2022年02月28日

リクエスト関連(もふまふさん「回答求める意図が無いのは理解した上で」)

もふまふさん即日連投NGなのご存じの上で
回答求めないカンパいただいたのは理解しているんですが、若干(そこがズレるとヤバいよって)気になるところあったので補足しておきます
(※規定にしたがい文面の引用はそのままさせていただきます)
>なるほど。国営放送がこれでは終わりですね。カサンドラになる人は優しい人が多いから自分を責めちゃう傾向にありますね。私もそれに気づいて離婚しました。仰るように発達障害者は社会に出たり、社会に適応している人達とは関わるべきではないと思います。棲み分け必要です。発達障害側も強迫心理にとらわれてるんですね。そのために周囲がその尻拭いとなるので迷惑な話ですが。答えてくださってありがとうございました。

【優しい】なる概念は何って話は(長くなるので)さておき、
殊更にそういう意図は無いことわかるんですが、微妙に危ういところあるので補足させてください

まず「社会適応」とはなんぞやの過去記事ありますから以下を読んでください
素朴なアレだけど「社会適応」論を勘違いしていませんか?
https://kagewari.seesaa.net/article/485620970.html
<一部引用>
『共同幻想』適応者を足場に持つ臨床系が何言ってるのか知りませんが、
【社会適応が正常とかそういうトンデモ話は心理学には”無い”】
「社会適応」なんて話をしている人が想定している社会って何のことかね?
広義で言えばさ、
道路の信号の意味理解しているとか、切符を買うのに困らないだの、改札を通れますよとか、飛行機乗る時の検査の意味を理解しているとか、レジでお金を払うんですよとか、そういうこってしょ。
日本国民としての基礎的社会との適応、
●まさか昭和の星野監督率いるトンデモ『共同幻想』社会(現代ではブラック企業)への適応みたいなイメージでは無いよね?
少なくとも、先進国では”イジメ問題”や”ハラスメント”引き起こす社会は「コンプライアンス上社会として失格」ですから、そんな社会に適応したらむしろ病気だろ(笑

■ちょっとわかり難いかな(比喩的に言えばなんですが)
スティーブン・スピルバーグもトム・クルーズも確か学習障害です、
でね、勿論そこどういうことか理解が無いと彼らもナントカ障害の枠になる。
しかし、彼らの作品は「社会的に認知」されてますよね?(適応してなくても、「適応者はスピルバーグやトム・クルーズの作品を観ない」なんて話を聞いたこと無いし)
経済社会も社会なワケで、
この現代社会を自ら生活する環境としてよっぽど誤解していなければOKなんです
(電車を怪物と錯覚しないなど)

”家幻想”やその末端にある「恋愛幻想(実はこれもパチモンです)」
この辺の妙な部活のノリみたいなのに合わせる、合わせられないってのは個人の趣味であって、
(仮に合わせる《洗脳適応》されるのが”当たり前だ”となれば《臨床なら》病気なの)
基本的には(電車も乗れれば通貨が円であることも理解しており社会常識には適応してますので)何ら問題無いワケ。
●むしろ文科省が個性化教育に舵を切っていらい「”そういう意味の”非適応個性化」が推進されてます(そのカオスの中から異能のアイデアも出てくると)。


多分ね、これ系の話を聞き慣れてないと相当誤解も起きると思うんだけど、
あなたも私もみなさんも(そんな理論的根拠のある)フロイト心理学の受益者なの。
そもそもケインズ経済学のアイデアはフロイト心理学なのね(当時は広範の人文系に影響力を与えたから)、公共投資などの分配政策を思いつかずに、古典派みたいなことしかできなければ日本は先進国になれていないの。
そういう意味では間接的にだが、現代人は全員心理学の世話になってんの。


