2022年02月06日

「腑に落ちる、納得がいく、合理性がある」とは何か?

「○○を認識、ドライバインストール完了、○○が構成されました」←【これのことでしょ】
(使用するかどうかはともあれ、”使えるようになりました”の意)

「あーこういうことか」←てのがあると、論理構成される。
(考え方のひとつを会得するみたいなことかな)
「その手があったか」なんて言葉もあるよね(これは選択肢の増加)

なんだかんだ人類ヒト科の自我は「ロジックの集積」なので、
何層もの”考え方”の積み重ね構造が、自我を構成していると言えます。
■昔ながらの『共同幻想』適応タイプを例にとると、
「気が付いたら誰々と全く同じこと言うね」って現象ありますよね(この場合親や歳の離れた長男の台詞だとか有力者のオジサンなど《勿論野球部なら監督》)、それを同一化とまで言いませんが、「考え方を共有している」と”考えることができます”《なんか皮肉めいた表現だけどww》

音楽で言えば”パクリ”
更に音楽には、”リスペクト””オマージュ””インスパイア”など《ロックの世界は英語文化なので意図して横文字なんでしょう》「影響を受ける」という意味の表現が様々ありますが、
概して『個性化』だとか『単独者』化っていうのは、後者のタイプです。
(音楽にあるように、ト音記号からも独立するとか五線譜超えるとかいいだすと、もう音楽という解体合理性の無い『共同幻想』まで超えて、音楽で無いものなっちゃいますからww)
 ↑
つまり自由選択の分岐のことです
(『個性化』とは何から何までオリジナルの意味では無い、ってか何から何までオリジナルとか無理《自分語なる新言語話されても”誰も何言ってるのかわからない”》←意味が通じる=ネットワーク化できる=個性化時代の社会性)


●一個単体の導入動作には大きな違いはありません(「腑に落ちる、納得がいく、、、、)
案外簡単ってか、、
1導入元をその都度自由選択可能で無限に分岐がうまれるか、
2地域の事情など(専ら社会の経済事情など)”導入元権威が固定され”分岐がうまれないか(コピーとまで言いませんが”同じタイプ”が継承される)
 ↑
1か2の違いです(これで2種類ではありませんよ?→1はそこから無限に分岐するから)
説明するまでも無く、1が『個性化』、2が『共同幻想』適応


■では「抑圧」との関係はどうなっているのだろうか、
「譜面どおりに(間違ってはいけないと)注意して演奏するのはストレスですね?」
「それに対し、自由気ままにピーとかヒューとか裏返った音だけ出すならノーストレスですね?」
 ↑
前者は、後者を抑制することで(無秩序な自由を抑圧)→才能ある権威者によりいい感じに”出来上がった”ものを模倣することで(自分の脳力では作曲できない)”いい感じの音楽をやった感を満喫できます”
【これが『共同幻想』導入の構造と、「抑圧」や、インセンティブの関係】
(楽器なんて音楽の授業で生まれて初めて手にしたような時代には”強い合成性”を発揮する)


上記に対する『個性化』の”アンチテーゼ”とは、
(『共同幻想』崩壊は先進国化や高学歴化を発端とするでしょ?)
既に譜面どおり演奏するとか過半の人が可能となっており(演奏高学歴化、数割の子女は3歳からピアノなどを習っており)、もう耳年増で”なんか有名な作曲家か何か知らないけど”誰でも知ってるような作曲など「ちっとも面白いと思えない(インセンティブも崩壊)」場合、
「抑圧」もできなけりゃ、インセンティブで釣ることもできない。
【どうしたって「歩留り」化します《いう事聞かない・効かない》:取引が成立しないんだもの】
”私、ソロパートが吹きたいんですけど?”
 ↓
更に『単独者』になると?→「そのフリーパートは、即興演奏でやりたいんですけど」
このように個性化・多様化するワケ。
(『共同幻想』のお仕着せは、もう腑に落ちない、合理性も失い《共同幻想市場の》崩壊)


→続きを読む

posted by kagewari at 07:00 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0