2021年12月31日

これは「犯罪心理学でも何でも無いんだが」小動物を殺害するクズ野郎について

<最近同様事件の報道有りました、”ネコ飼い”系としては許しがたい>

小動物の殺害が「次なる重犯罪フラグ」であるのは間違いない、
同様事件は警察が(悪循環を未然に防ぐため)全力で捜査すべき案件になります。
まず、何故そんなことをするのか?
「愉快犯以外の何物でもありません」
いかにも、それを見て人がどう思うのかを”気にしており”←ここを起点に自らの残虐性に自己愛『興奮』している図になるんだが(故に周囲がもっと酷いと思うことにエスカレートするフラグとなる)、

図式としては、誰かが大事にしている花壇などを滅茶苦茶に棄損するのと同じ。
【みなさん大事なことなので、よーく聞いて欲しいんだが】
 ↓
やらかしていることは、救いがたいほど”ショボい”ワケ、
時に、有名某事件において「殺害した小動物の生首を」とかあるじゃんよ、
思い出していただきたい、
トロフィーの原型は、ハンターが倒した見事な角を持つ鹿などの首をはく製にすることに始まる(これをトロフィーとうの、角の立派なオスを”トロフィー級”と呼びます)。
そして、有名寿司店のあの解体ショーは?

●時にさ(これはその某有名事件のレポートで読んだのだが)
その残虐性に性的『興奮』云々の下りでてくるでしょ(某解剖マニアの女子大生事件などもそれに類すると思う)、
「だったら、お前よ、ナンボでも魚の三枚おろしで人の役に立てよ!!」
 ↑
つまりだな、本人の供述は「既に自己愛で盛られており事実では無い」のだよ。
(凄いでしょとか言いたいワケ)

一種の象徴化とか様式化というかスタイルってのかな、
当人の勝手な趣味性で「凄い事になっている」のがミソで、
実際やらかしてる行為は凄く”ショボい”のさ、
(だってハンティングのビッグゲームみたいな高いハードルだと実現困難じゃん)
簡単に言えば、
「周囲の反応織り込んだ自己愛マシマシで、凄いだろ?悪魔かと思った?《思わネーよ、バーカ!!》」みたいな戯言でさ(ネタ元は小児性サディズム→チンピラの粗暴犯と何も違いは無い)、

こんなケチなことしかできない奴に(単なる「そうだ犯罪しよう」自慢が趣味)、
猟奇的だとか、動機が理解できませんだとか、ホラー映画的な見立てするからいかんの。
「単なるケチな(周囲をどっ白けさせる)犯罪者に過ぎない」んだから。
エログロの話になると成人指定でもここでは書けないので詳しくはやらんけど、
”ネコ飼い”(羊飼いと同じイントネーションで)としては、
「地域ネコに手を出す奴は即刻死刑にしていただきたい」
(「犯罪心理学」記事に書いたそのままです→犯罪の場合本当の「死んだ方がいいバカ」の意味になる



posted by kagewari at 17:37 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(ふとした疑問さん「謝る必要は何も無いさ」)

ふとした疑問さん
>飲み会の席から送ったわけじゃないです。親友以外に一人だけやたらと私に本音を話してくる人がいて、「会社の飲み会が気を使うから嫌なのであって気が合う友人との飲み会は楽しい」と言ってたこと、私と同じ思いだったから、大半の歩留まり層も同じ意見なのかなと思って記事リクに送り、その事自体が迷惑行為だとも想像できなくてすみませんでした。これで最後にします。何度も答えて頂いてありがとうございました。

これだけ質問を再確認したってことは
「何かヤバいフラグを(ふとした疑問さんは)無意識に感じているからで」
(なので確認が増えたのだろうと→あちこちに地雷があるみたいに)
私は(なんか外れていってないか?と)「書かないと」になったということです。
謝る必要は無いですよ
(たぶんそれも込みで”無意識”だと思いますから)

●一義的には(何も質問が無ければ《『共同幻想』適応者だとしてもそれも選択なんだし》)、仮に心理学的に見解があっても「言わないもの」なのさ(心理学は押し掛けしない)、
あくまで要請があって初めて出番があるのね。
(心理学的に見解有れども何も言わないケースが大半です→『共同幻想』適応者でインセンティブで回っている人に《先の事はわかりませんが》余計なこと言ってもいけませんし。)

