2022年01月11日

リクエスト関連(紗〇子さん「後1日待ってくれれば記事上げたんだけど」)

<1/12上段参考記事URL添付>

紗〇子さん
>実際に身体の方は差別されません。反対運動も起きない。精神障害や知的障害だから差別や反対運動が起きてるんです。パラリンピックはすごいと見る人はいてもスペシャルオリンピックスには殆どの人が関心もってません。身体障害の方の介護(との言い方も彼らに失礼かもですが)はできても、(曖昧な説明が理解できない、1聞いて10を分からない)知的障害や精神障害の人に一から丁寧に説明するのが面倒だと言って説明もせず、何故わからないのかと当事者に責め立てるような器の狭い人が殆ど。反対運動は偏見意外の何物でもありません。

参考になるかなと実は記事書いてたんですよ(下書き終わって明日アップ予定)
そしたらブレンドコーヒー飲むのはアタシでは無くあなただったんですけどね、、、
いずれにしても詳しくは明日アップ予定の以下タイトル記事読んでください
「偏見と民度」(まず地球が丸いってこともにわかに信じてもらえなかったこと思い出そう)
https://kagewari.seesaa.net/article/485175763.html

まず、「偏見だ」とか感想持つのは自由なんですって、
(自由なだけでなく、それがあなたの意見なら大いにその線で考えることも建設的でしょう)
アタシが言ってるのは、リクエストお題となっている『共同幻想』社会の反応を、『共同幻想』論で説明してんの《この事務所の専門は心理学で倫理道徳じゃないから》。※「それは偏見です、なぜわからないのですか」と責め立ててもたいした効果は無いですよって。


この話の背景は、一般社会の歴史的モデルとなってきた『共同幻想』適応社会が「偏見してナンボの社会だ」ってことです。
●何度も言いますが、「彼らにとって偏見は正義なんだってば」(てか偏見が大好き:反して自分達の同一性が盛り上がるから)
”排他性無しに組織化はできない”
(グラウンドにふらふら卓球部とか茶道部がウロチョロしていると、サッカー部は練習できない)
『共同幻想』社会組織を構成するにあたって、「排他性」はある意味彼らの存在意義であって、
(ブログ記事各所に書いてますが”イジメは基本性能”ですから《弁当に入ってる卵焼きのようなもの》、イジメが無かったら『共同幻想』では無いってぐらいの勢いの話→彼らは「イジメが三度の飯より好きなんだってば」←それは偏見ですって指摘しても、《表には出さないが》彼らの深層心理は「へ、最初から偏見ごっこのつもりなんだけどだから何?」って事でしかない。

■明日アップの記事に中世ヨーロッパの魔女狩りにも触れますが、
「偏見もくそも単なる難癖」ですから(笑
何故そんなトンデモが成立するのか?→「排他性エンタメ=組織性の一体感の高揚」
何故そんな高揚感がもてはやされるのか?→『共同幻想』適応社会構造は全員にストレスだからです(自覚されていないだけで、全員が嫌々適応している)
 ↑
ニワトリか卵で考えてもいい
「ボールを手で持って歩いてはいけない」←ストレスですよね
しかし、その設定があるから→「サッカーという競技《この場合エンタメ》が成り立つ」
『共同幻想』ってのはそういう構造にあるワケ。

→続きを読む

posted by kagewari at 21:49 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国人労働者の件も「どこか冷静に考えないといかんでしょう」

※むしろ雇用環境としては「地方農業における低賃金労働需要こそ問題」だと思うぞ
保守派のみなさんは、やれ「入れる方の法規制」をやり玉にあげるけど、
「雇わなけば誰もこない」ってことを忘れていやしませんか

それから政治的なことを言えば(外国人への投票権云々も)
一定の権利取得に対し(帰化以外の条件はあまりよくわからんけども)しっかり親日であること日本語を話せることを条件にすれば(てかでなければ定住の動機を構成してないじゃん→「実は帰りたいってことになる」)、投票行動は「どちらかいえば保守」になるんだから言うほど問題にならない。
つまりこれも入れる方では無く、権利取得の条件で詰める方が賢い。
※この段階で「中国は”国防動員法”があるので基準を満たすことは無い」に確定する

時に、生活苦しい経済難民ナントカをよれた方向で云々する人いるかもだが、
「いやいやそれは途上国支援で実現するべきもの」であって、
先進国が人さらいみたいなことで奴隷労働確保しましたが解決ではないだろ(笑
(そら新たな植民地主義だ)

●保守派のみなさん気が付いてないと思うんだけどさ、
ベタな可能性ってあんですよ
「外国人は(戦後自虐史観教育とか受けてないので)謎の憲法9条とか到底理解できない」
親日の保守系愛国外国人が増えると→特別な政治的知識無くても「全員改憲に賛成する」
また、言語学的なとこ補足するとさ日本語が話せると、何気に日本人気質というかサブカル民度もインストールされるので彼らが母国語話している時とは違ってきますからね(この根拠は微妙だけど)。

<米国などの場合も>

■『民主党』は不法移民にバンバン居住権与えて票田にしようとしてますが、
そもそも現在トランプの牙城と化しているフロリダが保守系なのは、昔のキューバ難民からの米国人が多いからで、まもなく米国ではWASPが有権者の多数派から落ちますが(確かラティーノが一位になる:メジャーリーグのようにポルトガル・スペイン語が第二公用語になるかもしれない)、「不法移民に反対しているのがラティーノだったりするんです(自分達の労働環境が危うくなるだけですから)」、
こういうやり方は短期的には驚異かも知れませんが、悪手にもなります。
(※逆説ですが、WW2当時米国では敵性国民として日系人が収容所送りになりますが、日系人達は”汚名挽回”と日系人部隊として欧州戦線で鬼神の活躍すると同時に、多くが《表向きはリベラル団体の》共産党系左翼にもなっていったのだそうです。←何が正解なのか、こういう歴史も参考にするべき)

→続きを読む

posted by kagewari at 18:01 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド