2022年02月25日

おそロシアによって、日本の憲法改正気運は高まるだろう

国際政治がどういう事情で動くのか、
日本国民の多くにもそれを理解する典型的な事件となった。

そもそも国対国の上には法律ありませんから
(国際法は戦争のルールみたいなもので行動を縛るものではありません←てかあっても効力が無いじゃん、誰が法執行機関をやるのさ。)
国対国が戦争も辞さずで事を構える時、倫理も道徳もクソも殺人も肯定されます。
倫理や道徳が影響するのは、停戦後の交渉でめんどくさいことにならない配慮程度の意味しかない。
国対国の紛争においては「やる時にはどこも躊躇なくやるんです」
日本が憲法で国民の生命と財産を守ると誓っている以上、軍隊の保有は義務であり、憲法9条はそんな”政府の責任”を免除するものではありません(生命と財産を守る件は嘘でも良いの意味では無い)。←本来現状の憲法9条のままでも軍隊の保有は義務です(自国を守る防衛軍を保有しなければ憲法9条が憲法違反というトンデモ解釈になってしまう)。
 ↑
●安倍ちゃん以下、与野党に憲法改正論議があるのには理由があって、
日本の戦後占領政策の影響で(保守系知識人の公職追放など)、上記のあり得ないトンデモ解釈が横行してしまい国民意識としても「軍隊保有が違法なのではないか」という疑念を持つ世論を一部に形成させてしまっているため、【その誤解を解く憲法改正】であればよいのです。
(※だから安倍ちゃんはギリギリのラインとして「自衛隊を保有する」明記だけでもいいじゃないかと政治判断していた。)

こういう表現はどうかと思いますが、
小学生の使う有名なレトリックの「どうして人を殺してはいけないんですか」なんてありますが、
「いやいや、人を殺してはいけないとか誰が言ったのかね」って話、

(それは国内における法であり、そういうことにしておこうぜって合意に過ぎません)
事実、国対国という構図になれば、世界各国が殺人行為に躊躇するとかありませんから。
(躊躇する方が異常)→「殺るか殺られるか?が世界の基本原則です」
 ↑
『共同幻想』とは、集団的安全保障のことであり、
それは戦争(一歩間違えば殺しないになること)を前提とした仕組みです。
●また、国家や国籍民族は「通貨や言語同様に崩壊合理性の無い、仮想普遍的概念」であり、『共同幻想』というよりは『明示的な共有概念』です(グローバリズムの侵入でも無い限り自然崩壊しません)。
逆説的に言えば「人類ヒト科の特徴は目的のためなら平然と殺人すらいとわないこと」にあります
(流石にスパルタじゃあるまいし、人を殺してナンボの人類ヒト科とまで言いませんが)

だから(きれいごとでは無く)有権者は個人でも銃を持つことが民主主義の原則なんです。
(軍人や警察官を「あたかも汚れ仕事を押し付ける奴隷階級のようにしてはいけない」)
米国が民間人から保安官を選挙で選ぶのも理に叶った話です。
 ↑
わかりやすく日本に置き換えて言えば、
地域の名士の”郵便局長さん”は、バッジを付けて銃で武装した自警団を必ず組織せよみたいな仕組み。

→続きを読む

posted by kagewari at 14:47 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0