2022年02月17日

『進撃の巨人』が提示する”論議”は存外に広がりがあるかも

ネタバレしてもいい部分までの話として、
『進撃の巨人』はナチスのユダヤホロコーストをモチーフに(登場するパラディ島もナチスのマダガスカルへのユダヤ人移送計画をなぞったもの:アフリカ戦線が思うようにいかず移送の鉄道拠点だったアウシュビッツにユダヤ人収容者が溢れ、ホロコーストの悲劇となる)、追い込まれたエルディア人が世界を滅ぼす悪魔と化すという話になっているんだが(人種偏見が本当に悪魔を生み出すという構造)、
 ↓
これが現代社会の場合、モチーフが20世紀のユダヤ人差別であることを海外の視聴者も当然わかっているんだけれど、作者諌山氏が凄いのは「エルディア人が嫌われる理由を昔のエルディア帝国がとんでも大国で各国を植民地にして残虐の限りをつくした」という設定になっていることだ(昔はナチスみたいな存在であったことが劇中エルディア人差別の始まり)。
マーレVSエルディアは、そのままローマVSゲルマン人の図式ね。
言うまでも無く、諌山氏が意識したのは戦後日本の自虐史観であり、作中登場する初代レイス王の打ち立てる”不戦の契り”は憲法9条を意識したものになっている。

結果として、現在絶賛欧米で行われている「白人自虐史観」であるとか、BLMに代表されるような、「白人至上主義なるトンデモ右翼がいてナチスと同じだ」なるレッテル貼りで、白人保守層を”根絶やしにしよう”なんて動きにハマってしまい、
存外に世界各国の白人階層が、作中登場するエルディア人に自分達を投影している。
(設定上エルディア人はドイツ名だしね)
※始祖ユミルに関しては全人類的な女性差別史観を表しており、女性視聴者の多くがそこに気が付いている。←同時に古代の奴隷階級出身であることから、奴隷の歴史を持つ民族視聴者もそこに投影するものがあるって話。

■「白人は悪魔なの、過去の残虐な歴史をお忘れですか。無抵抗に全員死ぬべきなんです」←みたいな話が登場し、それは違うだろって部分に視聴者のほぼ全員が同意する形になっている。
現代に置き換えれば、「私の両親も祖父母もインディアンを虐殺していない」とかね。
(※ここには更に裏話があり、インディアン虐殺したのは『民主党』だろうって)
 ↑
結果的に(それ明示的でないが故に)
■現在左翼が絶賛プロパガンダキャンペーンやってるPC(ポリティカル・コレクトネス)へ反対するような方向になってんだよね。
(※勿論構造として、初期の設定として戦後日本を批判する視点があるからだけどさ。実質主人公の”ミカサ”の名前は、帝国海軍戦艦”三笠”から取ったもの。)
 ↑
更に突っ込むと、日本をWW2に追い込んだ連中と(戦後の支配も)、現代米国欧州を共産化しようと蠢いているのは”同じ左翼グループの人達だから”ww
進撃的に言えば、
「人類は思い出した、いつも彼らが話をややこやしくすることに」みたいなね

→続きを読む

posted by kagewari at 13:49 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月15日

素朴なアレだけど「社会適応」論を勘違いしていませんか?

『共同幻想』適応者を足場に持つ臨床系が何言ってるのか知りませんが、
【社会適応が正常とかそういうトンデモ話は心理学には”無い”】

そら当該社会が(代表例は幼児にとっての家族とかになるけど)なんらかの関係を継続しなければならない場合もあるだろうけど、
高齢化社会というか、人類ヒト科の寿命が100年越そうかって時代に至り(子供時代はその10分の1でしかない)人生の9割が大人なのだから、特定組織との関係性に大きな意味は無い。

