2021年11月15日

快・不快原則の経済学(1『自意識』の戦い)

労働市場が労使の均衡にあったり、価格市場が受給の均衡にあったり、
快・不快原則を「デフレとインフレにたとえるみたいな」見方もないではない。
(そういう定説あるのではありませんが、たとえば「鬱を市場の大暴落に見立ててみる」とか)
「社会(権威)と個人」だとか、「無意識と『自意識』」だとか、様々な局面に市場的均衡論は成立しています。

初回は個人自我内の話です

●最初に話を単純化してみましょうか
1.不快とは何か?→”あんつっても”『被る(こうむる)』認知に追い込まれることでしょ
2.快とは何か?→そら欲求を叶えようと『自意識』が『抗う(あらがう)』様でしょうよ


つまり(ちょっと乱暴だが)
不快代謝とは→受動系『被る(こうむる)』依存的認知であり
快感代謝とは→能動的『抗う(あらがう)』主体的認知である


■両者がせめぎ合う思春期『反抗期』の自我経済を見て見よう
 ↓
1.「いつまで遊んでるの、そんなじゃ進学できないわよ!」(不快代謝発生「たいへんだどうしよう」)→「夏期講習には出るから心配しないで、(遊ぶのは)今日までだから」
2.「学歴で決まる人生などクソの意味も無い」(自由領域拡大「さて俺はどうすっか」)あれこれ考える中で”快感代謝発生”→「そうだ、ダンススクールに通おう!」
 ↑
権威者との間で「市場均衡の争いなんかも起きるよ」と、
※ここ現代的に考えると、何ら知見や資格の無い(昭和なら親30代40代ザラですから←今現在の私から見れば「能力的に、世の中の事もロクにわかっていないぺーぺーの若手にしか思えない」)親世代などが、基本的人権の保障が憲法に明記されている個人(子供)に対して、”あに言ってんの?これはママゴトのコント?”ぐらいにしか思えないんだが(言ってる親も単に『共同幻想』適応しているだけのケースも多く「どうして学歴が大事なのか」について、実は個人的意見を全く持っていなかったりする)、→保守派からお叱り覚悟で言えば【”家幻想”の八百長猿芝居】ですよww
 ↑
※反対に保守派擁護で言えば、(先日の皇室の話ではないけども)”守るべき家督なりが明快に存在する場合”親世代も叩き込まれてますから、「どうして修業が必要なのか?」について、自分の意見としてとうとうと創立何年に始まる”何々家の伝統”であるとか、偉人として知られる先祖の話など(それを支えてきた人数が尋常では無い事を明示して)”権威の実態”をしっかり説明できる。
この場合”家幻想は八百長では無く真剣勝負です”→この場合反抗期の様相も全然違うものになるわけ(オンザレールに実存のある世界:”確信犯的再選択”の可能性すらある)
 ↓
【つまり前者(理由も言えない学歴世帯)がナンセンス過ぎて崩壊も早かったのは】→戦後高度経済成長で核家族化(世俗化)した世帯ってものが、「最初からやっつけだから(実存薄い)」もともとが過渡期の存在(悪い言葉で言えば使い捨ての存在というかパチモン)だったからでしょ。
(ニーチェあたりが批判していたのも同じ意図だと思う)


■そして経済学”そのまんま”に「規制緩和、自由化改革路線」になります、
(これ必ずしも新自由主義、グローバリズムってことでは無いんだけど)
 ↑
この話は次回として、、

個人で言えばさ、
1.不快『興奮』ネタ(前項では権威者が「進学できないわよ!」煽り)
これを、自分自身でやる場合あるワケさ、
何も不思議な現象ではありません。
子供ってさ、親から聞いた煽りを(さも自分が思いついたかのように)自慢げに友達に語ったりするじゃん→「そんなことしてたら泥棒猫になるんだよ!(お母さんが言ってたもん)」
”不快代謝”のシステムが内蔵されるから→期待される自我へと不断の適応(改造)が進むワケでさ「いい子にならなくちゃダメ」
(※親側がインセンティブの提示も上手だと《飴と鞭で》「いい子になりたい!」にも転じる)
 ↑
<<うっすら気が付いた人いますよね?>>
(鬱病になりやすいタイプとかで、そういう話をよく聞きませんか?)
「1.は依存性傾向(『被る(こうむる)』)無意識リード」
「2.は主体性・自主性傾向(『抗う(あらがう)』)『自意識』マター」


→続きを読む

posted by kagewari at 16:33 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0