前述したとおりで、
無意識に何かあると(変な表現ですが”それを言わない手もあるよ”と《特別思い悩むレベルに無ければ急ぐようなことでも無いだろうし》→私も返信記事を書かず、ふとしたさんはナントカデニッシュとか食べられます)
今回の話で言えば、「飲み会」なるワードが何かのトリガーになっている。

<若干補足します>

親友以外に一人だけやたらと私に本音を話してくる人がいて、
 ↑
■ふとしたさんが親友では無い人物と言っているのですから(そこは相互にわかるもので)
彼は本音を言っていないのです(うーん単なる悪口?)
どういう構造か解説しましょう。
「その人物の悪口はその人物の秘密だよね?」→これを親友では無いふとしたさんに彼が何故話すのでしょう?=「”秘密の共有”で仲間に引きずるこむため」です。
彼はあなたを『共同幻想』の「取り巻き」にスカウトしようとしたんですよ(分派でも作ろうと)。
 ↑
当事者から直接話を聞き取りしていないのであくまで推論になりますが、
その人物は「歩留まり」では無く、崩れ系だと推定します。


で、ふとしたさんは(ここでは「歩留まり」系乃至そこにシンパシーがある人物とします)
無意識に偽装した→「同じ思いだったから、」
(前述解説読み直してください。その人物は推定”崩れ”で、秘密の共有作戦でふとしたさんを勧誘しようとしている場合、←《ふとしたさんが「歩留まり」の場合なら》同じ思いでは無いでしょ?)
●「これは同じにされては困る」と瞬時に気が付いた場合
「なんか大変そうだけど、僕はどっちでもいいかな」(この瞬間彼は”秘密の共有”作戦に失敗します)←みたいにすかすことも可能でした(しかも角が立たない)
 ↑
「歩留まり」達の偽装もイロイロってこういうことです。
そもそも各人が「俺は歩留まり」とか自称してませんから(めんどくさいことに)ww
誰に対しても”何気の警戒心”発揮してます。
(さて、前述がね「仮に彼が男性で、ふとしたさんが女性である場合」話は余計めんどくさいことになるでしょ。)

→続きを読む

posted by kagewari at 01:45 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月30日

リクエスト関連(ふとした疑問さん「それ錯覚だから」てか規約ギリギリなんですが、、)

ふとした疑問さん
>ありがとうございました。子供時代からの仲良しグループの中にも偽装してる歩留まり層が大半なのですね。会社や学校では殆どの人が偽装してると思います。そんな人達との遊びは楽しくないかもしれません。でも気が合う友人との飲み会は楽しいとの呟きやリアルでの声も事実だと思います。やはり私も親友や別の趣味友との遊びや飲み会は楽しいです。一人で過ごす年末年始や長期休暇ほど惨めでつまらないものはないですよ。

ド『単独者』の俺が異例ってこともあるが、、(まあ子供時代から天邪鬼でしたから)
・小学4年あたりで「神道信者では無い」ことを理由に初詣を廃止
(以来、靖国取材した時も《失礼あるといけないから》仁義切って”一礼”挨拶だけにしている)
・ほぼ同時期に「年賀状廃止」
・(顔立てる意味で葬儀は顔出すこともあるが)35年以上正月を家族と過ごす習慣無し
(というか、そういう会に顔出す奴と誤解を招かないようにでもある)
(ベテラン世代は昭和の『共同幻想』なので《考え方違うワケだから》、高齢世代ナントカかねての帰省はしているが、そういうイベントにかすらない注意をしている。)
・言うまでも無くクラス会など言語の意味すら知らんし、
(小学校からの腐れ縁は1名いますが《あ〜10年ぶりにちょっと会ってから以降、2、3年音信不通だったかな》)
・今時「年末の紅白とかいう罰ゲームを楽しいとかいう奴おらんだろ」(20代以下世代の50%以上が《56%だったかな》一切TVを観ないのに)
・年末年始の東京は、
可哀そうな歩留まり達が帰省するから「空いてる空いてる」大好きです
<ま、トンチキな俺の個人的話は横に置いておいて>