ぶっちゃけて言えば(社会福祉で食うには困らないのだから:ベーシックインカムが導入されれば尚更)付き合う社会なりを自由に選択できるって方向に文明は進行中であり、
めんどくさければ個人の時間を増やす方向でとなっている(働き方改革)
「社会適応」なんて話をしている人が想定している社会って何のことかね?
 ↑
広義で言えばさ、
道路の信号の意味理解しているとか、切符を買うのに困らないだの、改札を通れますよとか、飛行機乗る時の検査の意味を理解しているとか、レジでお金を払うんですよとか、そういうこってしょ。
日本国民としての基礎的社会との適応、

●まさか昭和の星野監督率いるトンデモ『共同幻想』社会(現代ではブラック企業)への適応みたいなイメージでは無いよね?
少なくとも、先進国では”イジメ問題”や”ハラスメント”引き起こす社会は「コンプライアンス上社会として失格」ですから、そんな社会に適応したらむしろ病気だろ(笑


ある意味(これこないだ書いた選択肢論に繋がるんだけど)
現代的にには、ノマド、自宅SOHO、フリーランスから、非婚やら、ひょっとしてゲームをすることで食えるようになるかもしれないオタクまで(youtuberはそのハシリ)、先進国だからこその自由な選択を理解しそれを選択肢とすることのが【現代人として適応すべき事案】じゃん。

なんだか笑ってしまうのが(社会適応論吹いている連中ってさ)、
「妙な友人関係を成立させないと居ずらい社会にいかに溶け込むか」みたいな設定を持っていやしませんか?
いやいや、その段階でそこブラックじゃん、、
(その前にコンプライアンスを徹底してくださいな)

→続きを読む

posted by kagewari at 19:34 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月14日

『単独者』の雑感「音楽:ロックに横文字が多くなるのは仕方が無い(てか英語)」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)

※しかも今回また長いから、悪いけど、、

■ガシャーンとかドキューンとか”カタカナなるよね”
英語は表音文字、日本語や漢語は表意文字なんていうこともあります。
(日本語のひらがな以前はどうなのかとか論議はあると思うけど)

「a lot of」
「たくさん」
 ↑
これどっちが音楽に乗せやすいかって、あーた発音するまでもありません。

日本語にも拍子に合わせるって(日本人でラッパーどうなのは置いておいて)ことは不可能ではありません、この場合韻を踏むとか5,7,5,77などの俳句かよって構造にしなければなりません。
そんな日本の古い歌でも合いの手は?
「あー、ちょいな、ちょいな」←ちょいなって何?
 ↑
日本のロックはここの「ちょいな」に当てはまる英語をグルーブ感出すために使用しており、
同じ表音文字でも、スペイン語やフランス語はロックに乗せることに苦労し名のあるミュージシャンを輩出できていなかったりします。
●説明するまでも無く、私は音楽専門じゃ〜ありませんから(笑
一部推論になりますが、
80年代90年代(現代はどうなのか知りません)
同じ英語圏でも、ロックと言えば本場は英国でした(その背景には大英帝国植民地などの影響もありレゲエ他多国籍な音楽がクラブで演奏されていたとも言われてます)。
これがジミヘンの登場で「それはルール違反だ」なんて言われたりもしましたが(そこには様々な意味があって、ま、言うならロックは白人が黒人リズム楽曲のイイとこパクって登場した流れがある)、

ロックというものがある意味において”英語人若者が様々な音楽にインスパイアされて発生したもの”とも言えるのでしょう(米国にはモータウンがあって”そのまま”人気を博してましたから←その楽曲作ってたのは白人のバートバカラックという複雑な構造にもなるんですが、、)。

■音楽に関わらず、日本語において「キャッチフレーズ」とかさ(もう横文字やんけ)
勢いつけるとか(拍子に乗せると同じ)
認知した瞬間に速い速度で意味を伝播させようと思った場合、
日本語を使うより、英語のが”マッチ”します。
どうしたって、音楽のサビが英語になりがちなのも仕方が無いというか、
言語の構造上妥当な判断つーことなのでしょう。

