2021年12月08日

第4ラウンド(M A Great Again)「トランプのSNSが」など

なにやら米国の証券取引委員会の調査求められているとかナントカの話があるんだが、
訴えの出所がエリザベス・ウォーレンだもんさ、、、(確か民主党の大統領選にも出た「米国のおたかさん」とか言われるド社会主義者)なんか泥仕合というか、
(興味ある方はカナダ人ニュースさんの動画をあたってみてください)

方や元NY主知事のクオモに関しては(モーニングなんとかの玉川絶賛のw)
性犯罪者として刑事被告人になるのかね?
ついでに弟のCNNキャスター、
CNNを首になっただけでなく、彼も「深刻な性的違法行為」で告発されかけている。
左翼のセクハラは伝統芸なのか知りませんが、
もうガタガタになってきた、

トランプ大統領のロシア疑惑もこのような結果となっております

【日本語字幕】左翼セレブも目覚める?ロシアゲートは嘘だった、反トランプの左翼セレブも認めた |Russell Brand |ラッセル・ブランド
https://youtu.be/2Ode8XIHkSY

(いつもの Harano Times さん、本当に有益な情報提供してくれますよ)

現在来年の中間選挙での『民主党』の壊滅的敗退は確定事項になりつつあって、
(一部の民主党議員が次から次と引退を決めているという話もあります)
●追い込まれた民主党が中間選挙の手前でバイデンもカマラハリスにも辞表書かせるなんて噂まで飛び交う始末。
違った意味で(想像の斜め上へ)グダグダになってくるかも知れない


posted by kagewari at 22:10 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(紗〇子さんへ「そんなことは一行も書いてないのだが」)

紗〇子さん
>暴力沙汰が何か知りませんが、精神障害者が負けるケースだって多いですが。精神障害者へのパワハラがないと何故決めつけるんですか?(自殺例だってあるのに)グループホームで生活してる身体障害者は怖がられないんです。精神障害者だって危害加えない人が生活してるのにそのことすら知ろうとせず、驚異を持つのは当然だと正当化するんですか?おかしいでしょう。

まず、刑法39条ご存じですよね(私はこれに批判的で各所に関連記事もありますが)
刑法第39条
心神喪失者の行為は罰しない。心神耗弱者の行為はその刑を減軽する。


精神障害者へのパワハラがないと何故決めつけるんですか?
そんなことひとっことも言ってませんよ「そもそも働く必要が無い」と言ってるんです。
(更に何ですか?健常者?《どういう概念だか知らないけど》経済学的に将来は無労働社会になるので、遠くない未来「殆どの人が働かない社会」になるだろうと。米経済学者ミルトン・フリードマン「ヘリコプターマネー論」)
上司もいないひとりぐらしでどうやったらパワハラができるの?
(ひとりパワハラの曲芸でも存在するんでしょうか)

※また障害者雇用制度含め複数事例を具体的に存じ上げてますが、100%の頻度でパワハラなど起きていません(この制度時代に私は反対ですけどね)身近な事例だけで多い少ないなんて言い始めたら(知人の話になるだけでエビデンスとならない)キリが無いと言ってるんです(母数自体が少数派なので優位な統計があったとしても有効性は限界があるばかりでなく、そもも『共同幻想』はその人格構成が精神障害と同じ「強迫系」であり《特定条件で不快感の自覚が著しく乏しいだけ》この場合心理学的に言えばそのパワハラ加害者も精神障碍者である前提の論議になります)。
また、そもそも障害者認定されている時点で(障碍者年金や生活保護含め)働く必要が無いのですから。

精神障害者だって危害加えない人が生活してるのにそのことすら知ろうとせず、驚異を持つのは当然だと正当化するんですか?
 ↑
精神障碍者だから脅威を持つとか言ってないけど、
「アリでもネズミでも外国人でも軍隊でも”群れたら脅威だ”」と言ってんです。
(精神障碍者は人間以下だから脅威にならないとでも言うんですか?それはトンデモ無い人権侵害であり差別ですよ)
生物学・動物行動学の話で”これは意見ではありません”

