2022年02月25日

おそロシアによって、日本の憲法改正気運は高まるだろう

国際政治がどういう事情で動くのか、
日本国民の多くにもそれを理解する典型的な事件となった。

そもそも国対国の上には法律ありませんから
(国際法は戦争のルールみたいなもので行動を縛るものではありません←てかあっても効力が無いじゃん、誰が法執行機関をやるのさ。)
国対国が戦争も辞さずで事を構える時、倫理も道徳もクソも殺人も肯定されます。
倫理や道徳が影響するのは、停戦後の交渉でめんどくさいことにならない配慮程度の意味しかない。
国対国の紛争においては「やる時にはどこも躊躇なくやるんです」
日本が憲法で国民の生命と財産を守ると誓っている以上、軍隊の保有は義務であり、憲法9条はそんな”政府の責任”を免除するものではありません(生命と財産を守る件は嘘でも良いの意味では無い)。←本来現状の憲法9条のままでも軍隊の保有は義務です(自国を守る防衛軍を保有しなければ憲法9条が憲法違反というトンデモ解釈になってしまう)。
 ↑
●安倍ちゃん以下、与野党に憲法改正論議があるのには理由があって、
日本の戦後占領政策の影響で(保守系知識人の公職追放など)、上記のあり得ないトンデモ解釈が横行してしまい国民意識としても「軍隊保有が違法なのではないか」という疑念を持つ世論を一部に形成させてしまっているため、【その誤解を解く憲法改正】であればよいのです。
(※だから安倍ちゃんはギリギリのラインとして「自衛隊を保有する」明記だけでもいいじゃないかと政治判断していた。)

こういう表現はどうかと思いますが、
小学生の使う有名なレトリックの「どうして人を殺してはいけないんですか」なんてありますが、
「いやいや、人を殺してはいけないとか誰が言ったのかね」って話、

(それは国内における法であり、そういうことにしておこうぜって合意に過ぎません)
事実、国対国という構図になれば、世界各国が殺人行為に躊躇するとかありませんから。
(躊躇する方が異常)→「殺るか殺られるか?が世界の基本原則です」
 ↑
『共同幻想』とは、集団的安全保障のことであり、
それは戦争(一歩間違えば殺しないになること)を前提とした仕組みです。
●また、国家や国籍民族は「通貨や言語同様に崩壊合理性の無い、仮想普遍的概念」であり、『共同幻想』というよりは『明示的な共有概念』です(グローバリズムの侵入でも無い限り自然崩壊しません)。
逆説的に言えば「人類ヒト科の特徴は目的のためなら平然と殺人すらいとわないこと」にあります
(流石にスパルタじゃあるまいし、人を殺してナンボの人類ヒト科とまで言いませんが)

だから(きれいごとでは無く)有権者は個人でも銃を持つことが民主主義の原則なんです。
(軍人や警察官を「あたかも汚れ仕事を押し付ける奴隷階級のようにしてはいけない」)
米国が民間人から保安官を選挙で選ぶのも理に叶った話です。
 ↑
わかりやすく日本に置き換えて言えば、
地域の名士の”郵便局長さん”は、バッジを付けて銃で武装した自警団を必ず組織せよみたいな仕組み。

→続きを読む

posted by kagewari at 14:47 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月24日

『単独者』の雑感「ウクライナの裏の裏を読む(ロシア軍攻撃開始)」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)

公開情報エビデンスある話は『住まいの心理学』の方に書くので
興味ある方はそっちを読んでください。
 ロシア軍攻撃開始速報
https://kagewari-retour.seesaa.net/article/485735894.html
うんでこちらの方は、陰謀論も込みの怪しい話になりますが、

(●好きな人は速攻ロスチャ〇ルド出てくるだろけど流石にド・陰謀路はやらんぞw)
今回はカテゴリまたぎ『単独者』の雑感「戦争と平和」編です

鍵は中国の権力闘争だよ、
仮に江沢民派上海閥政権だったら(そもそもウイグル弾圧もより巧妙だったかもしれないが)、トランプとあれほど揉めることも無く(まあ金で解決して)、存外に現在トランプ政権2期目で、ウクライナもゴリゴリのNATOでは無く(確か中国も安全保障同盟持っていた筈)中国べったりであればロシアを刺激することもなかっただろう。
そして日本には困った事だが、ウクライナが今度は中国人民解放軍の軍事工廠となる。
頭のいい奴なら、こう動いていただろうと思うのね。

