止他、
 ↓
絵的にはPTAの教育ママがキーっと禁止ーー!ってな感じ
昔は確信犯的再選択者では無い、オツムの足りなそうな社会適応系保守の政治家が知りもしないでゲームや漫画を禁止してみたりね、
そういう風物詩みたいなのありましたが、
●構造はシンプルです
「酒もたばこも女もパチンコもそれを許可するのは”適応者社会内部の権威”であり、」
「言うことを聞けば、縁談から飲み会から仕事帰りの付き合いから”オマエにも斡旋してやるぞ”」
(半面言う事聞かない場合は?子供時代に誰に支配されていたのか忘れたのか?)
(ド・体育会系でもこういうことを専ら”先輩”が斡旋体験させるでしょ)
現世利益の管理・誘導・分配の権限(欧米保守派家庭の晩餐で家父長が食事を取り分ける図)これが近代『共同幻想』権威性・権力の原動力です
 ↑
実はもうこの図柄が『共同幻想』崩壊始まっていて劣化後の様子です
(欧州におけるルターの宗教改革の契機ともなった教会権力の免罪符販売マルチまがい商法も似たような劣化です。)

そのまた昔は市井の民は文字も読めず、
神の怒りが、神の許しがってオカルト話を真面目に信じていたので、前述のようなベタな現世利益誘導のみっとも無いインセンティブ劇を見ることもなかった。
(これ現代でも「財務省と補助金目立ての行政や企業や政治家の姿」にも表れてますけどね)

<<<この構図が、裏コードとして>>>

承認不安や適応強迫に陥った自我にとって、
”適応者にならなければ人として終わりなんだ”みたいな倒錯した意味不明の不安の背景になってんですよ(いやいやそもそもがルターのプロテスト《反抗》じゃないけども、それは劣化した『共同幻想』社会の構造とエディプスコンプレックスの合作で、【妄想だから】)。
→そこで、平成あたりの家庭内暴力や引きこもり時代の到来となる(言えばこれも「勘違い」を発端としてんです→現代では”非適応・個性派”が期待されてるんですから)

●「歩留まり」台頭の証明として(昭和末期の私の世代はガンダムの影響で”ニュータイプ”や「新人類」と呼ばれてました)、
ここまでの話の現世利益(とりわけ狭義の性欲チラつかせて)インセンティブを根底から覆す、「30歳まで童貞守ると魔法が使えるようになる」って大どんでん返しなブラックジョークに繋がるんです。
 ↑
更に旧ド『共同幻想』世代のトンデモと比較するとわかりやすい
(都知事に立候補した左翼ジャーナリストのTさんの「処女だと病気だと思われるよ」な台詞で有名になったセクハラ事件←旧世代がどういうトンチンカンな妄想もっていたのかがよくわかる)

(適応者では無く、真正の)確信犯的保守の弁護をするなら
本当の伝統保守時代はそんな現世利益な利益誘導で釣るみたいな劣化は無かった、
そういう劣化(”崩れ”)こそ唾棄すべき悪徳である(伝統保守はいい悪い言ってナンボですからね)※実は正体『単独者』である、確信犯的保守再選択者は未来にもコアな少数派として残り続けます(文化伝統の担い手として)

その後オタク評論家などの台頭や、自民党麻生閣下が漫画オタクであることや、日本の漫画アニメが(現代の浮世絵)世界に誇るサブカルであると認知されるに従い、
昭和後期から平成などにキーっとなってた適応者保守権威者が軒並み”単なるアホ”であることを露呈し、「家庭内暴力や引きこもり」という流れが「ニートやオタク」のような少しライトな階層に浮上し(それだけナンセンスなコンプレックスが広範に解体された意)、現代のおひとり様やミニマリストに繋がる現世利益的なインセンティブそのものに対する反抗みたいなアプローチも出てきたんです。
(TV持ってないとか新聞読まないのも同じ流れ、「現代SEXレス夫婦も同じく」)

→続きを読む

posted by kagewari at 01:28 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0