2021年10月21日

第4ラウンド(M A Great Again)「トランプIT会社設立」

自前のSNS立ち上げてもさしたる意味は無いのでやらんだろと思っていましたが、
(実際支持者が立ち上げた各種SNSを積極利用した形跡は無く)
「トランプ自らSNSを立ち上げ」の報道に首を傾げていたところ、

全然そういう話ではありませんでした、
彼は『トランプ・メディア&テクノロジー・グループ(TMTG)』なる会社を設立し、ナスダックに上場したそうです(そのグループのサービスにSNSもあるよと)。
ビッグテックに対抗する「ITメディア企業そのものを立ち上げた」って話です。

まだまだ全貌はわからないので、彼がどこまでやるのかわかりませんが、
(流石にgoogleを仮想敵にするのは無理あるから)SNSでは米国シェア1位のフェイスブック社ぐらいを相手取って(彼が当初米国ではマイナーなTwitter使ってたのもそういう意味だったのかなと)引っかき回してやろうってことだと思います。
米国では決してメジャーでは無いTwitter程度のことは自分でできるだろうって読みではなかろうか。

あまり知られていませんが、2016当時は(実はCNNもそうなんですが)泡沫候補扱いだったトランプの発言などを(トランプのネタは広告収入的に儲かる話だったので)検閲どころか面白がって発信し、フェイスブックはリベラル界隈から「裏切者とか戦犯」呼ばわりされていたんです。相当ネジ巻かれたのか、それが現在の「検閲全体主義の顔本社」になっちゃうんですが、


果たして(SNS以外に)『トランプ・メディア&テクノロジー・グループ(TMTG)』が何を始めるのか、トランプ陣営は「大統領選挙第4ラウンド”2022中間選挙”」にあてて、検閲され削除されてしまう保守系世論や民主党系中道穏健派の意見の受け皿にしたい思惑だと思いますが、
前述にあるとおおりですよ(2016年のCNNやフェイスブック)
●トランプはこの試みが「儲かると思っている筈」です
(彼の中での勝利とはそういう意味になっているでしょう)

一番重要な事は、『トランプ・メディア&テクノロジー・グループ(TMTG)』が事業としても成功するか否かなんだと思います。
成功すれば、=名実ともに第4ラウンドを制することができる。
個人的には、SNS以外の事業展開に興味津々です。


posted by kagewari at 22:44 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国がますます悪手にはまる(高速滑空ミサイルのあれがさ)

ICBMとどう違うのかって話なんだが、
(一度周回軌道に入ってとかどう違うんだ?→A.「監視衛星の外を回る」んだってさ)
ま、いずれにしても弾頭が高速滑空するってミサイルの実験に成功した報道があったけど、
「ほとんど先制攻撃が意味を成さない核兵器にとって正直なんのメリットも無い」
わざわざ米ソ冷戦時代のソビエトと同じになれましたって、
ここ喜ぶところなんだろうか、、

史実から見ても、日本が無条件降伏したのは核攻撃があったからでは無い。
近代の植民地支配も(帝国主義)収支を見れば赤字だったとも言われ(その反省がEUなどの経済圏の発想となった)、MAD(相互確証破壊)が成立して以降核兵器の先制攻撃の意味も後退した。BMD(ミサイル防衛)も”相手がやっているなら我が方も”的な軍拡競争のお約束のようなもので激化したが、
ミサイル防衛が現実で役に立ったのはイスラエルのアイアンドーム(戦術ミサイル防衛)であって、所以はそのままだけど”戦略核ミサイル撃ってどうすんの?”って話です。

・戦略核が意味を持つのは「どこぞのとち狂った相手が先制攻撃してくる可能性」だけど、
なんと申しましょうか、この現代社会「先制攻撃なんてことやりそうなのはNK国か中国ぐらいのもの」であって(日本や台湾が中国に先制攻撃するとか意味が無いでしょ)、、
・高速滑空弾は軍拡のお約束で米国も追随しているけど、言うほど真面目にはやっていないと思う
確かに、中国みたいな(何を理由かわからないまま)いきなり先制核攻撃してくるかもしれない独裁政権が相手なので、BMDの研究はすると思うけど(次はレーザー砲になると言われている)米国には大量の戦略原潜があるのでMADを阻止できない以上、中国が迎撃の難しい弾道弾持ったところでさしたる意味は無い。
 ↑
【意味があるとするなら】
米国は民主主義の国なので、先制攻撃するぞと脅せば(迎撃の難しいミサイルなので)世論が中国のやらかす軍事紛争に介入しないだろうってぐらいの話。
(いやいやその件は中国の空母キラーDF21弾道ミサイルだけで第二列島線から下がっちゃうぐらいなんで、米国への本土攻撃匂わせても、、、逆に米国が先制攻撃含む戦略練ってきたら大変じゃん。《中国のMADは微妙なロシア頼みなのに、、》←このドクトリンは撤回したみたいだけど)

■肝心要の事を言えば、
通常の中距離弾道弾でも普通に狙える日本が「だからどうした」って勢いで、
且つ、中国海軍程度なら海上自衛隊だけで対処できる現状、米国狙ってるとか豪語してる場合じゃ無いでしょ。
(ちなみに台湾は、イスラエルのアイアンドームばりの迎撃ミサイル群を持つ)
●中国側の立場で真面目に状況認識すると、現在の課題は、
・海上自衛隊の攻撃型潜水艦への対処
(海自の潜水艦が《米国の攻撃型原潜とタイマン》世界最強クラスなのでほぼ不可能)
・日米のF35戦闘攻撃機を補足できるのか?
(これも怪しい、F3まで開発されたらほぼお手上げ)
 ↑
むしろこっちでしょや

→続きを読む

posted by kagewari at 02:31 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0