2022年01月22日

「歩留り」系人格の観察的によーくわかる動画(昨今の政治家事情)

現在の政界における「歩留り」系人格代表選手と言えばこの方でしょう

超爆弾発言有!玉木雄一郎代表に訊く!国民民主党がこんなにまともになった理由。立憲民主党CLP問題、モリカケ、経済政策、国防、皇位継承などいろいろ質問してみた!|上念司チャンネル ニュースの虎側
https://youtu.be/51OS0x_Rgp8


いや”この方達”でしたね(笑
上念氏も玉木に突っ込める立場じゃないとこあるからな、、
玉木も玉木だけど、上念もアレだから
(トランプの時にはも〜あれで、、裏切者とは言わないよ《彼が言ってる論旨はわかる》、ただリテラシーの背景が権威性に留まってしまうなら《インテリジェンスにコネが無いのはわかるけど》状況に応じて『共同幻想』を批判できないのと同じだからね。ま〜彼には投資ゴニョゴニョの、、←この辺がアレな保守系の共通項。それと格闘技言う人は、、おっとそこはやめておこう。)

■いずれにしても現代「歩留り」人格にMAX求められる”いい人”の代表選手、
(なかなかこの方達以上を「歩留り」人格に求めるのは難しい)
玉木党首の発言も、ま〜参議院選挙の時にどうなっているのかは【わかりません】ww
(なんというか”軽い”でしょう〜個人的には玉木氏絶賛応援しておりますが、
NHKの訪問集金を廃止に追い込んた立花の危険なドス黒さとは好対照、

●よくあるフレーズだけど”悪い人では無い”んだよ、
特に上念氏がここ10年前後に左翼を批判し続けた活動は大きな成果を挙げたし(篠原を見出したのも彼)、作家の某氏のいい加減さを露呈させるなり(でもさ、この時も”彼は間違っていなかったのに”結局謝罪しちゃったんだよね→”巻かれた”)、結果どこぞで維新の足立議員が出入りできなくなった背景も「え、足立議員はそんな悪いか?」を間接的に気付かせてくれた。
彼の発信力の高さは武器だし(朝〇新聞解約団とかアイデアも秀逸)
得難いタレントなんだけど、苦労人でもあるので”ビビるとこのアンテナも敏感”なのじゃないかな。
それこそ超優秀な「歩留り」な人。
アレなとこあって相当信用失ったけど、もっと評価されていい人物でしょう。

→続きを読む

タグ:歩留り
posted by kagewari at 01:19 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月21日

『共同幻想』崩壊、世俗化の法則(インセンティブ論だよ)

流石にさ「アイスクリーム」とか「白物家電」とかさ、
「AVもったVHSの訪問販売」とかくるとさ、コロッと世俗化しちゃうんだわ。
あーそうそう「ロック」にしても「ダンス」にしてもかな(後のディスコ《DJ》からの現代のクラブへ)
「カラオケ」もそうかもね、『映画』も勿論

敗者もいるワケ、
和菓子だったり、洗濯板だったり、NKHだったり、民謡や祭囃子だったり盆踊りとか聖歌隊、
神話のエンタメ性も後退(終末論だけは現代でも強いけどね)
エンタメを、共同体の文化伝承に依存しなくてもよくなった。
(というか発明のエンタメ性のが優れていた)
=その部分の『共同幻想』インセンティブが崩壊
(共有化・共同化・同調圧力浸透力の喪失)

だから、キリスト教『共同幻想』社会が大いに困ったのが、
避妊薬ビルの発明だった
(行為そのものから婚姻まで教会が手綱を握ることで権力の源泉としていたのに《承認権》、手軽に性が個人のエンタメになってしまう)
※これに並び、ペニシリンだとか抗生物質他代表的な薬もね
神頼みより特効薬のが頼りになる)


■構造は簡単なんだわ
『共同幻想』の権力とは性・酒・食や病苦からの救済などの権限を独占することで、それを「従うものは救われる」的にそれをインセンティブとして分配するところにある(言えば古代の全体主義)。
それが可能なのは、生存するにも困難な近代以前の社会だったからで(且つ近代法以前の残酷物語で逆らうものを拷問しまくりとかもできたから)、
 ↑↓
たいした苦労も無く、個人が「性も・酒も、食もそれほど困らない」→いやいや困らないどころか容易に手に入る、いや従うのは教会権力では無くむしろ”会社の方”(「歩留まり」大量発生)
※あまり表面に出ること無いけど、「民主主義ってのは強烈な世俗化システム(アンチ全体主義だもの)」なのね、

だいたい、こういう経緯で「どっちのインセンティブのがスゲーのか」←選手交代みたいな流れで『共同幻想』は自壊するの。集約力や拘束力やらつまり『共同幻想』の権威性や権力構造の裏付けが崩壊する(鞭と飴の飴がもう甘く無くなるのだ)。
それこそ(皮肉だけど)”常識的”に文明化に比例して『共同幻想』は崩壊する。

※古代から少ないながらも存在する『単独者』は時代の変遷からも例外で
(言えばこれもサイコパスの一種かもしれないけどww)
単純に個人の能力として想像力豊かだとかさ、『共同幻想』より常に一回り”面白い事思いつく”とかあると(サブカル名人過ぎて)、古代から公衆エンタメの効果が及ばない。
坊さんと論戦しても勝っちゃったりとかさ、
偶然で殺されてないことが前提になっちゃうけど、どの時代にもナチュボーンな『単独者』は(殺害されず)生き残れる範囲でw、あり得るんだと思う。
 ↑
●現代以降で展開していくであろう、
「歩留まり」階層の大量『単独者』化がどのように進行するのか、それはワカラナイ。
勘で言うなら重要な鍵は「ベーシック・インカムとAIだろう」
※下記オマケと相関するんだけど「ベーシック・インカムは小さい政府政策」であることがポイント

→続きを読む

posted by kagewari at 16:02 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月20日

リクエスト関連(コロナ薬についてさん「奴らはマルチまがい商法詐欺」みたいなものなんです)

コロナ薬についてさん
>左翼に打ち勝つのは厳しいんですね。そのために国民が毒でしかない効果がないワクチンや経口薬投与させられるのが無念ですが。最近は言論統制が厳しくなってますね。真実を伝えてても上に立ってる権力者にとって不利なものなら削除されるし、ヤフコメや他のサイトでも政治や天皇関連、在○特権から来る批判なども差別とか中傷などと言われて削除される。そのうちニコニコ動画などもどんなに正当なものでも都合が悪い物は削除の対象になってくるかもしれない。日本(世界的に?)中○や北○鮮化してますね。

これどっかに書いたことなんですが(あれ、書く前だったかな)
「左翼(共産主義者)の手法とは、経済でも戦争でも感染症でもいい、社会を大混乱に追い込んで、困った人を狙いマルチまがい商品を売り込つける詐欺師商法のようなもの」なんです。
だから、彼らはその前に”混乱”を演出しようとします(混乱が詐欺商品売り込む条件なんです)、

(プーチンが起こっているハイブリッド戦も同じ《ウクライナのクーデターも、先日のカザフも類似手法でした》←ほら米民主党は事あるごとにロシアを悪者視するでしょ?トランプ追い込む時もデッチアゲのロシアゲートでした。これは何故って『民主党』スポンサーのヘッジファンド、ソロス《親の世代かな、ロシアのユダヤ人弾圧から逃れ渡米》、半ば私怨のようなものでロシアとの対立を《NATOもけしかけて欧州で第三次を勃発させようとしている》煽ってます。実はロシアプーチンとトランプを攻撃している主体は同じなんです。これがまたプーチンはエリツィンの時に勃興したオリガルヒ《新興財閥、主としてユダヤ人》をぶっ潰してますから、←ここに中国で非主流派で大金持ちの上海閥・江沢民派がくっつくのもわかりやすいでしょ。←習近平も悪いが、こいつらもっと悪いから。)

●そして彼らは100年近く前から大学とメディアに潜入しており(勿論全て悪意や底意のあるものではありません、『共同幻想』崩壊で不安になる個人が”マジ”共産主義に魅せられるって、《新興宗教の布教に似た構造で》現象があったのも事実)、

現代ではまともなこと言う人を”ネトウヨ陰謀論者”と呼ぶらしく(笑
(これも50年代60年代から知られた共産党拡大戦略と全く同じ手法です)
とにかくレッテルを貼って潰しにきます。
 ↑
ここを、「歩留まり」達や、TVやメディアで金稼ごうと思っている人は極度に恐れており、

御存知ないかも知れませんが、
■菅ちゃんは「イベルメクチン」の存在を知っており、
彼が行ったカクテル療法には(全部か全部なのか知らないのですが)こっそりイベルメクチン入ってるんです。←それを知った欧米保守系メディアは、日本の奇跡的減少の背景に”イベルメクチン”投与が関係しているかもしれないと書いてます(日本では全く報道されていません)。
薬価の安いイベルメクチンの存在は、莫大な投資をして薬を開発している製薬メーカーにとって一歩間違えば倒産しかねない脅威であったため、認可などのハードルが偉い事なってまして、
(※個人的にイベルメクチンにどこまで効果あるのかはわかりませんが、トランプがこっちサイドを推していたのも事実です←で、CDCのファウチと対立が激しくなった)
ちなみに欧米のSNSでイベルメクチンとか書くとバンされますww
 ↑
私の個人的意見ですが、(そういう事情をよく知っている菅首相が)イベルメクチンを投与するには、製薬メーカーの新薬と混ぜる以外(両者を立てる)方法が無いと踏み切った苦肉の策だと読んでます(安倍ちゃんのアイデアかも知れませんが)。
※菅さんは用意周到な人で、左翼メディア内部にいたスパイを首相補佐官に起用するなど(たぶん脅しが目的だったのだろうと思いますが)、あー見えて相当の策士。

→続きを読む

posted by kagewari at 23:31 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

理屈の通じない『共同幻想』にリアリティの無い方へ

■キリスト教国家における環境過激派(通称:SDGs”イエスはそんなこと言ってないべ”)
 ↑
Co2による温暖化仮説の根拠は希薄で、きっかけとなった国連の論文がまったく不正確なのはほぼ確定している。武田教授の話が明るいが「彼らのモデルで計算すると、恐竜がまたいた時代の地球の気温は400℃になってしまう」などナンセンス極まりないなど有名。
※これが覆らないのは、学会などで間違っても否定的意見を言えば政治的圧力で補助金切られるなど(逆に大変ですと大騒ぎするとやんや資金が集まる)、現場ではいかんともし難いことになっている。武田教授の成果はそれだけでなく、ダイオキシン他、過去にも多数の”エビデンスの怪しい公害煽り”が存在しており、(キリスト教の原罪観や終末論の影響もあるのだろうが)重要な鍵は「ルターの罪悪感が国民性」と呼ばれているドイツでこれが顕著な事

言うならば「レジ袋廃止」もトンチキな『共同幻想』が原因である


■ISに限らず、イスラム教原理主義国家乃至体制
イスラム教はアブラハムの宗教(ユダヤ、キリスト、イスラム三兄弟宗教のこと)の中で最も新しく、宗教戒律の中に、そのまま国家が統治できるほどの法体系をもっているため、やろうと思えばイスラム法を憲法とする国家も可能だってとこから出てきた原理主義保守過激派。
 ↑
真顔でこの話をモスリムの前でやれば、私も首と胴体が別々になりそうだが、、
そもそもムハンマド君がやりたかったのは、アラブ民族の自決であり、
「一神教じゃないとヤバくね?」と思った着想は、明治維新と同じ。
(日本も欧米諸国と比較し列強と伍していくためには一神教をモデルにした国家体制が必要と考え、皇室を絶対君主と仰ぐ帝国とした。)
●ある意味、石油産出国となって以降は(もう強国なワケで)イスラム教無くてもいいかな、、、ってとこなんだが(一応世俗派というかイスラム左翼としてのバース党ってのはあるんだが:確かフセインイラク・アサドシリアなど)石油産出国であるが故に西欧メジャー(セブンシスターズ)との相克を招き、アラブ諸国はOPECを創立したが、なんだかんだ欧米の支配が及ぶ結果となり(勿論イスラエルがらみでも)、彼らにとっての民族自決は(日本の尊王攘夷だわ)「ジハード」ってことになってしまった。