シナリオは狂い、上海閥は中国経済ぶっ潰したろかな習近平の圧力に追われ弱体化、
トランプ政権と激突することになったため、習近平・トランプ政権「潰せるほうから」ってことで、まず米国をバイデン政権成立にウォール街と組んで協力した。
(彼らは協力することはあるが、同じ仲間では無い)
その結果ウクライナはウォール街とネオコンのオモチャとなった、
習近平は勿論、プーチン支持(ウクライナの軍事技術も話半分ぐらいにしか思っていないのだろう、支配下に置かなくても→ロシアでもNATOでもウクライナの技術者がクビになればヘッドハンティングすればよい)←多分この人「もう一帯一路も諦めてる」

■ロシア・ヨーロッパの覇権は三者のせめぎ合いの中にある
1)ロシア主導のユーラシア構想
2)中国主導の中央アジアを含む一帯一路(習近平構想)
3)EU・独逸第4帝国グローバリズムによるNATO拡大
●<オマケ>オスマントルコ帝国再興をめざすトルコのエルドアン(アルメニア・アゼルバイジャン紛争で存在感を見せる)←今回トルコは【ロシアへの経済生産に参加しないと表明】
 ↑↓
古代近代に置き換えると(まあここでは中国を元並みのパワーとしましょうか)
ロマノフ王朝(自称東ローマ帝国)からのソ連邦覇権主義、モンゴルの世界征服、西ローマ帝国+神聖ローマ・ゲルマン帝国連合(ナポレオン・ドクトリンとでも呼びましょうかw←ちなみにこれひっかけて巨万の富を築いたのがロスチャ〇ルド《事実上乗っ取った》←勿論その反動がナチスドイツ)、

うーんと、すっごく昔からやってる”いつもの”みなさんです

→続きを読む

posted by kagewari at 17:09 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月23日

ここだけの話、俺はイラク戦争も極端に非難して”いなかった”からね

一部保守派は「やれ大量殺りく兵器は無かった」とか当時の米国ブッシュ政権を非難してますが、ド素人が見ても米国の言い分は「表向きの理由に過ぎない」ことは明白で、
批判の論点が薄っぺらすぎます。
確かに当時のブッシュ政権は所謂ネオコン系であり(現在のウクライナと同じ)
9.11陰謀論すら存在しますが(陰謀論があったとしても俺は大統領が真珠湾攻撃を知っていたレベルの話だと思っています)、そこもコアではありません。

イラク戦争の本質が何かと言えば、
当時米国は対ソ連工作として各地に擁立していたCIAなどの工作で親米政権なら独裁でも何でもよいという政策の転換を図っており(古くはイラン革命の失敗体験もある)、
リビアもそうでしたが、イラクに関しても「用済みの独裁政権は潰し民主化させる」ドクトリンがあったのは明白で(いやいやそもそも親米政権が維持できたのも米国の支援があったのだから、スポンサーがもう辞めろと言ってんだから言うとおりにしろって話)、
そこが見えていればフセインにも身の処し方があったんです。
今回の米軍アフガン撤退にあるように、イラクに残る方法もあったかも知れません。
(結局逃げちゃったカルザイ政権でしたっけ?これデッチあげてたのも米国でしょ)
 ↓
しかしフセインは何を勘違いしたのか、むしろ米国を挑発してましたから、
そら怒るでしょ(笑
(ブッシュのケツ持ちがネオコンでもネオコンじゃなくても)
●一体どこの暴力団を相手にしていると思っているのって話です
(腰のガンベルトに下げてる45口径が見えて無いとか?)