■たぶんもふまふさんは「事案の発生プロセス」で見落としていることがある
事程左様に(前段読んでいただければわかるように)
”特定社会の論理に適応(自分の意思では無く組織の論理を上位に置く)”する必要性も合理性も現代社会にはありません(DQNや暴走族じゃあるまいし)。
ベーシックに言えば、”非適応個性派”でOKなの
(実は社会統計上もそうなってます、現代社会は”非適応個性派”のが多数です)
ですから、本来「強迫心理」が原因で動機形成のプロセスが非統合な自我は(ナントカ障害とか言われる人)「まず、”非適応個性化”社会の中で様々な知見に触れる」のがベターなんです。
※国連WHOなどの勧告における「開放治療推進と、精神病院廃止」の論旨も同じ

と こ ろ が その強迫のネタがさ「承認欲求強迫」だったりするじゃん「適応強迫」とか、
するとどうなるかって、
”特定社会の論理”に参加しなければいけないと”強迫的に思い込み”、、、
(もうわかりますよね?)
この単語も誤解されるかもだけど<人文的意味ね>ナントカ障害最大の病理性はそこにある
「俺は個性派だからと、現代人比較多数の単独行動派をベースにする」ところからでOKなのに、
家族関係をこじらせてみたり、まだ若いのに結婚したりしようするワケ(若いのに結婚と言えばもう近代の”家幻想”との関連考えないといけないじゃん)、
その動機が”何かに追い詰められ、失敗したら命は無いぞ”みたいな無意識に駆られているんだから、各所でトラブルになるし(だって”当該人物の本音じゃないんだもの”→素で考えてもトラブルになるのは必然”合理性の無い無意識由来の本音じゃない強迫的行動が連発してるのだから”)、
 ↑
そもそもは「いやいや適応とかしなくてもいいから」なんだわ、
(現代ではそういう意味の適応必要ネーし)
 ↑
しかしこの「強迫心理」の構造は、近代の「社会適応」の構造と基本的に同じなの。
だから、ナントカ障害の人が(本音では無く強迫的に)”社会適応系特定社会”にフラフラ近づくと、”社会適応系人格は”仲間なのねと高い確率で勘違いします。
(優しくナントカってのはこの勘違いも含まれてくるのさ)
●で、前記事で書いたように「強迫心理」でナントカ障害の人が?→”社会適応系の人に”優しく受け入れられると?→(取り巻きを得て)症状悪化するんだわ。

●もうちょっと補足すると「強迫心理」と、オンザレールな”特定社会への適応”の違いは、
「だよね、そうだよね」同調圧力音頭のノリに合わせられるか否かなんだわ、
(極論『共同幻想』の中身は問わない:インド北西諸島首狩り族の常識に適応しても”社会適応”)
 ↑
で、”特定社会への適応”簡単に言うと何?って→【ブラスバンド部の演奏】です
(共有、共通の譜面を、リズムを合わせて協調して演奏でしょ)
しかしさ「合わせるべきだと思ってる譜面違ったらどうなる?」

これに対し現代の”非社会適応個性派”時代って何かって、
「最低でもオリジナル楽曲のバンド演奏」なんだわ(間違っても集団で昔のすり切れた譜面をありがたがって演奏しない)
※『単独者』ってのは、ブラスバンドのソリストって考え方もあるけど、個人で好き勝手に音楽やっている人のことね(ボーカロイドとかの作曲やってる人が典型かな)、昔で言えばJAZZの即興演奏、

■昔はさ、貧乏で楽器触ったこと少ない人も多数ジャン、
だから【ブラスバンドの合奏】みたいなんで、すごいインセンティブあるの。
(みんなで《自由とかではなく》誰かの指示に合わせて《自由を制限して》適応しても、大きな感動がある)
しかし、多数の人が子供時代からピノア習うとかの先進国では、
小学生でもクラシック作曲家の誰それはどうだからとか評論できる時代です。
(譜面みてもあーラフマニノフねって:社会適応インセンティブがもう壊れているの)
 ↓
自分のやりたい音楽やる時代へ(=”非社会適応個性派”の台頭)
(※こういう症例でよくある「やりたいことがみつからない」ってそりゃそうだって話、自分の自由意志《『自意識』》「抑圧」して、強迫的思考に駆られていれば、自分の本音を認識・自覚できなくなるじゃん。)

