2022年02月18日

youtuberのアクセス偏重は単に過渡期の現象でしょ

インターネットの利用もwin2000の前からなのでかれこれ20年以上になりますが、
メディアでよく聞く100万越えだかなんだか知りませんが、
芸能人みたいなyoutuberの動画は観たことありませんし、検索結果で目につくようなとこに出てくれば拡張機能のブロッカーで速攻非表示にしてます。
あれがさ(これ米国にとってのSNSが初めての日本的『共同幻想』RPG論に繋がるんだけど)、インターネットの有力コンテンツなワケないべ(笑
(※単純に比較はできないけども、ブログサービスのなんとかって芸能人が多いとこあるでしょ。あれと同じだよ。Twitterフォロワー数の多いインフルナントカもいっしょ)
 ↑
それだけマスを集めるってことは(『進撃』ほどの突出した作品でもない限り)、
最大公約数に合わせて、共有人格を釣ってるってことじゃんよ
=集まっているのは、インターネット社会が何のことかわからないってか、情弱なコンプレックス崩れやら小学生の”集積所”みたいなものでさ、
(※あーちなみにこういうクソコンテンツにいつまでもgoogleも金払わないと思うぞ)
選挙で言えば、事実上の”同調圧力による動員”だよ、

●どれだけ個性化しているのか?って社会の選択肢となる多用性がアレなんだってのに
(※ちなみに保守派の方勘違いしないでね、選択肢は価値の多様化じゃネーからな。なんとか受験のテストの答案用紙のマークシートが全問3択から100択になるようなもので、正解は同じひとつだ《しかし、ここに有性生殖多様性の話を織り込んで考えれば”その無駄な選択肢の中に人類の進化に及ぶ大発見があるかもしれないだろ?”←俺はそういう話をしてんのさ》)
 ↓
何ら創造性を感じないバカ騒ぎ動画の100万再生に一円の値打ちも無いに決まってんじゃん
googleAIの至らなさで金になってるだけで、『共同幻想』自体がオワコンだってのに”あにいってんだ”って話です。

俺が日常的に見ている「世界的なリアクション動画」ってのも、
(今『進撃の巨人』放映中なので、ネタが多くて大変喜ばしい状況)
そらバカ騒ぎでアクセス稼いでいるのもあるけどさ、
しっかり読解力っての、あーこのリアクター伏線とか細かい表現に気が付いてるじゃんって”批評性含めて中身のある動画”はしっかり一定の閲覧数取ってます。
※仮に俺がサイト運営者ならこの真正(本気でその作品を面白いと感じている)批評動画に最大級の課金料を支払いたい・。
 ↑
これは昔のJAZZやロックの評論にもあったことだけど、
視聴にもプロみたいなのあるの(プレーヤーだけが主役では無い)、
「聞きどころを教えてもらって初めてわかるよさ」って実際に存在します。
 ↓
●至極簡単な話で
音楽を耳慣れしていない人は(脳内イコライザー効果もあって)ヴォーカルの音声に聴覚を取られて、バックグラウンドの細かい音が聞き取れないんです。
しかし、楽器やっている人だとか絶対音感の持ち主とかが「おーーーこんなことやってるぞ」とか発見し、何小節目転調前の”フィルイン”を指摘してくれると(歌詞と一緒で聞くべきとこを指定されると、誰でもそこが聞こえるようになるんだわ)、知らなかった感動で「えーーー」とかなんの。
当然作者はわかってそう設計しているから、説明しようと思えばできるけどさ、
「野暮じゃん(わかる人だけわかってくれたら的な)」
視聴者で気が付ていくれる人がいて、それが知られてってプロセスが作者側の希望でもある。
 ↑
だから適格な批評のできる視聴のプロは、作品を創っている要素のひとつなのさ。

→続きを読む

posted by kagewari at 22:11 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0