そもそも出だしで
「Hey!you!♪」から始まるのと(これさ、もう音聞こえますよね?)
「ちょっと、あなた」じゃ大違いで(笑
(「ちょっと、あなた」じゃ反射的に「え、なんですか?」と言いたくなる)
他にも
「anyway」と、
「だったらさ」なんてのも、
次に展開する話の内容まで変わりそうです、、
●説明するまでも無く、私は言語学じゃ〜ありませんから(笑
たいがいな話になりますが、
「英語を話している時には人格変わる」なんて話の背景であると同時に、
音楽の歌詞ならスピード感に関わります。

しかし音楽でも、日本のロックポップス界の面白いとこというか、
流石にここだけは日本語を話せない海外ファンには伝わりにくいとこに、
日本語の発音抑揚を意志的に無視してメロディーに乗せる表現とかありますよね。
そこは日本人にしかなかなか感じ取れない部分です。
更に言うと、
日本のロックポップスシーンにおいて、海外で極端に多く聞かれる論評は「驚くべき転調」にあります。ちなみにそんな日本でもアニメ主題歌などを作曲する時の業界話に「アニメ主題歌と言えば転調」なんて話があるぐらい。
 ↑
勿論推測になりますが、
これっていうのも、日本語なる言語体系が”勢い付けにくい””リズムに乗せにくい”部分を補う意味で、楽曲そのものを転調により勢い付けることが背景にあったのではないかと思います。
(世界で最後までJAZZを愛聴した国が日本だったのも重なる部分あるかもしれません)

→続きを読む

タグ:鬱症状
posted by kagewari at 05:38 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月12日

「強迫心理と選択肢」

「抑圧」と”選択肢”でもよかったのかもしれない。
時に、依存性と主体性が比較されるけどこれは言語的に言えば(脳内文法)
『被る(こうむる)』VS『抗う(あらがう)』であり
受動系に対する能動系である、
(はたまた人称代名詞VS一人称)
 ↑
●以下の表現は随分ハチャメチャに思えるかもだけど、
(うまい事説明する文章思いつかんかかった)
「強迫心理」なる、なんつーか擬人化したら悪役みたいな”モノ”が固有に存在しているのではなくて、現象の名称だから(動名詞《ing》的なことでいいのかな?)

わかりませんか?中の人として「強迫心理さん」みたいな人物はいませんよってこと
(多重人格のようなものをイメージしないように【全く違うから】)
だって、「それが強迫的行為だ」ってことが、自分にバレたらいけないのであり。
無自覚に、無意識に強迫的行為を慢性化させる構造なので、
「どうしてもそうなっちゃう流れ」みたいなものです。
(なので、ほとんどのケースで第三者なり関係者なりが「どうしてそんなことするの《普通考えられないだろ》」と策も無く指摘すると、ほぼ100%「わかるわけないでしょ!」と逆切れされる状況のこと。)

しかも、極めて《レトリックでいんだと思うんだけど》巧妙というか、
パッと見文章楮図は破綻しておらず(国語読解の点数高い人にはバレると思う)
これまた高い確率で、当事者人は「そういう印象の表現を使用した自覚も無い」んだわ。
(違う意味にはなってないけど、よく読むとオカシナ文章の筈なんだけど、当人には間違いなく辻褄のあっている”よくある文章”だと思っている。)

<<<以下は、当事者が全く同一人物なのに別の人格か?にも思える分岐です>>>

→続きを読む

タグ:強迫心理
posted by kagewari at 17:18 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月11日

第4ラウンド(M A Great Again)2024年の話になるけども

<いきなり一部《核弾頭数関係など》加筆>

ウクライナみたいな様相になるのであれば、
24年にトランプ再選乃至同じ意向を受けた『共和党』候補が大統領となる米国は
NATOから離脱するのではないか?
いきなりそうならなくても、争点になると思う。
(トランプ大統領がNATO加盟国にGDP2%の国防費を要求した背景のひとつ←《オドレら自分で守れや》)