ですから当時も今も、イラク戦争が殊更に米国を批判するナントカだとか思ったことありません。
(むしろ、フセインはバカなのか?って印象のが強いです)

さて、今回のルール設定いうか、さっきの米国のドクトリンみたいな話ですが、
「イスラームとの対立もあるし、中国のこともあるから、EU拡大とNATO拡大は無制限にいくから(これがグローバリズム派の見解だと思ってくれ)」というものです。
実はこの案に、欧州フランス・ドイツから「そんなこと言ってない」も登場してる始末なですが、
とにかく、米国大本営の思惑はそこにある。
(トランプはこれに反対だったので、不正選挙で落とされた)
 ↑
プーチン大統領はフセインのようなバカではありません
(詳しいことも知らずにフセインを馬鹿よばわりするのも失礼な話かもしれませんが、フセインはバース党でイスラム世俗派ですから彼もそんな細かいことで怒らないでしょうww)
「グローバリズムとか御免だし、ロシアでは米国みたいな工作通用しないから」《終わり》

→続きを読む

posted by kagewari at 12:32 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月22日

中国の犯罪が滅茶苦茶(妙佛さんのレポートです)


妙佛さんは過去に白昼堂々子供が誘拐される動画を集めたものも公開されていたんですが(youtubeに削除勧告されたんだったかな)、残念ながら現在は閲覧できません。
文字情報になりますが、最近のトピック

02-22 少なくとも数万人の被害者が存在する想像を絶する状況
https://youtu.be/lQO0Kt0Vy-E



とにかく中国ローカルの『共同幻想』はトンデモなんです
(あくまでも主観ですが、こういう話を耳にすると、昔美談ばかりで語られた中国残留孤児の話にも暗部があったのかもしれませんね、、。)
地域の慣習法が、違法(犯罪行為)なんだからどうしようもない。

●ウクライナ関連で新しいニュースあがってますが、
この件は『住まいの心理学』の方に記事アップしてます(興味ある方はそっち参照ください)



posted by kagewari at 13:45 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月21日

『単独者』の雑感「記事リクでちょいと触れたオカルト話(恨みとか?)」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


面白い話なのでちょっと突っ込んでみようか(笑
量子力学における二重スリット実験にあるように「観測者の認識により現実が変化する」だとか、「量子力学的にはあかたも未来が存在すかのような振る舞いがある」だとか、普通に大学で行われてる科学の中で、オカルトチックな話は山ほどある。
(その様子を『共同幻想』適応者が見て→”それが普通の科学者なのに”「マッドサイエンティスト」と勘違いして呼んじゃったってのがネタバレな、)

■別にさ、説明するまでも無いけど、
「電磁力」の法則じゃないが、一定方向に電気が流れ続けると(電磁波だ電波だって話じゃないが)そこになんらかの”場”が発生するじゃん。
電線っても回路なんかなくてもグルグル巻いてコイルにするだけで周波数やら変わっちゃうワケだし、
●脳はコンピューター同様に電気信号で情報やりとしてるのは御存知ですよね
所謂”場の空気感(緊張感でピリピリしてるとかさ)”じゃないけども、そういうものに”微細な”影響与えてる(これ目には見えない粒子レベルの話だけど)可能性は否定できないってか、あるでしょうよ(それ用の計測器があれば)。

※現実世界が本当にVRなシミュレーションだとするともっと面白い話になるが省略ww

でさ、受信側も(この前書いたyoutuberの記事読んでくれ)
「あーなんかあの話を指摘されそうだ」ってフラグがある場合、
相対的に受信した情報増幅するよね(受信感度が20倍とかなってるものさ)
するとさツマラナイと思っていた楽曲が(この前書いたyoutuberの記事読んでくれ)
突然稀代の名曲として響き渡るように(この前書いたyoutuberの記事読んでくれ)
なんてことのない事象が、その日から【大事件になることもある】
※それって本来無かったかもしれないエピソード記憶が浮上するってことになるだろ?
 ↑
世界線が変わるかもしれないって現象はそういうことかもしれないぜ、

→続きを読む

posted by kagewari at 18:44 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月20日

五輪とかやってたの?って背景はウクライナかしら(ゼレンスキーが”あれほど”やめてくれって言ってんのに)

