2021年11月13日

リクエスト関連(腕が痒いさん「日本は大丈夫です」)

腕が痒い(本当に日本は大丈夫と言えますか?) さん
>KK&M子批判を削除するのは大きな力が動いてるとしか…。そのうち政治などの正当な話などもできなくなるのでは?さんまの不漁も手を打たないと他の魚も食べられなくなります(乱獲してる他国への牽制も含める)。親や周囲の高齢者は年金だけで生活できず、国保税や介護保険料が高すぎて払えなかったり、生活困窮してます。介護などの福祉サービスも切り捨てで子供にしわ寄せがきてます。さらに悪化してきてます。給料あがらず、税金だけが上がって生活きついです。外国人雇うのをやめて日本人の最賃や給料や待遇上げてほしいです。
■危険度から言えば、元寇の時が100倍ヤバいでしょう
また、若い方はご存じないかと思いますが、
大坂の陣(関ケ原)の後ですね、江戸時代ですが、
東南アジアでは武士が傭兵として大活躍しておりまして(フィリピンの難攻不落スペイン要塞攻略など)、タイあたりでは陸軍大臣にまでなります。
(その流れかしりませんが、タイ軍の幹部は全員防衛大学卒業です)

・戦後台湾軍を編成したのも旧日本陸軍”白団(パイダン)”ですし、

・ベトナム解放軍にタコつぼ戦法教えたのも旧帝国陸軍軍人です(日本軍撤退後を哀れに思い多数の軍人がアジアの地に残ったんです《小野田さんだけではありません》)←一部の旧軍人はベトナム戦争において日本は米国に勝利したという見解もあります。

・また、陸軍中野学校諜報部は戦後も(ボランティアで)活動しており、GHQへ北朝鮮侵攻を伝えていたり、

・まあ評判の悪い電通は、元満州鉄道新聞通信社であり(勿論謀略機関)初代社長は元上海でアヘン貿易で特務機関の予算を稼いでた”里見機関”の里見氏であり(この墓碑に昭和の妖怪、特務機関に関係していた岸信介元首相が言葉が刻まれています)、ま、そもそも電通は旧日本陸軍の特務機関だったワケで(当時陸軍はロマノフ王朝打倒のため、ロシア革命を裏から支援していましたから《ここには徳川の資金も流れているという話あります》:”明石機関”←篠原常一郎憧れの人)
(オマケですが北朝鮮の体制は完全な日本帝国の模倣です”主体思想”の元ネタは”天皇機関説”←ここにも旧軍部人材が残っていた説あり)

・昔親日だったシンガポールだったかな?、、首相が「日本もどんどん発言するべき(敗戦国とか関係無い)」みたいな話をしたとき、「では憲法改正は」と振ると、「それはダメです」、何故か尋ねたところ、「日本が強すぎるから」と答えた話があります(確か現在はボケてる田原総一朗談)

・米軍がこれほどまでに日本の武装解除にやっきだったのは(硫黄島が有名ですが)「あまりにも恐ろしかったから」です。しかも陛下が敗戦を決めたのは原爆が落ちたからではありません(当時キチガ〇の米空軍カーチス・ルメイ将軍の東京無差別絨毯爆撃の被害はそれ以上だった筈)、陸軍は本土決戦に備え大陸から精鋭を急遽帰国させており「やればやったで大変なことになった」でしょう。
(60年代のベトナム戦争さながらに)しかし陛下が「これ以上軍属以外の非戦闘員である国民に犠牲をしいてはいけない(米軍は国際法無視ですから)」と決心されたものです。

●そんなワケで、ロシア革命にどこまで貢献したのかは不明ですが、ロシア革命にも、中国の共産党革命にも(国民党を倒したのは帝国陸軍ですから)日本は関与しており、
現代の中国人民解放軍ですか?
「戦争の時、逃げ回っていた八路軍のことか?」な存在です
(田中角栄訪中国交回復時に毛沢東が《叱られるのかと思ったら》「日本軍のおかけで中国を共産党が支配できました」言った話はあまりにも有名。)