身体障害者は『共同幻想』の逆差別として(群れ扱いされていない)
怖がられていない←これを私は身体障害者に対する権利侵害(差別)だと言っているんです。
●たとえ身体障害者であっても「グループを形成するなら彼らも正当に怖れられるべきだ」
(健常者だかなんだか知らないけど、何なめた口効いてるんだと(《オマエラはパラリンピック見て無いのか?》)


私はグループを形成することに心理学的デメリットしか無いという説の持ち主なので、
(個々のブログの主たるテーマは『単独者』論なんだが?《わざわざそいうカテゴリまである》)
同時にグループの形成を否定もしているんですけどね
(そういう意味で身体障害者であっても、自称健常者達もグループを形成するべきでは無いと思っています《「棲み分けネットワーク社会論」》:群れて徒党を組んだ瞬間、妙な『共同幻想』が発生してしまうためです《『共同幻想』の本質は「強迫心理」である》)



posted by kagewari at 20:03 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月07日

素朴に「話が世界平和までいくと、それは世界征服のことだろ(by織田信長)」

自由とは?『抗う(あらがう)』ことです(拘束に抗い自由度を確保する)
 ↑
これはクリアランス(スキマ、片付ける、処理する)みたいなものでしょう
これを個々人がやれば?「すわ闘争です」
米国が好きなスローガンに「自由のための戦い」ってありますが、
正確には逆でしょ(笑
「戦いこそが自由を表現する姿だ」←こっちが本音じゃないかしらね

社会的ダーウィニズムの適者生存論を煽るつもりはありませんが、
我々の知る文明ってものを押し上げてきた原動力が「戦争に勝つため」だったことは説明するまでも無いでしょう→これ資本主義の市場経済主義者の「自由な競争なくしてイノベーションは無い」←同じです(自由競争と言えば聞こえはいいですが、敵対する企業をぶっ潰してでもシェアを奪おうとする闘争そのものです)

人類の英知で平和な未来をなーんて言葉もありますが、
その英知のネタ元である文明とは「激しい闘争の中で発展したものです」
●資本主義をヨイショするつもりはありませんが
『原始共産制時代』
旧石器時代100万人、新石器時代1000万人、青銅器時代1億人、産業革命期10億人、
とも言われてます(引用:人口の世界史 マッシモ リヴィ‐バッチ、紹介文から)

あんですか?資本主義が残酷なので77億人から、76.9億人ほど死んでもらうのかしら
(環境少女グレタは「そういうこと」らしいですが、、、)

明治維新の事情だったかな、、
「織田信長押し」ってのがあったらしく、プロパガンダの甲斐もあって、すっかり今や戦国時代スーパーヒーローのひとりですが、
当時の感覚は「この戦国の世を終わらせてくれる支配者の登場を妄想した」ってことで、
(まさか本気で日本征服をやろうなんて思うキチ〇イが登場するとは誰も思っていなかった)
実際征服したのは秀吉ですけどね、

→続きを読む

posted by kagewari at 20:12 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月06日

反中保守派のスタンスはそのままでいんだけど、現実的にいかないとさ

なんか勢いで「あたかも全面戦争して勝利し、中国を滅亡させよう」的な心理で考えてしまうと、「いやいやまずそんな事態にならないから(なった時点で戦略的にも失敗だろ)」。
この点具体体に考えてみたい

・日本の世論としても、この現代社会で自衛隊が誤爆など誤って中国の民間人に死傷者がでることは望んでいない筈だ

・中国が日本に核攻撃することは【あり得ない】
(在日米軍が無傷とかあり得ないので米国との核戦争に発展してしまう)
それ以上に、メジャーな弾道弾なら自衛隊が迎撃するだろう
特殊な極超音速滑空弾などの小型弾頭が着弾したとする、
それで日本が全面降伏するとかあり得ない(戦争犯罪としてそれを追及する姿勢を強めるだけだ)
※ポイントは、日本に対して(本当の狙いである)軍事的威嚇が「全く効いていないことだ」