説明するまでも無く、イスラム教的『共同幻想』発明あってのことである


■中国の覇権主義が昨今困ったことになっているのも、
あそこも民族自決分離独立主義みたいな文化があれば違ったのだろうけど、
なんせ地続きの大陸国家であるため、戦乱が絶えず「そんなことならチャンピオンの独裁で」という歴史を嫌ってほど繰り返した結果、最も合意できる幻想が「強権により中国をひとつに」になった関係上、その反対「民族自決分離独立主義」は悪魔の選択ぐらいに弾圧される。
言うならば、自分達より強い国があることを認めがたい(本来他民族国家なので民族性と呼ぶとおかしなことになる)『共同幻想』が広範に浸透しており、
これがまた、なんとも打算的なというか諦めにも似たとこがあるので、道徳性が低く(というか強者であることが道徳)←民族国家の愛国主義や誇りって概念が”無い”ものだから→そんな民衆を統治するのは”やっぱり強権独裁”というニワトリか卵かみたいな構造となっているらしい。

周辺国だけでなく中国の庶民も大変迷惑しております

→続きを読む

posted by kagewari at 19:53 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(コロナ薬についてさん「、、サイレントマジョリティーだから」)

<カナダ人ニュースさんタイムリーなのあげたので中段動画追記>


コロナ薬についてさん
>外出制限しなくても他国では収束してるとこもある、オミクロンは風邪とかわらない、ワクチンや経口薬の効果もないこと、医師会が病床増やしたり医療関係者への対策をしないこと、第5類までに落とした方がいいことなど国民も気づき始めてます。世論のせいではない。問題なのが政治家であれマスゴミのせいであれ、結局は3回目を打たせようとする。国民は嫌でも会社からの集団圧力で打たされる。病床増やさない。治験情報のために何故日本国民が犠牲にならないといけないのか。多額の税金支払わされてまで。日本が米国に逆らえないだけ

●「トランプ大統領だって負けたんだぜ?《11月逆襲するけど》」
てかドイツやオーストリアの〇狂ぷりやら、ジョンソンですら(彼緊急事態はやめたけけど)ワクチンパスポートはごり押しで(自分の支持者の)保守系国民から批判されてる、
仏マクロンに至っては「ワクチン打たない奴は権利の保護など必要無いとか」言って、10万近いデモ隊でパリが大騒ぎとかなってる(あのフランス人がアメリカ人の言いなりとかあり得ないべ)。
ワクチン接種最強硬派のニュージーランドの首相は「元左翼活動家」だからね、

米国すら(メディアやビックテックの裏にいる共産主義者工作の)被害者なのに(大統領の首まで不正工作してまで挿げ替えた)、【米国に逆らえないは無いでしょ(御冗談を)】
ワクチンに否定的な発言するだけで、SNSじゃアカウントバンされるワケで(筆頭が大統領だったワケだが)、「既に第三次世界大戦は始まっている」とすら言われている。

連中ってのは、ウオール街のヘッジファンドであり(てか、ジョージソロス)、世界のセレブ投資家であり(環境保護リベラル派が怪しい)、中国非主流上海閥江沢民派であり、そもそもコロナ開発していたの米CDCのファウチ博士だしさ(流石のオバマもヤメロと言ったのを中国に持ち込んで開発続けさせた)、←ぶっちゃけその一部は第二次世界大戦の張本人でもある。
今ファウチは下院の公聴会とか時々呼びだされて共和党議員と議会で大喧嘩していたりするけどさ、あっちサイドのCNN他左翼メディアは米国でもまだ擁護している。
(そのCNNも視聴率ガタ落ちとスキャンダルで潰れかけてるけど)

