2021年12月26日

うっかり対人関係を損得勘定で考えてしまうパラドックス

先日記事リク返信に引用した「明治安田総合研究所」のDATAに以下がありましたね。
記事URL:https://kagewari.seesaa.net/article/484904272.html
項目は以下
 ↓
20代独身男性→31.3% 結婚をコスパで考えた経験 44.7%←20代独身女性

これ調査された方も受け取る意味がバラバラだったろう気がします、
女性側は男性の収入のことかなと思った人もいるでしょうし(質問からズレてる)
男性側は住宅の事を考えたのかもしれません(もっと質問からズレてる)
 ↑
これは一派論で言う結婚が「家族法人の企業」であるため、
一種の経済活動として見たことありますか?の質問にも聞こえる、、
(あまり意味のある調査と思えないのですが、質問者の意図は「自分の時間を重視する独身と、自分の時間を失う結婚とどちらが得か」みたいな事が聞きたかったのかも知れません。

●時に対人関係そものを「損得で考える人もいます」
「自分の友人はこんな奴らばかりなので、俺は損している」←こういうのです
 ↑
説明するまでも無く”ナンセンス”なんですが(相手が誰かも含めてお前のテーマだろと)
ま、自分の友人がどんな奴なのかと、自分がどんな奴なのかは”同義”であり、
いかにも避けようが無さげに見える「地域性」から見ても、
「嫌なら引っ越せばいいワケでww」
 ↑
なんだかんだと心理的に拘束されてる『被る(こうむる)』感があるのだとすれば、
「強迫心理」なり、ノスタルジーなりが足を引っ張って動きが取れてないということになります。
 ↓
●その典型が『共同幻想』適応人格です
説明するまでもありませんが、
『共同幻想』社会適応人格とは、「基本的に対人関係は所属組織内の斡旋であり」
所属組織選び=対人関係選びもほぼ(自分で選択する前から)決定します。
但し、『共同幻想』に適応してますから(仲間は人格を共有しており最初から親和性がある)、斡旋された対人関係を特別不快に思ったり、いわんや損したなどと体感することはありません(どちらか言えばそれが運命だと思う)。
 ↑
と こ ろ が カーストや所得の話じゃありませんが、
満足度を高めるための『興奮』を煽る、内部的ゲーム性(競争演出)のため、
「男性なら社会的地位」「女性ならミスコン的容姿」などをエンタメで”意識的に盛り上げる”のもお約束で(だから存在そのものがハラスメント《ブラック》になっちゃったんですが)、
当人たちは真顔で真剣なんですが(プロ野球のタイトル争いじゃあるまいし)、、、
<<これは八百長の猿芝居を盛り上げる演出に過ぎません>>
挙句の果てに「トロフィーワイフ」なんても登場する始末(サイドバーコンテンツ参照)
 ↑
そこでひとつ『共同幻想』共通語の格言「バカな子ほどかわいい」を論じてみますか、
 ↓
まず、
■両極端な比較という点から『単独者』の場合も考えてみましょう
そもそも「得点つけて順番に並べる行為そのものが《偏差値》、権威性認知なので」←『単独者』には無関係です(全ては個別に存在していると考えており、そもそも順番に並ぶ社会構造の意味がワカラン)。
「誰々さんが美人で1番で、誰々さんが2番なんだって」、、、ちょっと意味がわからない、
てか、『単独者』は口ぽっかんなんですよ(頭オカシクなったんですか?って話で)。
「バカな兄弟同士のどっちが上だ」なんて話とかされようものなら、
退屈過ぎて眩暈がします。

→続きを読む

posted by kagewari at 14:03 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(ふとした疑問さん「それは錯覚」)

ふとした疑問さん
>何度もすみません。周囲の人達には「今日は小学校の時の友人と遊んだ。昨日は中学の友人と飲んでて、来月は大学時代の友人と旅行に行くんだ」などの話を聞きます。例えば中学時代の友人4人、高校時代の友人が3人、大学時代の友人5人と今でも友人付き合いがあるという感じの話もよく聞きますが、それらは歩留まり同士がプライベートで心を許してる親友ということではないんですか?また出産すれば同じ子育ての悩みを話せる友人と仲よくなる人も多いけどそれらも歩留まり同士で本音を話せる親友関係ではないのですか?

■まず統計は事実だから(論議の余地なく)←反論無用
自分の認識がそれと違う場合「どう考えたらいいのか?」
「何かが起きている」←ここまで変更の余地無し(と考えないとダメ)

●何度も説明してますが、私は人文系のフィールドワーク並みのサンプル数の個人情報に触れています(副業の不動産営業とはそういう仕事です)数百世帯に相当する数です。
「そんな話を一度も聞いたことありません」
(これという関係に無い、人から聞いた誰かの話で《あ〜崩れの人かなって》数例あるかないか)
繰り返しになりますが、私はひょんな事から中学時代にガチ不良グループに結果的に潜入した経験もあり(そら〜ド・崩れのDQNのど真ん中で)内部から観察しても「そんな奴はいないのです」

<唯一の例外は、「心理学の有料相談依頼の方達」です>

ふとした疑問さん話と”ほぼ全く同じ話を”(しかも無限ループの反論スタイル込みで)依頼主の半数以上から”頻繁に”耳にします(圧倒的な遭遇頻度です:それ以外のケースでは皆無に等しいので《私が『単独者』だからも関係してますが》、100倍近い差異になります)。
素の「適応強迫」現象です、
(なのでメンタル系の場合、同じ悩みを持つ人で集まると「大”取り巻き”強迫祭り」になるかもしれない、非常にヤバいリスクが高まります:ふとした疑問さんリクエストのきっかけとなった最初のリクエストで私が触れていた”お勧めしないが”という理由)
●各所で説明してますが、「強迫心理」は誰の自我にも存在してます(私の自我にも)
その中でも「適応強迫」なんてのは、とてもよく目にするもので(もちのろん私にもあります)、
 ↓
たとえば
「銭湯にいって、自分だけタオルが極端に小さい時」
(周囲と同じじゃなさすぎて、何か間違えたかと不安になりますね?)
(みにくいアヒル子シンドロームですよ)
 ↑
こういう反射的不安は誰にでもある(フルチン上等とかのゆかいな人を例外に)
きっと同じ状況になれば、私もそう不安になるでしょう。

●ようは程度の違いなんです
だいたいは(少々自分が違っていても目的《入浴》に不都合なければ問題ありませんから)
最初は”あれれ”と思っても、「ま、どうでもいいか」で終わります(『自意識』に打ち消されてしまう)
 ↑
しかし、葬式だとか慣習でそうだと決まっているものなど(自由にしていいものでは無く)「合わせるありき」のものだったら?(権威性場面ってこと)
「間違えたかもしれない」ってのは別問題になりますよね。
(その最たるものは、「ブラスバンド部、合奏時の譜面の弾き間違い」)
 ↑
わかります?これ構造『共同幻想』なんですよ(同じじゃ無ければならない)

『共同幻想』の存在を自分の実存より”上位概念《権威格》”においてしまうと、
(勝手に自分の考えで解釈してよいものでは無く)「同じに合わせなければならない決まり」になってしまいます。
 ↑
この全体像が”強迫的”ということで、
どうして社会なりが自分より上位概念になってしまうのか?と言えば、元ネタは”自分が子供だった記憶”です(人類普遍のコンプレックス:乳幼児が思春期並みのガチ反抗したら”命が危ない”ですよね《或いはパニくった親に100パー精神病院連れていかれる》=ガキとしても従うが”吉”思うのが自然)
→続きを読む

posted by kagewari at 05:31 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0