2021年10月04日

総裁戦に見え隠れした政治闘争(まとめたつもりが怒涛の長編です)

<プロローグは、中段に>
「とか、いろいろあって」

1)菅首相は普通に再選を目指していた
・バカでもわかる「陽性者数が減ると支持率は上昇する」
・ワープスピード接種とも呼ばれる菅首相にしかできない行政手腕でワクチン接種は(8割越えなど)総選挙に間に合う計算
 ↓
2)そんな首相のバカでもわかる計算がわからない、選挙に特に弱い新人から3回生議員を中心とする派閥横断的組織(会長が”私はチンパンジーとは違う”発言の親中福田元首相の子息【福田達夫】氏)「党風一新の会」が、菅おろしを開始
・多分この時のシナリオ想定は「メディアウケのいい石破ゲルか、レジ袋小泉でも誰でもいいから」
(この話を耳にして石破ゲル氏はやる気満々)
 ↓
3)そんな動きに呼応して(チゲーだろと)メディアの世論調査はともかく「二階さんの中国ウイグル人権非難決議潰しが原因で、自民党保守のコア層が逃げているのが問題だ(党風一新に言ってやりなさい誰が首相の時に選挙に勝ったのさ)」、高市氏が総裁戦立候補の意志、
・これを受けて菅氏は(総裁選で高市氏の指摘を「その心配ありません私が率先して頑張ります」と、こういう八百長をやればいんですね)「ですよね安倍さん」→二階さんを切って
 ↓
4)勿論総裁選を控え、安倍首相の意志を確認するため「人の意見を聞くのが得意」な岸田氏は、安倍側近(現在も秘書官から→内閣官房参与として残っている)、経産省の今井氏・NHKの政治キャップ岩田記者と頻繁に連らを取るようになる。
二階幹事長更迭は既定路線だ、菅さんに先んじられるとこの前の選挙のように(麻生さんも安倍さんも菅支持だから)菅さん再任が確定してしまう。
「あなたが先に二階さんに鈴をつけるべきだ」(安倍首相の踏み絵でもあるということですね)
 ↓
5)岸田氏、出馬の挨拶で二階幹事長に「幹事長をやめるべきだ」と喧嘩を売る
 ↓
6)「岸田さんはそれ(二階氏更迭)どこから聞いたの?てか口ではそう言っても岸田さんにそんな実行力ある?」と、
菅氏も、遅ればせながら(政権基盤の麻生・安倍氏の意志ですから)
「党役員人事の改造を行います(二階さんは辞めてもらいます)→玉突きになりますから内閣も部分改造になます」と伝える、二階氏は人事は自由にやってください(その代わり和歌山選挙区で後継者の息子を公認する件はよろしく「引退を考えているのはマジ」)
 ↓
7)二階氏に近い筋では、
「おいおい何言ってんの、菅はうちが推薦人貸さないと総裁選に立候補もできないんだよ?」
「言い出しっぺの”党風”は所謂人気者の石破か小泉だって言ってんだろ。俺達怒らせてどうすんだよ」
 ↓
8)党風は(安倍首相サイドの保守のコア層とかでは無く)「お前がダメだとか言ってます」
    「 あ ? 」
二階さんに「解散しようかな」(調子にのりやがってと党風を脅す発言)→選挙に弱い二階派からマスコミに解散とリーク、
・人気者の首相に変えたい党風などが大騒ぎし「党役員人事も内閣改造もあり得ない、ましてや(菅首相確定となる)解散なんが絶対に許されない」
・出る気満々な石破ゲル派(残念なことにこの人石破派側近)元防衛大臣自衛隊出身の”中谷さんごとき”が「首相の個利個略で解散とかあり得ない」発言、
 ↓
9)菅氏ブチ切れ(そういう考えもあると発言したが)解散するとか言ってネーし
・予定通り、党役員人事内閣改造を進めるため、伝書鳩のレジ袋小泉に安倍麻生の意見を聞く
「菅さんマズいよ、党風と二階派まで菅おろしになっている(これに石破ゲル氏も便乗)、このままだと総裁選で勝てない可能性もある(この前みたいに平成研が石破氏を推せばかなりの数になる、党員票合わせての一発目が危なくなる)」→名誉ある撤退を具申→「何故そうなるんだ」
 ↓
10)菅氏は立候補せずの表明、石破ゲル氏は二階さんに「推薦人貸してください」言いにいったが、「お前貸して欲しいのか?(幹事長は二階でどうぞ)」→「あれ?この前新進党OB会で二階さん小沢さんと緑のタヌキ小池知事と会ってますよね」(負けたら離党して政界再編”小池新党”もある話になり兼ねない)「ちょっと持ち帰ります(怖いから)」
 ↓
11)ブチ切れした菅氏は「河野太郎擁立」(オマエラこれで文句無いんだろ!!)
・一連の流れで、党風一新の会は「河野支持へ」
「安倍首相が、全力で高市支持を表明してます」→「え?岸田さんじゃないの?」
「違います高市支持です」
その頃ゲルは「今度こそ派閥の論理と改革の俺って構図で、、、」
「安倍首相が、全力で高市支持を表明してます」→「え?岸田さんじゃないの?」
「違います、麻生派は甘利さんが選対で”大宏池会”岸田氏支持です」
「あれ、派閥の論理批判でマスコミ味方にする作戦できない、、この総裁性ガチンコ?」→「たぶん」
「、、、え、、どうしよ」→「どうしよもこうしよもガチンコだと推薦人足りません」
 ↓
12)その頃二階派では
「こうなったら河野で勝ち切る、ゲルは足手まといだから降ろす」→石破氏河野支持表明
「お前さ、石破のとこ挨拶に行け、そこで挙党体制、挙党体制にお力を貸してください」な、
河野「どうして私がゲルに頭下げないといけないんですか、関係無いでしょ」
二階「誰のおかげで石破が降りたと思ってんだ(一発目で河野勝利の目)!!」
・河野氏石破氏を訪問”挙党体制”=石破幹事長を確約の報道
 ↑↓
13)麻生派若手中心のコアな河野グループが動揺
「石破さんと組むとか言ってなかったじゃないですか」
菅首相が河野支持表明、レジ袋小泉も河野氏支持表明、
「まだレジ袋は(河野氏と神奈川議連で仲いいから)わかるけど、、」
そもそも
   、、、思い出すと、、、

→続きを読む

posted by kagewari at 13:29 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0