日本の地上波ではようやく、ダウンタウンの松本君がワイドショーで
「オミクロンは普通に感染して集団免疫獲得するのがいんじゃないの」発言したらしいけど。
(地上メディアではこれが初じゃないかな)

海外の状況はこちら
1.19 世界の変化とWHO

(対応の違いは、米国の影響力というより、ジョンソンが撤回したように「政権が保守系か左翼が強いか」の方が影響多そうである上に、動画中に登場するフランスのデモ隊が「TVを投げ込む抗議行動」ことやってることからも、彼らが「敵は左翼とメディア」であることわかっているのを示唆してます。)

●日本においてもこれ現実だけど、多数の政治家は真面目な話「報道はTV新聞だけ」な人が多数で(まともにyoutubeチャンネル持って登録者数1万以上の議員さんが何人いるかって、、)、
中でも一番強いのが河野太郎って冗談みたいなことなっていてさ(どうしてわからないのかな太郎は、、自民内では最もベーシックインカムよりの発言するので期待しているんだが、、)、
安倍ちゃんや麻生さんは(麻生さんが2chで自分が人気なの知ってアキバで演説するようになってから)かなりインターネットの情報に敏感だけれど、
「今サイレントマジョリティーがどういう意見なのか」ってほとんどの議員は知らない。
同時に、日本のサイレントマジョリティーは「歩留まり偽装適応階層」になるため、個人的にはわかっていても(めんどくさいのには巻かれろで)声のデカイ社会適応系(TV新聞派)に引きずられてしまう。

→続きを読む

posted by kagewari at 06:02 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月19日

リクエスト関連(コロナ薬についてさん「政治の背景は複雑で」)

<後からちょっと追記「自民党」のくだりと末尾メディア>

コロナ薬についてさん
>アメリカ製薬会社のコロナの経口薬が効き目が無いから他国は買ってないのに、日本だけは1つ8万円(本来なら一つ数百円)で買わされ、ワクチンもさらに購入させられたと聞きました。在庫が残ると製薬会社に多額の違約金を払わなきゃならないから3回目も国民に打たせるのだとも。しかも子供にまで打たせる。ワクチンも有り余ってるモデルナの在庫処分のためにファイザーのワクチンと混ぜて打たせる話も聞きました。国は国民の健康は二の次なんですね。まだゼロコロナを抜かしてるし、減らないんだからウィズコロナで考えてほしい。

値段の詳細は私全く知見が無いので(オミクロンで”ただの風邪になりましたから”すっかり関心失い経口薬関係の情報は全く追っていないのです)そこは何も言えないのですが、
<金のことはまあいいんです、日本には腐るほど金はありますから(財務省がいなければいくらでもバラまける)>

■イスラエル同様に、特別に在庫を確保する上での条件が(製薬会社もボランティアではありませんから)「治験情報の回収」にあるため、使わずに捨てるとかダメなんですよ。
少なくともデルタの時にはワクチンが(実際は微妙とこもありなんともいえないけれど)世論的には効果あったことになってますから(政治家は世論サルベージしてナンボなので)菅ちゃんがこれを確保したことを悪意と考えるべきではありません(それができなかったK国の文大統領は当時集中砲火浴びてました)。当時の菅ちゃんに(所属は自民ハト派リベラル系)ブラジルのボルソロナみたいにやれって、それできるのは相当の剛腕ってことにもなります。
トランプですら潰されたんですから、
(菅氏に関しては、宏池会OBの古賀さんにも義理ある人なのにあろうことか対局にある安倍ちゃん担ぐ政治判断だけでも凄いことで、それ以上求めることは彼の能力的にも無理だと思います。)