<<さて個別具体論から言えば>>

・KK問題にさしたる力は働いてません(女性セブンでも普通に批判原稿だしてますから)
地上波のアレは、「左翼だから」です(KK問題拗らせてそれをネタにして皇統廃絶を狙っているので絶賛”KK組”を応援しているんです:英国メーガン妃と同じ方式)

→続きを読む

posted by kagewari at 23:32 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(腕が痒いさん「日本の将来」)

「日本はまだいい方なんですよ(きっと)」

腕が痒いさん
>痒みの件安心しました。でも規制は怖いですね。KKとM子さんへの文句を言うと消されて中国化してきてますね。違う話だけどサンマの不漁も対策取らずに乱獲を認めてる。同じく魚を乱獲する中国や台湾への牽制もできない。サンマはもう打つ手なし。このままでは他の魚も食べられなくなる。公共事業や工事や開発など環境保全せずに破壊ばかり(20年以内に手を打たないと手遅れ)。生態系の破壊になり、私達の食べる物や暮らしにも影響が来るのに。増税問題。介護職や他業種の最賃など待遇改善せずに外国人雇って日本人の失業者増やす。

ブログカテゴリの「戦争と平和」でかなり書いてきてますが、
「とにかく欧米が今ヤバい(米国だけの話ではありません)」
ある意味中国の件は楽観してます(落ちるだけですから)←多分日本人の潜在意識的にも口には出しませんが、なんとなく誰しもそう思っていると思います(中国と戦争して負けたことありませんので、そして実際やれば普通に《米国のロジは借りると思いますが》自衛隊が勝つでしょう)。

<ということで何がヤバいって、欧米キリスト教『共同幻想』圏の”崩れっぷり”です>
■AIによる検閲も出所は米国のビッグテックです
(松田政策研究所のコロナ特集も「ニコ動なら上げらえてます」から)
御存知のとおりで、共産主義の実像はキリスト教に由来するカルト思想です。
(キリスト教信者の方怒らないでくださいね、キリスト教批判じゃないからw)
ある意味ユダヤ的ナントカ・パクリ論みたいなね(共産主義の集団農業の原型は”ユダヤ教のキブツそのまんま”ですから)、
「反動形成」とは言わば振り子のことで、通常は急進派と穏健派、原理主義と世俗派みたいな幅で揺れますが、(これをオルタナと勘違いしては’いけないと思うのですが)”それは禁じ手だろ”とでも言えばいいのでしょうか。
(仮に一般キリスト教徒も認めない布教活動営業トークに「終末論」があるとしましょうか?→ある意味そこに手を出して母屋を乗っ取ろうかって試みが共産主義なんだと思います。マルクスの資本家批判も、発想元は聖書における金貸しはいけないなど戒律の援用でしょ、)

そりゃ戦後世界における欧米の反共は歴史的なロシアVS欧州であったり、米国の聖書を憲法に置き換えた保守性であったりしたワケで、本当に大学やメディアにそれが拡散しキリスト教『共同幻想』崩壊の揺らぎの間隙に入り込む状況を体験していませんでした。

これに対して幸か不幸か、GHQに大量に潜入していた共産主義者の影響で、戦後の日本はま〜解体されまくりなオモチャのような扱いだったワケでして(笑
「よくもまあ、それでも現状まで大混乱なくこれたものだ」と驚くほどの耐性を持っています。
(※私はその理由を、江戸や上方が持っていた市井のサブカルの伝統だと思っているのですが)
現在欧米に吹き荒れている左翼的な”何”ってのは、
日本はかれこれ60年70年と常識的に体験してきたもので、
「今頃話題になっているのかね」って

●先日の総選挙において「メディアは予測を大外しするんですが」
(これこそ、民主主義の勝利)
 ↑↓
今米国で起きていることと同じですよ

→続きを読む

posted by kagewari at 04:29 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0