●あのね、孤立感ってのは「母数を前提にするから可能な発想」なワケ、
(つまり「集団で過ごしている時代のノスタルジー《代表例:ホームシック→シック(sick):病気の、病にかかった、かげんの悪い:健康な状態を失った,病んでいる》」)
「特急列車の個室は寂しい《非常に高価》」←聞いたことが無いよね。
「カウンター席の人がやおらボックスシートに来て寂しいので相席お願いします」←ちょっとどうかしてる人だよね
「数が希少なダイヤモンドは孤独な鉱物だ」←言わないよねw
「ザックザックある石炭は賑やかで楽しそう」←も言わないね
(価値の原則は?→希少性→マキシマムなのは?→オンリーワン)
(4人掛けより?→2人掛け、それより?→ファーストクラスの個別シート)

●それから親友もツーマンセル(two man cell、二人組ユニット)ならわかるけど、
”遊びや飲み会”ってのはオカシイんだわ、
個性化していれば、遊びで趣味をやる奴なんかいないから(「本業」って言います)。
ましてや、飲み会なる余興は趣味と何ら関係が無い。
※飲み会の本質は《近代まで飲酒が権力者の監督権にあった名残で》「飲んでいい?飲んでいんだよね?だよね、そうだよね?」の共同幻想《共同承認》であって(”気の合う”親友と”何か用があって”食事でもする時に、いずれかが勝手に一杯やる状況を「飲み会」とは呼称しない)。
そして親友なら、「今日はオフなのか?」ってことになるが《個性化人格ならむしろ寂しいのは今日は趣味がオフだってことでしょ》→よく聞くじゃん「年末年始で〇〇休業、えーっマジ」とか、

考えようによっちゃ「暇を持て余すのも用ちゃ用かもしれないが」(笑
(呼び出される方にしちゃ、かなり迷惑な用ではあるな、)

→続きを読む

posted by kagewari at 23:28 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保守系の人もあれこれ考えて欲しい「民主党政権が全部悪夢では無い」件

<随分時間経っているので時系列間違いあったらゴメンです>

「あの民主党政権こそ、安倍長期政権の生みの親である」《終わり》

あの頃はまだ保守派の雄だった稲田朋美氏などが反TPPでガンガン質問したりですね、
自民党の憲法草案なども一番盛んだったのこの時かな、
野党に落ちた自民党が違いを鮮明にさせる狙いなのか、右に急旋回したんですよ。
国会論議の時点で、安倍首相を予感させる雰囲気が既にあった。
(今でも覚えているのは国会で、野田首相の解散発言で安倍氏が「もう一度伺います解散するんですね!今そう言いましたね!」とかやっていたの。)
中国の不審船騒動など含め、民主党政権が左翼特有のヘマを連発していたというのもあります。
(そこ突っ込むなら右派論客だと、)

話は戻って、
(安倍第一次失敗の後)麻生福田と自民党政権はダメダメだったワケで、
民主党への政権交代には、「大きく失望した保守派の何か変えよう」って判断もあった。
(そうでもしなけりゃ自民はダメなままだと)
そもそもが、派閥政治批判で小沢氏の小選挙区制や政党交付金の導入により(だってねみなさん当時の小沢氏は経世会のボスだったんだから、派閥政治のグダグダが続いてる方が安泰だったんだから)「派閥弱体化と政権交代可能性」が担保され(今でもこの緊張感は自民党を刺激している)、官邸の力が強化されたからこそ、安倍第二次政権の成功があったワケでさ。
 ↑
忘れちゃいけないけど、あの総裁選で安倍氏の立候補は当時町村派造反で出たんだから。

また、アベノミクスは安倍氏浪人中の勉強会で発案されたものでさ、

そんな小沢氏は(本音はわからずじまいなんだが)
事実上”共産党自滅作戦”をやってるようなもので、
結果として、米国『民主党』みたいに「左派として潜り込んでしまえばいいじゃない」みたいな形の解体になるかもしれないけれど、「立憲共産党作戦」は、事実上「維新・国民連合」を将来の野党第一党に押し上げる成果を挙げるのかも知れない。
(※維新を親中ガーって嫌う人いるかもだけど、立憲と比べたらどうなのかね?)
 ↑
(※2この情報の出所はどこかわからないんだが、現在の立憲党首、元国民で保守派と言われる泉氏のバックも小沢氏だという説がある。イロイロ考えさせられるよねww)