→続きを読む

posted by kagewari at 17:40 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

”陰謀論”系の話になれば(ロシアの背景)

ハザール人からの偽ユダヤの話に及ぶ。
なんかアルメニアに古代キリスト教徒が残されているのと関係してんじゃなかったかな(どうしてあんな土地に原始キリスト教徒がいるのと思った人いるかもだけど)。何れにしてもイスラム帝国なんかの時にこの辺どどーっとイスラム教徒になるんだが(所謂アゼルバイジャンからウイグルに連なる古代トルコ人の系譜)、
オスマントルコ帝国の時だったかな(間違えたらゴメン)、
「俺達も一神教でハクつけないとやられる」とかで、”同じようにその辺にいたハザール王国は”勝手にユダヤ教徒を自称したんだわ(ユダヤ教の教義上《厳密に言えばユダヤ人以外はユダヤ教徒になれないとかなのね←日本人でユダヤ教徒になった人もいるので例外事項はあるようだけど》、転じて基本的にユダヤ教徒は=ユダヤ人となる)、

※参考テキスト
元ソ連外交官が語る「ロシア−ユダヤ闘争史」の全貌
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhb500.html

でね、ラテン系ユダヤとも呼ばれる(中東出身の本物のユダヤ人)セファルディは主として保守系シオニストであり、イスラエル独立の前後では(当時シオニストの敵は中東に権益のある英国だったため)英国大使館にテロ攻撃とかしていたころは、ナチス独逸と協力したこともあった筈なんだよね(切手評論家のあの人の解説動画で観た気がする)。
そこで、前述のテキストに戻るけど、

●ナチスからポーランドからソ連まで
弾圧追放されたユ〇ヤ人はアシュケナージで、所謂イスラエルのシオニストの中核セファルディとは下手すると(てか俗説では下手しなくても)人種が違うんだよね。
更に、今回ウクライナのコロモエスキーのようなオリガルヒと(イスラエル国籍持ってることから、シオニストのアシュケナージ)、米国ウォール街世俗派ネオコンのユ〇ヤ人は場合によると敵対することもある。
コロモエスキーがネオナチに抵抗無いのも思想的にシオニストだからなのかもしれない。
で、ネオコンは彼をロシアを挑発する鉄砲玉的に支援するが、心情的にその後ロシア軍に殺されそうが”オリガルヒのことなど知った事ではない”のじゃないかしら。

更に、何故に彼らが「グローバリスト」言われるのかって、、
国を持たないディアスポラだったからで(好きでそうなったのでは無い)
もぎせかのゲストに登場した古代日本都市伝説系の作家さんだったかな、
類する話は(某新興宗教系ニュースの及川さんもそうだけど)現代の元外資金融系勤務経験ある人から聞かれる実話なのね。
現在でもヘッジファンドなどのユ〇ヤ人は、会社国とは別の「彼ら特有の国際的情報網を持っていて(血縁か何かは知らないけれど)」事実上インサイダー情報持って勝負するから、日本人のファンドマネージャーに太刀打ちできる筈が無いって話。
<つまり「ディアスポラが、グローバリストという新たな人種を生み出した」のだよ(世俗派ユ〇ヤ人):世界に広がる華僑にも通じるものあるけどね(今回のネオコンと上海閥のタッグとか”いかにもありがちな話”となる)>

で、今回のウクライナの件で言えば、プーチンは「ナショナリスト」

→続きを読む

posted by kagewari at 13:43 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(もふまふさん「NHKはね」)

<いきなり末尾追記編集>

もふまふさん 「NHKはね左翼思想を理解できないバカは死ねばいいと思ってんの」
>NHKが左○寄りで障害者をやたらと持ち上げると仰ってますよね。定型発達症候群と称し、おかしいのは健常者の方だと特集してるのもその一つなんでしょうか
https://h-navi.jp/column/article/35025621
すでに別れたけど発達夫や同僚の尻拭いを毎日させられて鬱になった私としては腸煮えくり返る呼び方と内容です。