・中国とあえて一戦交えるなら、台湾侵攻に対し周辺事態を宣言し、
「それを止めないのであれば、自衛の範囲で迎撃する」と通告、
潜水艦の待ち伏せと対潜哨戒機からの長距離対艦ミサイルで”中国海軍の殲滅だけやる”というオプションになる。
(判断するとこあるとするなら、この時中国本土に停泊中艦艇も攻撃するか否かだが、この攻撃と沿岸部の対艦ミサイル基地への攻撃は主として米軍の役割になるだろう。)
賠償などは求める立場にないので、
停戦交渉は尖閣の領土確定と、中国が国内地域問題だと言っていたのに国対国の戦争状態に発展したことをもって(中国共産党からがひとつの中国を放棄したと判断)、台湾に独立の意思を確認後、台湾の独立宣言。
 ↑
そもそも台湾には中国本土を攻撃する意思が無いので、
中国人民の本音としても「これ何も困らない(=十分飲める話)」

・香港の民主制度を回復させることを確約させる
・クアッド+に台湾・英国を加え軍事同盟など安全保障の体制へ移行
・中国共産党へ政権放棄は求めないが(意外と内乱も起きないのではないか?)、
政権運営に何らかの民主制度の導入を確約させるぐらいかしら


■【以外と大きな変化はないんだわ】
よく考えると、一戦交えなくても実現できるのではないかって話でしょ?
(安全保障を外交で解決するってそういう意味だと思う)
前述に列挙した戦後の外交的枠組みなりを(台湾独立、香港民主化保証、クアッドに英国と独立台湾を加え軍事同盟化、中国に一定の民主化を飲ませる)、戦うことなく達成すると一戦交えて勝利したのと同じことになるんです(それを一発も撃たずに達成できれば凄いことだけど)。
 ↑
どうやってってw、情報戦(プロパガンダから偽情報から、、)・経済戦(経済制裁)・軍事的圧力(軍事技術戦)・軍事演習などを背景にした(中国の戦闘機エンジンは耐久性が著しく脆弱なので、頻繁に日米などが台湾近海なりで演習するだけで中国軍の戦闘機は稼働時間を超えてエンジンが全てポンコツになる可能性がある)外交上の取引(日台にまったく中国本土を攻撃する意思の無い宣言=これに中国が日台を攻撃する意図が無い宣言を同時に発表させる)、
 ↑
同時に、この戦わずして勝てるなら越したことは無いという動きは、
先方がとち狂って軍事力行使した時に→「そのまま防衛体制や戦略目標として機能します」
 ↑
表向きは「戦争とならないよう、外交的努力の研究」と言っておけばよいのであり、
(中身は戦争の準備と同じなのだから)

→続きを読む

posted by kagewari at 14:57 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月05日

リクエスト関連(紗〇子さん「ちょっと何を言っているのかわからない」)

紗〇子さん
>暴力沙汰の実力行使なら身体障害も精神や知的障害も同じですが。徒党組むから怖いと言いますが、身体障害のグループホームではそういったことはありません。精神や知的障害のグループホームで起きます。同じ障害者雇用でも身体の方には優しいけど、精神障害にパワハラがある。普通の人とは違うって偏見があるからでしょう。好きで生まれた訳じゃない、不可抗力です(眞子様の場合はもっとまともな人と結婚なさってたら国民も反対しなかったでしょう)。いくら努力しても普通とは違うと偏見を持たれ、当事者の努力だけでは限界があります。

ですからね
『共同幻想』サイドは身体障碍者への偏見として
車椅子の人がジャンピングニーで膝蹴りできないでしょ?(そもそも立てないんだから)
喧嘩になった時、身体障碍者相手に負ける気がしないので別枠なんですってば、
【どうして無駄な反論をするのかな?】
(そしてパラリンピックでご存じのように、カーボンの義足付けると彼ら健常者の世界記録を超えるワケ《既にサイボーグ化は始まってますから》、なので上記のような偏見も間違いなんだけどね。)

それから群れってのは「どんな生物でも威嚇目的(安全保障のため)なんだってば」
ネズミも、アリも、イワシも、スズメもです、
小学生が6人たむろしてもその姿は威嚇的なの、
「野犬が一匹ウロウロしているとします」
「野犬が7頭のバンドを形成して組織的に活動しているとします」
 ↑
怖いのは後者でしょ
(映画オーメンや、ヒッチコックに登場する「鳥の群れに襲わるシーン」は確実にホラーなワケ)
グループを形成して威嚇的では無いのは(身体障碍者は介助が必要な場合があるので、ヘルパーさんと当事者という姿はよく見かけますが、そもそも群れに見えないし《身体障碍者がサイボーグ状態で介助者皆無でグループを形成すれば別の意味となる可能性はある》)、むしろ異例で、