→続きを読む

posted by kagewari at 17:22 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月28日

リクエスト関連(ふとした疑問さん「そのとうりです」)

ふとした疑問さん
>何度もすみません。子供時代から続いてる友人関係は共同幻想の群れだというのは分かりました。では私が今まで住んでたとこや訪れた地域の殆どの人達(コミュ障以外)がそんな感じでした。でも歩留まりが大半を占めてるとのことなら、私が今まで見てきた「共同幻想の群れ」の中にいる大半の人達は「グループのメンバーとして偽装してる(共同幻想のフリをしてる)」人達ということですよね?私は好かれも嫌われもしてないと言われます。昔から誘われることはなく(他の人達は遊んでる)、いじめられず、周囲と表面的に話すだけでした。

●「あなたも無意識に偽装していた」ということかなと思います、
(その環境で個性化がバレると攻撃されるフラグ立ちますから。『共同幻想』と偽装しつつ”なんちゃって個性化”許容範囲は《八百長偏差値エンタメ部分》となるので、「美醜・スタイル・成績・活発〜大人しい」←この辺数種類までとなります。)
ふとした疑問さんは、その疑問を彼らに面と向かい「オマエラさおかしくネーか?」と”本音を言わない”人物だったので(偽装適応)”大人しい人”などのジャンルに紛れた(ステルス効果であまり印象にも残らない)、ということだったのだろうと。

●あなたが「これが友人関係かな」と見てきた関係性のほとんどは「”そういう会社”に就職した(夫婦の関係もほぼほぼこれです)」ぐらいの感覚や深度で(これをファミリー感覚《ブラック企業》って呼びます)、(彼らも自覚出来ていないだけで)友人関係では無く、
 ↓
同時に「頻繁継続的に顔出さないと」速攻”焼き入れ”られます(俗に言う「裏切者」、左翼なら”総括”:集団リンチ制裁の対象となる)、「たっのしいね=”!だよね、そうだよね!」(これに逆らったら大変なことなりますから《裏切者》)「そうだよね〜、友達だねっ!」「ヤッター!ですよね〜♪」「ったらそうだよね==!」(←この音階がゲマインシャフト社会における民謡”合いの手”元ネタである→『祭囃子と一体感の構造』《何故”全く同じ振り付け”を踊るのか?》→クラブにおけるレイブ《チンパンジーの明日隣の森のサルを殺して食おうぜ”盛り上がり”に類似》もほぼその線の構造ですね、)
(※実存主義的解釈では、不条理なネタほど共有感覚は”盛り上がる”→その代表が?「仲間の性的ゴシップ」や「神の奇跡《盛られた総長スゲー伝説》」)
 ↑
上記会話を外から聞いて、錯覚したものです。

→続きを読む

posted by kagewari at 14:32 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月27日

リクエスト関連(ふとした疑問さん「そこは簡単です」)

<末尾ちょっと追記編集してます、28、あっ誤変換、中段「仮想敵×」「仮想的〇」>

ふとした疑問さん(てか過去ログ読むとわかります)
>何度もすみません。今日は大学の友人と遊び、別の日に中学の友達と遊んだなどの光景は実際に見かけます。親友レベルになることが1割もないのであれば、友人が各中学なら中学、高校なら高校と、各学生時代から続いてる友達はその1割の中の親友関係ではないのですか?それともそれらも歩留まり層が偽装して各学生時代の友人関係を続けてるとのことなんでしょうか?

文科省のやっている義務教育のベースは『共同幻想』一斉インストールなんです
(※オープンな大学での個性化を前提とする専門性の高い授業と比較するのが一番わかりやすい)
これを「クラス運営」と呼びますが、
クラスと(class)いうのは”階級”のことで、ヒエラルキー構造の権威性認知をベースにしており(この段階で『共同幻想』)、なのでほぼ確実にイジメが発生します。
(※少々暴論になりますが、イジメは『共同幻想』社会の通常機能)
現代的に言えば、クラス運営の義務教育は「全てブラック企業と同じ構造」なんです。