そもそもソ連崩壊後、米国がロシアと対立する理由はどこにも無い。
ソビエト共産党がもう存在していないからだ。
(そりゃその後影響力を残す形はあるにせよ米ソ対立の構造は崩壊した)
仮にNATOから米国が離脱するのであれば、ロシアは更なる大規模核軍縮に応じる可能性もある。
(事実冷戦崩壊後両国は中距離核配備放棄など様々な合意をしてきた←【これが困る奴もいるんだろうさ】)
こういう取引なら悪い話では無い。

現在NATOは新たな紛争をけしかける道具みたいなことなっており、
とりあえず、米ロは戦略核を双方狙い続ける形が継続しているものだから(これをとっとと解消していればこんな事にはなっていなかっただろう)、
■実はこれ北方領土の問題でも全く同じ論議となっている
「そこに米軍基地ができて、戦略核が配備されたらどうするんだ」というロシア側の主張だ
ウクライナの件も、ウクライナがNATO加盟するならいつ米軍基地ができるかわからないってのがロシアの反対理由になっている。

ソ連は崩壊したが、核兵器によるにらみ合いが終わっておらず(数は4分の1以下に激減したが)、
(ゲームのルール上)どうしたってロシアとしてはそういう話になる。
つまり、米国がNATOから離脱するなら「ウクライナであろうとジョージアであろうとNATOでもEUでもどうぞどうぞ」って話。

これまた、ロシアが何故にそれほど云々かんぬんしてるのかって論議もあると思うが、
デカイ国なので、周辺地域国家にソ連時代大量のロシア人が入植しており、
ウクライナの例にもあるように、共産党時代の恨みを持つ国は国内のロシア人をよく思っていない。と、同時に有権者的に親ロ政権できちゃってもおかしくないぐらいロシア人も多いので、放置すればウクライナのような内戦になってしまうんだわ《一部ではロシア系民間人への虐殺も起きていると聞く》。
●ロシアが何故あれほど嫌われるって話をついこないだ書いたけど、
その背景には「スラブ人」なる人種が、後の「奴隷:slave」の語源だったりして(現在PCでslaveって表現を廃止しようって動きもある)、ロシア人が欧州からどれほど人種偏見持たれているのかお察しのとおりみたいな話もある。
※ある意味さ、キリスト教系列社会にも(宗教とは別に土着の)暗部があるみたいな見方も必要かもしれん

→続きを読む

posted by kagewari at 14:56 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月10日

第4ラウンド(M A Great Again)「とにかくロシアに一発撃たそうと必死」

トランプ大統領を攻撃してきた、「米『民主党』の一部、当時『共和党』主流派、政治用語の意味でのネオコン、ウォール街ヘッジファンド(=環境問題で騒いでい入る人達で、コロナで全体主義的政策を世界に拡大しようとしていた人達、そしてイラク戦争を主導した人達、)」

明日にもロシア軍がウクライナに侵攻すると必死(いまややるやる詐欺状態)、
既にこの風評で(ブリンケン国務長官が記者会見するだけで株価動くじゃんよ)
インサイダーまがいの取引が行われている。
(いやいや、オマエラ極東ではNK国が弾道弾撃ってんだぞ?)

とにかくウクライナを火薬庫にして一儲けしようと、
プロパガンダが猛烈に行われており、
●俺さ、評価もしているからあんまりこの話はしたくないんだけど「信用失った某保守派の方(投資関係が本業)、盛んに”もぎせか”や篠原など(共に米国大統領選における不正選挙を認識している人物)そっち方面識者の発言をデマだと(これまたウクライナサイドで吹いてる専門家いますから)発信しており」=”お前の態度で”そっちがプロパガンダだとよくわかった。

