2021年12月09日

リクエスト関連(紗〇子さんへ補足『共同幻想』論)

たぶんここが理解し難いハードルになってんじゃないかしら?
(以下、わかりやすくするために少し極端な話にしますけど)

所謂「自称健常者」なる人格(岸田心理学的には『共同幻想』適応者のことだが)、
これは広い意味だと「全員障害者」なんだわ。
「社会的同調圧力」という症例を持つ強迫神経症集団なワケ(手帳は貰えないけど)
 ↑
ある意味この圧力に無条件で「そうだね」と同意できない場合
自動的に受け取る側はパワハラとも言えることになります。
●仮にあなたが昭和のたけし軍団のつまみ枝豆の弟子になった場合
様々な弟子に対する要求は、ほぼ高い確率でパワハラと認識されます。

しかしたけし軍団に土下座して弟子入りした志願者は
トンデモな命令ほど「師匠ありがとうございます」と嬉々としてやるワケ
(この話は過去ログの九重部屋とか明治大学野球部の動画で説明したと思うんだけどさ)

そらそうです『共同幻想』社会として群れて徒党組んでいますから、「自称健常者達も周囲に脅威を振りまく存在」なんです(だから他国と戦争するんです)予め威圧的存在なワケ。野球部は他校を相手に親の仇でもあるかのように立ち向かうんです(徒党を組む=戦闘集団)。

●つまり当該『共同幻想』社会に予めの同質性(だよね、そうだよね傾向)持っていない人にとって、『共同幻想』社会は存在そのものがパワハラ軍団になります。
これを現代用語で「ブラック企業」と呼ぶワケさ、
(現代社会は既に『共同幻想』同室社会はとっくに壊れており、めんどくさい”崩れ”に迎合する「隠れ歩留まり階層」により支えられてる側面も大きいんですが、実はこの「最低でも歩留まり階層がほぼ過半数になろうとそている」ため、《時々歩留まり階層が本気出す》旧態依然とした法人は「全社がブラック企業」となったんです。)


ですからね、家族だって徒党組んでますから、
見知らぬ家族が突然隣に引っ越してきたら(中身が大人しそうなカタギでも)脅威なワケ、
(※基本的に隣に見知らぬ家族が引っ越してきたら誰だって警戒します)
しかし?
となりのアパート2号室の空き部屋に誰が入ったとか気にする人はほとんどいません。
(仮にそいつの正体が左翼の過激派でも「そもそも誰だか知らないんだから」)
 ↑
私が説明してんのはこの話、
「単独行動者は(よっぽど目立つ行動でもしないかぎり)脅威判定されない」
その反面
「何を旗印に結成されているのかわからないが、群れて徒党を組む存在は(中身が誰でも)脅威なの(しかも屋号を名乗っていればなおさら)」→その地元に既存『共同幻想』社会がある場合(町内会とか)、当該社会と相互安全保障条約みたいな合意に失敗すれば、
【緊張関係が発生することの方が自然】ってこと、



posted by kagewari at 16:15 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0