2022年03月01日

WW2前後の歴史を知らない人へ(ウクライナ考える前提的に「そして速報」)

<追記と言うか冒頭中段に3/2書き足し>

詳細な話はするつもりないけど、
(※興味ある人は右派政治サイトCGSの「大東亜戦争の真実」シリーズ参照)
チャンネルはこちら:https://www.youtube.com/user/ChGrandStrategy/videos
俺は歴史の解釈として、林千勝氏の解釈が全て妥当だとは思っていないけど、
彼は国会図書館他英国現地取材含めて、膨大な公文書などをあたる中で当時の動向を掘り起こしていて(歴史に100%のエビデンスなんて無いけれど)、米国のヴェノナ文書(開戦前後の米国諜報情報の開示)などともその話の大枠には整合性がある

日露戦争の流れから見れば、日本が最も恐れる仮想敵はロシアであり米国である筈が無い。
そもそも日露戦争ですら(当時の日本海軍艦艇が維新由来ってか英国製であることからもわかるように)英国の思惑もあった。
そもそも日本が満州を抑えたのは「ロシアの南下と朝鮮半島ルートの侵攻を恐れて」であり(この時は満州に油田があったとか都市伝説みたいなものだった)、中国の国民党と戦争するためとか”あり得ない方向性”で(少なくともロシアを無視して南下しようなんて冗談みたいな話《その頃は米国と友好関係だったし》)、
ましてや、この満州の権益をめぐって米国と対立し(そのきっかけは満州鉄道の開発を米国ウォール街の話に乗らなかったからとも言われている《ちなみに日露戦争の金はウォール街から借りてる》)、
「米国と戦争になる」とかどうしてそうなったって話
 ↑
■当時ヒロヒト陛下はディズニーのドナルドの安物腕時計がお気に入りで、
ルーズベルトと個人的書簡を交換するほど仲が良かった、

それが?ほぼ開戦を避けられない状態にした「近衛文麿内閣(藤原五摂家のサラブレッドで、この人下手すると陛下より自分のが偉いと思っていた節がある)」の中にはゾルゲと通じる級の共産主義者がゴロゴロ跋扈しており(補佐官が朝〇新聞のスパイで後に逮捕されるなど)、当時の朝〇新聞は連日「アメリカがー、鬼畜米英ガー!!」戦争煽っていた、
【いや、全然チゲーだろ、、、アホが考えても当時の仮想敵はロシアじゃなかったの?】
どうしてこうなったって流れの中、
唐突に米国交渉団の工作員がハルノート最後通牒みたいな話にもっていき(ホワイトハウスが知ってからしらずか)、
日本も日本で「えっ?」とか言ってる間もなく、「陛下、真珠湾攻撃を(聞いて無いから、、)!」
あれ?なんのために関東軍が(ロマノフ王朝倒してロシアを弱体化させるため)ボルシェビキの共産党革命を支援したと思ってんだ、、(その中に共産党は敵じゃないってミイラとりがミイラもいたけど)
共産革命成功した後、急速に(仮想敵は変わらない筈が)日ソ不可侵条約で米国と戦争するぞって「御冗談を」って話に転じる。

<確かに>

日本の仮想敵がロシアで、資金をジェイコブ・シフ(ロスチャイ〇ド系、ヘッジファンド及びシティバンク幹部)から借りて日露戦争したようなものだから(当時の軍艦は英国製)誰かの代理にロマノフ王朝と戦って、誰かの都合のいいように10月革命支援して、誰かの都合のいいように中国国民党の戦争に巻き込まれ、日中国交回復時に田中角栄は毛沢東に「帝国陸軍が国民党を叩いてくれたおかげで中国は共産党のものになりました」と感謝されるんだが《双方の戦争に日本軍が勝利してしまうのは、たぶん彼らも想定外》。
(関東軍が南下するキッカケは「通州事件」という日本人移民に対する残虐行為で《自分でやったこの事件を元ネタに中国共産党は南京大虐殺のシナリオあ書いた》、そのまんま偽旗作戦でさ、、国民党の軍服着た中国共産党軍がこれをやったのね。「朝〇新聞などがこの事件を大々的に報道し」世論を煽る中、これを救助するため関東軍は南下し”国民党”との泥沼の戦いに引きずり込まれる←「ウクライナ紛争とよく似ているでしょ」)
今度はそんな日本が邪魔になり《想定外に戦争勝ったりするし》、米国をぶつけることにするんだけどね。


■そういうオカシナことが、今回のウクライナ紛争、とりわけその報道と煽られ形成される世論にあるってことさ(コロナのプロパガンダで鍛えられたのか知らんけど)
 ↑
今回の場合、「満州で日本軍を”南方へ”おびき出す」みたいな構図が、
ウクライナ・ドンバス地方であったため(この場合関東軍に相当するのがロシア軍、「残虐行為で挑発し、それを救助にいく軍」の絵まで同じ)
挑発にのってノコノコ出て行けば、マヌケなのはロシア軍って構図は「みんな知っていたのね」
だから、「いやいやプーチンはそういうバカでは無いから」前提に先を読んでいた。
 ↓
ところが、プーチンはおびき出されるどころかキエフまで攻撃したワケ、
(おびき出されたのではなく「俺は自分で(侵攻)決めたから」とでも言うように)
そこで各人考えてるのさ、
「何が起きてるんだ?」と、