組織化した時点で威嚇的なんだってば、
(それを見た動物は(ヒト含めて)本能レベルで警戒信号が出るの)
【どうしてそこに無駄な反論をするのかな?、、、】

●それからパワハラだなんだって(私の腐れ縁関係者で同様の話聞いたことありませんから「補助金付きの雇用枠ケースにおいてもです」)、
なぜ紗〇子さんだけが、世界の統計を全てご存じだってことになるんですか?
(前述のように少なくとも私が実体験というか聞き取りで存じ上げているケースにそういう事例は皆無です。←この例外事項をどう考えてるんです?《繰り返しになりますが、その事例はいずれもグループナントカなどに所属していない事例です》)

■それからね、
あのさパワハラって、所謂健常者同志での『共同幻想』間内部で発生するのが圧倒的に多いワケ(だって言葉の意味がそうなんだもの《障碍者を前提としたものではないから》)
仮にあなたの障害が、対人関係に纏わるものならそれ症例として起きるじゃないのさ(関係障害=確実に対人関係トラブルが起きる症例なんだから)、
※実態は『共同幻想』偽装人格である「歩留まり」系が(もう我慢の限界と)告発したもの
 ↑
また、そういう障害は(遺伝病のような)生まれつきでは無いからね、
”後発性”なワケ
(あなた自信のパーソナリティーも相対的に関係してんの、だから生まれ変わゥても現状のあなたの理解が変わらないのであれば、同じ障害を再発するだけです。『共同幻想』社会と関係が相性としてよろしくないってのは個性で障害じゃ無いし、『共同幻想』社会からが《社会合理性と引き換えに》障害的人格なワケでさ、、)

→続きを読む

posted by kagewari at 05:21 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月04日

岸田政権云々より、国民民主党が今後の鍵を握るかも

甘利さんがあんなことなってしまったので(これ落選運動やった郷原氏の影響もあるんだろうけど、、)麻生派の今後は不透明なままです、麻生氏はまだ元気とは言え高齢ですからね。
河野太郎氏が独自にグループ結成の動きを見せることは”いい話”ですが(だとするなら事実上大宏池会後継からは外れる)林外相が後継になるのもまた困る(笑
※個人的には大宏池会結成となった方が求心力は下がると見てます。政策的なコアが定まっていないからです(そもそもがあの麻生さんが河野洋平氏を支持していたことからワカラナイ話)。
 ↑
この点で、河野太郎氏がやれ親中とか批判され「どうしてなのか」と思う気持ちもわからんでも無い(派として河野洋平氏に対する総括とかありませんから)

昔の派閥は”政策では無く人”でしたが、
そりゃあね、現代でそれは無理筋です(野党連合を批判できない)
現代自民党の派閥には政策的コア無しに求心力を維持することはできません。
(その典型が平成研かもしれない)

きっちり派としての政策を語れるのが安倍派だけですから、自ずと他の派も(ここ岸田さんは気が付いていた《な、中身はともかく、、》)標ぼうする政策の明確化が求められます。
だものだから、麻生派の甘利氏失脚は痛かった。
高市早苗氏が安倍派に復帰するのかわかりませんが、安倍首相には派閥横断的な(その政策への)支持者が存在するのは事実。←下手な派閥より求心力がある。

■現自公政権を語る時に、公明党の影響力って話になりますが、
それをけん制する意味で、菅元官房長官と維新の関係が重要になってもいました。
(大阪における維新と公明の協力関係にも影響しているかもしれません)
ところが維新がまた、微妙な政党でして(笑
馬場幹事長は信用できるにしても(憲法改正は是非協力していただきたい)、橋下氏の影響力がね〜、、河野太郎氏と似た者同士かな、、(私は決して河野太郎氏の評価低くありませんが)
 ↑
まだ政策的方向性が定まっていないのです

でー、今後の展望として
国民民主党が連合の支持を背景に維新との連携を模索しています。
全国での党勢拡大を目論む維新には、地域の選挙運動員確保という意味で有力な選択肢で(足立議員などが玉木党首にアプローチしていたのは随分昔からです)、自公政権の公明党・野党連合における共産党じゃないですが、協力関係構築すれば国民民主党の発言力は増します。