更に言えば菅ちゃんには上久保教授や京大獣医ウイルス学の宮崎氏や大阪市大の井上名誉教授の話は耳に入っていない筈で(それ知っているのは安倍ちゃんや高市さんサイド)、
その後の話を聞いても、菅ちゃんは本気で「これが特効薬」と意気込んでファイザー会長と交渉してます。
※オマケになりますが、今回のワクチンなんか(ほぼガン治療先端の抗体薬並みのハイテク《ご存じの通りガンの治療だと一発うん百万だとかひとビン一千万とか言われているアレ》)、この世界的大量生産がから日本なんかタダで打てるんでしたっけ?(私ワクチン打ってないので無料なのかもよく知らないんですが)、こと薬価の背景に関してはは政治家のみなさんよ〜くわかっている筈なので、ウイルス学は詳しく無くても「mRNAワクチン(加えてカクテル抗体療法含め)無料とか絶対喜んでくれるだろう」←この発想は(有能な政治家ほど)確実にあると思います(特に菅ちゃんタイプがこれ)。←勿論事の是非はともかく、、
●ちなみに総裁選を前に、高石氏は(疑義があるのを承知で)涙ぐましい話ですが自分にワクチンを打ってます(政治的判断として)、強烈な副反応でフラフラのまま討論会出席してました。

<追記>名目参議院は違うかもしれませんが、少なくとも衆議院は地域の代表であり「ワイズマンが期待されたものではありません」

→続きを読む

posted by kagewari at 04:55 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月17日

記事リクでわかる「心理学的解説って何?(それは自分の意見だから)」

一個前だかに<心理学ってのは>書いてますが、
少し具体的に話を進めてみましょう、
所謂心理学系カウンセリングなりではもっと踏み込んだ話になりますが、一般論の範囲に留まりながらも記事リクでのやりとりは、構造としては同じものです。

●何故あんなに反論が続くの?
(読者の方わかると思いますが、これ私が伸ばしているんじゃありませんからね)
また、課金目的でもありません(有料相談における依頼間隔の規制はもっと長いです)
どうしたって、そうなっちゃうんです。
 「強迫心理」の自我防衛があるから

■そもそも質問や相談は返信内容を予め示唆している
 ↑
何も難しい話ではありません、
「自分でわかっていたとするなら、そのまま自分の意見ってことじゃん」《終わり》
且つ、このブログで言えば心理学専門というか心理学論説系であること「わかった上で」相談なり質問が行われており、依頼者自身に「この問いは心理学的見解だとどう理解すればいいのか」ってアイデアが予め存在することになります。
で?
最初から自分にその知識があれば、記事リク返信で記載されている内容を「自分の考えとして思いついていることになる」←ですよね=【自分の考え】ってことです

■しかも心理学的論説なり見解ってのは、「強迫心理」無力化したとこにありますから
(私が同じ「強迫心理」の縛りかかってたら大変ですしww→あるワケ無い)
どうして依頼者が返信内容に類するものを自分の考えとして今思いつけなかったのか?という部分を、心理学は踏まえますから(どうしてわからずに質問なり相談せざるを得ない状況に追い込まれているのか)、そのままの自分では到底受けけれられない話が登場します。
 ↑
わかりますよね?だから自分で思いつけないことなってんですから(「抑圧」)

●ですから(何も自分の考える結論ってことじゃないよ)
「自分の考えとして、少なくとも選択肢として思いつく範囲のものが「抑圧」により思いつくこともできない状況にある」のですから、その選択肢を目にすれば?=【「抑圧」構造が顕在化する】←ですよね?
 ↑
これが無限反論発生の理由です
(同じように普段は類する考えを無意識下に抑え込んでいるんです
※単純に思いもしなかったことなら(反論とならず)「へーそういう考え方もあるんですね」で終わるじゃん

→続きを読む

posted by kagewari at 20:27 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月16日

いっそ宗教の専売特許”道徳”について語ろうか→「道徳とは?」

<意識的に一部暴論となっていることを予めお断りしておく>

伝統宗教の始まりについてはある程度歴史で追いかけられる。
流石にユダヤ教の始まりまでは追えないが(モーゼの話なんか未知との遭遇みたいだし、、)、アブラハムの宗教語る上で、キリスト教以降はわかっている。
キリスト教は「ワインが買えない貧乏な人は水でもいいじゃない」と言った宗教で、ユダヤ教の儀式が当時特権階級に限られていたのかまではわからないが、宗教的知見(仕事もせずに知的探求やっていたのは当時宗教家だけだから)これを一般大衆へという運動だったことが推定されている。