昔ながらの戦争煽る陰謀系のみなさんは「いやーい引っかかったプーチンのバーカ!」なノリだけど、
(そういうバカは放置するとして)

→続きを読む

posted by kagewari at 15:28 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(発達側からも言いたいさん「情報提供ありがとうございます」)

発達側からも言いたいさん
(なんせTVが無いので私は直接番組を観られないものですから)
>NHKの実態はともかく、同局ではカサンドラの人の特集もされてました。(自己中、歩み寄らない、自分では何もできないなど、発達夫で苦労してる定型妻さんも理解してます)「でも健常者側にも間違った部分もある。健常者が正しいと思い込むのではなく、お互いに自分の非は認める必要がある。また発達障害側と健常者側の価値観の違いでの誤解も多く、どちらが悪いわけでもないからお互いが価値観をすり合わせる必要がある」。定型発達症候群はそんなニュアンスも含まれてます。

●私のスタンスは「そもそも誰もどこにも病的障害など無い」なんですけどね
(この場合”病気の概念”を感染症であるとか炎症であるとかアレルギーでも遺伝病でもいいけど、何らかの要因により異変が観測できる状況として見た場合です。また社会福祉などの受給条件でいうところの疾病が無いの意味では【ありません】、概念として違うでしょの意です。)
 ↓
まずさ、人類ヒト科ってカテゴリが哺乳類として(その何倍も)弩級だから、、
(これほど高度に言語を話す哺乳類他にいますか?これだけ高度な言語体系でロジカルな自我を構成する場合、、そこいら辺はともかく)
●私は直接TVコンテンツを観られないので情報提供ありがとうございます。

また、私は過去ログに各所記載のとおりで、
■そういう状況を「ナントカ障害」とか言うならば、「一体何の概念か知りませんが、自分を”健常者”などという謎の概念の人物だと思い込んでいる人も負けず劣らずだ(下手するとそれ以上だ)」と考えており、
(下手すると、ナントカ障害なんて人より重度だというのは、これ「真面目に言ってんです」)
ナントカ障害診断されてる人も、自称健常者とか言っちゃう人を本当は自分より重度の人かも知れないって視点で見てあげてねの意味もある。←マジに言ってます)
NHKはまず”健常者”の概念を説明するべきで、
(これね一歩間違うとさ、ナチスの優生思想と同じじゃん。なぜ”健常者”だかなんだか知らない概念を前提に《彼らは専門的知見も無く》”障害者”を語るのかと《しかもだいたい登場する専門家は臨床系だけという偏りっぷり》←臨床系=フロイト心理学の知識が全く無い人がほとんどですから)
 ↑
その意図が怪しいと考えているんです
(昨日はBLMと朝鮮人差別でしたが、今日は障害者をネタに「9時からNHKリベラル祭り」はーじまるよー《予告編「明日はネトウヨは病気ですか?エコーチェンバーって何?」♪》、、、みたいなさ)

■そもそも心理学的に言えば
現代のナントカ障害症例は『共同幻想』崩壊プロセスの社会現象の要素がデカイ訳で、
【個人だけの問題ではありません】
(なので、家庭内暴力→引きこもり→ニート→パラサイト→オタク→、、、、などなど社会情勢に応じて状況や呼称も変遷している。2chでアスペなどという表現が出たり、メンヘラなんとかが慣用句になったりの背景には、社会的に心療内科医院が増加とかも関係しているのだろうし《これは社会の受け止めも時代の変遷に応じて変化してるって意味であり》)
”社会ナントカ”って言うのであれば、尚更双方の関係性で起きてることで(或いは社会と個人)「非婚化・晩婚化は病気なんですか?」

関係する一例あげると、
文科省のゆとり教育にあったように、既に現代は個性化教育が求められており、
社会適応なんて古い時代の話はメインでは無いのね。
この場合どっから考えても、義務教育課程でも大学における開放系キャンパスのような履修形態や「非クラス・オープン化」など試行するのが【本来のあたりまえ】なの、
ところが(日教組が反対してんのか賛成してんのか知らんけど)
未だにクラス(階級)編成を続けている(刑事事件級のイジメ案件が起きるのは自明だよね?)
なので、昨今の学校におけるイジメ自殺などの事件は、文科省の殺人だと思ってます。
●「ブラック企業のパワハラ・セクハラ自殺」と筋読みした場合の運営主体は?
(学校なら文科省です《教育員会って切り口もあると思うけど》)
 ↑
電通の時とかさ、社長辞任しなかったっけ?
(何故教育委員長や文科省の次官は辞職しないの?)
 ↑
そういうビヘイビア抜きに、「個人の問題として何とかしようとする人いるじゃん」
電通パワハラ事件だっけ?これをさ自殺した個人と上司の個人的問題とか言う人いる?
(第三者委員会が調査するのはもっぱら組織としての責任だよね?「オタクの会社のコンプライアンスはどうなってますか」)
「着想として、どえらい勘違いが横行してる」と思っていてね、
(どうして学校のイジメ事件だと、コンプライアンスやガバナンスの話が一切出てこないのかしら)
そういう勘違いを助長してる張本人のひとりがNHKだと思っているのですよ。

→続きを読む

posted by kagewari at 05:42 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウクライナ紛争の新たな視点(本当の狙いはベラルーシへの核配備だったのか?)

