2021年12月11日

スポーツにおけるメンタルからひも解く「強迫心理」

スポーツで”それが出る”とするなら、典型は「イップスやスランプ」です。
(背景で起きている心理現象は同様のもの)
ということで、「イップスやスランプ」から「強迫心理」の関係性を考えてみたい。

「強迫心理」を構成するためにはキッカケとなるエピソード記憶が必要になる、
エピソード記憶とは”劇画調で印象的なにわかに忘れがたい記憶”のことで、
その発生要件は「驚きや動揺含めて、強い印象があること」が条件になる。
(イジメやパワハラからの職場鬱が症状として構成されるのは、このエピソード記憶の発生が発端である《そのネタ元となる事件が記憶されてから始まる》)

ゴルフのイップスで典型的なプロセスは、
(俺はゴルフ経験全く無いので若干の誤解あるかもしれないがそこは御容赦くださいな)
●最も緊張感の高まる(スコアを決定つける)最後のパッティングにおいて、ド緊張でも何でもいんですが、「トンデモにカップを外した」事象から始まります。
「ア―――!!」まず確実に驚く、
快・不快原則をベースに持つ脳には(それが快だろうと不快だろとどうだっていんです)「あ、大事な『興奮』事案ね(忘れちゃいけない奴)」と仕分けられ、
一夜漬けで忘れてしまうテスト勉強とは違う、別枠のエピソード記憶に分類記憶されます。
 ↑
エピソード記憶は”関連フラグ”の発現で自動で呼び出されますから(フラッシュバック)
再び類似したパッティングの状況が来るたびに「その時の失敗と激しい動揺も再現されます」
打つ前から失敗するイメージに支配されますから(ほぼほぼ失敗時のメンタルも再現)、
脳が期待したように(『興奮』機会なんでしょ)、トンデモ失敗を繰り返し、
「以降怖くてパットが打てなくなるのがイップスです」

■根本的って表現が正しいかわかりませんが、
それを抑制するわかりやすい方法は「全く驚かないこと」です。
「何かやらかしそうな気がしたんだよ、今日はいつもとスタンスが違ってるからな」
 ↑
これが可能なのは集中力の置きどころですよね?
それ何のこと?→『自意識』が出張って当事者意識に後退が無い(常に攻撃的である)
=『抗う(あらがう)』主体的・能動的認知

 ↓↑
その反対はどうなる?→(失敗の発端でド緊張していることから明らかだけど)状況に押され『自意識』は後退、無意識にあたかも緊張の場に置かれた被害者であるかのよう、
=『被る(こうむる)』受動系認知


→続きを読む

posted by kagewari at 19:22 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0