※今回の話は憶測の域を出ない”予想の範囲”になっちゃうけどさ、

当事者のウクライナ政府が「戦争とか無いから明日攻撃あるとか《どこの情報化知らないが》やめてくれ」と再三言ってんの無視して、バイデンが連日「ロシアの攻撃ガー」と騒いでいる。
※詳しい経緯に興味ある方は『住まいの心理学』の方読んでくれ
(同ブログはサイドバーにリンクあるから、そこから先は検索してくれたまへ)

でな、
俳優から大統領になったゼレンスキーの本職はコメディアンで=ユ〇ヤ系なの、
一部には大統領になるまでウクライナ語を話せなかったとも言われており、どちらか言えばロシア系と言えるのかもしれない、で、西側に属しているってことは世俗派なのだろう(=ウォール街派を意味する:これに対するユ〇ヤ保守派はシオニストのことね《イスラエルの右派》)。

ところが流石のゼレンスキーも「これ以上下手踏むと辞任後逮捕されるかもしれない」ので(過去の西側派大統領ポロシェンコは実際逮捕とかされてるから《内ゲバかな》)、本当にいい加減にして欲しい本音がちらほら見え隠れしているようで、
大統領会談後だってのに(とにかく危機を煽らないでくれってあれほどクギ刺したのに)、
バイデンが「明日にも攻撃ガー、もう確定らしいです」と連呼したものだから、
ゼレンスキーは半ば呆れ気味に「どこぞの誰かの話だと明日攻撃だそうですよ」と皮肉交じりに記者会意見する始末で、
●多分ドイツのショルツ首相に一番期待してんじゃないかしらね
(ドイツもドイツでバイデンからロシアから天然ガス買ってんじゃネーぞコラとか恫喝され切れ気味)
かなり積極的に動いてプーチンと会談すると、
CNNが「この裏切者ガー」と大〇狂した。

かといってプーチンもドンバス地方のロシア人を見捨てるワケにもいかず、
(ドンバス地方を国家承認するべきってロシア議会で決議も行われちゃってさ、、、)
ウクライナの突撃隊みたいな非正規軍事組織は政府の命令無視して虐殺騒動起こすわ、
ちゃんとしろよと、周辺を軍で取り囲んでいるだけども、まだゼレンスキーがはっきりしない。
(ロシア的にはウクライナ正規軍で取り締まれよって話)
 ↑
で、話は戻って、ケツ持ちの言いなりになっていてはゼレンスキーも辞任後自分の身が危ないじゃんよ(必殺その場合ヤヌコーヴィチみたいにロシアに逃げるのが吉じゃん)。そういう’意味ではプーチンと手打ちしたい筈なのね。

→続きを読む

posted by kagewari at 20:38 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月19日

カナダのトルドーが天安門級という展開(左翼の願望ってのかな)

元々オツムが足りない左翼として有名だったカナダの大統領トルドーだが、
一線超えて、大変なことになりそうだ。

2.18 中国カナダ省
https://youtu.be/8UkuAnBQ3Rc


ダブルスタンダードとかいうレベルでは無いでしょ
左翼アルアルに都知事選にも出たT氏にあるようなセクハラ・パワハラという伝統芸があるが、俺さ個人的にそこに集約されていると思うんだよね、左翼=ド『共同幻想』権威主義なので=特権階級を気取りたいインセンティブで集まってる人達だから、
「独裁のチャンスがあるともう止まらない」(トルドーに関しては本性出したかって)

普段の人権派気取る美辞麗句にはクソほどの意味もなくさ、
自分に反対する市民への弾圧・暴力に関してはまったく躊躇しない。
(カナダに関しては騎馬警察により市民が大怪我しているという報道もある)

■どっちのブログで書いたか忘れたけど、
今回のコロナ騒動は「左翼のブーメラン」どころか、化けの皮が剥がれたというか、
(ウクライナで連日妄想語るバイデンもそうだけど)
「こいつらカルトのイカレタ奴らだ」ってのが想像以上に知れ渡る結果となっている。
日本におけるドラマ『新聞記者』事件や、立憲民主党の民間メディアCLP裏金事件などもそう。
疑惑どころか、明白な証拠のある事件だから。
※数年後トルドーは議会で吊るしあげられるのではないかな、