ですからこの場合「大学の友人と、高校以下時代からの友人」は別カテゴリになります。
(大学はサークル関係や、ゼミが同じなど個別選択性が高い縁が多くなるため)
●今回の話は「長く続いている」と記述されているので、主として義務教育時代からの友人をベースに論じるのが簡単でしょう。
「学区=地縁(ゲゼルシャフト)=『共同幻想』」
”同じ土地の生まれだね”を共通のとっかかり(縁)とした、交友関係であり、
個人としての自分との(違いを前提とする)関係性ではありません。
(極論”他者を前提にしていない”←よそ者《異教徒》はむしろイジメの対象ですから)


■ただし、個人のアイデンティティーと土地の関係性が高い場合(地方の訛りも重要な自分の個性だ)、ナチュボーンな『共同幻想』適応度が高いことになりますので、
ふとした疑問さんが質問されている関係は、(「最低でも歩留まり以上の話では無く」)『共同幻想』適応者の”仮想的同一人物同士の交友関係”となります。
別人格を前提としていないので、親友とは言えません。
(『共同幻想』適応人格の友人関係は同一性をベースにしているので”それは友人なのか?”にも及ぶ話にもなっちゃうんですよ《他の人:他者を前提としていない》)
”朋友”に近いものだと思います(このパターンで最強は”戦友”)。
 ↑
近代までは、この関係が友人を意味していたので友人が友人なんですが、当時の”親友幻想”ってのも諸文学や映画シナリオなどに登場する関係イメージを投影したもので(勿論それも『単独者』の大暴れを横で見ている『共同幻想』適応者などが解釈したものとなる)、
結果論で「これが友人か」みたいになっていたとしても、現代「歩留まり」達が考えている親友イメージとは非なるものです。

彼らの関係が頻繁且つ継続的なのも、ついこないだ書いた補足記事の以下部分読めばわかります
『単独者』の雑感「”群れ”について(心理学いうより動物行動学系の)」
https://kagewari.seesaa.net/article/484930872.html
<一部引用>
●なものだから、
『単独者』は「用も無いのに呼ぶな」と言い(これ「用がある時には《何年音信不通でも》いつでもくる」の逆説)、
『共同幻想』適応者は「用が無いからって付き合い悪いな」と怒る(これ「用がある時だけ人に頼るな:用の無い時の普段の付き合いこそ大事」の意味)、
 ↑
判断は真逆になるんだよね。
素で言えば、『共同幻想』適応タイプと『単独者』は極めて相性が悪い

→続きを読む

posted by kagewari at 20:47 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『単独者』の雑感「シングルマザー論」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


様々な意見があるのは承知しているが、少子化対策にある程度成功したと言われるフランスの場合(小学校が外国人だらけという話も聞くが)新生児出産の半数以上がシングルマザーだった筈で(いい悪いは抜きにして”現象として”)、特殊な事実婚選択制度もあって(これ本来はLGBT用のものだった)、いつだったか政府閣僚の半数以上が事実婚とかじゃなかったけ。
フランス革命以来「世俗化引っ張ってきた口だけ番長的なフランスにおいて現象として表れているもの」を無視するのもオカシイだろう。
確か子供手当的なものも拡充され(俺が昔から言ってることでもあるんだが)子供が数人いれば母親は働く必要が無い収入になっているという話。

■そこで(ファミニズムな人から非難轟轟承知で書きますが)
『職業選択の自由』の枠組みとして、
「(結婚していなくても)専業主婦を選択できる自由」を保証していない方がオカシイというか、選択肢として思いつくべき線でしょうに。
(※これ貧困世帯の進学率対策としての奨学金と概念として同じじゃね?)
しかも、子供や教育の投資効果はすこぶる大きく、政策資金として相当額を突っ込んでも大人になって以降の税収のリターンは大きいと言われている。

流石に試験管ベビー的な方法によるシングルマザーはどうなんだろうと思うけれど、
(※確か似たことをLGBTな米国有名女優がやったんだったかしら)
戦後日本の自由恋愛なる概念は(恋愛結婚志向では無く)こっちの話だろうと思っているワケだよ。「母子関係の基準(デフォルト)を、シングルマザーをベースにすべきだ」と、
(夫の存在を否定はしないが”サブセット”とする考え方)
そして、政府は(基準をどこに設けるのかはともあれ)シングルマザーで一定基準をクリアした女性には”生涯所得を補償する”と、
 ↑
なんか随分ナントカな制度と思うかもだが、
戦前保守派なんてさ「富国強兵のため産めよ増やせよ」とかやっていたワケで、
それに比べれば(それを推奨するのでは無く”選択肢として選べるように法的整備をするだけ”なんだから)、モダンな政策だと思うんだが。