国民民主党は、昭和の民社党(民間労組中心の右派)を模索しているところがあり、
政策的にもアベノミクスを否定していません。
党首の玉木氏も財務省出身ながら、リフレ派である高橋洋一氏と対談するなど意欲的で、
そこに政策的コアが確立してくれれば、
●仮の話、将来の高市早苗政権なりの時に公明党へのけん制に威力を発揮します
国民民主はまだまだ少ない人数ですが、今後の政局の鍵ともなっており、
(立憲民主から再び離脱する議員にも難しいこと言わず合流させてあげたらいい)
個人的には、自民党内派閥勢力図なんかよりその動向は重要な気がしますね。

※そこで立憲民主の党首が(国民民主出身の)泉健太氏ですよ、
この人前原派と言ってもいい人物じゃなかったかな。
(それが今後どういう動きになるのかわかりませんが、、)

→続きを読む

posted by kagewari at 00:14 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(紗〇子さんへ「生まれたワケじゃない的なとこだけ補足」)

これさ真子様が「好きで皇室に生まれたワケじゃない」と同じことなワケ、
更に言えば(人格構造としてあなたとほぼ同じである→)所謂オンザレールな『共同幻想』適応人格もそう(共有人格を外部からインストールされた人生は決して幸福ではないからね)、
だったら近代オーストラリアのアボリジニに生まれた方がよかったのか?って、

てか、どんな人物とか選んで生まれることとか不可能だから
【必ず、現世の『自意識』なりの関与がある(無意識的選択だとしても)】
そのほとんどが生後、選択されてんだから
(或いは環境的同調圧力という強制《矯正》による一般人化も同じ)

後発的である証明として、そこから抜け出すこともできる
謎解き役の『心理学』が存在しているワケでさ、
(やろうと思えば人は自らの意思で人格を《本音寄りにだけ》変化《回復》させることができます)

●皇室の話じゃありませんが
好きでここに生まれたなんだかんだって話は(じゃあ何時代のどの階級がお望みですかって)「何か意味ありげなことを自分で言っているつもりで、何も言ってないのです(論旨が無い)」
 ↑
別で生まれたら(その能書き言っている自分も後発的なのだから)
→その場所でまた同じこと言うだけです
(どこにだって”不快代謝”を煽るネタはある「皇室でさえも」)

名前忘れましたけどね、
重度の自閉症で(もうキテレツな異常行動もしちゃうんだけど)「中の人が健在で、筆談等はバリバリできる」という稀有な人物がいるんですよ。
彼を頼りに多数の重度自閉症の子供を持つ親が(海外からも)話を聞きにくる。
彼は言うんですよ(おかしな行動になる時も中の人は素で状況を理解しており)「あちゃ〜また始まってしまった」など思っていると、
そこで取材記者が「なんとか君、もしこの障害の無い人物に生まれ変われたらとか考えますか?」と、問うとさ、彼は言うんだよ。
「この障害があるから、多分僕は今現在の人格を形成しており、この障害が無ければきっと僕は今の僕では無い人物になってしまうだろう」と(勿論「だからこの障害も肯定しているのだ」と)、

■心理学テキストで再三以下の命題を書いてますけどね
「さて、俺はどうすっかな」
『自意識』が本気出すってのは=『抗う(あらがう)』であり=自由度の拡大です
これが逆転すれば
無意識に環境に依存・従属し=『被る(こうむる)』=抑圧・拘束の拡大です
(後者の場合、たとえ大企業の社長令嬢に生まれても「好きでこんなとこに」が可能であり)

結論そういうこっちゃないってことです
対戦投手が日本一の山本由伸でも「だったら俺はどうする」ってスタンスは無限に存在し、
(この場合対戦相手が楽勝のヘボピッチャーになることがテーマの解決にならない、それは単にゲームの設定をイージーモードに変更しただけだからだ。《誰でも打てるヘボポピッチャーを打ったことに何の意味があるのか》)
同時に”不快代謝”を煽り「どうしてこんな目にあう不遇なのか」と煽ることも無限に可能。
【個別各論に意味はない(環境等)】