『共同幻想』崩壊時代の中、悪あがきしてた牙城とは言わないけど、
いよいよ左翼も終わりだな(そのド・”崩れ”っぷりが半端ない)


posted by kagewari at 17:15 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月18日

youtuberのアクセス偏重は単に過渡期の現象でしょ

インターネットの利用もwin2000の前からなのでかれこれ20年以上になりますが、
メディアでよく聞く100万越えだかなんだか知りませんが、
芸能人みたいなyoutuberの動画は観たことありませんし、検索結果で目につくようなとこに出てくれば拡張機能のブロッカーで速攻非表示にしてます。
あれがさ(これ米国にとってのSNSが初めての日本的『共同幻想』RPG論に繋がるんだけど)、インターネットの有力コンテンツなワケないべ(笑
(※単純に比較はできないけども、ブログサービスのなんとかって芸能人が多いとこあるでしょ。あれと同じだよ。Twitterフォロワー数の多いインフルナントカもいっしょ)
 ↑
それだけマスを集めるってことは(『進撃』ほどの突出した作品でもない限り)、
最大公約数に合わせて、共有人格を釣ってるってことじゃんよ
=集まっているのは、インターネット社会が何のことかわからないってか、情弱なコンプレックス崩れやら小学生の”集積所”みたいなものでさ、
(※あーちなみにこういうクソコンテンツにいつまでもgoogleも金払わないと思うぞ)
選挙で言えば、事実上の”同調圧力による動員”だよ、

●どれだけ個性化しているのか?って社会の選択肢となる多用性がアレなんだってのに
(※ちなみに保守派の方勘違いしないでね、選択肢は価値の多様化じゃネーからな。なんとか受験のテストの答案用紙のマークシートが全問3択から100択になるようなもので、正解は同じひとつだ《しかし、ここに有性生殖多様性の話を織り込んで考えれば”その無駄な選択肢の中に人類の進化に及ぶ大発見があるかもしれないだろ?”←俺はそういう話をしてんのさ》)
 ↓
何ら創造性を感じないバカ騒ぎ動画の100万再生に一円の値打ちも無いに決まってんじゃん
googleAIの至らなさで金になってるだけで、『共同幻想』自体がオワコンだってのに”あにいってんだ”って話です。

俺が日常的に見ている「世界的なリアクション動画」ってのも、
(今『進撃の巨人』放映中なので、ネタが多くて大変喜ばしい状況)
そらバカ騒ぎでアクセス稼いでいるのもあるけどさ、
しっかり読解力っての、あーこのリアクター伏線とか細かい表現に気が付いてるじゃんって”批評性含めて中身のある動画”はしっかり一定の閲覧数取ってます。
※仮に俺がサイト運営者ならこの真正(本気でその作品を面白いと感じている)批評動画に最大級の課金料を支払いたい・。
 ↑
これは昔のJAZZやロックの評論にもあったことだけど、
視聴にもプロみたいなのあるの(プレーヤーだけが主役では無い)、
「聞きどころを教えてもらって初めてわかるよさ」って実際に存在します。
 ↓
●至極簡単な話で
音楽を耳慣れしていない人は(脳内イコライザー効果もあって)ヴォーカルの音声に聴覚を取られて、バックグラウンドの細かい音が聞き取れないんです。
しかし、楽器やっている人だとか絶対音感の持ち主とかが「おーーーこんなことやってるぞ」とか発見し、何小節目転調前の”フィルイン”を指摘してくれると(歌詞と一緒で聞くべきとこを指定されると、誰でもそこが聞こえるようになるんだわ)、知らなかった感動で「えーーー」とかなんの。
当然作者はわかってそう設計しているから、説明しようと思えばできるけどさ、
「野暮じゃん(わかる人だけわかってくれたら的な)」
視聴者で気が付ていくれる人がいて、それが知られてってプロセスが作者側の希望でもある。
 ↑
だから適格な批評のできる視聴のプロは、作品を創っている要素のひとつなのさ。

→続きを読む

posted by kagewari at 22:11 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0