■そもそも 安 全 保 障 を 前 提 に し て い る NATOが、
「その拡大によって?ロシアを軍事的に挑発している」←なんだこれ?
(歴史詳しい人は、WW2に英国がポーランドを煽って、独逸に侵攻させた話に似ていることに気が付いたと思うけど。←あー勿論この時も煽った英国はポーランド助けなかった。今回はウクライナ西側強硬派の背後にポーランドのネオナチの存在がある《コントかよっ!》。)
 ↑
どこまで当たるかわからないけど、
ド素人の推測としてはだな(笑

ロシアに一発撃たせて、天然ガスのパイプラインを止めたいんだろ
(エネルギーが枯渇するEUは大規模な原発建造に踏み切らないといけなくなる)
ついでに東欧諸国に武器も売れる。
ロシア、プーチンとしてもこの挑発に乗ればバカ丸出しなので、
EUに対して「オマエラは何がしたいんだ」と繰り返し確認しているんだが、

俺思うんだけどさ、
西部ウクライナの住民が先に気が付くんでないのかい?
「まず、外国人の武装する活動家と、戦争煽る死の商人は出ていってくれないか」と、
「それから米国の国務長官が何調子こいて他国の状況煽ってんだ、黙ってろ」と、
(今の元俳優大統領は政変で辞任に追い込まれるのではないかしら)
そうしないとさ、
あんた素でウクライナ国民はオモチャにされちまうぜ。
(そもそも現状よ、何のためのNATO加盟だよ?自国を戦乱に巻き込むためか?ww)
挑発で殺害された東部ドンバス地方のロシア系ウクライナ人も可哀そうだけど、
西部ウクライナの政治状況は工作放題で滅茶苦茶なことになるよこれ、

※みなさんも素朴に思うでしょ、「昨日まで中東紛争ガー」と騒いでいた面子が(なんか中東はニュースにもならくなったねw)連日狂ったように「ウクライナガー」で連日の大騒ぎ。
●ちなみにトランプ大統領は地方選挙のラリーで(選挙遊説のこと)
「俺が大統領だったらウクライナでこんなことになってない」と力説中です



posted by kagewari at 10:53 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(私は小さいおっさんを見たことがないさんへ「心理学的にはこっちかな」)

私は小さいおっさんを見たことがないさん
>ありがとうございます。幽霊などの残留思念は故人の生前の思いが空間に残って録画みたいに電気信号で保存され、感覚が鋭い人がその空間の録画情報を読み取って再生する(死者からのメッセージや幽霊が見える現象)とのことなんでしょうかね?友人数人が同じ場所で幽霊を見たのもその空間に保存されたものを誰か一人読み取って他の人にも伝染されて同じものが見えたとのことなんでしょうか?「終末の音」紹介しないで下さい…怖くてかげわりさんの話しか聞いてませんが、夜中トイレやお風呂に行けなくなりました(´;ω;`)

「阿吽の呼吸」ってありますよね、
(気心知れた同志や、特殊部隊が目くばせだけでコミュニケーションする)
●これ実際にやりとりされる情報量は凄く僅かでしょ、
ある意味、暗号化され圧縮されてている(Zipファイルの件名だけ飛ばしてる)

また、伝言ゲームって正確に伝わらないからこそゲームになります、
ところが、『共同幻想』仲間同士の伝播(言えば集団心理が形成された場合)
妖精モチーフのオカルトごっこ(いえば小学生がよくやる奴)
こ れ が な ぜ か 特定名称の(固定化されたイメージの)キャッチコピー化する
(今回で言えば小さいおっさん:子供社会の連続性が無い北海道ではほとんどの人がその言葉の意味をワカラナイ:吉本芸人コンビの名前かと思いました)
●「だよね、そうだよね」回路がフィードバック(反復逆回転含む)繰り返している証拠です
(だよね、そうだよねの波が寄せては返す波紋のように反復している)