自らの実存は、結果論から無関係だからです
(現実に挑む構えそれ自体が実存の全てですから《その後の顛末はサイドストーリーに過ぎない》)
「ドン・キホーテ」は無謀に挑むことの記号である
(「水車で事故を起こした認知症ネタ」では無い←この部分は彼を語る時”そこじゃない”とあえて添えられるサイドストーリーだ:ところが後半部分の個別各論にコンプレックスを結合させると、話のテーマは逆転し無限に”不快代謝”を煽ることとなる。←それは一見現実的なことのように思えるが《違う:実存しているのは挑むものとしてのドン・キホーテであり》、後者の顛末にやたら拘り”不快代謝”を拗らせることは”脚色”である。)


posted by kagewari at 00:07 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月02日

リクエスト関連(紗〇子さんへ「それは戦力の意味が違うだろw」)

紗〇子さん
>身体だと仕事できたり、コミュニケーション取れる方が多いから「負傷兵」とは思われません。むしろ精神や知的の方が「戦力外」で迫害されます。障害者雇用でも身体の方には優しいけど精神障害にはパワハラで辞めさせるケース多いです。ゴミ集積所もアパートと共有だと言われないのにグループホームの住人だけ言われる。横浜や川崎の住宅街は山を崩して建てられたから古くからの有力者は関係ないし、港区や大阪のような都会でもグループホーム建設反対がある。精神障害は普通の人とは違うとの偏見があるからでしょう。
身体障害だろうが高齢者だろうが外国人であろうが寛容な日本では受け入れられることが多いです。昔は差別もあっただろうけど最近は理解が進んできてる。でも精神障害や知的障害だけはなぜか普通じゃないとか人間じゃないなどと拒絶されることが多い。精神や知的障害だけ棲み分けや偏見持たれるのは当然だとの認識は今後も続くのですね。好きで障害持って生まれたわけじゃないのに。


戦力の意味を間違うなよw
仕事の戦力じゃないっての、「戦力って暴力沙汰になった時の実力行使の事だ!」

それからさ(自分の被害は特別と言いたい気持ちがあるのは察しますが)
それを「部〇解放同盟」とか「水平〇」の人に言えますか?
(オーストラリアのアボリジニは殺されたんですよ?あなたの仲間の誰がハンティングの動物と間違えて殺されたんですか?)

私の腐れ縁には立派な手帳持ちの精神障碍者の方もいますが、
(かれこれ20年近い関係になるのかな)誰に差別受けたなどの話は無く(勿論グループなんとかなど冗談じゃないタイプ)、公営住宅の書記だがなんだか頼まれて「弱ったクソ困る」とかのネタがあるぐらいの話です。
(現在はほぼ回復して比較的ライトな仕事してます←仕事なんてしなくてもいいだろとはアドバイスしたんですけどね)
本業柄複数類似例の関係者もいますが(手帳の有無はプライバシーなので確認していない)、近年の相談事例で初めて「作業所ですか?」利用の方が登場してますが、
個人的な腐れ縁で施設だグループナントカだの利用しようなんて思う奴は皆無です。


●何度も言いますが「徒党組むから怖いんだってば」
外国人も、普通に外国人相談可の部屋に入居する分は誰もたいして意識しません。
となりに一棟借りでナントカ人協会を名乗り「その場に彼等だけのコミュニティーが形成される」場合と話が全然違うワケ。
(グループでこられると《何のグループとか関係無く》中身誰でも怖いんだってばよ、それがどうしてわからんの、)

■私が過去ログで触れた点はマジな話で
(私は紗〇子が心理学的には「臨床が言う健常者と何ら違いが無い」と推論しているのはマジな話です。心理学上の強迫神経症なりの判断は、障害とか病気とかの話じゃないから。心理学上は鬱病もPTSDも”そう呼ばれる症状はあるが、そういう名前の病気が個別に存在するのでは無い”的な理解にありますから。)
周囲の人も、障碍者が(それが原因で)介助無しに屋外にひとりで出られないなら「あら病気なのね」と考えますが、
徒党組んでナントカグループ言ってる聞いて、「それは本当に病気と言える?」なる周囲の認知はマジにあるんだってば(団体で威力的振る舞いをしているんだから:グループ名乗った時点でそういう意味を帯びる)。

→続きを読む

posted by kagewari at 22:25 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0