●何が起きるのかって「非婚・晩婚」みたいな調査も終わるだろうってことです
(そういうプライバシーを国勢調査すること自体が憲法違反だと思うんだが、、)

→続きを読む

posted by kagewari at 20:00 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月26日

うっかり対人関係を損得勘定で考えてしまうパラドックス

先日記事リク返信に引用した「明治安田総合研究所」のDATAに以下がありましたね。
記事URL:https://kagewari.seesaa.net/article/484904272.html
項目は以下
 ↓
20代独身男性→31.3% 結婚をコスパで考えた経験 44.7%←20代独身女性

これ調査された方も受け取る意味がバラバラだったろう気がします、
女性側は男性の収入のことかなと思った人もいるでしょうし(質問からズレてる)
男性側は住宅の事を考えたのかもしれません(もっと質問からズレてる)
 ↑
これは一派論で言う結婚が「家族法人の企業」であるため、
一種の経済活動として見たことありますか?の質問にも聞こえる、、
(あまり意味のある調査と思えないのですが、質問者の意図は「自分の時間を重視する独身と、自分の時間を失う結婚とどちらが得か」みたいな事が聞きたかったのかも知れません。

●時に対人関係そものを「損得で考える人もいます」
「自分の友人はこんな奴らばかりなので、俺は損している」←こういうのです
 ↑
説明するまでも無く”ナンセンス”なんですが(相手が誰かも含めてお前のテーマだろと)
ま、自分の友人がどんな奴なのかと、自分がどんな奴なのかは”同義”であり、
いかにも避けようが無さげに見える「地域性」から見ても、
「嫌なら引っ越せばいいワケでww」
 ↑
なんだかんだと心理的に拘束されてる『被る(こうむる)』感があるのだとすれば、
「強迫心理」なり、ノスタルジーなりが足を引っ張って動きが取れてないということになります。
 ↓
●その典型が『共同幻想』適応人格です
説明するまでもありませんが、
『共同幻想』社会適応人格とは、「基本的に対人関係は所属組織内の斡旋であり」
所属組織選び=対人関係選びもほぼ(自分で選択する前から)決定します。
但し、『共同幻想』に適応してますから(仲間は人格を共有しており最初から親和性がある)、斡旋された対人関係を特別不快に思ったり、いわんや損したなどと体感することはありません(どちらか言えばそれが運命だと思う)。
 ↑
と こ ろ が カーストや所得の話じゃありませんが、
満足度を高めるための『興奮』を煽る、内部的ゲーム性(競争演出)のため、
「男性なら社会的地位」「女性ならミスコン的容姿」などをエンタメで”意識的に盛り上げる”のもお約束で(だから存在そのものがハラスメント《ブラック》になっちゃったんですが)、
当人たちは真顔で真剣なんですが(プロ野球のタイトル争いじゃあるまいし)、、、
<<これは八百長の猿芝居を盛り上げる演出に過ぎません>>
挙句の果てに「トロフィーワイフ」なんても登場する始末(サイドバーコンテンツ参照)
 ↑
そこでひとつ『共同幻想』共通語の格言「バカな子ほどかわいい」を論じてみますか、
 ↓
まず、
■両極端な比較という点から『単独者』の場合も考えてみましょう
そもそも「得点つけて順番に並べる行為そのものが《偏差値》、権威性認知なので」←『単独者』には無関係です(全ては個別に存在していると考えており、そもそも順番に並ぶ社会構造の意味がワカラン)。
「誰々さんが美人で1番で、誰々さんが2番なんだって」、、、ちょっと意味がわからない、
てか、『単独者』は口ぽっかんなんですよ(頭オカシクなったんですか?って話で)。
「バカな兄弟同士のどっちが上だ」なんて話とかされようものなら、
退屈過ぎて眩暈がします。

→続きを読む

posted by kagewari at 14:03 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0