【まず大枠】
<心理学と、『共同幻想』歩留り(フロイト心理学の理解も歩留まり)臨床系とでは各症例の見解が実は大きく違うのね>

●臨床系はさ、ナントカ障害を病気と呼ぶんだけど(病気呼称は福祉認定関係もあるのでここでは深く突っ込まない)その意図は「彼らにが原因も構造もわからない」ため、あたかもさ(自分が医療関係なのにバカだとバレるとヤバいじゃん)不治の病であり個性なんだみたいな見下し方してんの。
※勿論これは、左翼思想の自称健常者の彼らが知的上位な上級国民であるという設定

●心理学はさ、ナントカ障害だかなんだか知らないけど、類する症状は全て「強迫心理」に起因しており(教育障害・知的障害を除く)、本人がそれを問題視している場合「解決可能」だと考えており、(それは個人の選択になるので「本人がそれを問題視しない場合《この時は訴える症状が無い事になる》」、それも個性《困った人》となるワケ)
※更に重要なことは、「自分の事を健常者などと自称する人格は」『共同幻想』適応症という(皮肉で臨床的に言えば)病気でありナントカ障害と構造はまったく同じ、前述括弧のとおり「自称健常者は、互いにだよね、そうだよね」で症状?を訴えない(自覚できない)ことなってますから、それも個性《困った人》のジャンルになります(ブラック企業やセクハラ左翼『共同幻想』適応病のこと)

※本来そこには(若干もふまふさんも経験頻度からその可能性あるんだけど)
「救世願望承認欲求」みたいな関わり方のケースもある、
めんどくさい人に関わって、私がなんとかと(やめときゃいいのに)つい思ってしまう心理のことです。
(これは本題から外れるのでここでは省きます)

<<<<話を戻しますが、>>>>
ナントカ障害も、自称健常者も、ブラック『共同幻想』適応症も、インテリセクハラ左翼適応も、
(病気もクソも無く)
全員よくある人類ヒト科の日常です

(そもそも人類ヒト科が動物行動学的に「狂ったサル」と呼ばれてる)
割り切れないところがあるのが、人間じゃん


【NHKがやらかす最悪のケースってどういう意味か】
これね、米国の左翼と同じ手口なんだわ、
「哀れな黒人問題解決に戦います、白人を殺せー、BLM!BLM!黒人の権利がー」
口ではそう言うの(嘘なんだけど)
だって、黒人が白人になったら自分の票にならんでしょ
(※これって、本気で労働者の権利のために戦って、全員を資本家にしたらこの世から労働者がいなくなるので、自分の組合運動ができなくなるので「そういうのは嫌だ」とかと全く同じ思考)
(※あーちなみに、この流れで「黒人が悪い白人の少女をレイプしても無罪《差別病です》、みんなセレブで保釈金を集めましょう《保釈して再犯》」←この活動もやってます《警察・刑務所廃止運動》←この端緒が人権派の「死刑廃止運動」ね)
 ↑
”意味わかります?”
 N H K  は ナントカ障害自称する人に、何ら問題解決して欲しくないのです
(一生そういう困った人でいてくれと)
で、左翼政治思想が理解できる上級な人はみーんなわかりますねーー
「これが取り扱いマニュアルですよー」(実は自分が直接接することなど無いくせに)
「左翼政治思想を理解できない人は、どんな高名な学者だろうとノーベル賞とっていようが”ネトウヨのクズ”ですから《ナチスがー》収容所にいれて殺していんです」、
悪いのはコイツラなんです↑←という考えなんだわ
(ハイ、そのリトマス試験紙は?「左翼政治思想を理解している:人間<左翼政治思想を理解できない:ネトウヨ、差別主義者!ナチス、は死ね」)←エキセントリックなフェミニストの行動原理で考えてみな(想像つくと思うから)

■<<<こういう論法の枠組みにあんのよ>>>

→続きを読む

posted by kagewari at 12:23 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0