ムハンマド君については(彼は貿易商か何かの息子でエルサレムなんかにも頻繁に出入りしており)、ユダヤ教国やキリスト教国に比べて、多神教部族社会のアラブが「やられっぱなしじゃないか」と、ユダヤ教やキリスト教を研究し、「これが最新版です」と出したのが”コーラン”で、
彼は識字率向上や(古典アラビア語を全員が話せるようにと翻訳を禁じ、司祭的な上位権威を否定、読み書き教える教師だけを許した)、衛生管理など(手を洗う事やきっちり火を通さないといけない豚肉を禁止するなど)公衆衛生にも気を配った(政治的着想もあったため、現代でもイスラム法だけで国が運営できるという原理主義に繋がっているかもしれない)、確かね不動産の取り決めも戒律にあったと思う。
※で、多神教を信じている部族社会を「そういう宗教全部やめれ」と武力で改宗させたのが”初代のジハード”なんだわ(布教の時に多数の死者が出るので、未亡人対策として一夫多妻制を許した:戦後補償のことも考えてる宗教なんだわ)。

でーユダヤ教という意味では無く、旧約聖書における「ソドムとゴモラ」やら、
ペルシャのゾロアスター教の流れを汲む(でいんだったかな)インドのヒンズー教関係でもある叙事詩リグベーダだとかラーマヤーナやらに登場するように、
庶民の性が乱れて大変なことに(入れる場所を間違えるなとかこのなんというか初歩的性教育が必要だろうと)、、そういう危機感も各宗教の始まりにはあったのだろうと推定されてる。
※仏教は、ヒンズーだったかゾロアスターの「宇宙のファンタジー」って密教的な書があってさ、それがベースになってると言われている。
(ちなみに特権階級だったブッダが宗教にはまったのは、街で貧しい民が死んでいるのを見た時に「えっ人って全員死ぬの?」と従者に聞いたのがきっかけだったかな。→今豊かな暮らししてても意味無いじゃんみたいな。)

■伝統宗教が結婚許認可の権力を持つに至る背景には、
前述にある、性教育庁的な始まりも関係しているかもしれない、
(最近ヴァチカンがどう解釈しているのかわからないけど、LGBTは戒律で禁止だから。←ソドムとゴモラで大変なことなっていたので《村人全員ゲイみたいな》、いい加減にしなさいと禁止したワケさ。)
不特定多数の性交(自由恋愛)事実上禁じたのも性病予防じゃないかな(夫婦の出産目的以外での性交禁止)。
※この話にもオマケがあって、イタリアの風物詩に「教会の前には必ず売春婦が立っている」ってのあるんだよね(これを皮肉と言えばいいのか”管理しているようなもの”と言えばいいのか、、「懺悔とセット」なのか、、)。


●つまりー貴族階級を例外に、庶民は食うのにやっとなので、仕事もせず勉強できる存在は当時宗教家だけであり(当時の貴族は領地を守るため戦闘の最前線に出るなど忙しい)、
「オマエラなー、何をやってんだ!」←【はい、これが道徳の始まり】
※個人的に道徳的ってのは「個人レベルだと美意識のこと」なので例外、末尾参照

でさ、当時としては無知蒙昧な上に野蛮な庶民になんと言ってきかせりゃいいのって、
「これ破ると神罰下るから」と脅すことだよね。
(人類普遍のエディプスコンプレックスにより、普遍的スケールで人類ヒト科は”神のような超越的人物”のイメージ持っているから《放置すれば即死という言葉も知らぬ赤ん坊状態の時に世話している”巨人”(主に親のこと)をあまりよく見えない目で見た記憶のこと》)
言うならば、エディプスコンプレックスを利用して刷り込んだワケだ。←これが人類最初の教育
 ↑
※あれだよ、自然科学もロクに見いだせていない時に(ギリシャ文明はたいしたものだったけど)、学問は各地で「坊さんによる形而上学から始まった」ようなものじゃないかしらね。

→続きを読む

posted by kagewari at 22:06 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド