2021年12月21日

「犯罪心理学」<オマケ「道徳の話はしてないから」>

前回のここ補足しますか、
 ↓
●「いやいや、どんな事情があっても”そうだ犯罪をしよう”なる解決策を選択したらダメだろ」

これな、道義的な話では無いんだわ。
例えば「野球のルール」
得点入ってもいないのにスコアボードに10点とか表示させて「勝った〜」とかやった場合、
野球賭博している人は嬉しいかもしれないが、
プレーヤーは「口ぽっかん」だろ?「何コレ?」でしかない。

これが「悪法でも違反したら犯罪」のなんつーか基本原則さ、
プロ野球の「コリジョンルールだっけ?」いろいろ意見もあると思うのさ、「申告敬遠」にしても、「CS日本シリーズ制」にしても。
(そこに個別の論議があること別にしてだ)
「ルールがオカシイから俺はセカンドベースに殺人スライディングするから」←こんな選手おまへんがな、
しかも相手は危険なスライディング無いと思って受け身も取らないから怪我するやん、
(CS認めんって勝手に日本シリーズ主催しても誰も相手せんから、、)


刑法なんてその時の民主主義でまー悪く言えばご都合主義で決まる法もあるだろ、
(理論的にはダメダメで翌年改正だとか廃止とかなってもあり得るんだし、:うーんこの場合前年それに違反して逮捕された人はどうしたらいいのか、知らんけどw)
●「犯罪は同義的に悪いからやっちゃいけないのではありません(刑法は宗教ではありません)」
●「犯罪はゲームそのものを破綻させるからいかんのです(周囲はどっ白けだ)」

(この場合、ゲームとは社会性となるんだけどね)

うんでこの場合さ、
周囲もどっ白けで口ぽっかんなワケのわからんことして「イェーイ!」とか言ってる奴、
”ただのバカだよね”(犯罪の場合本当の「死んだ方がいいバカ」の意味になる

<道徳論のことかと勘違いされる方いるかもなので、補足でした>
(「流れにまかせての速度制限違反は違法ではない」とかめんどくさいこと言う人は、「そういう話は慣習法としての法的根拠が上位概念に成立している」など別の意味の話になるので、今回みたいな話にそれを持ち出すな。政府にも”超法規的措置”ってのがあって細かい事言えば例外事項もあるが、所謂刑法犯の話とは全く別次元でしょ。)



posted by kagewari at 18:08 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0