●「ほらね」って話が速攻出てきたので
末尾にニュース動画追記編集で貼っておきました(3/1)

<今回飛ばし記事みたいな内容だから(てか刻々と状況変わるのでいちいち確認していたら何も書けないからさ)「話半分で読んでくれ」>

ドンバス地方への進出だけなら”動機もわかりやすい””読みやすい”
しかし「えらい少ない戦力で、中途半端にキエフを包囲」してみたり(これ包囲にもなっていないと思う)、防空施設への攻撃といって全土的に散発ミサイル攻撃をしてみたり(実は戦術的にこれも不自然、何故なら防空施設への攻撃は「その後大規模空爆を行うため」だからだ→大規模空爆など今のところ予定も無い)→せいぜいが空挺部隊の輸送機離発着程度で、この戦力も空港抑える程度で、いちおうキエフ包囲に参加してる形らしいが(北部からの機甲部隊待ち)「冗談みたいに数が少ない(必要数の10分の1以下レベルでしょう)」←そこで、キエフはプロレスじゃないのか?なんて書いたんだけどさ、、。

※本当の戦略目標は他にあるのじゃないかと、

●まだ中間段階なんだけど、カザフスタンなどからの流れを見て
(これ冗談抜きに、米国のイラク攻撃の時の「大量破壊兵器が」って、動きに似てるような)
噂のカザフの生物化学兵器ってのも、それは管轄が米軍だとしても(政変の時には利権政治家なり、軍人が《正規軍がオフィシャルにではなく》個人的に守備していたって事だから)その国の政治体制によっては近隣諸国としては面白くないと言うか怖い(武漢のコロナとか)。
【これ今回もって意味では無いんだが、】
類似する着想として、ウクライナから旧ソ連の軍事技術が北朝鮮と中国にダダ洩れだった件がある
 ↑
非常に複雑な話になるけれど、
(欧州向け天然ガスも抜き取ってネコババする国だよ?←独逸などで大問題になったりした)
ロシアとしても、ウクライナはNATOに入ってくれた方が安心なんだわ、
だって、兵器体系が欧米式になるだろ?(しかも価格も高価なので《高度な戦闘を想定しなくてもいいウクライナにとっては》5.56oNATO使ってくれた方がひょっとすると軍事力低下する)

もう一点、実はウクライナは(前述のガス泥棒だけでなく、EU加盟基準のプライマリーバランスを達成しておらず《そうしないとユーロの貨幣価値が棄損されるのさ》)EUの側から無理って言われてたのね(それを可能とするには大増税できる強い政権がまず必要だ←まあEUの基準ってもたいがいなんだが)、
と こ ろ が
この世界のロシアガーみたいな流れの中で、
●欧州議会が「ウクライナのEU加盟を絶賛応援します」に180度方針転換した、、、。
●また、今回の首都防衛で支持率25%前後しかなくヘロヘロだったゼレンスキーは大きく株を上げそうだ。
【ひょっとする一番得するのは、ウクライナでありゼレンスキーって事にもなり兼ねず←その内容は十分ロシアにも黙認できる範囲である】
 ↑↓
いやいやロシアはウクライナNATO入りを容認できないと言ってなかったか?
なんだけどさ、
【ちょっと待ってくれ】
それは「今のゼレンスキーが」、「ロシア軍事侵攻前のウクライナが」って話だろ?
(経済制裁を簡単に緩めるとも思えないから=ウクライナのガス会社オリガルヒ利権も飛ぶ)
ロシア人居住区に何してくるかわからないネオナチはロシア軍が掃討しているし、
仮に今後ウクライナがNATO加盟しても、戦術核ミサイルを配備なんて流石にそういう話にならんだろう(なったとしてもウクライナと核シェアみたいな話にはしないだろ《ロシアの反応怖くて》)

な ぜ な ら

今回の欧米の制裁を受け、
■プーチンが「NATOが敵対的なので核部隊に特別待機命令を出した」と言ってるぐらいだから(それは将来ウクライナにトンデモ政権できた程度の事由だけで、欧州核戦争になるとか冗談じゃないだろうし)。

■更にどさくさ紛れに「ベラルーシが中立的立場の憲法を改正し、ロシアの戦術核配備をOKとした」
(これで喜び勇んでいたポーランドのイージスアショアも無力化されるんではないかい、、大枚はたいて米国から買ったイージスがさ、、、《目の鼻の先に短距離戦術核とか←しかもロシアの最新式は極超音速化されている可能性すらある》)
 ↑
プーチン本当の狙いはここか?
(中国との関係見据えて米国が中距離核条約を破棄した時から考えていたと思う)

→続きを読む

posted by kagewari at 01:39 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0