幽霊の現象も
ほんの僅か(単なる静電気の何かでも)フラグめいたものがあれば、
阿吽の呼吸が得意な敏感な人は、それだけの情報で(自分の脳内の過去用例をコピーして)ファイル展開して中身を推測することもできることになります。
※ぶっちゃけ、僅かな電気信号にインスパイアされたシミュレーション空間の即興演奏
 ↓
そして、ここに「だよね、そうだよねフィードバックシステム」に乗せて情報伝達が行われた場合、
※謎のキャッチコピー化に至る(イジメなどのレッテル貼り情報の伝播と同様)
ことがわかります
【(赤い風船)心霊スポット全国100選ツアー】の開催です!
 ↑
わかります?「パワースポット都市伝説と全く同じ構造」なのが、
「幽霊の信憑性=不老不死の湧き水」←こういう理解で正しいと思います。


※ここからオマケ

→続きを読む

posted by kagewari at 06:46 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月09日

リクエスト関連(私は小さいおっさんを見たことないさん「不動産のアレも交えて」)

私は小さいおっさんを見たことないさん(ちなみに北海道にはその都市伝説そのものがありません)
>ありがとうございます。また質問すみません。みんなで見たとか、小さいおっさんという妖精がいたずらしてたとか部屋の中を走ってたなど「まじまじと見た」と言うんです。小さいおっさん(妖精)ではないけど友達数人が「みんな同じ場所で」幽霊を見たと話してました。他の友人は仲間数人で心霊スポットに肝試しに行ったら翌日に誰もいない階段から突き飛ばされて下まで転げ落ちたと言ってました。それぞれの現象も心理学で説明できますか?皆の話を聞いてると怖いです(昔から非常に怖がりです)。

■物理的に殺人を犯すのは”人間です”
(さあどうでしょうオカルト現象でとち狂って自殺した人が皆無とは言えないとしても、その1千万倍殺人は人によって行われているでしょう。「特に共産党独裁政権」にて、←ですから私は現代社会でもいい歳こいた大人が大学でマル経やってることの方が妖精の1千万倍恐ろしいです)

私の副業の不動産の世界にはそれ系の噂話がありますが、
ここでも「何もしませんよ、人間の方がよっぽど怖い」なんてジョークが飛び交います。

そもそもオカルト現象の説明に心理学は補助的というか、
メインではありません。
”見えたと言われるものが見える”ってのはそりゃ心理学ですが(超常現象に個性が無い方が”恐ろしい”ww)
実際に見える幻覚に関しては、脳科学や磁気など電気的な話になります、
所謂SF小説なんてのに出てくる「残留思念」ってのは、言えば録画録音情報であり(ですからオカルト現象と言えば?台所や水場=導電性で考えてください)、
電気人間なんで芸があるぐらいで(ま、一般にも静電気でバチっと誰でも経験がある)、
デジタル情報を焼き付けるなんて現象起きてもおかしくありません(DVDです)、
うんで、アンテナ感度のスルドイ人はそれをホロで再生できると(万に1の確率でこれを再生できる本物の霊能力者なんているかもしれませんが、いたとしてもプレーヤー再生能力っスね)、
超能力実験だとか、ポルターガイストに頻繁に登場するモノとは?→電気製品でしょ

それから、個人を特定せず”何か見えた”なんてのは、
だいたい「抑圧」してる自分の”中の人”(『自意識』)のことで、
ストレスかかっているだとか、予めなんちゃらスポットどうたらで『興奮』状態にあると(『興奮』物質、脳内麻薬は市販のヤクザ屋さん取り合い品の100倍強力とも言われてます)そら余裕で幻覚見ますよ(ヤクザ屋さん取扱品だと頻繁でしょ)
情報共有も、『共同幻想』適応者の場合、日ごろから同調圧力とその感度に(テレパシーでもあるのじゃないというほどの)超能力まがいの性質を持ちますので(だよね、そうだよね伝達)「イジメの風評が伝達する法則」などで考えれば早いと思います。

→続きを読む

posted by kagewari at 00:01 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0